スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季のライオンズは1位から6位まで十分ありうるチームではないでせうか。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2012/03/27/post_144/index2.php

順位予想では我がライオンズの評価がやけに良いようですw
ナカジが抜けるのが濃厚になった時は来期のライオンズはBクラスまっしぐらとか言われたのに、
この変わりようは凄いわ。まあ、確かにナカジの存在感は大きいしねぇ。

ただ、冷静に見ると「未知なる戦力」が相変わらず多いとは思います。そういう意味では1位から6位まで
ありうるチーム構成かなあ・・・と。


この記事が実際にはいつ書かれたかわかりませんが、2軍スタートが決まった十亀や小石なども含め、
キャンプ~オープン戦前半で評価が良かった選手達が終盤にきて段々悪くなってきたというのは気になりますな。
ウィリアムスも結局のところは2軍スタート。


投手陣。残りそうなのは通常の「涌井、岸、牧田、西口、石井一、岡本篤」という去年の1軍組に加えて、
「マイケル、ゴンザレス」という新戦力、「松永、武隈、野上」という期待枠がどうプラスに作用するか、が
現状ですか。ここにベテラン枠の星野が入るかな。

あとは、2軍で結果を出せば比較的早く上げてもらえそうな「十亀、小石、大石、菊池、ウィリアムス」に、
1軍登板のあった「桟原、木村、平野」あたりがどうからんでくるかでしょうか・・・。

勿論他にも沢山投手はいますが、オープン戦で1軍チャンスが無かった投手はやはり不利でしょう。

で、オープン戦を見ていると「涌井、岸、牧田、西口、石井一、岡本篤」のここが少々不安ですよと。
去年の大誤算の一つに、涌井と岸が共に1ケタ勝利で終わったことがあります(その反面、牧田と西口が
想定以上には働いてくれた)。

ここが去年並みに終わるようだと苦しくなりますが、あんまり順調じゃない感じですね。特に岸と牧田。
少々調整遅れな感じが否めない内容に終わった様子。
まあ、暖かくなる間に結果が良くなってくれば良いですけれども。

全体的に見て、投手陣は野手陣よりも「未知なる期待値」に頼る部分が大きいなという印象です。
「マイケル、ゴンザレス」の二人がある程度計算出来るようになって、「松永、武隈、野上」「十亀、小石、大石、菊池、ウィリアムス」のグループから3~4人程度がちょくちょく一軍で貢献してくれないと
ちょっと戦えないかなあ、、、という印象です。

別に1年間結果を出し続けてくれなくても、誰かが不調な時に誰かが出てきてくれればそれで戦えます。


捕手はまあ、銀ちゃんが軸になるのでしょうが、星とも上手く併用して欲しいですねぇ。
捕手の争いってファンの間でもヒートアップしていて「銀派」と「星派」が存在するような・・・。
ヒートアップするのは勝手にしてくださいな感じだけど、どっちか一人で持つはずがない。
上本や武山がどれだけ絡めるかも重要ですが、監督の「頑固さ」がどれだけ溶けてくれるかもキーかなw



内野手。選手の力は高いものの、なんか数的には???な面も・・・。
開幕時点では「浅村、ヘルマン、ナカジ、おかわり」を中心に起用するんでしょうが、
ヘルマンを外野にまわして原を使うと、バックアップが鬼崎だけ。
これは数量的には少々あり得ない気がするんですが・・・。
2軍で調整中のヤス、阿部ちゃんの1軍昇格タイミングがどこになるか、ですか。
この二人のどちらかが1軍に昇格する時、入れ替わるのは内野手じゃなくて外野手かもしれない。

現状では浅村が1年間持つかどうかに加えて、セカンドがキー。
ヘルマンが出塁率が高く、かなり計算できる状態です。ただ、1年は長いので144試合を見据えると
彼一人でスタメンを維持できるかどうかは不明。ただ、当分は1番で良いとは思う。
ヘルマンがOP戦で良い事で「片岡、原の出番無し」とか言ってる人もいるようですが、それは大きな間違いで
結局のところヤスや原の力も当然必要になってきます。また、他のポジションとの兼ね合いで一人DHに
まわる必要性も出てくる可能性が少なくないです。
密かにおかわりが隔年で故障しているのが気になるのだよなあ・・・。

今後1カ月の間にヤスの動き(特に守備)がどこまで回復するか、原が「繋ぎの役割」と思いだしてくれるか
どうか(OP戦では申し訳ないですが、去年の良い面が殆ど感じられなかったです。振りでかすぎ。)、この二人の役割はかなり大きい。
あと、平尾の状態が不明。代打の層の薄さが去年の苦戦の原因の一つにあるので、
やはり精神的にも肉体的にも充実した状態でどこかで戻らないと。

外野手。前から何べんも言ってますが、決まってるのは栗だけであとはドングリーズ。
秋山の調整状態が心配(2軍戦で今出場していないということは開幕1軍はほぼ絶望的と言わざるを得ません)が、
熊代、嶋、高山、大崎、斉藤と数はそれなりにはいます。
ただ、嶋をDHにまわすとやはり層は薄い上に、殆ど「未知なる期待値」で計算しなければならないのが辛いポジションです。
熊代がOP戦後半で結果を出してまして、我も実を言うと2番目に応援している選手なのでw、かなりの期待が
よせられますが、スイッチヒッター1年目。良い時は良くても年間通してどうなるかはまた別の話になってきますし、
嶋も彼一人で年間五番を任せる計算はまだしにくいですから、
やはり複数の選手で補完し合うしかないとおもうのですよ。


総じて、選手のコマは多いので競争がとても多い様には見えますが、こういう「未知なる期待値」的な戦力が
多いチームは、個人の能力云々もさることながら、一人ひとりが勝利に向けて少しでも役割を果たせるかどうかじゃないかなあ・・・と思います。
自分の能力をアピールするのは当然なのですが、そこに傾倒しすぎて周囲が見えていないプレーを連発されては戦力にはならないわけですから。

去年前半の様に、皆が皆大振りしてチャンスを作ろうとするチームでは厳しい・・・。

今季のライオンズは1位から6位までありうる、パでも随一の「読めないチーム」だと思います。


↓ランキングに参加しました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最大の不安要素は

最大の不安要素が、ナベQ監督の采配であることは、言うまでもありません。

選手を育てるのはうまいと思うのですが、使うとなると・・・。

No title

六の宮の姫君さま

何にせよ、柔軟な対応をしてくれることを祈ります。
去年以上に采配の与える影響が大きいシーズンになる気がします。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
286位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。