スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地に足がついている選手

福岡から戻ってくる時、選手と同じフライトで帰ってきた我。
選手の雰囲気は普通でしたと確かに書きましたが、やはり疲労の色は隠せはしませんでした。
別に3タテでどんよりした空気というわけではなかったのですが、今回のGWの日程では一番疲れるところですからねぇ。。。

昨日の試合はなかなか辛いだろうな、とは予想していましたよ。
ただねぇ・・・岸メンの場合はそれも理由にはならない気が。。。

開幕時点で先発が6本いまして、そのうちの(実績を加味して考えた)3本柱と言える投手は
ワクイ、岸メン、牧田だと言えると思います。そこに雄星、野上、十亀が加わった形。
4月は確かに安定した先発陣の貢献度が大でスタートダッシュに成功したと言えます。
しかし、それは3本柱よりもむしろそれ以外の3人の上乗せが大きいと言える部分があり、
3本柱で本来の投球が出来ているのは牧田のみと言うのが気になるところ・・・。


月間も変わり、ワクイや岸メンのエンジンもそろそろ入るころかな・・・と思いきや。。。

変わらなかったorz
DSC_0023_2472.jpg

どこか悪いのかな?とまずは心配してしまうのがファンの性ですが、どうやら気持ちの問題が大きいのでしょうか。。。どうも表情に余裕が感じられない。。。そしてそれが投球にも表れている感じがします。


昨日の投手陣のドタバタはその岸メンのみでは終わらず、弥太郎が何とかピンチを乗り切ったものの(四球も多かった・・・とは言え、緊迫した試合で自らのピンチをしのいだ事で壁を一つ越えたかな?)、それ以降の3名は見方が取った点数をひたすら吐き出してしまう状況。

まあ、4月は少々出来過ぎの感じもあったので少し苦しくなるだろう事は予想していましたが、
投手陣がここまで一気に崩れてくると対策も間に合わない気がします。。。
最初のウィリアムスはともかく、昨日の3名(岡本篤、長田、サファテ)は別にそんなに酷使というほど激しい使い方をしているわけではない筈なのですが・・・。

誰かが不調なのは仕方ないですが、まとめてっていうのは辛い。。。
暫く弥太郎や武隈でどこまでいけるかを試す必要が出てくるでしょうか。。。



とは言え、昨日は投手陣だけに責任をおっかぶせるわけにもいかず。
ディフェンスがガタガタです。まあ福岡でもそうだったのですが、昨日は特に顕著。
毎年、こどもの日が近づくとお子様にお見せして欲しくないプレーが続出する不思議な状態が起こるのですが、今年もそんな感じになってしまっています。
キャンプでやってきたはずの事じゃないんですか???という内容のミスが多かったですねぇ。。。

あれでは監督が怒るのも止むなしですよ。。。
試合後の勝利監督インタビューはとても勝利監督には見えないというか、もう完璧にキレる寸前で目が半分イッちゃってるみたいになってましたが。。。

確かに、我も首脳陣に疑問を持つ事もありますが、昨日みたいな試合を全て監督責任にするのは少々違うと思われ・・・。
プレイヤーがしっかりやるべき事をやらなきゃ采配なんて意味を持たなくなってしまう。
そこをどれだけナベが悪い~ナベが悪い~、と憂さ晴らしの様に言っても筋が違うでしょうと。
プロなのですから、1軍なのですから、最低限このラインはクリアしてくださいね、というラインはあるはずで、そこを崩したらそれは選手の責任でしょう。


とまあ、こんな愚痴からスタートしてすみません。
こんなに色々書きましたが、まぁ福岡から遅い便で戻ってきた直後のデーゲームっていうのは少々しんどいよね。そこは本当にそう思う。
ただ、今までの様にイケイケドンドンだけでは到底勝てなくなってきているので、4月とは戦い方も変わってくるでしょうし、今までノビノビとプレーさせていた若手への扱いも少しずつシビアになってくるものと思われます。
だから、必要戦力はスタメン起用されている野手、勝ちパターンで起用されている投手だけではないと言うことです。


だからと言って、別に責めたいわけじゃありません。

特に金子なんか、本当によく踏み止まってると思いますよ。守備については色々指摘があって仕方ないかもしれませんが、ルーキーは大抵大崩れしてもおかしくない頃です。それを思えばね。
DSC_0133_2486.jpg

DSC_0194_2489.jpg

ただ、彼にとっての本当の勝負はきっとこれからなのですよ。。。
本人の自身との戦いのみならず、相手も弱点を只管解析してはどんどん突いてくるでしょう。それは他の選手も同様なのだけれども。

打順も再び少々楽なポジションに入ったので、GWは何とか乗り切れるかな?という感じもいたします。あと2日踏み止まってほしい。それ以降はそれ以降の話。


監督が怒り狂いそうな試合内容ではありましたが、それでも攻撃面は昨日はよく頑張りましたよね。
疲労が一番出易いのは野手陣だと思うのですが・・・それでも点を取られては取り、取られては取りの繰り返しで最後までよく粘ったと思います。


昨日良かったのはバントが2つとも決まった事かな。ガタガタな試合内容の中で、この辺はしっかりやってきた。
DSC_0523_2497.jpg

DSC_0659_2504.jpg

一つ思うのは、4回裏1点リードで無死1塁の場面、金子にもバントさせて良かったと思う。
ベンチが躊躇ったのかもしれませんが、今だからこそしっかりしたプレーをしておく必要があるんじゃないかな。
将来スケールの大きな選手にするべき、という意見は当然理解出来ますが、
「打ち=スケールの大きい、バント=スケールの小さい」、ではないはずです。

我は少なくともそう思います。打てなきゃ意味無い、という選手になってしまっては困るのです。
浅村はバントはしっかり決めてくることは多いです。


ベンチの雰囲気は決して悪くは無いと思います。こういう試合だから意識してやってるのかもしれませんけれどもね。

ヘルマン(後ろから)
DSC_0295_2494.jpg

代打を送られた熊代もふてくされることなくベンチで鼓舞している。
DSC_0810_2510.jpg


プレーは辛い感じになってきても雰囲気作りだけはしっかりしないと、という意図が感じられ、まだまだなんとか行けそうです。


しかし、色々あった中でも栗Cとヘルマンは冷静に出塁をコツコツ重ねる。地に足が付いてますね。
二人の出塁率がヘルマン.500、栗C.481と異常値です。
2人でサンドイッチして4番をサポートしているような形ですが、本当に頼りになる2人です。


昨日のお立ち台は弥太郎ではないのか???という意見もよく理解出来ますが、ヘルマンも十分その価値はあったよ。。。よく打ちよく選ぶ。
DSC_0832_2511.jpg





ヤスに触れないわけにはいくまいにw


なんかまあねぇ・・・確かに足の状態は気にはなるのだけれども。。。
DSC_0040_2475.jpg


第1打席の時点で結構しんどそうなのはわかりましたよ。

てか、昨日は1塁FVだったんですが、視界に奈良原コーチが被って打席が見えにくい。。。
DSC_0074_2479.jpg

1塁への走塁もややしんどい感じはあり。
DSC_0075_2480.jpg


第2打席目。ライト前へクリーンヒット。
DSC_0214_2490.jpg

秋山の鋭い打球が左中間をゴロでやぶり、ホームイン。
DSC_0243_2492.jpg

やはりキツそうではあります。これ、クロスプレーになるレベルの走塁が求められると少々辛いかな。。。
DSC_0250_2493.jpg


この直後に永江と山崎がキャッチボールを始めたのも知っています。ただ、それでもヤスは出てきましたが。


んで、第3打席です。2死2塁。

1塁コーチャーズボックスの奈良原コーチは(他のコーチもそうだけど)、ランナーの状況によって立ち位置を帰るんですが、ランナー2塁の時はこういう位置に立つので、我の位置から打席が完璧に被ってしまうんですなorz↓

ヤスの打席が見えねぇぇぇぇぇ。奈良原コーチ見えないんですけどぉぉぉぉぉぉ。
DSC_0541_2498.jpg


見えねぇ、見えねぇ・・・奈良原邪魔ぁぁぁ(←暴言)、、、ああああああこれは完璧に捉えたから頭上は超えるだろ~~~あーーーースタンドに入ってるぁぁぁさp;あk@さおふぃそぢどf(°ω。)←見えないのと突然の出来事に一人でラリってた我。
DSC_0543_2499_20130505094325.jpg



全力疾走は避けたいので全力で走らなくて良い巨大ぽp作戦←
DSC_0554_2501.jpg

いやー、打っちゃいましたよ~。ボールが完全に甘かったので、なんかもう右打ちとか無関係に反射的にバットが出た感じですな。
DSC_0582_2502.jpg


展開からして大きな2ランでした。
DSC_0631_2503.jpg


普通これで勝たにゃ。

8回にピンチを作る長田に対して気合を入れに行く。
DSC_0712_2505.jpg

てかコレ結構本気で怒ってらっしゃいません?背景のヘルマンがやや脱力系なのはへるにゃ~ん♪とか言って上手く流すと良いと思います。
DSC_0715_2506.jpg


ここから同点に追い付かれての8回裏は先頭打者。

以前のヤスならここで少々振りが大きくなる傾向もあったのですが、、、
この打席は先頭打者と言う事もあり、右方向を意識してコンパクトに振りぬいてライト前ヒット。
DSC_0763_2507.jpg

昨日お立ち台だったのはコレが大きいんじゃないかな?とも思いますけれどもね。
ヘルマン、栗Cのみならず昨日のガタガタ試合で地に足がついている一人がヤスでした。



昨日は1塁FVな我でしたが、我の知り合い数組がこの時点で帰宅するということで・・・この時点で4時間15分くらいでしたからね。お陰で9回表に我は3塁側に入る事が出来ましただヽ(´∀`)ノ。


9回表。最後ヘルマンの守備がやや微妙な感もありましたが、何とかこの悪い流れを大石で断ち切って逃げ切り。
ヘルマンの場合は懸命にやってるし、この流れでは交代させにくいのも理解できない事もないのでもう仕方ない。。。
DSC_0855_2512.jpg

DSC_0858_2513.jpg

ハードな移動後にこの試合って選手大丈夫かね。。。
DSC_0873_2514.jpg


以下、お立ち台です。粛々とした感じだったけれども、あの試合内容でかつ監督のあのキレ寸前みたいなインタビューを聞く限り、そうなるのも致し方ない。。。
ヤスに関しては足の状態もあるので、もしかしたらお立ち台はスキップしてベンチ裏で早速マッサージとかに入るかなと思いましたが、出てきてくれましただ(´∀`)。

DSC_0001_2469.jpg

DSC_0064_2477.jpg

DSC_0017_2471.jpg

DSC_0084_2482.jpg

DSC_0099_2483.jpg


ヤスのお立ち台は去年の5/28の甲子園以来。西武ドームに限定すると、2011年9月6日のロッテ戦で石井一久と共に上がって以来。
後者は我が友人達から「やっちゃんカレンダー下さい」をほぼ強制的にやらされたネタ祭りの日だなw
てか、二年前のロッテ戦はまだしも去年の甲子園お立ち台を見ているのは奇跡的というか多分レアです。


ヤスのお立ち台というと何故かスタンドががら~んとしている試合が多い傾向にあったので、昨日みたいにお客さんの多い試合で存在感をアピール出来て良かった。まだまだやってもらわなにゃ困るし。
(そう言えば、福岡では相変わらずヤスの人気が際立ってますね。。。以前からその傾向があったんだけども)


足の状態については確かに気になります。
ただ、そこはもう本人の判断を信じるしかないと思ってます。今季は自分から申告して途中交代するような事もありましたし、その辺の境界線は理解しているものと思っています。

ただ、試合に出ることはプレイヤーとしてはとても大事な事なのだと思いますよ。
(昨日の試合も正直・・・これじゃ外せないよなぁ、という内容でしたゆえ。。。)

無理しないのも大事な事ですが、出る以上はファンとてもネガティブオーラは捨てて応援したいと思ってます。
彼らはプロです。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1846位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
268位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。