スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終始ゲームを支配した勝利

昨日は午前中に仙台郊外の山の方に行きまして(と言っても仙台市なんだけど、、、でも山形県は目と鼻の先という場所なんですけどね)。

広瀬川源流に面した露天風呂で癒されました。マイナスイオンマイナスイオン。

我が山の中でくつろいでいる頃、仙台市街では午前中に熊が出たみたいで、熊と我とまるでどっちが熊かわかりませんがw、こんな日は熊出没注意ですから、熊代が活躍しなきゃなりません。なんのこっちゃ?
てか、熊は捕獲されたのかな?


そんな事をしていたらまた一回表に間に合わずでして・・・やる気あんのか!と熱烈な方には怒られそうですが、こちらも兼任で大変なので許してくらはい。


一勝一敗の痛み分けで迎えた第3戦。先発投手は岸メンとダックワースなわけですが、共に対戦防御率が9点台と、まあなんだか相性のよろしくないこと。

更に、打線も微妙にいじっていて、スピリーを外して金子をDHに入れる。確かにスピリーは無理に使うほどの状態ではないものの、更に状態の悪い金子をDHというのはやや驚きでした。
現状、鬼と直人がいるので守備面を考えると使うならDHになるのは理解は出来ますが、この起用は相性以外には考えにくいですね。


岸メンはデーゲームの相性の悪さもあり、彼の投球内容が試合を左右しそうですが、蓋をあけてみると直球は良い時の岸メン。
コントロールのミスも少なく、威力も十分なのでカーブとの緩急も十分。

問題は今季の岸メン(というか先発全体)の課題の一つであるスタミナ切れと、楽天というチームの相性の悪さ。
ただ、前者は幸いながら昨日のKスタは途中雨に見舞われるくらいで暑さはさほどでもなく、後者は変な打球もやはり複数ありつつも、味方の守備陣がかなりしっかりと守っていました。例え岸メンの状態が良くても、よほど圧倒しない限りは相性で不運にも潰されることはあります。昨日の勝因の一つには守備面が挙げられるかと思います。

一方のダックワース。
2回くらいから相性の悪さというか、変化球を狙われてる感がありましたねえ。
大崎がハードラックにもライナー併殺となるも、次の金子が初球をいきなりセンター前。
チグハグではあるものの、ダックワースに運の良さでノラリクラリとさせないのも重要ですから、金子のヒットにも意味はある。

3回は打った球が全員カーブというとってもわかりやすい攻撃。
そして楽天ベンチはたまらず永井にスイッチするも、金子の初球がボールになり、大崎が走塁死したところで交代。

変なタイミングで交代するなー、と思ったら永井は全然狙ったところにボールが行かない。これ肩は出来てるの???

昨日の楽天バッテリーは盗塁にも為す術が無いと言わんばかりのフリーパス状態。嶋だったらどうだったか、、、は禁句かな?
とにかく、ゲームの主導権は完全にライオンズで決まりですな。

まあ、出来れば永井からもしっかり得点してほしかった。終始コントロールがバラバラなのだから。

終盤には、金子の四球出塁からヘルマンのタイムリーで事実上のダメおし。
相手の福山がこれまたコントロールが悪かったのもあるけど、金子は良い場面で出塁しました。さすがになんでもかんでも振りに行く様な姿勢を注意されたのかもね。ボール球を振らない頻度を高めるだけで印象は全然違う。



それにしても、昨日は直人のところによく打球が飛ぶ。なんでしょうねぇ、、、Kスタ凱旋、トレードされてすぐに起用、そして結果を残す、守備でもやたらと直人に飛びそれがリズムを作る。

直人の為の3連戦なのでは?と思うほど目立った印象です。実際注目されていたのもあるけど。

色んな方が指摘する通り、直人の楽天時代はある意味でカッコ良くなくてもよいので泥臭く生き抜く様な選手で、とにかく思いっきり振れと言われる派手派手しいライオンズの中では貴重かもしれません。どちらが良いという話ではないけれど、見習って欲しいと思う時もあります。

また、投手への声掛けもこの3連戦はリラックスさせる姿勢が特に経験値の高くない選手相手には多く、気合を注入しにいくヤスとの違いも若干見て取れました。くどい様ですが、どっちが良い悪いの話ではありません。
直人も結構ストイックなところはあると聞くので、逃げの姿勢がやや見られる選手に対しては今後どうでるかはわかりませんw



とりあえず、先発投手はがオモテ3枚なので勝ち越したいところを予定通り勝ち越し。弱点を露わにしつつもビジターでこれなら十分でしょう。
昨日は存在感を見せた選手が沢山いた事が勝因。
それだけに、熊代の走塁が残念で仕方ない。どうも彼は集中力を欠いたプレーが時折見られます。
複数の若手に言えることかもしれないけど、ベンチが彼等に甘い?隠れ熊代ファンの我としては見過ごせません。

さて、AS前残り2試合。

・武隈が生き残りを見せるか否か。AS後の戦略に関わります。

・相性の良さで起用された金子。今日の札幌につなげる事が出来るか。

・仙台凱旋が終わった直人。嫌らしさを継続出来るか否か。我は出来る事ならセカンドは直人と、あとはヤスが復帰したら二人三脚で乗り切って欲しいと思っています。

・主力組は多少波があるので、そこにある程度左右されるのは仕方なし。他にカバー出来る選手がいるかどうか、です。


けふも暑いなあ。第二ではどんな練習がなされるやら。あ、もう我は第二に来てますw
選手は出て来てウォーキング&軽いランニング。
ヤスはランニングしたいのかまんまるおかわりくんとお話したいのかわからん。ヤスが軽いランニング、おかわりが競歩みたいになってて、2人並んでひっついて離れないw(おかわりもダッシュ練習はしてます)
この2人、実戦合流はいつかなあ。。。坂田もランニング、山崎はウォーキングとランニングの境目くらい。

因みに昨日投げた岸メンや一昨日投げた十亀もこちらに合流。おつかれさん。。

↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
283位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。