スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れてきた正二塁手候補

記事のタイトルですが、昨日実戦に復帰したばかりですし他の候補もいるので
まだこういうタイトルにしています。力を見せつけてほしいとも思ってます。
遊撃?昨日の起用がセカンドでしたし・・・。

☆今季のOP戦初出場のヤスが巻き返しへ意気込み
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130312/npb13031219240010-n1.html

昨日は7回から登場でございました。
我は午後は移動があったので、スマホからパ・リーグTVへアクセス。
序盤2イニング程度と運よく6回が終わったところから見れました。

6回終わったところでちょうどTVにアクセスした時、スタンドから黄色が聞こえたので
あー多分出るんだな・・・とわかりました。

ただ、なんだろう・・・。南郷の紅白戦や練習試合の時もそうだったんだけど
こういう時に限ってヤスの所へ打球が飛ばないのな。これじゃ練習、調整になりませんがな(´ω`)。

皮肉にも、チームが逆転されたことで打席はギリギリ回ってきました。
こっちの歓声も結構大きかったですね。今季はずっと1軍帯同だったんだけど、OP戦は初だし
そもそも西武ドームでの試合に出たのが去年の7月上旬以来ですからねぇ。。。8か月ぶり。

結果は2球目をセカンドゴロでしたが、初戦ですしあんなものではないかなぁ・・・とも思います。
振り回してどうこうっていう打撃でもなかったですし。

ただ、身体がどの程度動くのかは守備、走塁を見ないと何とも言えないんですよねぇ。

監督いわく(ライオンズEX情報です)、「今後はスタメン起用もある」ということなので
そういう機会も普通に出てくるでしょう。というか、今日スタメンで出ないかなw


「残り少ない試合数だけれども実戦をこなしていきたい」とはヤスの弁。
とはいえ、オープン戦だけで残り10試合もあるんですよね。
まあ、金子と永江が絶好調でほぼスタメン固定中なので、起用のされ方次第で出場頻度は変わりますが
先は長いですし、「焦らず」を一貫して主張しているのでそれを信じますよ。


中継によると、ヤスは1週間前の時点では「まだちょっとおかしいから」と言う事で
自分から遠征を回避した様な感じだったようです。
確かに100%の状態というのが存在するのかどうかわかりませんが、ドクターとも相談して
練習可否も決めてきたみたいなので、信じますよ(←大事なことは何度も言うよ)。



先にも述べたように金子と永江がしっかりとアピールしていますし、特に金子は強烈に
アピールしてきています。
浅村の起用のされ方を見ていると、結果が出なかったりミスを連発したりすると
しっかりスタメンから外してくる。金子と永江を外す理由はここ数試合を見る限りでは無い。
この辺のポリシーはハッキリしているように見えます。

浅村に関してはこのまま我慢して起用し続ける、という方策だけでは良くないという判断もあるように思う。
特に若手に関しては、ナカジやその前のカズオがそうであった事から、「我慢して使う事が大事」という
図式で単純に解釈されそうですが、必ずしもそうかと言えば明確な論拠も無いのです。
状況もその時々で違っているというのもあるでしょうけど。

ナカジの後継者は浅村、と当然の様に言われる事も今まで多く、本人もナカジの後継云々は別にしても
勿論1番ショートで出る気十分で迎えたOP戦。
ちょっとミスしてもそれはゆるぎない・・・という段階ではないと判断されたのでしょう。
正直なところ、強気な発言のわりにはトツボに入り易く、精神的な面で壁を乗り越える事が必要なのかな、と感じる。
これを乗り越えなきゃ、そもそもショートストップとしてチームを引っ張っていく存在にはなれない、とも言える。

逆に言うとね、金子と永江も多分同じなんです。
今は存分に結果を出しているのだから問題無いし、外される理由も無い。
ただ、それは浅村が辿ってきた経緯でもそうだったように、選手の99.9%はいつかどこかで壁にぶつかるんです。
我は確かに素人ですが、それでも素人なりに「壁を乗り越えられない人は生き残っていかない」というのは
殆どのケースで当てはまっているとは思うんですよ。

今季も浅村一人が苦しむわけじゃあないと思うんです。
これから先、オープン戦は10試合、そしていよいよ開幕を迎えるレギュラーシーズンは144試合。
今は何試合消化の時点ですか?まだ8試合でしょ?(+プレシーズンマッチ2試合はあるけれども)
まだまだ先は非常に長い。

金子と永江が苦しみ出した時に、その隙にすかさず力の違い、これまでのプロとしての経験値の違いを見せつけられるかどうか。

若手新戦力がガムシャラになって強烈なアピールをして、既存戦力の尻に火をつける。
若手がヘバったり苦しみ出した時に、既存戦力が意地or余裕で力を見せつける。
また新戦力がはい上がろうとする。

本来こうじゃなきゃいけないんですよ。
だから、ここから浅村が復活すればむしろ理想形なんです。

そしてそれは、まーたいつもと同じ結論になりますが、ヤスについても同じなんですよねw


昨日の試合を見る限り、特に金子に関してはスイッチ&俊足というのを生かせば
相手にとっては脅威でしょう。第1打席と最後の打席しか見ませんでしたが、
1打席目を見る限り、左打席の時にゴロを飛ばせば相手守備が少しもたつけばセーフになりそう。

まだまだわからない点は多々あるでしょうが良かったものは良かったと思う。
そして、今のままならば確かに開幕スタメンの二遊間はこの若手二人かもしれない。
勿論、OP戦も10試合残ってますからまだそれすら不明ですが。


でも、その時はその時。
ヤスなんかは「いつでもひっくりかえすぞ」と圧をかけていけばよいんです。
逆に、若手が苦しんだ時でさえも他の選手からのプレッシャーが無い様なチーム状態で
若手が余裕でチャンスを掴んだままだというんじゃ、全体レベルは上がっていかないって。
(当然、若手と既存戦力をひっくりかえして考えても同じです)

それを実現する為には、まずヤスと浅村には自分との闘いに勝ってもらわないといけませんね。

山崎や鬼崎と言った2名も含めて、誰々が開幕スタメンに名を連ねたからその選手さえ大丈夫ならば
今季は安泰、というのは完全に違いますので、全員で競争し続けて頂きたいと思います。
と言いますか、この二遊間のポジション争いに限らずライオンズ自体がそんな感じですねぇ、今季は。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
224位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。