スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとよくわからなかった(昨日の第二)

昨日の西武第二球場です。

昨日は第二球場で2軍戦があったため、いつもとは違いあくまでも試合前練習というスタンス。
最初は全員がウォーミングアップで出てきますが、試合に出ない選手は結構すぐにいなくなってしまう。



あら?岡本篤がヤスと一緒にいる・・・。
DSC_0045_2823.jpg

DSC_0066_2824.jpg

5点差の場面でも3試合連続で登板が無かったのでそれなら再調整すべきでは?とは思いましたが、気になったのは他の投手陣とは別メニューっぽかった点です。これ以上は何とも言えませんが。。。

DSC_0156_2829.jpg

因みに、ヤスもこのウォーキングが終わると岡本篤と二人で室内に入ってしまい、それ以降は出てくる事がありませんでした。
DSC_0137_2828.jpg

左足のストレッチ。
DSC_0228_2831.jpg

試合に出る為の練習なので、試合に出ない選手はまあ・・・中に入ってしまうのは想定内。
打撃練習は普通にしているようですし(昨日は見えませんでしたが)、内野守備練習に参加出来る段階になってからだろうな。。。

2軍戦が無い時の方が色々な練習をグラウンドでやるので、そういう時の方が見易いですね。
もっとも、まずは早いところ2軍の本隊に合流していただきたいのですが。。。


坂田。別メニューですがギプスは外れました。
DSC_0126_2827.jpg

おかわりさん。
DSC_0105_2826.jpg

軽いランはしていましたね。あとキャッチボール程度。室内では打撃とかやってたんじゃないですかね。
DSC_0333_2833.jpg

ワクイ。まあこちらは完全に調整。やはり試合に出ないので、グラウンドではキャッチボールとランニングをこなしただけ。投手陣の大部分は室内でしたからね。
DSC_0196_2830.jpg

DSC_0341_2834.jpg

ラブリー山崎(なんでラブリーかは未だに知らん)は最初からグラウンドにはいなかった気がします。
こんな格好で時折グラウンドを覗いていたかな。
DSC_0327_2832.jpg


ああ、もうなにこの第二球場のメンバー(´ω`)。



この日のファームの試合西口さんが登板ということで、1軍から出張してきたファンも多かったです。
我も2軍戦の序盤だけ少し見ました。

DSC_0485_2836.jpg

DSC_0470_2835.jpg


球速表示が出ないのでわからないんですけど、まあ全盛期と比較するとスピードは出ていないかなあという感はありました。5回を投げて自責2、失点3だったようで、まだ調整は続くだろうなあ。。。


第二球場はあんまりネタ的な収穫無くてすみませんね。。。



一軍の試合はもう色々賑やかに触れられてるし、あまり長々書く事は無いのですが、やはり昨日はお立ち台の2人でせうかね。

十亀は序盤から良い方の十亀だとわかるくらいで、最後の2点が不満というか勿体無いくらいの内容でしょう。
ただ、暑さもある上に勝ちパターンのリリーフを連日使っていたので、その中で完投出来ただけでも称賛に値するかと思います。
完投できる先発というのはそれだけで貴重ですが、1人は雄星で1人は十亀でしょうな。
雄星は球数が多くなる傾向があるので、良い方の十亀が出れば彼が一番完投可能性が高くなる。悪い方が出たら、あっという間にドカンドカーンですがorz

昨日もあの猛暑の中で最後バタつきながらも111球と比較的省エネでした。来週の登板には引きずらないかと。


一方の永江のHRですが、、、失礼とはわかりながらも書くと、ダントツで長打の危険性が低い打者に右中間最深部に運ばれたわけだから、西野の萎え度合いは半端ではなかったでせう。

西野はただでさえ苦しい状況でお鉢が回ってくることが多い様で、更に初めてのローテ入りという事でバテとの戦いもチラつく頃でしょう。昨日も永江のHRからあっという間に崩れ落ちた感がありました。

昨日も書きましたが、今のロッテは先発投手を崩してしまえば後は比較的取り組みやすい相手ではあります。

むしろ怖いのは打者の方ですが、ライオンズファンのトラウマ的な福浦がスタメンに入らないのはまだ楽。昨日の十亀ならばそれほどの失点は感じられなかったので、永江のあの一打は試合の趨勢をかなり左右しました。
あとは、多くの打者が発病しているホームラン病に永江がかからない事を願うのみ。昨日の一打をきっかけに外野に飛ばす事はあまり考えないで欲しい気はします。
あくまでも謙虚に、繋ぎの役割でお願いしたく。まあ、繋ぐシチュエーションもそんなに多くはないかもだけど。

ヘルマンが打ち出の小槌の様な状況でヒットを量産、1番に入ってから7試合の出塁率がなんと.606と凄まじい事になってます。
ここに、栗Cと秋山が少し復調してきたので、得点パターンが少し増えてきました。

どこから手を付けて良いかわからない状況は脱しつつあるので、問題点はやはりスピリーの長打力不足と二遊間という事になります。今はヘルマンが守れないので、内野は打力の弱い選手を3人使わなきゃならない。

やはり問題は2番で、金子の状況はとても辛く上位打線のネックになってしまっています。
そして、鬼が二試合続けて当たりが止まってしまい、代わりの二番を用意する事も難しくなりつつあります。

こうなると、やはり使い方で考えるしかなく、ヘルマンの出塁率が高い現状では金子はバントを多用するしかないかと。
再昇格してからの金子は、バントはいずれも完璧に決めてますから、二番としての役割を少しでも全うするにはそれが良いかと思います。

今後の為に打たせろというのも正論でしょうけど、だとすればやはり二番ではなく下位だと思うのです。何度も言いますが打順が悪いです。

それから、大崎の下降線モードが辛い。。。こちらも暫くスピリーの調子に関わらず我慢するしかなさげです。

何気にヘルマンがサードで起用出来ないのも、内野の打力的な面でキツイのですが、どんな問題を抱えているのかがやや不気味で嫌ですね。。。何事も無くサードに戻って欲しいですが。

ヘルマンの守備力には確かに不安がりますが、あくまでも起用は打力とのバランスが重要と思うよ。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
318位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。