スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今オフのFA有資格者リストが公示されています

今オフのFA有資格者の発表。

http://www.npb.or.jp/players/2012fa_qualified.html

当たり前ですが、特にサプライズは無し。
ライオンズから新規にFA権を獲得したのは、国内FA=おかわり、海外FA=ナカジのみ。
この辺はもう周知の事実でしたしね。

来オフに国内FA取得が新規に可能なのは、今のところヤス、栗、ワクイの3名です。
来オフに海外FA取得が新規に可能なのはおかわりです。

勿論、来季の1軍登録日数により可能が不可能にもなります。
故障者特例の適用も気になるところ。


他球団を見ても何名か主力級が新規に獲得していますね。
寺原なんかはさっそく動向が気になる状態になっていますが。


まあ、あんまりFAに手を出すとは思えないのはライオンズファンの性。
手を出すことより手を出される不安感の方が10倍は強いのもライオンズファンの性orz

今季はおかわりは複数年契約、ナカジはまあ・・・海外移籍希望濃厚かな・・・というのは
もう大体わかってますので・・・。
ナカジは公式に語れるのは日本シリーズ後。マスコミに色々出ちゃうかもですけどね。

読めないのは来季以降だよねぇ、こりゃ。

まあ、、、来オフ可能な3人のうち、ヤスに関してはまずしっかり試合に出れるように復帰することが第一で
今からFA云々を心配しても仕方がないことです。
この手の話になると、なんだか無責任な噂話やら憶測やらネットで流し、更に尾ひれをつける
迷惑な人もいるみたいですが、そんな話は別にしても
試合に出れるようにならないと何もはじまらない。

栗、ワクイについては正直読めないなあ。。。まあ、信じるしかないんだけれども
FAの動向ばかりは「○○選手は出ていかないと信じていたのに!!!」みたいなことが
どうしても起こりうるゆえね。。。

話が脇道に少し逸れますが。

以前から球団設備の改善やバックアップについて色々要望を訴えてる選手は
結構いた気がするんだけど、今後どうなるかな。
Gへ移籍する選手が「金で釣られやがって!」とか散々批判されたりしますが、
それだけ選手にとってバックアップ体制や設備なんかが良いというお話も聞きますけどもね。
東京ドームはガタがきていますが。

ライオンズを見ると、もう第二球場の近辺とか80年代テイストが残ったまま・・・。
確かに、2軍設備と1軍設備に差をつけることで、2軍選手がが1軍へはい上がる為の
ハングリー精神を養う云々の「プラス面」はありましょうが、それにしてもプロ野球の設備としてアレは
もうちょいなんとかならんものかねぇ、、、と思ったりもします。
別に2軍の選手だけが使うわけでもないしな。

そもそも1軍設備も別に大したことは無さそ(以下自主規制)

まあ、設備については一例に過ぎませんが。

当然限界はあるんだけど、よくわからんところにお金を使ったり(球場ネット裏の用途不明なビジョンとかね)、
大外れの助っ人に3億とか使ったりした過去を繰り返さないようにしていただき、
使うべきFA選手の引き留めの為にお金を使ってほしい、というのはファンの思いですが、
今後数年で迎えくるFAラッシュに向けてフロントの動きはいかに?

球団の黒字は2004年を経験しているファンとしては喜ばしい事だけど、
投資すべきところまで緊縮し「黒字達成しました(´∀`)」とか球団が誇らしげにする傍らで
ファンは消化不良、、、こんなシーズンがひたすら続くようじゃ、きっとファンはまた離れてしまうだろうからね。


↓ランキングに参加しました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2038位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
297位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。