スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完勝。ただ・・・

ほもフィー、いや、違う・・・ほっともっとフィールド神戸で今年も野球観戦出来ました。

・・・なんか、やたらと芝生が荒れてなかったです???

え?AKBのイベントがあった?それにしても酷い荒れ具合でした。。。
こんなのほもフィー、いや、ほっともっとフィールド神戸じゃないよ・・・というくらい、芝生が禿げていて
ガタガタな状態。選手に怪我が無いことを祈ります。

ていうか、球場側は何とも思わないの???非常に残念なグラウンドでした。


まあ、それでもやっぱり観戦する側にとっては気持ちの良い球場であることに変わりは無く。


ゴンザレス、投球内容は特に序盤は今一つどころか今三つくらいで、こりゃそうそう長くは持たないなと
予感はしていましたが、なんとなくイニングを重ねるごとにコントロールが安定してきて、打者にも攻める気持ちを
すこしづつ取り戻していた様な感じ。
球種が多いわけではない速球派投手なので抑えに起用されたんでしょうが、立ち上がりのコントロールや
精神面の不安定さを考えると、やはり抑え向きではないのかなと思わされてしまいます。

逆にせっぱつまっていなければある程度の形にはなると。

まあ、オリックス側が攻撃のバリエーションが少なく(走塁の怖さなし、エンドランや何かで仕掛けてくることも無し)、プレッシャーがかからなかったことも後押ししたかな。
そういう意味ではゴンザレスはまだ「様子見」状態かなとは思いますが、ここ最近のニューフェイスな先発陣の
波を上手く引き継いで勝ち星を手繰り寄せた感。


最近は中継抑えがある程度は安定してきたので、無理せず継投出来ているのも大きな点。
長田はポカはありますが、それでもジタバタしなくなってきましたね。
去年の許さんのポジションを上手くこなしてくれそうな雰囲気があります。
ワクイも徐々にですが結果が出てきている。この二人が「勝ちパターン」ではまってくれれば大きいはず。

十亀は相変わらず「いつも通り」。良いボールがあるので抑えることが出来ていますが、
コントロールの不安をもう少し軽減する必要があるでしょう。
結局、コントロールの乱れから始まりああいう降板の仕方になってしまった・・・。
期待は大いにしているのですが、「安心して見ていられる」まではまだな感じ。


ウィリアムスは気合入ってました。あそこが試合のハイライトであることは間違いないですし、
ライオンズファンが一番湧いた場面です。そういう意味では、影のヒーローはウィリアムスですね。
満塁である意味ランナーを気にしても仕方のない場面であったことが不幸中の幸い、
逆に功を奏した様な感じがありました。思いっきり投げこんでくれれば確かに良いボールは
あるのになあ、と今までも何度思ったことか。ランナー1,3塁とかだと微妙だったかも。


打線も中盤までは「取るべきチャンス」でキッチリ取れていて、主導権をジワジワと手中に手繰り寄せる良い展開。
走塁死でランナーを2回失うなどヒット数の割には点が1~2点少ない気はしますが、前の選手の失敗を
上手くカバーしたり相手のミスをしっかり得点に繋げる等、良い攻撃だったと思いますね。


先発投手が苦しい中どうなるかと思われた8連戦ですが、昨日の1戦も完勝だと思いますよ。
本来のメンバーが離脱や不調に陥っている中、他のメンバーが穴埋めをする。勢いがつきそうな勝ち方です。


まあ、投手に関しては今週の好結果がそのままシーズン終了まで続くという計算はしにくいので、
半分ヤブレカブレにも近い中で結果を残した先発投手のうち、何人が生き残れるかにかかっていますね。
野上、武隈、小石、ゴンザレス、雄星から夏場を生き残れる選手が3人いれば・・・。
小石は結果を出せませんでしたので、次のチャンスがどうなるやら。。。



問題は内野手。

ヤスについてはトレーニング不足が大きいように思いますが、原に関してはキャンプでの調整失敗の類では
ないかと感じています。
一生懸命やってるのは間違いのないはずでしょうけれど、結局どういうイメージでやってきたのか。
何となく疑問に思ってしまう内容になっています。

ヤス自身の成績も大いに問題ですが、昨日の原やその前の鬼崎のプレーを見ていると、
控え選手の問題点の方がチームとしては根は深いと感じます。
平尾、阿部というベテランが1軍では全く機能していなかったのも痛い。
去年は原がうまく「チーム全体の繋ぎの意識の欠如」という「隙間」をついてアピールしたのに、
今季は控え選手達にその片鱗が見られません。


そこで、今回の「永江」という選択肢はまあ、ある程度は予測出来たこと。

正直言うと、永江を今の段階で1軍に上げることはあまり賛成ではありません。
しっかりした体力づくりや1軍に通じる基本プレーを吸収してから1軍に上がってもらった方が良いと思ってます。
(今でこそ不可欠な存在の栗山中村同期コンビですが、この二人も色々な面で準備不十分な状態から
1軍へスタメンへ「押し上げられた」ことが、結果としては「遠回り」になってしまったのではないかと
今でも思っています。)

現状ではどうしても「期待」が先走り過ぎる傾向がありそうですが、1軍の「スピード」「スキル」「要求体力」みたいなものを体感してお土産に持ち帰って糧にしてもらえればそれで良いかなと思います。
良い結果が出ても悪い結果が出ても、どちらにしろ2軍での「準備期間」というのは重要だと思いますので、
首脳陣には冷静に判断して欲しいとは願っています(さすがにそこは大丈夫だと思いますが)。


今日、試しにスタメンで使ってみるのも面白いでしょう。結果がどうあれ、将来のプレーにつなげてほしいです。
前述したとおりすぐ1軍固定に・・・、というのはあまりにも要求水準が高すぎかつ不適切と思いますが、
単なる「お試し1軍」にはして欲しくない。


まあ、監督がどう出ますやら・・・。


秋山、久々のスタメン。まだゲーム感も鈍っているように感じます。
もともと細かいプレーが特別得意というわけではないですが、1塁から2塁へ外野フライで簡単に進塁させちゃいかんでしょ。秋山の強みを思えば尚更の話。
このプレーから大分時間が経った時点での途中交代。何が理由で交代したかはわからないけれども・・・。
まあ、相手方のショーゴちゃんもなんだか似たような感じでしたね。即座に結果をだすのも辛いと言えば辛いが。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
233位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。