スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム全体が重傷ですな。

ヤフートップに「目標を失いかけた西武」みたいなお題目(今朝の時点)。

指揮官からこういう言葉が出るという時点で重傷。
まあ、見ればなんとなくわかってしまう状態ではありますが。

現場からすれば「必死でやっている」のは事実だと思います。
ただ、どこへ向かっているのだろうか・・・という感じですか。
一体感が見えてこないんですね。


昨日の試合。
終盤に5点リードをしながら、更にダメのダメ押しの一点を取りにくるホークス。
一方で、序盤中盤で一点が欲しい場面で、二点を欲しがっている様に見えるライオンズ。

前日、一点勝ち越した直後に逆転されたから?
いやいや、昨日の試合以前もこんな野球を結構やってますよね。
必ずしもそれが悪いとは思いませんが、現状ではどうだろう?

結果論と言われそうですが、昨日の無死二塁、無死1、2塁の場面で、
ファンの多くが「バントで送って欲しい」と思ったはず。

だから、やっている選手からすると(ガチガチに力入りながら)「必死にやっている」はずなのに、
ファンから見ると「勝利への執念とはなんぞや?」になってしまうわけで・・・。


事が上手く運ばないうちに段々選手の集中力が減退し、悪循環に陥っているのかなと、
そう感じざるを得ないこの5連敗でした。

段々と2007年に似てきている様な感じですか。ま、あの時は最初から集中出来る状態じゃなかったけどね。



目標を失いかけている、と監督のコメントにあったように、ファンも段々同じ状況になりつつあります。
選手のプレーに喜怒哀楽をはっきり示せるうちは、まだ野球で楽しめていると思います。でも、それも段々・・・。

昨日の平尾ちゃんの特大ファールが出た時の、ファンの喜びを爆発させたいあの反応。
我も含めて「3ランだ!」と思い込みたい感じ?
冷静に見ればファールかな?と判断も出来るんですが、勝ちに飢えている証拠でしょうか?

でも、この感情があるうちは、ファンとしてもチームへの期待感がギリギリ保てているかなと思います。
一点への執念を見せてくれれば、チームもファンも多少蘇る気もするのですが。

ホームランで勢いをつける役割はおかわりやホセあたりに期待することだと思うので、
泥臭く点を奪いに行って欲しいですよ。
泥臭いプレーは時に感動を呼びますからね(ヘッスラしろとか無意味に飛び込めとかは言いませんけどね。精神論に終始する状況じゃないですから)。

三年前の日本シリーズ最終戦の様な戦略的にも精神的にも究極と言える泥臭さが
いつも見れるとは到底思わないけど、片鱗くらいは見たいな、やっぱり。


新ブログでもウンチク垂れぞーな我でございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
247位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。