スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いけめん

☆西武D3“イケメン”金子、1軍生き残る
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130205/lio13020505030000-n1.html

記事曰く、″渡辺監督が「顔だけじゃね。実力も備わらないと」とクギを刺し″~



確かにまあ顔だけじゃね・・・(ノ∀`)。

顔が良くても活躍しなければ人気は出ない、ていう原則をまざまざ表しているのがライオンズという球団。
いや、他球団も同じか。

イケメンイケメンと言われること自体は、野郎としては悪い気はしないとは思うのですよ。
野球部の中心的選手ともなれば、プロ入り前から多少なりともチヤホヤとされながら過ごしてきた選手も多いだろうし、今更戸惑う事も無いでせう。

ただ、2年3年と経過して行くごとに「イケメン(´∀`)ハァト!」という言葉は時として
「イケメンなんだけどねぇ・・・(´ω`)」という残酷な形容詞に変わっていく。

そもそもイケメンという形容詞はその選手の野球的特徴を見出しにくい。だからなんなの???的な。
逆に、他の強みを表す形容詞と複合してイケメンと称される、これ最強。

まあ、そういう意味ではイケメンと称されてプロ入りしてくる選手は、アマ球界では「これ最強」的な分類なわけなんでせうね。




一方。

ヤスが入団した時は、まあライオンズファンに今ほど女性比率が高く無かったであろうという
前提条件はあるのですが、そこまで「イケメン」と形容された記憶はありません。
いやまあ、そう思っていた女性ファンも当然いただろうし、実際アマチュアの時の女性人気がどうだったかはハッキリてわからないけど、
少なくともプロ入り直後にマスコミにそう形容されたりとかスタンドでそういう声がちらほら聞こえると言う事はあまり無かったと記憶してます。まだまだ少なかったファンの間で言われていたかも、程度。

この時のイケメンカテゴリと言えば、ナカジと栗、小野寺、水田など。

ヤスはこのカテゴリにそこまで挙がる事もなく(失礼・・・)。
まあ前述の選手達の印象が強かったというのもありますが。

それが次年度に頭角を現してレギュラーの地位を徐々に掴み始めるとあら不思議。

途端に「イケメン」という言葉がヤスの枕詞になって独り歩きを始めると・・・。そしてプロ野球○iでも「これでもか」と特集される様になったやうで、おねえさまファンの多い代表的な選手扱いに。。。

2年目の夏場だったと思いますが、普通の一般紙ですら
「まるで歌舞伎役者と見間違うような顔付きのこの選手は紛れも無くプロ野球選手である」
みたいな書かれ方をしているのを見て、我は(°Д°)ポカーンでした。
だって、さっきも書いた通りで最初そういう形容詞の付き方しなかったもの。

地位が顔を作っていくという、典型的なパターンなのかもしれません。
どんな世界でもそういうものはあると思うけど、スポーツの世界って余計に格好よく見えるものなんだろうなと。

思えば、秋山とか浅村とかも女性人気はウナギ登りですが(ウナギ・・・)、最初そうじゃなかったよなぁ。。。


顔が良くて云々というか、地位が顔を作っていって、そこに惹かれる人が多いのかな。うん。。。

というわけで、金子君も2-3年以内に何か強みをアピールして一軍で生き残らないといけませんぜ(なにこの上から)。

まあヤスにしてもこれまでの『実績』からして、イケメンカテゴリから落ちる事は無いんだろうけど(まあ判定するのは女性ファンの皆様ですが)、
それは良いとしてもファンからの信頼を落としていくのではなく、やはりヤスがいないとダメだと言われなきゃあダメです。選手の存在感って結局はそこで、それあってこそのイケメンだから。。。

スポーツ選手に「イケメン」という枕詞は時に残酷であるからね。。。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初からイケメンイケメンと言われるのは、ちょっと違和感がありまする。
ナカジファンのワタクシから言わせると、単にイケメンと言うなら、
ナカジよりイケメンは掃いて捨てるほどいる。
そんな感じです。
掃いて捨てる中に入らない様頑張って欲しいですね。
人気商売だから、見た目は良いに越した事はないけれど、結果が伴ってこそ。
野球好き女性ファンはミーハーファンでも、それくらいは感じてます。多分。

ヤスくんが入った時は、そんな感じじゃなかったんですね。
でも、高校時代のヤスくんの写真を見たら、めっちゃ美系でした。
娘とちょっとした興奮状態に(笑)

娘は、いくら顔が整ってても、体のヒョロいジャニーズとか、
もう全然ダメみたいな、野球選手好きに育ってしまってます。
顔と体型と実績と。ハードル高い(笑)
困ったな。

ヤスくん、今年は期待しています♪

イケメンのワードに当てはまる選手はかなり際どいですよね

sevenmaniaさんのヤスの話にしてもそうですが…

俳優や歌手に関してはイケメン=美ではなく、個性的な顔立ちの意味も入りそうな気がします

このブログで現代のイケメン基準、ボーダーラインがどこなのかを知りたくなりました

「美形」(^_^;)

イケメンと言う言葉はいつごろから使われ始めたのですかね。
ちょっと軽いかもですね。
好みもありますからね。

栗山キャプテンは、誰が見ても「美形」ではないでしょうか?

片岡家のご家族が出てくる番組をyoutubeで見たのですが、
おにいさま(長男かな)の方が、もっと「美形」だと思いました。

No title

cocoさま

野球選手が女性に人気があるのは独特な雰囲気が
あるからかな~と、勝手ながら思ってます。
単に見た目だけならば芸能人の方が手っ取り早いですしね。

活躍しないと雰囲気って出て来ない気がしますね。

No title

あきらさま

正直、あたしゃ最近のイケメン基準とかは全く理解出来ません(笑)。
理解出来なくて良いのだと思ってます。
だから、野球選手に関しては尚更でございます。

まあ、男性女性の立場をひっくり返しても同じでしょうね。

ただ、球団幹部にとってはイケメン云々は重要ポイントみたいですが(笑)

No title

tamboさま

男前に比べるとやや軽い印象がありますね。
男から見た美というと対象はどうしても女性になるので
我みたいな人間から見ると男=美という感じとは
やや捉え方が違うかな~。
この辺は性差ですかね。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
224位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。