スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お手本」として有無を言わせぬ存在の選手がキー

“暴走高校生”慈善活動も 西武入団は「本人がどう反省するか」(スポニチアネックス)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121209-00000038-spnannex-base

なんちゅーかまあ、、、慈善活動も良いですが一番大事なのはやはり本人の奥底にある気持ち、姿勢でしょう。
こういう活動を教育の一環として周囲の大人がやらせるのも良いですが、それが対外的なアピールに
終始してしまうならば、正直なところ大して意味を持たないもの。

ただ「世の中を舐めるな!」「今しっかりしないと結局困るのは自分なのだ!」と、事の重大さを
周囲の大人が徹底的に教えてさしあげるのは良いことと思います。
追い込まれると心のどこかで逃げ道を作りたくなるのが人間様の悲しい性です。
それを徹底的に封じ込めてあげるのが大人の役目だし、それに対して本人が本音の部分でどう反応するかじゃないですかね。


高卒でプロに入るほどの努力は出来る子=誰にも出来る事ではないのです。
スポーツでもなんでも、各分野のトップ中のトップになるためには、
どこかの奥底にでも突出した高い人間性を持っていないと成し遂げられないはずなのです、本来ならね。

そこが一般平民の我らとは違うところなのだ(´ω`)ショボーン。。。
例え、眉をひそめたくなる側面を持っていたり、性格的にひと癖もふた癖もあって一見ムカツクような人で
あってもw、トップにのし上がる人というのはは素晴らしい人間性をどこかに持っているはずなのですよ。

18歳なのだから、自分が今どうあるべきかわからないはずはないでしょう。そんな年齢ではないはず。
そこで真摯に反応できるか、楽な方へと自己弁護or驕りや浮かれの様なモノに流されてしまうままであるか。
本来の自分の素晴らしさに気付くか無駄にするのかリトマス紙に晒されているのです、今の彼は。

そういった面の判断力を球団幹部が持っていると信じたいところですが、はたしてどうなりますかね、この問題の結論は。

簡単に結論が出るとは思えないので、これ以上は静観します。
まあ、プロ野球の世界でも世の中舐めてるとしか思えないような救いようの無い事件も起きてますんで、
悪い輩や慣習にひっかからないようにここで軌道修正が出来るくらいでないと、お先は明るいとは言えないよね。
入団出来たら、周囲の選手達がしっかりと気をつけてやらないとだわなあ。。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


今更感がありますが、今回のドラフトで育成指名された水口君に関するコラム。
http://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin02/article.php?storyid=6595


新人合同練習が始まったら、我的には要注目の一人だなw

ヤスに憧れてるとかいう話はドラフト時からありましたが、熊代の時もそうだったように
ヤスはそういう目標とされお手本となるべく存在なのですよ。

熊代が入団してからのヤスは怪我にまみれてお手本として十分に機能出来ていなかったと思いますが、
今度こそそういう「お手本」として有無を言わせぬ存在であってほしいなと思っています。

個人的に「足が速い=盗塁が武器にな」、などとという単純構造が成り立つとは到底思えませんし、
それはヤスと他の俊足選手を見れば普通に解る事なのですが、
そういう「伝承者」がいないと、西武ファンとしては寂しい話になってしまいます。

最近のNPBは球団を超えた選手交流が盛んですが、ライオンズの選手がお手本として
「ライオンズの選手」ではなく「他チームの選手」の名前を挙げ、その選手に只管ついていくというのは
「技術力の高い選手に素直に教えを請うのは良いことなのだろう」とは頭では理解できても、
一方で少々寂しさを感じないこともなく・・・。

勿論、チーム内に自分よりレベルの高い選手がいなければ仕方ないこともあるでしょうが、
若手選手が他チームの選手ではなく「ライオンズの○○選手に絶対ついていきたい、盗みたい!」という
構図が盛り上がってほしいなあ、と願うばかりです。

勿論、自主トレ中に他チームの選手についていくことを否定するわけではないですよ。
ただ、チーム内にお手本となる選手がいるかどうか、そして若手選手がそれをお手本にするかどうかっていうのは
チーム力を高める一つのファクターではないかとファン目線からは単純に思うわけで。。。
ライオンズ選手からライオンズ選手への伝承していく流れは途絶えてほしくないところですね。


まあ、チーム内で「ライバル」になるわけだから難しい面もあるかと思いますし、
更に言うとプロ野球選手は「個人事業主」という現実があるので、個人vs個人の付き合いになることも
否定は出来ないところなのです。
ただ、チーム内で盗みあう風潮があればチームは強くなるよなあ・・・と思います。
お手本とされる選手もそう言われる内が華でございます。自分の為にも頑張ってほしいところです。

なんでこんな1カ月も前の記事を持ちだしてこんな事話してるのかというと、色んなブロガーさんの来季の
予想オーダーを見て
「これでは正直言って色々な意味で余裕が無さ過ぎ・・・」と感じたため。
チーム内でレベルアップしていかないと厳しいシーズンになりそうだな・・・というのは我の今の心境です。

チーム内にお手本となる選手がしっかりと引っ張っていく構図が出来ているチームはやっぱり強いと思います。
それが崩れているチームは、一時的に戦力強化で優勝出来たとしても長くは続かない事が多いんじゃないかな。
あ、相内騒動についても同じか。選手の中にしっかりとしたお目付け役、シメることの出来る存在が必要です。
若いうちはそのくらいの粋の良さがあって~~~なんていう選手がいたらキックしたいw



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
224位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。