スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナカジの入団会見映像がMLB.comで流れるみたい

どうもアスレティックス(めんどくさいので以下A's)HPにも挙がっているMLB.comの記事を読むと
ナカジの入団会見の様子はココ↓で中継するよ~みたいな記述がありますね。
http://mlb.mlb.com/video/play.jsp?topic_id=16646294&c_id=OAK&content_id=25530205

一応、下記のニュースソースを見ると、現地時間の午後2時ということだから、日本時間では朝の7時ですかね。

7時現在。中継はじまりました。ナカジ、A'sのキャップとユニに身を包み、超が付くほどニッコニコ。ユニもナカジ仕様の物が出来ています。背番号は3!
第一声が”Hi! Oakland! My Name is Hiroyuki Nakajima”。ヒロと呼んでください♩だそうですw


生中継のストリーミング配信が40分ほど続きました。
通勤途中に見たので、よくきこえなかったり途切れたりであまり集中して見れなかったけど、
終始ニッコニコのナカジスマイルでしたね。ただ、プレーの話を少し深く聞かれると
険しい表情を見せることもありました。

これで埼玉西武ライオンズの中島裕之から、オークランド・アスレティックスのHiroyuki Nakajimaに本当になりました。。。

この配信が生中継だけで終わりなのか、後からどこかで見れるのかはわかりません。
全く見れないわけじゃ無いだろうけど。

【追記】超短縮バージョンの動画が公式サイトにアップされましたね。ユニ姿の笑顔なナカジが見れます。ただ、リンク先のコンテンツは結構変わるみたいなんで、違うモノに差し替わってしまうかもだ。。。
http://oakland.athletics.mlb.com/video/play.jsp?content_id=25531111&c_id=oak


こういう記事もいちいちアップデートされていたりするので、注意は必要です。記事が突然変わってたりするから。
次はどんな情報がアップされるかな。
http://oakland.athletics.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20121217&content_id=40719034&vkey=news_oak&c_id=oak



さて、オークランドアスレティックス(以下めんどいのでA's)です。

かつてからの西武ファンならば「バークレオ」を思い出すかもしれませんw。

どんな球団かと言いますと・・・

向こうでは所謂「地味」扱いの球団だと思いますが、日本では「MLB開幕戦を東京ドームで開催」とか
「映画 マネーボール」とか色々と話題があったので、おそらく日本人にとっては比較的のある球団かと思います。
また、「地味」とは言いましたが2012年アメリカン・リーグ西地区の優勝チームです。
残念ながらプレーオフでデトロイト・タイガースに敗れてリーグ優勝にはあと一歩届きませんでしたが、
物凄く劇的な展開で地区優勝を達成したため、久々にメディアの注目を浴びたと言えるかもしれません。

今年のA'sの快進撃は球史に残る奇跡と言えるでしょう。それほどの大大大逆転地区優勝。

確か6月末の時点で首位とは13ゲーム離されていました。たしか順位もア・リーグ西地区で下から2番目かな?
奇しくもその時点での首位はダルビッシュを擁するテキサス・レンジャーズ。

しかし、夏場から反攻を開始して8月には優勝候補の一角だったエンゼルスを抜き去り、もしやワイルドカードに滑り込む???くらいの勢いを見せる展開。
それでも残り9試合の時点でまだ首位レンジャーズに5ゲーム離されていましたっけ。
日本でも「ダルは地区優勝を成し遂げるだろう、カンラカンラ」的に報道されていたかと。。。

それが残りの9試合で8勝して、最後はレンジャーズとの直接対決3連戦を全て勝って最終戦で
とうとう順位をひっくりかえす大逆転優勝。ダルビッシュ唖然呆然。
去年、我がライオンズが最終戦で滑り込みCSを決めましたが、正直それとは比較にならないほどのミラクルで
MLBファンの目を惹いたものでした。

背景がまた面白い。

このチームは「マネーボール」でも描かれていたように、球団運営予算という面では非常にシビアな環境に
おかれています。
ヤンキース、レッドソックス、ジャイアンツ、エンゼルスなどの華々しいチームが名を連ねるアメリカン・リーグ
において、それらとは対極な地味戦略を求められるチーム。
もともと予算が少ない上に、観客動員数も大抵最下位付近で争ってます。今季ですらそう。
因みに、今季の年俸は30球団中「最下位」です。下記データを見ると、1位のヤンキースの僅か4分の1しかありません。
http://espn.go.com/mlb/team/salaries/_/name/oak/oakland-athletics

しかし最下位でも年俸総額5000万ドル(日本年で約40億チョイ)ですから、一体MLBと言いますか
アメリカのメジャースポーツはどんな世界なのよ???と言いたくなるわけなんですが、ヤンキースの年俸総額は
約2億ドルですからねぇ。
同じアメリカン・リーグ西地区に属し、大補強をしたエンゼルスも1.5億ドル、レンジャーズで1.2億ドルですから、A'sがどれだけ緊縮財政かわかるというもの。

実際、A'sは昨シーズンオフに年俸カットのために有力選手を次々と放出し、若手主体のチームとしてスタートしました。
多分、夏場までは優勝すると思った人は殆どいないだろうし、ビリー・ビーンGMも優勝狙いではなかったんじゃないですかね?少ない予算でやりくりしなければならないのは「マネーボール」時代と変わってないようですね。

それが、夏場からその若手達の力が融合して、大逆転優勝ですから。
云わば西武ファンが好むであろう「逆襲集団」と言えると思います。人材流出、経営ボロボロ、雰囲気暗い→だから弱いだろうと言われる時に限って強いというね。
西武ファンの心の琴線に触れる様なバックグラウンドを持っていますよね。
だから、ナカジを送りだすファンとしては良い球団に入ってくれたという事になるのかもしれません。


ただ一方で、予算が使えないというのはシビアな側面も持ってますよね。
選手の放出自体はNPBとは比較にならないほどアッサリ行われるMLBですが、その中にあっても
A'sは選手の切り売りが多い部類であることには変わりはないであろうし、
また今回ナカジと天秤にかけられたDrewにも見られたように、自軍からFA宣言した選手を引き止めるだけの
財力は無いチームです(あああ・・・さいたませいぶ)。。。

そういうチームだから、ナカジも結果を出さないとどう転ぶかはわからない。
2年契約とはいえ、下手すりゃその契約ごと他球団に売り飛ばすような世界です。
MLBの中心選手に見られるウン十億という規模ではないものの、2年契約で650万ドルは
「評価を落としつつある日本人内野手」「A's」という事を加味すれば決して安い契約とも言えません。
それなりの結果を残しても、年俸的に非効率と見做されれば他の選手と挿げ代えられてしまう可能性もある。


日本の球団と比較するとかなりビジネスライクですし、ある日突然バサーっと行かれてしまう。
特に、ペナントレース途中に優勝が絶望な状況になれば、主力だって放出して若手に切り替えたりします。


ただ、若い選手が主体なだけに、誰もがレギュラーを確約されているような状況ではなさそうです。
そういう意味では、スタートラインとしてはヤンクスの様なチームよりはやりやすいでしょうね。
スプリング・キャンプがナカジの運命を決める最初のステップになると思いますが、
そこでアピール出来れば開幕戦スタメン出場の可能性は十分残るはずです。


A'sがナカジに「スタメン確約を提示している」という報道が結構前からあったと思います。
正直、その一方でDrewとの交渉を続けていたわけだから、半分はリップサービスかマスコミ戦術かとも
疑っていますが、スタメン確約って言うのは正直違和感です。

昨日の日記にも書きましたが、我ら日本のファンはナカジの事を高く評価しても
向こうのファンは最初からそういう風には見てはくれないでしょう。
勿論、期待してくれているファンも多々いると思いますし、向こうの報道でも評価は上々の様ですが、
その反面MLBファンやメディアの多くは半信半疑で見ているはずです。

ナカジの今後の活躍はA'sの命運だけを握ってるわけじゃあないんです。
ナカジの働きが今後の日本人内野手への評価にそのまま直結して行くわけです。
「日本人内野手の力=ナカジの働き」という図式で判断されたりするのでしょう。(賢介がどうなるかわからないけど)

そういう意味では、あちらの目を納得させる必要があります。
「ナカジマはコレコレこういうところが強いし、それを証明している。だからスタメンなんだ!」
と言わせなきゃダメなんです。

最初にスタメン確約なんてされたところで、そんなものはいつまで生きるかわからないし、
大体そういう扱いで入ってきてフタを開けたら活躍しませんでした~なんてーのが一番最悪なストーリー、
評価を下げる効果は通常以上です。だから簡単に戻ってきちゃダメ。

競争に果敢に挑戦して、誰もが納得するA'sのショートとしてのポジションを掴んでほしいですね。まあサードでも良いですが。


さて、ところで予定通りライブ映像はながれるんでせうかね。。。


*とりあえず、「マネーボール」未見の方は見てみてはいかがでしょうか?
野球ファンならまあ楽しめると思いますし、球場の雰囲気なんかも上手く再現されてますです。
こんな歴史を持つ球団で根底に流れているのね・・・ていうのは大体わかると思います。
ブラピは年取ったな~と感じると思いますがw


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
219位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。