スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米間のWBC熱の差異に挟まれる日本人選手達

日本人大リーガーがWBCへの出場を辞退することをどう思う???みたいなアンケートがあるみたいですな。

アンケートを取ったところで、だからどうなんだ???というのはありますが。

出場辞退をする選手への批判も結構あるみたいですが、
米国側の無関心な空気と日本国内の白熱しがちな空気の狭間に一番悩まされるのも、彼らかもしれません。


事の真相はわかりませんが、MLBの選手がWBCに出場する場合でも、所属球団から起用法に制限がかかるという話があるとかないとか。

我はヤスファンだから観点がソコに行くわけですが、前回のWBCでセカンド岩村、サードヤスという
起用法の歪さ(前者は日本でサードの経験値が豊富、後者は殆ど無し)から考えるにさもありなん。

是が非でも勝利をと願う日本側&全力を尽くすNPBの選手に比較し、
全力を尽くそうにも制限がかかるというのであれば、MLBの日本人選手はその立ち位置は難しいでしょうね。

となると、辞退という選択肢も理解できるお話。

まあ、NPB側の選手としてもそれぞれ思惑はあるんじゃないかな?

各選手が国の代表として戦う事に多かれ少なかれ誇りを持っているとは信じたいですが、
WBCを将来のMLB挑戦に向けた第一歩目の足掛かりとしたい選手もいるだろうし、
単純に自分の株をもっと上げて注目されたいと思う選手もいるだろうし、
指名された以上は辞退するのは憚れると感じる選手もいるかもしれない。

我は、まだまだ不完全と言えるであろうこの大会に出る選手に「常に国の誇り100%のみ」で戦えとは言うつもりはありません。
出場リスクも大いにあるし、それは身体に故障部位を抱えていれば尚更の事。
何より主催の米国側の本気度が微妙な状態で、選手の個人的野心や事情を大会に一切持ちこむなとは言えないし、
MLB側の選手であれNPBの選手であれそのバランスを考えた上で出場辞退という選択肢も仕方のない事と思う。


あくまでも現時点では。
到達点はやはり少しでも選手にとって意義のある大会にしなければ。


現時点では事実上はMLBの収益大会になってしまっていますが、
こういう大会の音頭をとり主催出来る力があるのも事実上はMLBのみ。

NPBもアジアでは発言力はあるのでしょうが、アジアシリーズの失態や今回のWBC出場騒ぎに関する対応から考えても、
取りまとめる力や世界への求心力は残念ながらなさそう。


一番はアメリカ側が戦力的にもスポンサー的にも本気になるシステムを作れる事が肝要なんですが、
開催時期をずらすくらいではどうにもならなさそうで、
おそらく地道な年月は必要になるんじゃないでしょうか。
おそらく、コレなら確実と言える解決策を提示する事は殆ど無理かな・・・と思う。

ただ、世界大会を成功させるには、普段からの世界各国間の交流は絶対に必要。

今は「MLBとそれ以外」という様な構造が見られますが、
以前は「アメリカとそれ以外」だったわけで、このアメリカオンリーな構図も少しずつですが崩れてきています。
北米と中南米の人材交流が進んでいる様に、アジアと米国をはじめとする各国との人材交流がどんどん進み、
一曲集中的な構造が崩れて各国のレベルアップが進んで欲しいと願います。

その為には、MLBに行く選手はやはりそこで頑張って欲しいし、アメリカで埋れている優秀な人材が日本に来て欲しいと願っています。

各国のレベル差が縮まらないとWBCという大会の真の成功は難しいでしょうから。

その為にこの大会を維持して行く気持ちが真にあるならば、
米国側も日本ばかりに資金援助を求めずにもっと頑張れよと思うし、
日本もできる限りの協力体制は構築すべきでしょうな。WBCに関わるNPBの対応がなんだか頼りなさ過ぎ。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本人がWBCに注目してる理由は様々だと思います

多くは、アメリカやドミニカの最低限()の戦力下ではありますが…2大会連続の世界一になったからだって思います。

これがキューバや韓国にもっていかれてたなら、ここまで注目されてたでしょうか

管理人さんのようにWBC事態を成功させるためにと考えてるファンがもっとたくさんいらっしゃったら…と思います

関東も気温が下がってるようなので、風邪にはお気をつけください

No title

あきらさま

初年度の最初は、この大会自体がどんなものかもわからず、
成功するのかも疑問視されていてファン関心が低かったですね。
優勝したことで次の大会がかなりの注目を浴びたことは事実でしょう。

ただ、大会自体をもっと権威あるものに引き上げていかないと、
ファンの気持ちが離れてはじめて行くのもそう遠くないのかもしれません。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
283位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。