スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッシリ構えて応援していくつもりです

昨日のKスタは春らしい良い天気で気温も20度に届こうかという気持ちの良い観戦環境。
時折コールドドリンクが欲しくなるくらいがちょうど良いですね。
反面、上空は変な風が舞っている様な感じもあり、高いフライには内外野ともに要注意。
春らしいという事は風との戦いでもありますな。

先発は十亀。
昨日の雄星の完封に刺激されて良い結果を出せるかどうか。
この人も2年目という観点で見ればある程度は大きな心で?見守るべきなのでせうが、今年で26歳と
普通の大卒に比べて2年遅いプロ入りですから、あまり悠長な事も言ってられないのが現実。

先発ローテ定着を目指す今季、雄星に先を越されている場合じゃないと一番思っているのはこの人かもしれません。
本人も前回の京セラのアレがあるので、この登板に賭ける思いは大きい筈。
DSC_0236_2354.jpg


ただし、コントロールは良くも悪くも「適当」なのが特徴なので、どうしても球数は増えていきます。
ある意味、この人が抑えられる要因の一つがこの適当に散らばるボールという側面もありそうで
一概には否定は出来ませんが・・・昨日も3イニング終わった時点で50球。うーん、このペースのままじゃ完投は難しいですね。

打線が相対する楽天の先発は、2010年の西武ドーム最終戦でライオンズ打線が痛い目にあわされた菊池。
痛い目と言ってもライオンズ打線の自滅に近かった気もしますので、今回はどうなるかなあと思いきや
3回までは初回先頭のヤスを除いてなんだか淡泊な攻撃でチャンスメイク出来ず。ほーい。。。
序盤は下位打線にイマイチ粘りが感じられない。

とは言え、2回り目に入ると秋山が2ストライクと簡単に追い込まれた直後に簡単にヒットで出塁。
更に、続く栗Cはアッサリとした四球。おーい、2回り目で一気に豹変ですかこれ?

すると4番スピリーがこんな低い球をセンターへ運んで先制。凄いねこれもまた。。。
DSC_0331_2355.jpg

菊池のボールはどんどん甘くなっていき、ヘルマンはタイムリーエンタイトルツーベース。
外野フェンスは高くない、人工芝は物凄く跳ねる、加えてラッキーゾーン増設とこの球場はエンタイトルを
量産しそうですね。ハッキリ言って野球のスピード感を完全に殺してますので面白くもなんともないのですが。


浅村は効果的に犠飛、更に金子の打席でワイピともう完全に相手側が崩れてしまいました。4-0。今日も快勝ペースか?


だが、得点はこれまでだったorz

ちょこちょこ打つんですが、いまいち繋がらないよねぇ。
栗Cが999安打目を放つも1000本はお預け。これ、相手のセンターとレフトが妙な追い方してたけど、ベンチ裏でXXXになってなきゃ良いですが。
DSC_0404_2357.jpg

5回~8回まで全て得点圏にランナーを進めるも、追加点が入りません。あーこれじゃあかんのよね。
ただ、やはり代打層の薄さが響いている気がしましたが。采配が定型で上手く行かなかったのもともかく。


十亀は中盤以降も適当にボールが散らばったり時に中に入ったりしますが、度々なんとか切り抜けていきます。

露骨な併殺崩しですが、金子が何とか耐える。今後、どこまでこらえられるかも注目の一つ。
DSC_0378_2356.jpg


楽天打線を見ていると、上位よりも中位~下位打線の方がいやらしい感じ。
昨日は先頭のカズオが5タコ、AJが4タコと完全にブレーキ。マギーでチャンスを作って嶋までで還されるパターンんが一番脅威的な、そんな感じになってました。

ただ、十亀もコントロールが散らばってますので、この試合まで四球0の藤田に2つも四球を与えて
勝手に自分を苦しくしたあたりが課題?まあしゃーないのかもしれませんが、カズオを5回抑えていてそれは勿体ないだろう・・・と思わず言いたくなる投球w
もっとも7回はもう体力的にいっぱいいっぱいでしたんで、交代するのもアリだと思いましたよ。
シーズン序盤なので、今後の事も考えてベンチはこらえましたね。

とは言え、結果として先発の役目を十分に果たしてリリーフ陣にバトンタッチ。

ライオンズがここまで順調にきている一番の要因は間違いなく先発投手の安定。
岸メンに白星が付かないのは不気味ですが、先発が完全に試合を壊してしまったのは
前回の京セラでの十亀のみでしょう。

逆に言えば、ここから先がまだまだ不安定と言いますか、ベンチも手探り状態で使っている様な感はありますね。
長田が下位打線に捕まってツーアウトから失点するも、ウィリー伯爵が火消しに出て何とか事無きを得る。
まあここ3試合は休んでたから昨日はあの場面で出てくるのは当然として、こんな感じですとなかなかウィリーもしんどそうだ。

最後は大石で締め。
2点差まで追い上げられる、Kスタ、といういやーな条件が揃っていましたし、実際2アウトをとってから
最後の小斉にボール先行、続く打者はAJという楽天サイドからすれば最後の望みに賭ける条件が揃っていました。
んが、最後は高めのボール球を振らせて試合終了。ある意味ラッキー、ある意味キレがあったとも?

小斉は少ない先発チャンスで2安打と結果は残しましたが、この最後の三振でベンチ裏でXXXになってなきゃ良いですが。。。


勝利のハイタッチの時も自分のフォームを確認する大石。
DSC_0690_2365.jpg

お立ち台は十亀。出したくてランナーを出していたわけではないのですが・・・とコメント。そりゃそーだ。
ただまあ、真ん中付近にボールが集まらなくて良かったとも言えますかね。
DSC_0742_2367.jpg


これで先発6人は一先ず揃い、この人たちが踏ん張っているうちは大崩れは無いと信じませう。
あとはリリーフが早くに確立すればね。


【ヤス】

土曜日の試合前の打撃練習後に右手首を抑えていて、ベンチに引き上げた後にマッサージを受けていたらしいですね。
我は土曜日は遅めに行ったのでそのシーンは見ていないんですが、まあ暫くはその痛みとしばしば付き合って行くことになるんでしょうかね。。。
DSC_0184_2350.jpg

DSC_0188_2351.jpg

精神的に落ちている感じはしませんが。まあ、内野のリーダーである事は誰が見ても明らか、自覚もあるだろうから、気持ちが張っているのもあるでしょうが。
DSC_0194_2352.jpg

初回はファール連発で相手の菊池に11球を投げさせるも空振り三振。。。
DSC_0212_2353.jpg

昨日は結局ヒット出ず。
ただし、7回に四球で出塁すると、相手のモーションを盗み今季2つ目の盗塁成功。
DSC_0524_2358.jpg

DSC_0529_2359.jpg

DSC_0530_2360.jpg

コーチの評価では徐々にスピードが戻ってきているという事の様ですが、どうも本人はまだまだ盗塁にはしっくりときていないみたい。

まあ、ヤスの盗塁は技術も勿論として、あの強気の姿勢が一歩目を踏み出させている部分が大きいと思われ、その自信の裏付けがしっかりと確立出来ないとなかなか難しいのでせう。

俊足でも塁上で一歩目を踏み出せない選手は沢山いますからね。

昨日のヤスはまあ相手の送球が高かった事もありますが余裕でセーフ。
ただ、モーションを完全に盗んでいたので、もっと速くと思っているかもしれません。本人しかわからないけど。

その後、ワンナウト三塁から栗のショートゴロで本塁憤死。
「これで飛び出すなんて走塁感覚鈍ってんじゃないの?」
という声も聞こえましたが、球場で我が見た限りはゴロゴーに見えましたけどね。
じゃなきゃー、あのあからさまな前進守備であのタイミングでは飛び出さないでしょう。
1点が欲しかったわけだから、本塁憤死でも最初からバッターランナーがスコアリングポジションに行くまで塁間で粘る攻めの作戦だったはず。
あそこで自重してもツーアウト三塁じゃあまり意味無いしね。

昨日は守備で二回ダイビング。何れもグラブの先を掠めていきました(捕れないのは仕方ない打球です)が、オープン戦では考えられなかったプレーでもあります。
暖かくなってきたから少し思い切りも出て来たかな?
もっとも何でもかんでもダイビングなんかしないだろうけど(ダイビングしないのは良い事でもあります)
DSC_0572_2361.jpg

永江をかわいがり。永江の表情に注目w
DSC_0617_2362.jpg

勝利後。銀ちゃんをドツいた後、ドツキ返されて列から追い出されましたw
おうおう、銀ちゃんも強くなったもんだw
DSC_0706_2366.jpg

まあ、色々不安はあるシーズンなのでしょうが、本人が覚悟して怪我と付き合っていく以上はファンもドッシリ構えて応援するのみ。
もっとも、札幌のファンは無事に来てくれと願っているはず。
我も願ってます。あともう少しだしね。勿論、札幌終われば後はどうでも良いわけじゃありませんよ。

この仙台3連戦ではヒットが一本しか出ませんでしたが、四球4つなのでそれで穴埋めという感じかな。
犠打、盗塁と小技も決まり、守備も特に問題無さそうなので、次カードに期待しませう。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この宮城カードはケガしないか、選手が心配でしたが、なんとかなったようで安心です!

北海道のファンとして、札幌にヤスがじょうり上陸してくれるのは感無量です!

ライトスタンドからセカンドを守っている背中、すごく楽しみです!
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
318位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。