スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この11連戦はワクイの見極めに使うことになりそうですね

「勝つには勝ったけど・・・」の典型か、それとも「ビジター3連戦の頭を取ったのだから問題無い」のか。

典型的な可もあり不可もありの試合。課題が浮き彫りになってきました。

この11連戦は6勝5敗で良いから夏場に戦うための戦力の振り分けをして欲しいです、と書いた我ですが
「戦力の振り分け」というか「ワクイの見極め」に使う事になりそうですな。。。

「ワクイだから心配ないだろう・・・」と言えればそれで良いんだろうけど、
昨日の投球を見ている限りにおいてはとてもそんなセリフなんて言えないわ。

1点差2点差ならまだしも、6点もリードがありながらコントロールが定まらなくて自分から追い込まれるというのはねぇ。。。
最初からセットで投げたのはどんな意味があるのかわかりませんが、ボールがあれだけうわずってはね。。。
取られた点は3点だったけれども、更に2人ランナーを残して降板したわけだから、7人の打者に対してアウトは
2つだけ・・・そのアウト2つも「ワクイが苦しんでるのに打者有利のカウントでその打撃???」みたいなのだったし。うーん。

監督が「ワクイもあと1イニングの難しさがわかっただろう」みたいな談話があったようですが・・・、6点差ってそういう点差かね???

11連戦で残りは6試合。あと何回登板があるかはわからないけれど、適性があるのかどうか見極めるラインに
した方が良いかもしれません。
他にいないのは山々なんだけど、元々立ち上がりの良い投手ではないだけに、適性が無いという可能性もあるかと。
ただ、ワクイの場合は今季は先発でもボロボロだったから難しいんだよね、あー・・・どうしましょ。。。
残り6試合で少し落ち着いてくれば良いのだけれども。


岸が7回で降板。球数的にはまだ問題は無く、多少の疲れがあったとはいえども行けないほどではなかったと
思われるだけに、打球が当たった影響が少々心配です。次の中5日に備えて・・・という線もあるかもだけど
それは中継ぎの負担を増加させるだけで有効な戦術と言えるかどうか。

思えば、試合後のヒーローインタビューも本来であれば岸がスンナリ出てくるところでしょう。
昨日の試合でのお立ち台と言えば彼しかいないと思う。
(強いて言えば浅村という線もアリですが、2打席目以降は微妙な浅村だっただけにこれも微妙。)
それが暫く待っても誰も出てこず、5分後くらいにようやくチャキが出てきたあたり、
岸が何らかの理由で断ったことで誰をお立ち台に上げようか迷った感じが見て取れますね。

やはり患部の状態がちょっと心配です。


とはいえ、相手の今江にもぶつけてしまっていて彼も途中退場。当てた事は申し訳ないけれど彼の状態も心配ですな。。。
避け方が下手で死球になったとか、打ちに行って死球になったわけじゃなくて完全な投球ミスだろうから。。。
他球場では小谷野が救急車に搬送される騒ぎもあり、全体的に疲労から免疫や集中力が落ちてくる頃ですから
選手は怪我や体調にも注意しなければならない時期でせうか。


まあ、長田岡本はすんなり踏ん張ったと思います。
長田は勝ちパターンに完全に分類した方がよろしいかもわからんね。
今の今まで勝ちパターンとそれ以外での分類が難しかったと思うのですが、長田松永はもう勝ちパターンと
明確に分類して良い様な気がしてます。

ただ、だからこそ月曜日の9回表の場面で投げる投手がもう1名必要な気はしています。
(月曜日の9回表に山本淳が投げないことから、彼は今のところ敗戦処理・・・なのかな?)
小石なんてまたそろそろどうなんでしょう?
一応、

勝ち試合の中継ぎパターン:長田、松永、(岡本篤←もう少し様子を見る必要がありそう)
同点時、点差が小さいビハインド時の中継ぎ:十亀(←1イニング~多少のロングまで)
ビハインド時の早いイニングでの中継ぎ:大石(←2~3イニングが限界でしょう)
敗戦処理:山本淳(あくまで現状はそうっぽい)
抑え:ワクイ(←どうなんのよ・・・)

という分類?ただ、同点時はまだまだ長田松永岡本が出てきそう。。。

やっぱりもう一人欲しい気はする。
そして言葉は悪いけれど、「平尾、カーター、星秀和、大島」のうち1人はこの11連戦の結果を見て
ファームに落としてもよいと思う。
どんな役割であれ有効に使えれば良いけれども、そうでなければ無意味と思われます。
そういう意味では緊急時の捕手までこなした今季の星秀和はやや有利か。



まあ、苦手マリンでしかも相手が成瀬、こちらは岸で絶対に落とせないプレッシャーがあるという
よろしくない条件ながらも勝てたのはとりあえずは大きいですね。

打線は似たような試合が続いていますが、とりあえず初回に39球投げさせて3点もぎ取ったのは
試合展開上は大きかったということ。その後、走塁ミスやチャンスを逃して崩せなかったのは課題なんだけれど
最後の9回に成瀬を降板させて3点追加したというのも初回の39球が効いたということでしょう。

熊代とヤスのW走塁死は反省点。
まず熊代が自分の見える範囲に飛んできている打球に対してあの反応は拙すぎる。
しかも、塁間での挟殺プレーでも粘りが今一つ。あそこのWミスの80%は彼のプレーに起因すると思われます。
ヤスも熊代の追い込まれ方がアッサリしていたことを思うと、セオリーでは勿論2塁進塁を狙うべきなんだけど
進塁判断がやや早かったのかもしれないね。

ヤスファン&隠れ熊代ファンの我としてはちょっと痛いorz

このプレーとその次のイニングのヘルマンの併殺&ナカジのライナー(ナカジが悪いわけではなく)で
成瀬が立ち直ってしまいました。まあ、初回があったからまだ良かったねという展開。

9回表の3点も下手をすればオーティズの6点目のホームインは認められなかったのではないかな?
球場で見ていましたが、大崎の3塁タッチアウトとオーティズのホームインのどちらが先だったかと
言われると・・・怪しいわぁ・・・ノーコメントw。
てか、チャキの判断も微妙だったかもしれないけれど、それ以上にオーティズなんでホーム手前で楽勝ムードで走ってんのよorz


とまあ、課題も多い試合だったかもしれません。

ただ、一つわかったことは昨日のロッテからはそこまで圧倒的な強さは感じられなかったという事でせうか。
代打に福浦がいる等怖いことは怖いのですが、追いかけられない相手ではないと思う。日ハムも微妙な負け方をしているし・・・。

正直、楽天やソフトバンクとのゲーム差なんて気にならないし、現時点での順位が3位だろうが5位だろうが
どうでも良いんですが、上位がこの状態ならば無理やりカオスの様な混戦に持ち込みたいところですね。
殴り込みをかける為にはやっぱり先発の5、6番目と抑えだよなぁ。。。




追記。

ヤスが初回の打席で11球投げさせたのは立ち上がりの成瀬にボディブローのように効いたはず。
ただ、清田のファインプレーで結局ヒットにならなかったことで乗れなかったのか、
凡退するごとにシュンとしていた感じ。特に最後にライナーで打ち取られた時ね。
下を向いてはダメだよ、常に上を向いてちょーだい。


↓ランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰です(^-^;


最近下向いて帰ってくる事が多いような…(-_-;)

さんちゃん居ないからさみしそうだ…


にぃさんも11連戦ですよね!?お疲れ様です

No title

ヤスッ子さん

昨日は更に顕著でした。肉体的にも精神的にもバテてるかも?

そういう我もバテてますorz。明日は行けるか怪しいですね。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1567位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
219位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。