スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き分けは大きいけど、こんな雑な試合で良いのかね。。。

昨日の引き分けは限りなく勝ちに近い引き分け。

これで2位を確定させるためには、ライオンズが残り2試合で1つ勝つか、ホークスが残り3試合で1つ負けるかで決定。(因みにこの場合は引き分けはNG)

ライオンズの残りがロッテ(ホ)、オリックス(ビ)
ソフトバンクの残りがオリックス(ビ)、楽天(ビ)、オリックス(ホ)

オリックスがかなり絡みますな。
ホークスは残り全て勝つと考えた方が無難なので、ライオンズとしては出来ることならば
ホーム最終戦は白星で飾りたいところ。レフトスタンドを中心にあれだけ必死に応援しているわけですからね。
そこがダメでもチーム状態が底に近いオリックスには勝ちたい。。。

まあ、今日ソフトバンクがオリックスに負ければライオンズの2位が労せずして決定しますがw


昨日の結果により、ソフトバンクのCS出場も確定しました。
これで、CS出場チームは日本ハム、西武、ソフトバンクに決まり、
ライオンズのCS1stの相手はいずれにせよソフトバンクと決定したわけです。
あとは開催場所が西武ドームかヤフーかという違いだけ。


しかしまあ・・・だから一昨日も疑問符だったんですが。。。

「守りの重要性に気付いた」

て、この発言何度目よっていう・・・(半分失笑)。


ショート永江の前日の好プレーにばかり目を奪われてしまった、なんて残念な話じゃないだろうな。。。
実際そうかもしれないけれど、それじゃあ若手の活躍につい浮かれたくなる我らファンと視点が変わらない。

ショート永江、セカンド原を同時に使うためにレフト浅村でエラーを生み出しては本末転倒だというのに。。。
それとも、浅村をなんらかの理由で内野を守らせたくないならば素直に休ませるなり代打にまわすなりしなさいよ。。。
(ただ、浅村のプレーはエラーつけるほど?)

しかもその原の守備が相変わらず安定性を欠いた状態(初回に併殺を奪えなかったあれはまずいだろう・・・)。
まあ、ヘルマンのミスは元々想定内としなければならないだろうから、多少は仕方ないにしても、
監督のコメントと実際の行動が矛盾してるってば、どう考えても。。。


結局初回で守備崩壊で4失点。野上お気の毒。
野上の状態が下降線なのもあるだろうけど、この守備では投手はたまらない。

試合が終わってみれば、2回以降の失点は聖沢の一発のみ。
守備が大事だと気付いたと言う翌日に、歪な守備で試合が崩壊しかけたのだからお話になりません。


打線はダックワース相手に前回よりは塁上を賑わせたものの、相変わらずチャンスに点が取れないという
課題は残しました。でも、9回の集中打は確かに見事。1人ランナーが出るとコツコツ繋いで繋いでと
ライオンズの良い時らしい集中力が結実して同点に追いついたのはお見事。

しかし、これだってねぇ、、、あのホーム突っ込みアウトが無ければ本来なら・・・ですよ。
サードコーチの判断、どうだったの???確かに1,3塁よりも満塁の方が併殺の可能性は高まるけれども
絶対セーフになる確信が無い限りは無理する場面じゃあないでしょうに。。。


その後、この悪い流れにめげずに同点においついたのは選手の集中力がお見事としか言いようがありません。

けれども、初回の守備崩壊で4失点と、最終回の致命的になりかねない走塁アウト。
これらはさすがに首脳陣の責任だと思うよ。まあ、普通のエラーは選手が悪いけどさぁ。。。
こんな「雑」な試合で引き分けに持ち込めたからといって、こんなんで短期集中型のCSは
大丈夫なのかと言いたくもなる。



で、最後の9裏。この時点で残りが12分程度?
「これ、引き分けでOKな試合になったなあ・・・」
というのがその時の我の中での偽りのない心境。
出てきた投手がワクイではなくてウィリアムスだった時点で
「ああ、これはもしかしてイニング途中で交代とかすんの?」と頭をよぎりました。

やっぱりねぇ。。。

でもさ、残り1人の場面でDH解除してのファーストナカジまではやる必要なかったと思うよ。
皮肉にも最後の打球がそこに飛びましたが。。。


まあ、これについては賛否両論で水掛け論になりそうだから、あんまりウダウダは語りません。
あくまでもルールの範囲内での行動、勝ちに限りなく近い引き分け狙いはスポーツでは立派な戦略、敗退行為とは違う。でも、なんか釈然としない。なぜ勝ちに行かない。

こんな感じの意見が多いと思いますが、別にどれも間違いじゃないと思う。

でも、心情的に立場が逆だったらきっとまた出た意見も違った可能性はあるし、まあファン心理とは
そんなものだから答えなんかなかなか導きだせないね。
ただ、見せ物としてはあんまり面白くはないだろうね。


それでも一つ言えるならば・・・「そんなことせんでもこの試合は勝てたんですよ」というただその一点。
初回の守備陣形の悪さと9回の判断の悪さで引き分けに持ち込まなきゃならなかった方を嘆くべき。

勝てた試合をこの様な試合にしてしまうから競った時に命取りになってしまうという、
来季への課題がよく見えた試合でした。
とにかく永江に浮かれるのはファンだけで良いんだから、首脳陣は今の守備体系で本当に勝てるのかどうか
現実を見てくれ!


P,S 銀ちゃん、病院に運ばれて異常なしだったそうで(脳に異常なしということかな?)。。。
とりあえず良かった。
けれども「死ぬとこやった」とかムチウチに近い状態とか満身創痍過ぎるな(異常あるじゃん・・・)。
正直、今の捕手体制では何かあった時に限界ではないでしょうか。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/10/04/kiji/K20121004004259600.html


<おまけ>
昨日の最後のアレ、結局野球には3時間半ルールが合わないのだとと思います。
時間内に勝負を決定するサッカー等の競技と野球とはやはり性質が異なるものです。
昨シーズンは震災関連で節電が急務であって、その中での止むをえない措置だったと思いますが、
今はどうだろう?

今だって省電力が求められているのは勿論その通り。
ただし、今季の試合を見ていてキビキビした試合が多かったかと言われると非常に疑問。
投手の間合いは長い(15秒ルールとはなんぞや?)、イニングのインターバルは時間を計測しているのに
特に急ぐ風でもないし、アウトになった選手がベンチへ戻るスピードも速くない。

体感的な話しか出来ませんが、今季は9回到達時点で3時間半経過というケースが多かった気がします。
しかも、12球団を見渡せばライオンズ以外の11球団は全て引き分け数が二桁。
やはりこうなるとゲームの戦術も変わってくる。

省電力の為に大事なのは、時間制限を設けることよりも他にプライオリティの高い「施策」がありそうです。
9回で3時間半以上かかる試合なんて多くのファンは望んでいないと思うよ。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お写真ありがとうございます。

ともあきさんのスピーチをヤスは同じように怪我を抱えて、
どんな思いで聞いていたのでしょうか。
彼の人柄が本当に出ていて、昨日はスタンドで涙涙でした。

でもヤスにはまだ、丸くなったり悟りを開いたりして欲しくはないです。
どんなにもがき苦しんでもヤスらしいヤスの復活をファンは望んでいるはずです。
来年は俺が主役!ぐらいに思って前を向いて欲しいです。

No title

mamiさま

おそらく投稿される箇所を勘違いされたのかと思われますが(汗)、
こちらにそのままレスいたします。

仰る通り、ヤスはまだまだ戦っていかなきゃならない立場の人です。
来年が本当に勝負だと思います。もうヤスの来季への戦いは始まってますので、
なんとか上を向いて頑張ってほしいですね。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
318位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。