スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岸メン、浅村、ナカジ。それぞれの意地を見た試合。

勿論、この三人以外の意地も見ましたが、そこは突っ込まないでw


第3戦のきっぷは昨日の試合前時点で既にチケレスで引き換えてあっただ~、試合後じゃ混むしな。

ここ最近のCS1stは、初戦を取ったチームがそのままの勢いで2戦目も取ってしまうケースが多かっただけに
生き残れてよかったよかった。

色々あった試合でしたが、一番大きかったのは「岸の序盤の踏ん張り」「浅村の粘り」だったと
思っています。これ、両者ともに意地とプライドだよね、きっと。
そして、決定的に勇気づけたのがナカジの力を振り絞った意地。

まずは岸。
先制点の重要性はおそらく痛いほどに感じているはず。しかも、前日は惜敗しているだけに
絶対に相手に先制点をやってはいけない試合。与えたら完全に相手ペースの試合にはまってしまう。
戦略上優位になるというのは勿論ですが、ホークスの先制点はなにぶんライオンズ側の焦りを誘ってしまう。
今のライオンズって結構そういうチーム。

別に岸メンの状態は完璧では無かったと思うんだけど、初回もピンチを迎えてペーニャを徹底的に
インコース攻め、松田には追いこんでからインローへきわどく逃げる釣り球カープで空振り。
ボールも中5日で調整し切れなかった時に比べれば勢いはある。

ここや2回表で失点していたら全く違った展開になっていたでしょう。


一方の打線も前日の「なんか思い切り振ってるだけ」状態から脱却。
浅村、初戦は目を覆いたくなる結果に終わってしまいましたが、昨日は意志が伝わってきましたよ。
ボールを見てなんとか揺さぶりをかけようとしていました。
ヘッスラは自然に出たものかもしれません。昨日みたいな内容のまま終わるというのは
彼にとって屈辱以外の何物でもないはず。相当堪えたのではないかな。。。

1番打者の意図って相手投手にも重圧を与えますし、そのまま次打者以降にも繋がっていくことが多いですからねぇ。
2番打者がクセモノであれば、1番打者がしくじってもそこで修正するんだけれども、今は若いチームだしな。


相手の武田翔太。初回はピンチを迎えますが、まだ堂々としていました。
ピンチを迎えたと言ってもほぼエラー絡みで自分が打たれたわけではなかった事もあったかもね。
ライオンズとしては2つもエラーを貰って先制出来なかったのは非常に痛かったのですが。

ただ、2回3回とイニングが進むにつれて、武田の様子がどんどん「挙動不審」のようになっていきました。
確かに、ライオンズのバッターが初戦よりもジックリ攻略にかかっていたのですが、
武田の方が徐々に「相手を過剰に警戒」して「自滅」風味になっていきます。
ランナーへの牽制の頻度もどんどん高くなり・・・牽制は大事でしょうが、殆ど立っているだけに等しい
ランナーに対してまでやたらと気にして牽制攻め。
余裕がなくなっている、自分を落ち着かせるために牽制している様な空気。

細川もホークスベンチもその度に一呼吸おいてリラックスさせようとするも、その空気は確実に西武側に伝わる。


ライオンズサイドもそんな空気を見逃さないから、三回裏は集中力を高めてどんどん相手の隙を突きにかかる。
細川がちょっとポロリとしてボールを一瞬見失う間に銀ちゃんの3塁への走塁。
そこで強引に決めにはかからず、しっかり繋ぐ姿勢を見せた打撃陣。

武田は3回表の時点でもう挙動不審になっていましたので、出来るだけ投げさせてジックリ攻めていくのが定石。
浅村も秋山もその点はチームプレーに徹していました。

秋山のゴロは内野安打かFcかで迷うところでしょうが、先制点をはじき出したゴロですから
安打扱いで良いでしょう。実際記録上Fcとついたとしても、ベンチの評価は安打になるのではないかな。

そして、ライオンズベンチに決定的な勇気と武田に決定的ダメージを与えたのは、次打者のナカジですな。
正直、身体の動きは限界に近いと思うんだけど、最後の力を振り絞ったナカジらしい打球は
ライト方向へぐんぐん伸びて・・・久々に堪能できましたよ、あの打球の軌道を。これもナカジの極限の意地だよね。
(秋山があの打球を判断出来るようになってほしい・・・走塁は大きな課題だなあ。。。とはいえ、あの打球を放つナカジは来年はMLBだよなぁ、やっぱりorz)

ここで決定的にライオンズが流れを支配し、あとはやりたい放題。
ホークスも武田が降板した後に金澤→藤岡と慌てて継投しますが、アタフタぶりは明らかで流れは止まらず。
銀ちゃんが囮になって大崎がホームへ突っ込んだあのプレーは典型的なトリックプレーですが、
細川も簡単に引っかかってしまったね。もうアップアップでした。


試合はほぼここまでで9分9厘終了。
それ以降はウィリアムスがちょっと気になったかな。シーズン終盤にやや不安定な面があっただけに
調整登板だったんだろうけど、なんか逆効果な結果に終わったかも。


終わってみれば、経験豊富な岸メンの意地と武田の経験不足な脆さが決定的な差となって表れた試合でした。
まあ、チームの柱として機能しなければならない岸としては、高卒新人より先にギブするわけにいかないしね。



第3戦は一久と大隣。共に経験はある投手。特に一久は百戦錬磨。

野上とか雄星とか候補はいたと思いますが、昨日の武田を見ても解る通りシーズン中の成績は
そこまでアテにならない面がありますんで、我は妥当だと思います。
野上は登録抹消した時点で札幌要員だろうと予想はつきました。彼は初戦で勢いをつける役割の方があっていると思う。

崖っぷちの役割は一久に任せ、札幌初戦は牧田や岸というわけにはいかないから野上がベスト。
勿論、札幌の事は今は気にしてはいけないんだろうけれども、戦略としては理解できるものだと思います。
あとは、終盤あまり状態の良くなかった一久がどこまで回復しているかでせう。休養充分なはずだし。

とにかく、一久には先制点を与えない役割を期待したいです。経験が浅いとそこが難しいのでしょうから。
そこさえ乗り切ってくれれば、あとは投手をバカバカつぎ込んででも勝ちに行けばよろしいわけですから。
第3戦ってそういうもの。



だからこそ、、、しつこいけどけふも言うwレフトヘルマンはやめれ~。

一久はオドオドして逃げまくる投手ではないし、波に乗せてしまえば試合の流れを呼び寄せられるだけの存在です。
ただ、結構繊細だからミスが出るとそこからリズムを崩す事はよくある。
普通のプレーが出来る布陣を組むべきです。まあ、相手が左の大隣だからスタメンは色々変わるかもだけど。


因みに、昨日は斉藤と星孝典が入れ替え。うわ、なんかタイミングがチグハグ!

昨日書きましたが、代打陣がいまいち機能していないので、捕手に代打を出しても効果が薄いという事なら捕手2人制もわからなくはないんです。後ろ向きな考え方だし、銀の足の状態も心配だけど。
でも、上本に代打を出せなかったから突然捕手3人にしたならば、凄くドタバタ感があるわ。。。

斉藤に関しては、昨日の日記で代走メンバーに対して物足りないと書きましたが、
打てないのと併せて現場もそのような判断になってしまったのかもしれません。
足が速い=代走の切り札というのはまず違うと思う。極端であり得ない話ですが、
今の代走メンバーよりもナカジが代走として出てくる方が相手は嫌なんじゃないかな。。。

ただ、日本シリーズでチャンスがあるかもしれないので、パフォーマンスを出せるように頑張ってほしいです。
星孝さんを上げた事で星秀和と斉藤の優位性比較は難しい気もしますが。。。



【余談】
午前中、第二に足を運びましたが、ヤスが右腕をグルグル巻き状態にしたままダッシュをやっていました。
その他、石川、武隈、武山のリハビリ組と太陽やトモアキを発見。
土曜日もほぼ同じメンバーを見ました。

表情を見るとそれぞれ一通りは吹っ切ったと思いますが、
すぐ近くがドームだから胸中は複雑だろうなと思います。
引退のトモアキを除き、彼等は来年へ向けての闘いが始まってますから、
前を向き続けて欲しいなと思います。トモアキはどの道へ進むのだろうね。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
185位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。