スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指揮官は最高のゲームと称するなれど、、、

CSへの自力進出の可能性が一夜で復活。

今の時期は兎に角勝つこと。
そういう意味では、痛い敗戦の翌日にすぐにこういう結果を残せただけで、
非常に意味はあったということで良いのでしょう。


ただ、、、やっぱり言わせれw


やっぱり納得出来ない・・・。


1. 初回に四球2つ、死球1つ貰いながら、11球でスリーアウト。

・・・えっと、ニ球でアウト3つ稼いだってことなんですよ?

わたしゃ、エンドランや何かを仕掛ける野球は大好きです。
実際、七月八月は打線にはもっと色々仕掛けて欲しいとつくづく感じながら見ていました。
出塁して確実に送って~、は相手にプレッシャーをかける1つの戦術なれど、
いつもそれだとワンパターン過ぎて、何をするかわからないプレッシャーを相手にかけられません。
だからエンドラン自体は反対しません。


だけどさあ、、、


昨日そこで仕掛けてしまうわけ 。


相手の和田は立ち上がりは全然ボールが定まってなくて、ストライクは一球たりともあったの?くらいの出来。

実際先頭打者の栗もストレートの四球。

ここで迎えるは、エンドランは得意ではないが
バントや球数を投げさせる事には定評がある原タク。

くどいですが、色々やらせたい、仕掛けてみたいはわかります。
でも、だからってどこでかけても良いものかは ⁇

ま、素人考えと言われればそれまでですが、四球2つに死球1つで11球でスリーアウトの事実に
納得出来たファンは多かったのかな?

勝手に崩れてゆきそうな和田を、あの作戦失敗で助けたのは事実で、
「結果論」ではないと思うけどね。。。


2. 七回の代打平尾。

あれは平尾が敬遠されるのをわかって出したってことですかね。。。

3. 九回表の銀のヒットで、浅村が2塁から突っ込みホームアウト。

まあこれは本当に結果論になるかもですが、いくらなんでも
レフトが前過ぎましたわなあ。打球の転がったもレフトの位置から大きくは逸れてなかったし。
内川からの返球が多少逸れてもアウトかなあ、というタイミング。

まあ、2と3は結果論と言われても仕方ないかも。
2はやはり疑問も残るけれども、一死満塁で初球ゲッツーの銀にも責任はあるでせう。


これを監督が言う最高のゲームと称して良いのだらうか。
初回にあんなひどい攻撃をしなければ、4-1くらいで勝てる試合だった様にも見えました。


とは言え、冒頭に触れた通りでCS自力進出の芽が再び出てきたのも事実。
ワクイの粘投とおかわりの4番として最高の働きで救われた試合ですから、
相手が横綱な事を考えたら確かに大きな勝ちです。

一戦一戦拾って、なんとか楽天とオリックスにプレッシャーをかけていきたいですな。

今年は開幕が遅れた分、試合数はまだ残ってます。例年ならば八月末位の感覚。これで3.5ならチャンスはまだまだあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
318位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。