スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任問題でしょう・・・

昨日の試合中に「試合見てていい加減気持ち悪くなってきた・・・」とどっかで呟いたんですが、
夜中にリアルに38.5度の熱を出しまして、お陰さまであたしゃ本日午前休を頂くことになりました。
野球見に行って午前休とかバカじゃねぇ?と自己嫌悪。まあ、さっきまでジックリ寝ていたおかげで
体調は回復してきているので、仕事は今週みっちり頑張るしかありませんのう。。。


さてさて昨日の試合ですよ奥さん。


ハッキリ言って拷問の様な試合でございました。

まあでも、6回まではイライラの連続とはいえ試合として成り立っていたからまだマシだったんですが。

岸メンはまあ、確かに悪すぎるまでは行かなかったとはいえ、やはり疲労が少し出てきているのか
普段ほどのコントロールとキレはなかったかなあと感じました。なかなかカウントも取れないし。
中盤まで我慢はしていたけれど、ボールが思った様に行かないのか、完投はとてもじゃないけど無理そうな感じで。

とはいえ、相手の大竹も同じでいつ崩れてもおかしくない様な出来栄え。
しかし、要所で良いボールが来たり相手側の好守備が出たり・・・なかなか点が取れませんがなな状態。
一番キツかったのは、3回にヤスが足で稼いだ2塁打と栗秋の四球で1死満塁を作ったのに、
ナカジが力みすぎて点にならなかったところかな。。。
その次のイニングのヤスも、更にその次のイニングの上本ヘルマンも痛かったんだけれども。

おかわりがいない影響・・・とは言いたくないけど、そんな感じが見て取れないことも無かったかなあ。
おかわりほど自分の一打で試合を決められる選手はいませんから、HRも長打も欲しいわけじゃなくて
チャンスを繋いで欲しかったのに・・・チャンスの時に限って皆打撃が変わる。。。自分で決めに行ってるような
そんな感じが・・・。


こんな状態の両先発ですから、終盤荒れるかもしれないなあというのは確かに覚悟の上でございました。

まず、岸メンが堪え切れなくなる。

5回までカープのチャンスでの拙い攻めにも助けられつつ、なんとか堪えてきたのですが、
6回は岩本の不運な2塁打からピンチを拡大。
特に1死1,2塁で石井啄の時のワイルドピッチが痛かった・・・。これで2,3塁になり、
石井啄が前進守備の二遊間を抜けるセンター前で0-3。
気持ちが少し切れたか、続く堂林にもアッサリと2塁打を浴びて武隈に交代。
本当ならば交流戦最終戦ですから、ある程度はスクランブルで中継を投入出来るんですが、
ライオンズの場合は先発もギリギリでやっていて、中継もコレという人がいないのでこういう継投になったんでせうね。

投手の台所事情の苦しさが顕著に現れたイニングでした。


でも、これで試合が動いたぞ。相手の大竹も完投なんか出来るわけないし・・・と思ったところで出てきたのが岸本。

この投手、何度かライオンズ戦に出ていた気がするけど、抑えられた記憶が殆ど無いや・・・と思っている
ところで、投球内容の酷いこと。。。
あれだけストライクとボールがはっきりしていたらそりゃあ打たれるでしょう。何のために出てきたの?

というわけで四球2つと星秀の今季初タイムリーで1-5。

続くカープの投手は中田。

我は1塁側で観戦していたんですが、カープファンがどよめくどよめく。。。

「この継投じゃ無理だよ~・・・」というカープファンの悲鳴のような呟き。

ああ、ライオンズファンとカープファンの悩みは共通ですなあ。。。


とか思っていたのもつかの間、ヤス栗がこの相手の苦しい場面に突け込むこともできず激しく凡退。
繋いでよ~・・・なんでだよ~・・・。


なんですが、続く秋山には四球で満塁、更にナカジの打席でワイピ→カウントも苦しくなったところで
とうとうど真ん中へボールが行き、ナカジが2点タイムリー。4-5。



なにこれひどい。



なんだけど、ここでつけ込めないのがライオンズのこの日の弱さ。ここでストップでございました。

主な敗因としては、ここまでの展開が大きいと思います。まあ、誰が悪かったというよりも
チーム全体がよろしくなかったですね。



ここからが悪夢。見るも無残。

十亀はあれだけコントロールが悪いと厳しい。。。先頭打者への投球が完全にボール球ばかりなんだもん。
更に、ランナーを出すと腕も振れなくなる感じがするし。。。
この内容ではビハインドの場面でないと厳しいだろうなあ。。。本来ならば1軍ではなく、2軍でもっと
場数を踏んでほしいところです。1軍ではあんまり登板機会も無いし。


岡本篤は「だから言ったでしょうが」としか。
ちゃんと選手の状態を見てアゲサゲしてるんですかね、としか言えません。
こんな状態で上がってくること自体がおかしい。
だいたい、なんでファームで2イニングしか投げていない(被安打3)段階で
いきなり見切り発車で上がってくるの?

素人でも予測出来てしまうような懸念事項がそっくりそのままグラウンド上で爆発するって
采配以前の問題です。そりゃあ采配ではもはやどうにもならないでしょう。


昨日は中継ぎで自責点6ですか。3イニングですから防御率18.00。ああ、おぞましい。。。

これってもう責任問題でしょう。

終盤に5点も6点も失うのが普通って(昨日は6~8回で10失点)、これじゃ選手もファンもみんな持たないよ。

誰を投げさせても結果が出ない(松永は頑張ってるかなとは思うけど)。
これはすなわちチーム作りにおいて首脳陣もフロントも存在意義が危ういという事。


ワクイがどういう状況で戻ってこれるかわかりませんが、彼が最後の命綱となりそうですね。
彼がダメならば・・・今週の2軍戦での登板内容が注目ですが、内容に関わらず1軍昇格しそうな雰囲気ですね。それがまた怖いが。

チーム防御率が3.48で救援防御率が5点台って、一体どれだけ先発に依存してるのだろう。。。


グラウンドの選手も昨日みたいな試合は辛いでしょうが、見てるこちらもかなりしんどいです。
リーグ戦が再開してからはどうなるんだろう・・・。



↓ランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

参戦お疲れさまでした<m(__)m>

ほんとうに「チャンスに力む」いつもどおりでしたね。
昨年は、犠牲フライリーグトップだった中島が、3回の満塁機では内野フライ。
あそこで逆転できていたら、その後の流れも引き寄せられたかもでした。
(6回には決めてくれましたが)

小技と策を弄して、つないでつないで・・という「らしからぬ」試合は
土曜日の1試合で終わりでしたね。
あれも、6回までとは言え、牧田が試合を支配したからでしょう。

昨日は先頭打者ホームランと、カープの好守で試合の主導権を握られて、
ライオンズの攻撃もいつもの「自分が・・・」に逆戻りしたんでしょうね。

だから、最低限、すぐにできることは先発を中六日にして、万全な状態にすることだと思うんですが、
まだ中五日で行くみたいですね(`´)。
素人でもわかることがわからない、コーチ監督の頭の中はどうなってるんでしょう?


……

広島はここ数年セリーグ5位の定位置にいる上に,今季は栗原,サファテ,東出,ニックと,主力メンバーが次々離脱した状態でしたのにね。
そのチームにこの点差。あぜんぼーぜん。
カープの勝ちへの執念を感じた試合といった感じでした。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
185位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。