スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全て4番バッターに救われた

波に乗るとこれほど頼もしい4番打者もそうそういないでせうね。
ライオンズの4番打者の歴史で考えてみても、頼りになる度はかなり上位ではないかと。

とにかく、おかわりが全てを救ってくれた試合。端的に言えばこういう試合だったかと思います。
まるでダメだった選手達、タスカッタネ。。。



土曜日の神宮が雨で中止になり、ロッテ戦にぶち当たる予定だった館山が
そのままスライドでライオンズ戦に。2戦目石川はほぼ決定事項でしたから、
おかげさまで館山-石川のWエースとの対決になってしまいましたとさ、(ノ∀`)キャー最悪。

とはいえ、こちらも牧田-岸だから簡単に負けるわけにゃーいかないのですね。
なるべく、なるべく先発が元気なうちに勝負を決めたいところですが、そう簡単ではなさそう。
スワローズは本来中継ぎ抑えが比較的しっかりしているイメージなんですが、
今年はイム、松岡、九古が計算出来ず、増渕もまだまだ不安定っぽい感じ。
成績的には日高、バーネットが軸なんだろうけれども、終盤勝負でもこちらにも若干のチャンスはあるかも?


という感じで半ば不安と期待が入り混じる感じで始まった一戦。
スワローズ打線が牧田の投球に完全に翻弄されている感。少なくとも半分以上の選手は
まったくタイミングがあわないご様子。これは球数さえ注意すれば期待できそう。

一方のライオンズ打線も館山を崩せません。
一人気を吐いていたのが上本で全打席出塁と打席ではすばらしい成績だったんですが、
結局は得点圏で片栗がまったく機能していなかったので意味を為さず。。。

5回表、1死2塁からヤスが初球サードフライ。あれは無いでしょうよ。。。orz。
解説に酷評されていたそうですが、無理もありません。
前の打者二人(上本、牧田)が何とかチャンスを作っているのに、肝心の打者がアレでは。。。


続く栗もまったく機能せず。まあ、この場面だけじゃないんだけれども、
この1,2番がまるでダメ・・・。

1,2番がどんな形であれ活路を見出さなきゃ打線に勢いがつかないって前カードの巨人が
証明していたではないですか。もー・・・。


とかぼやいているうちに、その5回の裏に松井淳のプロ入り初HRを献上。
牧田の投球はいかに芯を外すかにかかっているわけで、芯付近に当たると飛んでしまうからな。。。
ライオンズは相変わらずビギナーズラックを献上しすぎの感がありますが、これも試合の流れってやつかもな。。。


先行しなきゃ勝ち目は薄いのに先行されてしまった。さあ大変。
牧田の球数を減らすべく守備は絶対完璧にして、なんとか館山の投球数を増やしていくしかありません。
館山も故障から復帰した影響で無理が出来る状態でもなさそうですし、100球前後がメド。。。

7回表2死ランナーなしでヤクルトベンチは上本をほぼ敬遠の形で歩かせます。
ここで次打者の牧田を代えてくれれば儲けもの、という感じかな。8回表に片栗からの打順となりますが
彼らが全然当たっていなかったしね。
一方、ライオンズは牧田を交代させずにそのまま打席に立たせ、8回表の1番からの攻撃にかけます。
ツーアウトからでは望み薄ですからこれは納得。

この辺が勝負のアヤの一つになったかな。。。
もしかすると、上本を歩かせずに彼がアウトになれば、8回表は牧田の打順から。
こうなるとライオンズベンチは牧田に代打を出したかもしれません。


で、その8回表ですがやっぱり館山に限界が来ました。
ヤスに対してはコントロールがバラバラのわかりやすい四球。
栗が送って続くナカジに対しても「勝負を避けた」というよりも
「限界モード」だったのかも。。。

ここでヤクルトは館山に代えてイムを送り込む。

小川監督が「館山を信頼し切れなかった僕のミス」と仰っていてライオンズファンも大絶賛という
感じの流れが多いみたいですが、我はここでの交代は当然だとは思いましたけどね。。。
イムが本調子に遠かっただけで。。。むしろ少し交代が遅れたくらいでは???

常に選手に矛先が行く監督というのは確かに疑問ですが、何も全て自分のせいとヘリくだらなくても・・・。


ということでおかわりがイムを打ち込み、同点。これで両軍の空気が一変するのがわかりました。
ここでライオンズは確実に相手を追い込み、ヘルマンの見事な犠飛で2-1と逆転。
欲を言えばあと1点ほしかった。。。
もっと言うと、その次のイニングの9回表も上本が先頭で出て、あれだけバントが厳しそうだった牧田が
どうにかこうにかバントを成功させて・・・とやってるのに片栗が無抵抗主義者と化していてガッカリ感満載orz.

これ、万一勝てなかったら片栗が戦犯になっちゃうじゃん。。。


9裏。100球を超えていた牧田を送り込むしかありませんな状態。
前回、足のハリを訴えて大事をとって中6日にしたはずなんで心配ですが、
他の投手だと絶叫系コースター状態だからなぁorz。

先頭の川端。足は速くありません。ただし左打者。
守備固めの原、川端の足が速くないことから強い打球に対応することに集中していたのか
守備位置がかなり後ろ。
川端からすれば原の意図がわかりやすいポジションだったでしょうな。
完全に意表を突かれてサード前へきれいなセーフティが決まりいきなりピンチ。

うへー。。。本来昨日の展開ならライオンズがこういうことをしなきゃならないんですよ。。。


とは言え、目の前に勝利が転がっている状況であと少し。牧田踏ん張ります。
畠山の打球は1塁線にフラフラと危ない打球が飛ぶものの、ヤスが何とか追いつき
バレンティンも打ち気満々でボール球に手を出しているところをうまく使って三振。

落ち着いてるのでまあ大丈夫だろう・・・と思った矢先のことでしたorz。


松井淳の打球が上がった瞬間、牧田は完全に打ち取ったと思ったはず。
飛んだ位置も・・・センターの守備範囲でそこまで問題ない。

んが、、、斜め横からなぜか飛んでくる人あり。。。


それはセンターの打球だろうがぁあああああああああああああ!!!


と叫んだ次の瞬間に栗が地面に落ちたボールと絡まってましたorz。

これ、記録はヒットなの???全然納得いかず。。。

しかも、ナカジが冷静に良いポジションに中継に入っていた
(体制を崩した栗の投げる距離が短くなるように)ので、これならランナー3塁ストップorホームアウト・・・
のはずが、栗の投げたボールがナカジの頭上をへろへろっとむなしく通過し、ボールは内野グラウンドをてんてん。。。

事実上、Wエラーです。


これ、多くの人が感じていることだと思うんですが。

結局ね、チームがセンターラインをどうも軽視している様な空気がこういう結果を導くのではないかと。

栗は確かにキャプテンです。チームの司令塔かもしれません。ああいう時に「俺が・・・」と出て行くのも
気持ちはわかるし、秋山もまだ大きくは言えない立場かもしれません。

でもね、やはり外野はセンターが司令塔になるべきだと思います。
ああいう時にどうするかを決めていたのかどうかはわからないけれど、
センターが司令塔になってその意識が栗にもあれば、あれはまったく問題ない打球だったはず。

秋山があきらめなければ・・・という意見もあるかもしれませんが、
あのまま秋山まで突っ込んだら栗と激突です。それは有り得ない。

たまにセンターとライトとの連携も危ういと感じるときがありますが、、、チーム全体の責任だと思うね。


同点になったときの牧田の憔悴しきった表情・・・。
口の悪い人は「味方のミスにああいう顔を見せるな」と言うのでしょうが、
ファンとしては責められないわな。ああいうアンビリーバボーなプレー、このチームは1度や2度じゃないもん。。。


牧田は最後の力を振り絞り、延長戦に導きます。ここで降板。十分でしょ。

でも、牧田を無理やり引っ張った挙句にリリーフで負けたりしたら最悪な試合になってしまいます。


それらを全て救ったのがおかわりです。
その前のナカジも、こういうカオスな状況で冷静に対応できる力を持っているのはさすが。
チーム全体、頭に血が上ってしまう中でゲームの流れを少しずつ戻しましたからね。


10回裏はいろんな意味でフジヤマでしたわーorz。

雨で中断したとき、「このまま試合終われ終われ!」「勝ち逃げ!」とか言っているライオンズファン、
神宮に多かったなぁ。。。

あれ、あのままコールドで終わったら
「10回表のおかわり2ランも、牧田の勝ちも全て無かったことになる」
のですよ。。。
(規定で9回裏引き分けで試合終了扱いになります)

落ち着いて考えてみませう。
「10回表にビジターチームが勝ち越し、その裏のホームチームの攻撃が無いのに
あのままビジターの勝ちで終わったらホームチームから考えたらどう考えても不条理」でしょう。

「ここで試合終われとか何を言うんだあーたたちは~!!!」・・・と思いながらひたすら雨がやむのを祈ってました。


あめやんだ。

試合はじまった。

うぃりあむすテンで話にならない四球だした。ランナーふたりもいる。

ははは。けふもじぇっとこーすたーだ。。。

川端のライナーの打球がおかわりのグラブに吸い込まれて試合終了。

もういやこんな終盤orz。

とは言え、勝って何より。負けたらかなりとんでもない試合だったです。



3度の得点圏全てで凡退のヤスはおかわりに30万くらい焼肉おごって差し上げ、
3度の得点圏全てで凡退した挙句にとんでもない場面でとんでもない失態を犯した栗は
牧田に往復びんた10発浴びせられた上におかわりの1日パシリを勤めるくらいでちょうど良いと思うよ。

とにかく今日は片栗が岸メンを楽にして差し上げるべき。
これは「片栗頑張れ」ではなくてもはや「義務」です。

栗は終盤交代した方が良いと思う・・・フル出場を気にしているとは到底思えないけども。


↓ランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
247位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。