スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の終盤の戦い方にそのまま今季の弱点が凝縮されていた

i believe lions・・・何故だかわからないけど、なんかいまいちダメだね、この標語が出ると。。。


初戦、負けてしまいましたねぇ。。。ファイナルの事まで考える余裕は無いけど、ホームでは出来れば
2つで切り上げて札幌に余力を残したいところだったはず。札幌は条件的にはかなり厳しいから。
牧田で負けたというのは痛いけれど、打線が攝津に抑え込まれると苦しくなるのは最初から予想はしていました。

先制を相手に許し、序盤で2点差ついてしまったというのはきつかったですね。
このチームの現状から考えるに、先制してゲームのペースを握らないと、終盤でひっくりかえすのは
相手の自滅がついてこないとなかなか厳しいから。

序盤はちょっとボールが甘く入って行きましたよねぇ。。。特に本多のはど真ん中のまんまんなか。
あれが思えば一番痛かった。1点差と2点差の違いが終盤出てしまったかな。
勿論、それ以降はよくやってくれたのですが、序盤が悔やまれる結果。


攻撃面はまあ、、、上位打線というか殆ど満遍なく機能していなく、原がちょこちょこ出塁しましたが
生きませんでした。

監督コメント、「1,2番が機能しなかった」、とな。

そう、その通りです。1,2番が機能しないとこうなります。特に浅村ですね。

8回裏。せっかく先頭の原で四球を取れたのに。。。攝津もそろそろ苦しくなるころ。
次打者の浅村。初球甘いボールにバットが出るのは当然だと思う。
でも、どうしても繋がなきゃならない2点差。相手も四球からピンチの入り口で嫌がる場面。長打じゃなくてもよい。

なのに・・・。

何も考えなくて良い、思いっきり好きなようにやれば・・・は事実だけど、
その中で彼なりに工夫して結果を出してくれないと、やっぱりそれは「まだ若いから」だけでは納得出来ない。
もう、規定打席に乗っかったということはレギュラーの入り口ということです。そろそろ・・・。
特に1番に入ってから酷く淡泊さが目立ってます。


結構抑えて書いてますが、これがもしヤスだったらこの3倍は怒り狂ってます。



いやー、しかし・・・取れる戦術が少ないな、本当に。

まず、高山と星秀和昇格。これに対して「Why???」の意見が多い様な感じ?
確かに、今季の数値を見ると高山は期待されるパフォーマンスから考えるに物足りないし
星秀も一時期良かったものの、それ以降はサッパリであります。

ただ・・・じゃあ他に誰なら良いのか???と言われると名前が出てこないんですね、これが。。。
彼らに代わって上がってきた選手もいたけど、十分なパフォーマンスを見せてはくれませんでした。


そして、捕手2人制。これは確かに深刻な状況。
星孝さんがここまで上がってこないのを見ると何か理由がありそうだなとは思いますが、
冷静に考えてみると確かにファームに落ちてからの星孝さんはそれほど目立った感じは無い。。。
彼のパフォーマンスが落ちているのか???

7回裏に銀ちゃんに代打上本。 ←代打が早かったという意見が多そうですが、それ以前に
早かろうがそうでなかろうが、あまり意味のない代打パターンになってるんだよねぇ、これ。
上本が打撃で結果を出してくれるならば良いのだけれども、その「メリット」が今季後半は全然出ていない。


8、9回はめまぐるしく選手が交代します。

8回裏、先頭の原が四球で代走鬼崎、9回先頭のおかわり四球で代走に斉藤、更にオーティズ2塁打で
代走が熊代。
無死満塁で大崎に代打カーター。最後、鬼崎に代打高山。

こんな試合ですから動いていくのは当然だけど、正直どれも実を結んでいません。

まず一つ言えるのが、これだけ選手交代が必要になるとチーム戦略は苦しいということ。
終盤に必要な場面で必要な選手を出せないという状況は当然多くなります。
例えば、8回裏先頭の原ですが、原が普通レベルの走塁能力を持っていれば代走鬼崎は必要なく、
それ以降にもっと幅を持たせた選手起用が考えられた。

そして、何よりおかわりの足の状態が痛い。。。彼が本来の状態ならば9回の先頭は必要のない代走です。
オーティズはまあ・・・同点のランナーだから仕方ないね。追いつくかそうでないかで天地の差があったわけだから。

結局、スタメンの中で自分一人で1試合を完結出来ない選手が多いと言うのは、ゲーム戦略上苦しくて当然なのです。
片栗中中がずっとスタメンを張っていたのは、余程の事が無い限り彼らは他の選手との交代を必要としないから
というのがまず大きいと思う。
ヤスは打てない時期がここ2年続きましたが、守備走塁で代わりを必要としないだけで計算出来るし、
ナカジは基本何でも出来る。栗やおかわりは走塁守備スキルはヤスやナカジよりは落ちるかもしれないけれど、
代わりを必要とするほどではないかな。
今でいえば、浅村や秋山もそうかな?秋山の走塁はボーンヘッドがやや不安だけど。。。

今じゃ1人で試合を乗り切れるのは浅村秋山とナカジが無理してどうにかこうにかのみ、という感じでしょう。


また、代わりに出てくる選手がもっとパフォーマンスを発揮してくれないと。。。
特に代走で出てくる選手。もっと相手にプレッシャーをかけに行ってほしい。
今のままじゃ、単に「走塁が普通の人」でしかない。代走ってそういうものかね?


代打陣も苦しいわなぁ。。。

9回裏無死満塁で大崎に代打カーター。
大崎も気負ったり力入ったりすると厳しいタイプなので理解は出来ますが、
その後を考えるとここで代打を1枚使ってしまったのが一番痛いかな。
また、そのカーターもかなり微妙な内容が続いてる。

そして、大事な場面で上本に代打は出せず。捕手3人制にしておけば代打出せたのは事実でしょうが、
もう一人捕手がいたとしてもここで上本にどの代打を出すかというと・・・結局は難しいよ。
好調な代打がいないですからね。
高山が最後に外野フライを打ったので、この上本の所で高山を送り込めば犠飛で同点だったという見方も
あるでしょうが、正直2死2,3塁から外野フライを打つのと1死2,3塁から犠飛を打つのとでは
攻め方も攻められ方も違う。単純に「あそこで代打高山なら同点だったのに」とは言えないと思いますよ。
「代走熊代のところを永江にすれば、右打者熊代が代打で出せた」も考えられますが、
それは代走永江がバクチになる。痺れる場面の代走で永江が起用された記憶はないです。


また、捕手3人制にしても捕手のかわりに出てくる代打層が機能しないんじゃあまり意味が無いんですよね。
まあ、アクシデント時に備えての3人制ならわかるんですが、結局野手もとっかえひっかえの起用に
ならざるを得ない状況では、人数削減するだけの余裕が無い状態ですからね。



結局、今日の8,9回は
「スタメンに自分ひとりで試合を完結出来ない選手が多い」
「代わりに出てくる選手が、代わりなりのパフォーマンスを発揮出来ていない」
「仕方が無いけど層が薄い」
に尽きると思いますよ。正直言うと、9月以降はずっとそんな感じ。
代走の例を一つとってみても「足が速いから代走」と言うけれど、代走って足が速いことが条件とは
一概に言えないではないですか。

選手起用法で変わる結果も当然あると思いますが、結局そこまで到達してないんだよね。


今日の8,9回だけで来年への課題がめちゃめちゃ見えた感じがしましたよ。

やっぱり全体的にスタメン選手の守備走塁水準はもっともっとレベルアップしないと勝ちきれそうにないし
控え組は打で貢献出来なくても守備走塁だけで勝利を手繰り寄せるくらいの勢いの選手が
もっと出てきてほしいです。
代打勝負組には精度を上げてもらう以外ないのですが。。。


采配に文句があるとすれば、我は8,9回よりもスタメンですよ。

「レフトにヘルマン、そして本来ヘルマンがいるはずのサードに原」

何に重視した策なのかよくわからないのです。
秋山、大崎以外の外野手をよほどスタメンで起用したくなかったのかな・・・と思ってしまうくらい。
(だから熊代は今季の残り試合は右投手相手にも右打席に入ってほしいと我は言ってるんですが・・・、
一応守備走塁も普通なので、余程大事な場面で代打を検討する以外、途中交代は必要ないでしょ。)

でも、レフトヘルマンはねぇべ・・・センターよりはマシですけども。

結果としてヘルマンの所にはそれほどきわどい打球は飛びませんでしたし(ファールフライ一つは
フェンス際スレスレなのがありましたが)、
原は9番なりに機能してくれていたので、結果は悪くなかったですよ。
でも、それはあくまで結果論。原はともかくヘルマンレフトで失敗したらどれだけ疑問が浮き彫りになるやら。。。
明日も1点勝負になると思うので、是非ともレフトヘルマンはやめて頂きたいです。
何かが起こってからでは遅いし、何か起こってもそれはヘルマンのせいではないよ。



さて、状況的には追い込まれましたね。
明日の試合も不気味な予感がしますが、一つ言えば相手はまだ大舞台の経験の無い投手、
こちらはそういう舞台はかなり経験している投手。

岸メン、牧田、攝津(管理人コメント:勘違いでした)、同い年なんですね。
攝津にはあっさりとエースの仕事をされ、牧田にはCS開幕投手を奪われ、、、
非常に負けん気の強い岸メンならば意地もあるはずでしょう。

この状況が悔しければ、明日に全てぶつけて最高の結果を出して欲しいです。

攻撃陣はもっと動いていかないと相手を楽にするだけで全然点になりそうにないですから、
徹底して繋ぎに徹するとか、とにかく塁に出たら相手にプレッシャーをかけにいくとかやらないと、
安全な時だけ仕掛けるんじゃ勝負にならない気がします。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

起用

ですね

仰るとおり、浅村の稚拙な攻撃は…試合を見えてないですね

このまま終わるわけにいかないですよもう一度札幌にきてほしい

ヘルマンのレフト

いつも読ませて頂いてます。
有難うございます。

「レフトにヘルマン、そして本来ヘルマンがいるはずのサードに原」
何に重視した策なのかよくわからないのです。

私も疑問に思いますが、
昨日の試合中、文化放送で言ってました。
騒々しくてあまりはっきり聞こえなかったのですが、
監督は
「内野でのエラーの方が外野よりダメージが大きい。」
というような事を言ったそうです。

でもレフト抜けたら終わりだと思いますが。
シーズン中、サードできたのですから、CSに配置転換しても
そんなにすぐ慣れるわけもなく…

兎に角、今日ヘルマンの所に打球が行かないよう、願ってます。

No title

あきらさま

遅くなりましたが、ライオンズは残念ながら札幌行きが叶いませんでしたね。
浅村も翌日はよく頑張ったと思います。来年に期待します。

No title

メープルさま

情報ありがとうございました。
仰る通り、内野の守備を固める重要性は理解出来ますが
外野はミスをした場合に被害甚大になる恐れがあります。
最低限守備機会がそれなりにある選手を配置するべきだし、
ヘルマンもリズムによって調子が左右される選手にも見えるので
そこが心配でした。

この守備位置変更に起因するかどうかは定かではないですが、
ヘルマンはこのCSはあまり良くなかったですね・・・。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
233位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。