スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真剣にやってノーノーを惜しくも逃した人と、真剣さが伝わらずに信用を逃した人

いやいや、なんと言ったら良いのか。
DSC_0027_2727.jpg


どんな形容詞を用いても陳腐になりそうな昨日の雄星の投球。

正直言いますと、昨日の試合も途中までは先週と同じ様な空気がありました。
ヤスのスクイズで一点は先制したものの、チャンスで打てないか、打つと今度は走塁ミスは出る。

先発投手は自分1人で乗り切らないと勝てないほど孤独な戦い方。
勿論、好守備もありましたがそれでもナゴヤで上手く逃げられてしまったブラッドリーを昨日もイマイチ打ち崩せない。
丁寧に投げてましたからね。球数も雄星より少ないくらいで、これは西武打線の粘りも無いのが原因か??


雄星は素晴らしかったものの、意外と中日打線がボールを見てきたこともあり、六回の時点ではもう既に100球近かったはずで、そもそも完投まで行けるかどうかを心配しました、少なくとも我は。
このイニング、ミスが出てしまったのが後輩の永江。永江のミスを帳消しにするかのごとく、井端に対しては圧倒的な内容で手を出させないで乗り切る。

このあと、終盤イニングで永江が取り返そうと好プレーもするのだから良い関係になりますな。
(ちなみに、永江のポカミスはまだまだ計算内に入れる必要はあるだろうと。。。)



そういう意味では6裏という良いタイミングで追加点が入りましたよね。


栗や浅村のソロが中日ベンチを萎えさせたキッカケで当然大きいのですが、ランナー置いてヒットが出たという意味ではスピリーのお立ち台は納得出来ます。

確かに久々のタイムリーは8回の永江ですが、ランナーを得点圏に置いてそれを還した、この事が大きかったのだから、スピリーは殊勲打。


尤もアレですか。

その前の6オモテが終わった時に谷繁がベンチに下げられ、キャッチャーが小田に変わりましたが、
これがブラッドリーのリズムを変えてしまった?

元々、前回のナゴヤの西武戦でも五回でアッサリ交代。逃げられた〜、くらいの感じでしたが、球数的にはそのくらいが交代タイミングな投手なのでは?
そのタイミングでキャッチャーが先に代わったのが裏目、、、か?
まあボールは完全に上ずってましたが。

6回表、谷繁が一塁ランナーの時に銀がボールを傍に大きめに逸らしてしまったシーンがあったけれど、その時に谷繁が殆ど反応しなかったんですよね。
あの微妙な弾き方と谷繁の足を考えれば、2塁に向かっていたらアウトに出来た気がするけど、ついこの間に懲罰交代させられた谷繁。

もしやまた???と思ってしまった。

我は一塁側で見ていたんですが、谷繁を交代させてブラッドリーを引っ張る采配に文句つけるドラゴンズファンが多数でした。
まあ、兎に角あの監督はドラゴンズファンに不評みたいだねぇ。。。


そんな事もあり、久々に西武打線が便秘から解放されたような姿を見せました。

8回には永江にプロ入り初のタイムリーが出て、その勢いで秋山ヤスとつるべ打ち。

蚊帳の外にならなくて良かったねぇw
DSC_0286_2728.jpg


中日側はもうノーノー阻止しか頭に無さそうです。


この長い攻撃が雄星のリズムを云々と言われるかもだけど、球数は結構いっていたので、休みになった面もあり。まあ結果論結果論。

マウンドでリラックスするように意識。
DSC_0320_2729.jpg


そして最後。
DSC_0326_2730.jpg

悔いの無いようにか、この日抜群だったストレートでひたすら勝負する道を選びましたか。

結果は完璧に打たれてしまった。まあアンラッキーヒットじゃないから仕方ないでしょう。

バッテリーを除くとヤスぞーが1番ノーノーに拘っていた様子だったw
つか、後からパリーグTV見たけど、このイニングは顔が凍っている野手も多かったw
DSC_0341_2731.jpg


この後はガタガタっときてしまう投手も多いものだけど、しっかり1安打で終わらせたのは素晴らしかった。
結構ギリギリのところで投げていた筈だからねぇ。


一塁側だったので残念ながらお立ち台は撮影していません。

それにしても、悔しさよりも爽快感の残る試合でした。
監督コメントの通り、打線の爆発が大きかった試合で、雄星の孤軍奮闘だけだったらノーノーを逃した悔しさが強調されたかもしれません。
また、ヒロインで悔しさを素直に表現してくれた雄星。あれで我は和みました。またチャンスはあるさー。

この投手がライオンズにきてくれて良かったと再認識出来た試合でした。






てか、飛ぶボール騒動の日に雄星がそれを嘲笑うかの様に相手を完璧に封じ込めたのだから笑ってしまふw

で、打者の方はホームラン3本とか美味しいとこ取り極まれり。

飛ぶボールと言っても統一球以前よりは飛ばないのであれば、問題の焦点はそこにはいかないよ。

『私は知りませんでした』というセリフは加藤良三という文字が刻印されたボールを手に持って言って欲しかったね。それでも言えたら凄いわ。

まあ、結局は傀儡政権みたいなもんですかね。それが暴露されただけの記者会見。

NPBも財源確保に奮闘しなきゃならない事情はあるでしょうが、オールスター3試合制の維持や、日本シリーズのバカみたいな高い入場料設定よりも、よくわからない人の人件費を削減するところから始めた方がファンは納得するよ。

もはや昨日の騒動を喜劇の様な面持ちで見ているファンは多いですが、真面目にやらないとオールスターなんか空席出来るようになるぜ?


雄星がノーノーのがして一番悔しかったのは加藤良三氏かもなあw
試合中の20時に記者会見というところからしてアレですが、雄星がノーノーやっていたら注目を更に逸らすチャンスだったのにねw

NPBと選手会、適度なバランスを持ってお互いがまともな意見交換を出来る仕組み、環境が無いとそのうちに両方崩れますよ、と。

こういう最低機関、いや裁定機関がしっかりしないと、特定のオーナー主導のプロ野球になっちまうぞ?今もそういう側面はあるかもだけど、そんなプロ野球の病状が進行してしまったら見捨てられるのは簡単だぞと。

まあ、兎に角真剣にやって下さいよ。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

三割の守備

本日延長負け。9裏終わって32ss。何とも落ち着いて見れませんでした。交流戦は32ssの守備で3つ落として、32のオフェンスで2つ拾った感じですかね?オフェンスの30%とる、イテマエなべはフェールアウトすべき。つまらなくても理詰めで勝ち負けつくほうが負けても納得いくんですね。浜出身44歳の我、埼玉住んで10年。ベイファン30年に及ぶ不遇。親会社、T○Sのやる気のなさ(寺原-山本のトレード)に二年前痺れ切らして、ライオンズファンになりました。ライオンズってこんな大味結果オ-ライな野球にいつからなったしまったんですかね。先発が揃ったベイ
みたいな野球。嫌いだけどバンクは1アウト1塁でも送るもんね。積み重ねが、終盤の粘り勝ちになってるんだろう。マリンとバンクはキチッとした野球してるよな。ps8時半過ぎると家路を急ぐLサポは如何なもんですかね?
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
233位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。