スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝てる筈なのに勝てなくても仕方ない試合

スコア的には惜しいけど内容は全然惜しくないじゃん、てのがこのチームには結構ありまして。
能力の高い選手も多いので、相手の慈悲によるとは言えチャンスは作るも、やるべき事やらなきゃそりゃあ勝利の女神は微笑みませんね。相手のオリもミスあったけどね。

やる事やってりゃ勝てるのに勝てなくて当たり前という、一番ストレスの溜まる試合ですか。


相手の金子ちーちゃん、パ・リーグTVでは解説者がひたすら『良い良い』言ってたけど、立ち上がりからコントロール微妙じゃありませんでした?少なくともヘルマンと金子ネコには。

問題はその次のイニングー。

秋山のヒットから大崎はバント失敗。作戦面の妥当性はおいておくにしろ、こんなオーソドックスな場面で決められないのはNG。
そろそろお疲れモードでしょうか?規定打席に到達出来るほどには持たないのがチャキの最大の弱点か。。。
この選手の場合、監督の評価が上がる時に比べて落ちるときは倍速になりそうで怖いんですが。

金子ちーちゃんはスピリーはなんなく抑えたものの、何故か銀にはアッサリとストレートの四球。はて?
続く鬼にもフルカウントまで粘られて四球。あらら?

結局、コントロールは悪い。

独り相撲の最果てまで行き、ヘルマンにもボールが上ずり四球で押し出し。球数も増えていくしでイライラ。


ここは一気に潰すチャンス・・・なんだけど、金子ネコだね。。。
相手が苦しんでるのにわざわざ大振りで助けて、カウントも不利にしてます。これは思い切りの良いフルスイングとは言わず、ただの大振りではないでせうか?一気に潰すチャンスを逃した。


その裏、牧田が先頭からピンチ。これは流れが悪い。不調バルディリスに助けられるも後藤に四球を与えて、よくある西武戦では息を吹き返すT-岡田までまわしてタイムリー。早めの継投も考えた方が良さそう。


四回表。両先発が少し落ち着き始めた頃にまたチャンスはやってくる。鬼から作るチャンスで1、2塁。
しかし、またしても金子。。。
フルスイングしかできないなら仕方ないけど、最終回の平野相手には大振りやめてちゃんとヒット打ってますやん。

昨日の金子は4打席目までは『誰か何とかしてくれよ〜』という感じでしたよ。。ツーアウトから酷かもしれないけど、彼1人で5残塁です。。
確かに打力は金子が上かもしれないけど、先輩の鬼の姿勢を見て欲しかった。相手が苦しんでるんだから。


と、途中まで金子がチャンスの場面で目立ってしまったので言いましたが、この辺は金子と鬼を打順ひっくり返しても良いのでまあ何とかなります。

問題はやはり5番以降か。
秋山は1番という打順が負担で調子を落としたわけではなさそうで(浅村同様に打順で内容は大きく変わらない)、5番にすれば良くなる、てわけでもなさそう。単に調子が悪いのでもう少し打順落とした方が良さげか?

大崎は前述の通り少しお疲れかもしれない。昨日は5タコ。

問題はやはり助っ人さんでして。
この人が5番どころか6番にも入れなさそうだから辛いのです。
確かに昨日は四球は選んでますけど、特段守備走塁に特徴の無い外野手助っ人の役割じゃあないわな。。。熊代で良いじゃん、て話になる。。。

とは言えカーターにすべきかはまた別問題。


この辺が機能していればチャンスに金子云々なんて言わなくて済んだよう。


こんな感じで勝ち越せないまま、原の内野安打から勝ち越されます。あれ何度見ても誤審でしょ。
原の気合い云々はともかく、アウトはアウト。

牧田は結局途中から落ち着いてきたものの、痛い失点があり7回3失点。試合は一応作ってはいます。
数字だけみれば、こういう試合をいかに拾えるかが優勝戦線に残れるかのキーだと昨日日記で書きましたが、そんな感じの試合ですね。

もっとも『先発三本柱ならばチームが苦しい時にもうちょっと何とかしてくれ』なのか、『試合は作ってるんだし相手の金子も微妙なんだから打線何とかしてくれ』なのか、判断微妙な試合ですな。
チームの現状があらわれています。

それは8回も同じ。

8表に鬼が何とか佐藤から一点もぎ取ってベンチを奮い立たせます(勿論、相手には平野がいるのでこれでも苦しいのはわかってる)。

なのに、その裏。
川崎がいきなりツーベースヒットを打たれたのにも萎えたけど、増田にスイッチしてなんとかツーアウト。
一点取られたらもう完全終了に近いのだから、T-岡田と伊藤でアウト一つ取れば良かったのに。
素直に勝負に行くんですな・・・。ボール走ってたから真っ向勝負を選んだか?強気のルーキーに自信つけさせたかったのもあるかもしれないけど。

ただ、この一点は試合としては1番ダメな点でしょう。


結局、9回は守護神平野から金子栗Cとヒットで何とかつなぐも浅村でギアチェンジされ、原がミスで助けてくれても2点差がついた事で相手はまだ余力有り。逃げ切られた。


監督が『野球は楽しんでやるもの』と唱えたものの、1試合にして崩壊しそうな負け方やねorz

やる事やらなきゃあそりゃ負けますって。


こりゃあ、AS休みは守備、バント、走塁の総確認ですね。何度も言いますが、昨日みたいな試合が今後のバロメーターですよ。こんなの繰り返したら本気でBクラスです。

金子と鬼は打順はひっくり返しても良い気がします。周囲の将来への期待度は断然金子なのでしょうが、昨日の試合を見る限りでは何とか生き残ろうとする鬼に賭けたい。金子は基本的に開幕からフリースインガーで来てしまっているので、2番は微妙。別にずっとそれで固定してくれとは言いません。

捕手は銀1人では辛いのです。本来、ここまで1人に頼るのは黄金期の伊東捕手時代でも珍しかった。
銀ばかり重用する監督が悪いのか、星と上本が力及ばずなのか、さあどっちでしょうか?


笑って楽しく野球をやるのは、各選手個別に基本プレーの鍛錬が出来ているチームに多そうです。逆に言えば、それが出来る選手は貴重で、多少打撃などで見劣りしても生き残るでしょうね。選手それぞれに別個の役割はあるはずです。皆で同じ役割を果たそうとしても無理。

楽しむ野球が絵に描いた餅になりませんよう。。。



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
313位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。