スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常に残念な試合

いやもー、、、色々と突っ込みどころ満載というか・・・残念な試合でした。

まずスタメンの変更です。ヤスと金子の打順が入れ替わりになりました。
おそらくヤスの足の状態が良くなく足が使えない状態なので9番にしたと思われます。
ヤスの負担減の為に1番から動かしても良いのでは???とは思っていたのでここは納得。

金子をそのまま1番に当て込みました・・・。これはこれで良かったのかなぁ・・・。
金子も今は途中交代を必要とする状態になってますよ?
「大学時代1番だったから・・・」という理由でGW序盤に金子を1番にしましたが、その時とはまだ更に状態が変わってると思いますけどね・・・。

ヤスが1番では厳しいなら、秋山や栗Cを1番に持ってくる案は無いという事かな・・・。
やっぱり金子は7番くらいで自由に打たせるか、そうじゃないならもう1番に出塁率の高い打者を置いて金子は2番。徹底的に送る場面では送らせる、など繋ぎのプレーを経験させるのも良いと思うんだけれどもねぇ。。。
状況に応じて柔軟対応が必要で、出塁しなければ試合展開に影響する1番で計算する状態じゃないだろうに。。。

坂田がそこそこ機能しているので、彼を3番あたりに持ってきて栗山秋山で1、2番を試してみるか、そうじゃなければ秋山1番にして金子は2番あたりだとダメだったんかな?
あくまでも臨時の策ですが。



さてさてまあまあ、試合の方は初回からライオンズが荒れ模様。
まず、昨日は埋れがちですが最初にヤスと坂田のまずい連携。
坂田の方が判断しやすく、主導権を握りやすいのは事実でしょう。しかし、ヤスの動きが捕るのか譲るのか挙動不審みたいになっていて、結局譲るタイミングが遅過ぎて手遅れという、この手のフライでよく見るミスです。
この2人の連携がどうなっていたのかわかりませんが、これっきりにして頂きたい連携ミスですね。

この場面は浅村の好プレーもあり、まだ救われた形。

次のイニング。牧田球速はそこそこ(牧田にしては)も、コントロールがいまいち思う様に行かない感じ。
ランナーを溜めたところでおあつらえ向きのピッチャーゴロ併殺、、、の筈が、金子がなんでもない捕球をスルーしてしまい失点。
ここからそもそも今ひとつだった牧田のボールはどんどん甘く入り四失点。

あまりの出来事に、金子は周囲の声も耳に入っていなさそうなくらいにボーゼン。
牧田も抑えなければの気持ちが先立ったのだろうけど、マリーンズサイドから焦りを上手く突かれた感じか。。。

打線はと言えば、策が見当たらないのか、凡打の山で淡々と進んでいくのみ。若い投手相手に揺さぶりもなく気持ちよく投げさせていて、もはやエンスト待ちの様な半分受身な状況。

正直、大半が防げる失点だったであろうに0-6になった時点で試合はほぼ勝負アリだったはず。

西野が打順三巡目で実力者達に捕まり始めます。こういうシチュエーションでも、打てる人とそうでない人にクッキリ分かれてしまうのは、調子の良し悪しもあるだろうけど、ある意味で力量差かもだ。。。
ただね、マリーンズのリリーフ陣の台所事情が火の車ならともかく、6点差あると相手はどうにでもなるのです。結局は常に主導権を握られたまま。

三点差に追い上げた段階でツーアウトからあっさり失点する岡本篤も骨太ではないですが、彼の場合は不調時は本当にダメなので仕方無し。


八回には「な に そ れ」と呟きたくなる守備ミスで更に失点。

もはや細かい事は書くのもめんどー。投手陣が打ち込まれると銀をやたらと責めたり競争意識を持たせないから悪いと言われたりもしますが、果たしてそれは銀だけの問題か?と問いたくなります。

最終回に益田を引き摺り出したのは良かったんだろうけど、相手の中郷が独り相撲をとったのが1番の理由かな。。。なんで五点差であんなに不安定?


いやー、終始残念な試合でした。まあ、ライオンズの典型的な負け試合ですな。


全体的に、選手層の薄さが響いている様なそんな内容でした。まあどのチームもそんなものだろと言えばそうでしょうが。

「守備の重要性がわかった」とは試合後の監督談。これも何度も聞いた気がするけど、イタチごっこだよね。
少なくとも、ショートに関してはあちらを立てればこちらが立たず、な状態。

金子の守備が崩れているのだから永江にすれば良い、という議論も虚しいだけでしょう。
2人で1人、くらいに考えるのが良さそうな現状です。2人とも1人では1試合を乗り切れていないのだから、2人で1試合を乗り切れば良いのではないかなと。
永江のスタメンというのは実は我は反対なんだけども(二打席目で代打を送られるくらいだったから)、山崎や鬼崎でも代打は送られるからなあ。。。

ただ、金子に関しては頭を冷やす期間があっても良いかもね。
2005年に栗が守備崩壊状態で完全にプッツンしていたので、一軍から離脱してファームで特訓した時期がありました。
金子もあの時の栗に近い状態かもしれません。あの時の栗の様に二軍に落とせはしないでしょうが、冷却期間はあって良い様な。

金子を我慢して使うべき、というのは理解出来ますが、ただミスを大目に見て我慢して使えばそれで良いというものでもないと思う。
今のままでは打てないと使い道が非常に難しい選手になってしまう気もするので、基本プレーを徹底的に見直す時期があって良いのではないかな?守備、バント、走塁等。

前も書いたけど、スケールの大きな選手に育てる=起用する側が只管我慢して自由にやらせる、は少し違う気がするのです。


今日のスタメンでどういう答えを出すのか注目です。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
277位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。