スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手が苦しむ時なんて当然来る

昨日、勝ったにも関わらず若干ネガティブ要素を含んだ日記を書いたら、嫌な部分が微妙に当たってしまって若干ショボくれている管理人です。自分で書いておきながら図々しい話ですが、あんまり気持ちの良いものではありませんね。。。

先発野上。序盤からボールに力があったせいか、相手のロッテ打線も釣り球に手を出してくれる。
上々の立ち上がり。
DSC_0532_2412.jpg

DSC_0477_2411.jpg

一方の藤岡相手にライオンズ打線は立ち上がりは無抵抗主義者。

パ・リーグTVを聴きながら球場へ向かう途中でしたが、解説の片平さんも「中盤までは投手戦でしょうねぇ」と微妙に含み?のあるのかそうでもないのか微妙な言い方。まあ別に我も完投しなきゃいけないとは思わないです。


ところが、最近打撃絶好調の銀が3回裏に高めのボール球をいとも簡単に打ち返しレフト前ヒットで
あっさり出塁すると、2アウトからヤスが追い込まれてからファールで逃げまくって最後内野安打をもぎ取る。
続く秋山にやや慎重気味に投球するも、最後にど真ん中失投がきてタイムリー。

なんか銀の打席でリズムが狂ったのと、ヤスの打席で粘られた挙句に内野ゴロが内野安打になったことで藤岡が微妙に根負け。栗Cには勝負にならず、スピリーにはまた甘い球が行ってあっさりと2点タイムリー。

好調な打者があっさりと突破口を開き、率の低い打者も粘ってなんとかし、相手が根負けしそうなところで
ガツンと打ち返す、しかもキャプテンは通常営業で冷静に四球と、チーム状態の良さを物語ってますねぇ。
2死1塁からどかんどかーんと3点入るとは最初は思わなかったです。


続く4回には先頭浅村にHRを浴びると金子に死球と、立ち上がりはあれだけ快調だったのにもう歯止めが効かない状態。更にはマリーンズ守備陣にまずいプレーもいくつか飛びだし、伊東監督ご立腹。

こんな簡単に楽勝ペースになってしまって良いんだろうか・・・なんだか怖いくらいなんですが、相手の状態との兼ね合いもあるしなあ。


こんなほぼ完勝ペースのまま、野上は6回を終えてノーヒットピッチング。

そういえばノーヒットですね?と、スタンドのファンもそろそろ気付く頃合いですな。
守っている野手、特に内野手は内野安打に若干ナーバスになる頃か?

7回表。
いやーな打球がいやーな場所に飛んでしまう。
金子が追いついたまでは良かったものの、そこから上手く次の体勢に入れずボールも握りそこねた感じで結局送球が出来ず。

ハッキリ言えば普通の内野安打でしょう。上手く処理出来ていたら・・・はあるだろうけど、それこそタラレバの世界。そもそも、野上には申し訳ないけど、終盤3イニングはまだまだ全然先が長く、通常の3イニングよりもずっと厳しいもので、冷静に立ち返れば「惜しかったのに・・・」なんていうシチュエーションでは全く無いのです。
野上も守備のせいだとは一切思っていない気がします。

ただ、飛んだ場所がルーキーで疲労感もあってやや下降線の金子のところだった、、、。
ルーキーはまだそこまで図太くはないでせう。

内野安打になった瞬間、金子はボーゼンと立ち尽くしていました。一塁に送球し切った上での内野安打なら、そこまで気負う事は無かっただろうけども。

そんな姿を見て、素早くピューと金子の元へ飛んで行くヤス。
DSC_0614_2414.jpg

DSC_0619_2415.jpg



ヤスもルーキーの年に、西口さんの完全試合が途切れてしまった楽天沖原のヒットに飛びついて及ばなかったという経験があります。
今回の金子以上にどうにも出来ない打球でしたが、あの時は昨日と違い途切れたのが延長10回だっただけに、ベンチでかなり悔いたとも聞きました。

まあ、だからこういう時のルーキーの心理状態が敏感にわかると言えばわかるのだろうね。

しかし、金子にとってはここからが悪夢のバースデーになってしまう。
タイムリーエラーを犯してしまい、更には浅村の悪送球まで出てしまい、完全にドタバタな状態。

まあ、野上がよく堪えました。
ここで自分が崩れたら色々マズイと思って踏ん張ってくれたはず。


8回に先頭のヘルマンが出塁して浅村にバント。
完全にドタバタになってしまった7回裏の流れを一度引き締め、元に戻したかったんだろうと思います。
また、チャンスメイクをして金子にまわす事で挽回のチャンスを与えたかったのかもしれない。我が軍の監督はそういうのよくやるから。

浅村はナイスバント。彼はバントに関してはあまり心配無い気がします。


が、金子はやはり疲れが見え隠れしてますか。打球に力無く、敢え無く凡退。途中交代となりました。

プロ一軍の壁にぶつかるかどうか、、、という状態になってきましたが、それは普通の成長過程だと思うので、そんなに悲観するような話でも無いと思うのです。金子としては大変だと思いますが、壁にぶつからずに主力になった選手はいませんから。冷静に考えればここまでよく踏ん張ってる。

逆に言えば、金子が主力扱いになるのは壁を何度か乗り越えてからでしょう。
こういう時に本人がどう対処してくるのかを見たい気もしますが、首脳陣は基本に立ち返って対処する方を選択するかもしれません。


ただ、こんな時に銀ちゃんが好調になったりヤスの出塁率が上昇してくるのは理想的な展開。
ここまでルーキーが盛り上げてきたわけだから、GWは主力が責任持って盛り上げて下さいという、昨日と同じ結論。

昨日は4試合ぶりに勝ちパターンの中継ぎ抑えを起用。
終盤点を取れなかったのはやや不満ですが、あの流れで点を取られなかったのはヨシ。
サファテがバタバタするのと岡本篤がまた投げなかったのが気掛かり。サファテは今のうちになんとかしてくれい。

クローザーは大石が苦しくなったらサファテと、助け合える形になれば良いのだけどね。
DSC_0768_2419.jpg


お立ち台はこの2人。スピリーも懸命に溶け込む努力をしてるんだろな。微妙に日本マニア?
DSC_0872_2421.jpg

DSC_0882_2422_20130425064316.jpg


【ヤス】
出塁が1回しか無かった次の試合では4出塁、そしてまた1回しか出塁出来なかった試合の次の日に4出塁、とまあなんと表現して良いかわかりませんが、普通に考えたらこういう選手なのでありました。

ただ、最近数試合では出塁0という試合が無いので、出塁率はうなぎのぼり(うなぎ・・・)。
打率は.237と低いですが出塁率は.340まで上がってきました。
まあ、今の時期はまだ率に拘る必要はありませんが、開幕して一ヶ月も経過すると好不調で使われ方も変わってきますから、出塁率が上がってくるのは悪い気はしないはず。

ライト前ヒット。
DSC_0578_2413.jpg

センター前ヒット。
DSC_0721_2417.jpg

手が奈良原コーチにかかっていて表情微妙w
DSC_0737_2418.jpg

この選手も手術明けでよく踏ん張ってるなとは思います。
DSC_0794_2420.jpg

DSC_0801_2423.jpg

とある方のツイートによると、先週の水曜日の試合でズタボロだったヘルマンをベンチでポンポンと肩を叩いて励ますヤス、という構図があったらしいです。

そんな役回りが暫く続くだろうね。いや、続いてくれて結構。若手が育った時にヤスがどうなるかはありますが、そんな話は今気にする事じゃない。

そして、忘れかけられていますが、ヤスはもう間もなく国内FA権を獲得するはず。。。
もう少しと言っても、去年離脱期間が長かったため、順調に行って今季の夏場あたりになるかな?
正直、それを気にする余裕は無かったのではないかと予想しますが、栗Cの生涯ライオンズ宣言もあったみたいだし、ヤスにも周囲から認められる貢献度を残した上で残留して欲しいと思うのがファンの性。

出ていかれて欲しくはないけど、成績が低くて相手にされないのも悲しい、好成績を残すと今度は他球団からチャチャが・・・とまあファンはこの様にワガママなのですorz


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
286位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。