スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観客動員を減らした2012年

~プロ野球とJリーグの観客動員力~ というコラムを読んで。
http://number.bunshun.jp/articles/-/320591

なんか読書感想文みたいな出だしですなw

とにかく読んだわけです。Numberとか我好みのポイントに焦点をあてたコラムが結構多いので好き。

コラムの主たる問題点の指摘としては
「震災の影響により日程面や開催球場変更等のあった2011年と比べれば、2012年は観客動員が
復活していて当然しかるべきと思いきや、プロ野球(特にパ)は動員数を減らしている」
「J1は持ち直したが数年前の水準には戻っていない」
「国内リーグにもまだまだ発展の余地はあるんじゃないの?」

という点。
決して「NPBとJリーグを比較してどっちがどーだ」とかいう、野球ファンとサッカーファンによくありがちな水かけ議論ではない事だけは先にお伝えしておきます。

どうすべき、という点については「知恵を絞るべき」というところでストップしている感。


我としてはプロ野球のパ・リーグ、というかライオンズについて触れたくなります。

セはコラムに指摘のある通り、「阪神の不振が大きかった」→「それにより甲子園ばかりか、他球場へ出向く阪神ファンも減り、結果としてそれらの球場にも影響が出た」というのは多かれ少なかれ影響はあるでしょう。
だから「相手チームの人気に頼るビジネスはNG」だと、セ側から交流戦削減論が出た時点で我は指摘しているのですよ。神宮とかは増やしているみたいなので、少し改革効果は出てきているのでしょうけどね。


パについては「問題は日本ハムも減らしていること。週1登板のダルビッシュの影響だけとは考えられず、単純に動員力が落ちているのでは」とはコラムにての指摘。

確かに、札幌はチケット取りやすくなったよなぁ・・・と感じます。
以前は開幕戦、最終戦、CSなど節目の試合なんか容易じゃなかったんですが、今は少しの努力で取れます。
球場の器が大きいこともありますが、チケット売り切れまで行かなかったりするし(数年前じゃ考えられない)。

ダルビッシュの影響が少ない、とは言い切れない気はします。
元々、パのチームは「スター選手」を売りとして前面に出し、それで人気回復を図ってきた一面はありますので、
チームというより個人選手への思い入れの強いファンは結構多いものです。

あとは、やはり多少のマンネリもあるかもしれません。
日本ハムって2006年から7年間で4度優勝。段々感動と言いますか、優勝そのものへのありがたみが
薄れてきた頃かもしれない。黄金時代を知る西武ファンならよくわかる減少だね(´ω`)。
これ怒られるかもしれませんが、「ファンが支えていかなきゃ」という深層心理も薄れてきている可能性は・・・?←こういう現象が出てきても不思議なことではありません。

チケット代が数年前と比較して500円ほどアップしている、チケットのアイディアが
単純である(=企画チケット等が少ない)というのもあるかもしれませんので、確かに改善余地はあるかも。

関係ないかもしれないけど、日本ハムのFCのポイントってライオンズやマリーンズのソレと比較して
大分使いにくいです。チケットに交換は出来るのだけれど、制約が多くて事実上使えない事も多く、
ポイントそのものが余ってしまってどうしようもない。。。
ネットでもポイント引き換え出来るのは便利なんですけどね。

コラムの作者は「まだまだ国内リーグには発展の余地はあるはず」と仰ってますが、日ハムにどんな改善案が
あるのかはファイターズファンにお任せするとしまして。


で、優勝争いしながらもうひとつの観客お減らし軍団が我が埼玉西武ライオンズ。

こっちも数年前から大幅な改革を行い、球団側の戦略(ファンサ、チケット戦略から選手の売り出し方まで)、
チームの日本一、WBC、それに伴う女性ファンの増加と上手く融合して動員力を回復させてきましたが、
こちらもそろそろマンネリというか段々ファンの不満という形で表れてきてしまっている感はありますね。

☆問題点1:そろそろ優勝しないとマズイ頃なんだろうなぁ・・・という感じでしょうか。

「2位じゃダメなんですか!?」→ダメみたいです。

いや別にね、2011年の終盤とか去年の後半とか、逆襲で盛り上がってるときは良いんです。
ただ、結果として優勝していないのがそろそろ明確な不満&不信になってきている感はあります。
去年の前半戦は露骨で、まだまだ先が長い時期にもかかわらず「ダメに決まってるよ、毎年同じ失敗繰り返して」という冷めた反応が多かったのも事実。→観客動員減少は明らかでした。GWですら3万切ってしまいましたからね。

☆問題点2:ファンサービスにそろそろマンネリ感?

1990年代中盤~2007年頃の良く言えば渋い、悪く言えば何となく地味~な雰囲気に比べたら今なんか天国なんですが、残念ながら何年か続くと飽きがきてしまうのが人間心理。
一例としてはファン感が良い例?ライオンズのファン感ってイベント盛りだくさんで、当初はライオンズファンからも他球団ファンからも評判は良いものだと思うのですが、毎年同じようなプログラムなので逆にライオンズファンからは不満になってきてしまっています。

☆問題点3:選手個人に依存しすぎ?

これ、同意反論あると思うんですが、ライオンズファンの特に女性の場合はチーム以上に選手に肩入れする
ケースが他チームよりも目立つ印象です。球団が主としてそういう売りだし方をしているからなんですが。
で、その選手次第でファンの観戦頻度が変わってしまうんですね。我もヤスにあわせて2軍に行ったりなので他人の事言えませんが。

で、これまた色々意見あると思うんですが、ナカジに関しては残念ながら2010~2011年で冷めてしまった人も我の周囲にちらほら・・・。
ここ2年間不振のヤス、去年前半戦ああいう形になってしまったワクイの影響もあるかもわからんです。

新たなスター候補が出てきていますが、いつまでこの戦略で持つだろうか???という疑問もあります。
特に2009年あたりと同じ効果が期待出来るか???という。


☆問題点4:1塁側

1塁側についてはもっと積極的に動いた方が良いと思うです。3塁側との条件の格差をつけないと多分入らない。
土日でも3塁側全体と1塁側指定はほぼ埋まってるのに、1塁側内野自由だけすっからかんで発表は26000人止まり、とかよく見うけられました。
QVCのマリンシート(3塁側A指定)が人気なのも、見易くて安いというポイントがあるから。
チケットの値段で大きく落としたくなければFCポイント2倍とか。

1塁側って右打者、左投手が好きな人にとっては良い席だと思うんだけどね。

1塁側にファミリー層、お子様等をターゲットにしたチケットを設定してはいかがでしょう?
最近、その手のモノがあんまり無い様な気がするんですが。沿線デーでは主に1塁B指定を捌いているみたいですけどね。


☆問題点5:試合開始後の集客

特に試合開始後のアクセスに不満あり。特に特に平日は要改善。
平日なんてさ、試合途中にどれだけ仕事帰りのファンを呼べるかが勝負なのだけれど、
18時台、19時台って西所沢で接続さほど良くないケースが結構あるんだよねぇ。。。
急行とは必ず接続するくらいにならないもんかな。。。何故か遅くなればなるほど球場までの所要時間が増える気がする。。。数分〜10分程度の時間短縮かもしれないけど、少しでも早く着きたいファン心理からすればマイナス。

プラチナ会員なら終盤だけでも見るって言う人は結構いると思うので、アクセスは出来る限り努力して欲しい。
また、試合途中からのディスカウントチケットをまた始めたって良いと思うのだけども、、、。
「球場到着が5回とかになってしまうから行くのに躊躇する」という声は結構聞かれます。
終盤に見どころが集中する試合も多いのだから、こういう躊躇層を上手くひきこまないと。
終盤がリアル絶叫アトラクションだから、そこだけ見れば良い試合も。


この手の話、何度か書いてきた気もするけど、オフシーズンだからくどいくらいに取り上げてしまいますがご容赦ください。。。
簡潔にまとめて球団公式HPに要望として出したいです。。。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
185位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。