スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/28 文化放送セットアップ魂 片岡易之選手インタビュー(長め)

ラジオ文化放送の「セットアップ」で本日20時からヤスのインタビューが放送されました。
これは、文化放送の斉藤アナが2/16-17の日程で高知・春野に取材に行かれた際に収録されたものですね。

だから、ちょうど別メニューになってしまった頃に収録したものですなorz。

斉藤アナ曰く30分程度は収録したらしいのですが、番組の編集上の問題かと思いますが
実際に放送されたのは15分でした。それでもかなりの長さですけれどもw。


以下、なるべく忠実に書いたつもりです。それだけに、相槌が多数入ったり、言葉と言葉の間に
隙間があいたりで結構長くなってしまいました。
全然簡潔にまとめたり要訳したりせず、15分のトークを書いてますので、読まれる方は
飽きない様にお気を付け下さいw。


以下、赤文字と黒文字はそれぞれ・・・

赤文字=ヤスの言葉
黒文字=斉藤アナの言葉


*所々「・・・」や「、、、」等の表記がありますが、どもっているとかなかなか喋らない
とかではなくて、言葉を選んだりしている場面が大半ですので、その様に読んでください。

*「うん」とか相槌打っているだけの言葉も結構入れたw


@@@@@@@@@@ では、いんたびゅーすたーと @@@@@@@@@@@@

左肩の手術から

はい

4か月が経過しましたか

はい

もう全力で走れるようになりましたでしょうか?

(ちょっと考えながら一呼吸あく)走れることは出来るんですけど。

はい

なんか違和感というか・・・

あーそうですかー。

痛みも・・・無くはないので。

んー。

んー・・・もう少しですね、でも。

そうですか。

はい。

それは悪化するというよりはじきに無くなるだろうという?

と思います(キッパリ)。

うん。

と、信じてます



はい

あのー、相当な、、、多分、決断が必要だったと思いますが。

んー

実際のところ片岡さんの中では如何だったのでしょうか?

いやホントに、、、迷いました。

んー・・・

やっぱり・・・一年一年が勝負なんで。

はい、そうですね。

ええ、やっぱり無駄にはしたくないなっていう、、思いと

うん

またー、一年やるために


うん

万全にしなきゃならないという・・・思いと


はい

ま、すーごい葛藤があったんですけど

はい

ま、やっぱりー・・・全力で出来ないのが一番嫌なんで・・・全力で出来る・・・

はい

(考えながら)方を、選択しました。

なるほど。

はい。

ここまでの調整のプロセスを教えていただけますでしょうか?
身体を動かし始めたのはいつごろですか?手術をしてから。

そうですねー、3週間固定して

はい

で、固定が取れてから、退院して。

はい。

多分12月入ってからだと思うんですよね。動かしたのは。

はい。

もホントにジムに行って

はい

そのー、ランニングマシンっていうとこから始めたんで

はい

ま、そんときもー、全然痛かったですから。

あー、そうですか。。。

それだけでも疲れるくらい、体が衰えてて。。。
腕も・・・二まわり三まわりくらい縮んでましたから。


身体全体がですか?

そうですねー

へー・・・

4~5センチマイナスでしたね。胸囲とかは。

はー・・・(驚いた感じ)。

腕回りとかは、2~3センチだったと思うんですけど

はい

胸・・・お尻・・・

お尻・・・



はー

もう、、、やっぱなんもやってないと、こんなに縮まるんですね。

なるほどねー・・・

はい。

まあ、ほぼ2カ月近く動いてなかったっていうことですよね?

そうですねー。んー・・・ま固定を外してからは、ずっと吊られてたんで

ええ

やっぱり腕の重みでもう・・・耐えられないんですね。
なのでホントに、腕を振ることから・・・始めたんで。


んー・・・

やっぱり、痛かったですねぇ。

あのー、なんか・・・自暴自棄になるというか、あと早く一軍に戻りたいとか
野球をしたいとか、あの色々なー葛藤があったと思うんですけれども、
焦りのようなものは無かったんでしょうか?

いや勿論ありますよ焦りは。

そうですよね。

はい。

そうですよね。

までも焦った結果が、こういう怪我につながったと思うんで

んー・・・

やっぱり今までー・・・焦り続けてきたというか

はい

不安・・・を抱えながらずっとやってたので。ま今年ーはその経験を・・・しっかり踏まえて

はい

ま焦らずやろうと

はい

決めたんで

そうですね

はい。。。まあ慎重にやっていきます。

大変ですね、慎重にやるっていうのも

いやもどかしいですよ。

ねぇ。

はい。

そうですねぇ。。。

もっとやりたいんですけどー

はい

んーー・・・やっぱ同じことはしたくないので。

うん。。。7月初めに去年の話です。二軍行きを余儀なくされた直接の原因は
一塁へ手から戻った時の「右肩」亜脱臼でしたよね?

はい

でー、一軍へ戻るまで丸2ヶ月そこからかかりましたけれども
結局手術を行ったのは左肩の方でした。あのー、どの様な状況からこうなったのか、
改めて教えていただけますでしょうか片岡さん?

そうですねー、、、左肩、を手術したんですけどー

はい

左肩はもう毎年、、亜脱臼というか、まそういう外れることがあったのでー

うん

までも、プレーには支障が無いと

うん

いうのが毎年の事だったんですけどー、

はい

今年に限っては一カ月の間に何回も外れてしまったので、これはもう、ちょっと・・・凄い・・・痛みと、

はい

あの、緩さを感じたので。なんかこう、腕を伸ばしただけでも
外れそうな怖さがあって・・・でもぉ・・・ゲームは続きますから。


そうですね。

はい。ま、でもそれでも出来る範囲と、僕は思ってたので

はい

やってたんですけどー

うん

まその時期に右肩を・・・やってしまって。

うん

まやっぱ左と違って投げる方ですから

はい。そうですねー・・・。

やっぱ送球出来ないと・・・いう事で、、、抹消に

はい

なったんですけども。。。

はい

ま右の方はまー、わりかし、早く、投げれるようにはなったんですがー
左がもう、、、ホントにダメで・・・その緩さが、取れず。
それが怖さで・・・えー・・・ちょっと何やるにしてもちょっと不安があったんですけど


なるほど。

んー・・・。でもやっぱ、一軍に戻らないといけないし

そうですねぇ。

ああいう状況でしたからー

うん。。。

でも、万全じゃなかったんでー、ま10月にはそういう決断をしたんですど。。。

はい

はい

までも、そんな最中、出来る限りのプレーは、やられましたよね?片岡選手は?

んーーーーー・・・・ま、僕ん中ではそのつもりなんですけど

そうですね。

ま、やっぱり・・・捕れるボールが捕れないと

そうですねー・・・

悔しいというか・・・やっぱ凄い迷惑をかけてんなっていう・・・気持ちで、やってましたね。
あの時なんかずっとマイナスな気持ちでやってましたね。


(苦笑い風)そうですかぁ・・・

はい

あのー、3位をオリックスと激しく争ってて、10月最後の直接対決・・・ですよね。あの本来なら十分
二塁手片岡易之の守備範囲と、言える打球を、こう捕りにいけないという無念は・・・なんとなくその試合でも
感じていたんですよ。今となっては・・・そのシーズン最後のゲームだったんですけど

うん

深く深くそういうお考えになったんですね、片岡選手

そうですね、やっぱ負けらんない試合で

んー

気が抜けたじゃないですけど

んー

諦めて・・・まあ要はホントに、怖かったんですよね、飛びつくのが。

はい。

でもそんなことー、試合に出てるんで、言ってる場合じゃないんで。
・・・ま、ホントに飛びつけなかったっていうのが、存在価値無しと。


はい。

思いまして・・・。だったらば、、、元気な選手が出た方が、勝ちには、つながるんじゃないかなと思ったんで。

んーそうですか。

まあ、色々悩みましたけど

うん

まコレを誰に相談して良いかも、わからず。。。まあ、なんか、ホントにどうして良いのかわかんなくて

うん

までも・・・自分の、、、野球人生なんで

はい

やっぱりー・・・先を見て、決断しましたね。

はい

うん。。。ま、今まで何か・・・今までの人生で

はい

決断してきたことってあんま無いので

あ、そうなんですか?

いやもぅ・・・進学、高校進学もそうですしー

はい(笑)

あの・・・社会人に行ったのもそうですしなんかこうね、、、敷かれたレールにのって(笑)

ぶほほほほほ(´ω`)

ハイハイ言って

決断じゃないんですかそれ片岡選手の?

生きて・・・いや僕のー決断ではあんまなかったんでー

ぶほほほほほ(´ω`)。他人に勧められて?

そうですねぇ・・・なんかこう自分で決断するっていうのが、こんなにも
苦しいことなのかっていう・・・うん。。。まあ、要は子どもなんですよね。


ぶほほほほほ(´ω`)あいやいやいや。それを言っちゃナンですけども。

子どもなんでー、はい。。。ちょっと大人になれたかなっていう

いやいやいや。でも今は野球がしたくてしょーがないんじゃないですか?

ああ、やっぱこう出来ないー・・・もどかしさって言うのは・・・

うん

もう・・・・言葉じゃ表せないぐらいなんでー

うん

ホントにーまあシーズン中はもう何度休みたいと思うかっていうことなんですけどー、やっぱりこう休んでる方がつらいんで―

はい、そうですね。

んー。やっぱりー・・・やりたいですねぇ野球。。。

そうですねー・・・。

はい。

日ごろ、どの様なケアをされてますか?左肩に関しては?

今はもうホントに鍛えてかないとー

はい

逆に、痛みが取れないと

はい

んー、なんでー・・・まあ多少痛くても、動かせる範囲では動かして

はい

でまあ可動域も狭まってますから

うんうんうん、あー。

まそれを広げるリハビリも・・・えー・・・やってもらって

痛そうですね

やっぱり痛いですねー

ねー痛そうですね、それは。

はい。・・・ま、痛みを取るためなんで

んー

やっぱり、それは我慢してやらないと

んー、

もう、ホントにーこの痛みをね

うん

解って欲しいんだよなぁー!(いきなり普段のキャラに蘇生)

(・∀・)ブヒャッヒャッヒャッヒャッヒャ!!!

わかんないっすよねぇー?

あのいや、解りたいと思ってるんです皆。

んー

当然です!

ほんっとに痛いんですけどねぇ。。。(笑いながら)ホントにもう・・・仙豆があれば・・・(ため息ついて)仙豆が欲しい。

仙豆ってなんですか?

いやドラゴンボールのー

。・。(´∀`)・。・ヒャッヒャッヒャッヒャッヒャ!いきなり何を言うのかと思ったら!

仙豆が欲しい(呟くように)。星君といつも喋ってるんです。星、秀の方ですね。

はいはい。

仙豆欲しいっすわーって

(´∀`)アハハハハハ!星選手の場合はヒジですかね?

なんかヒジ痛いみたいですねぇ。

そうですそうです。ねぇ。

「仙豆欲しいわ~!」って。だから今守備にホントに影響が出ててー

はい

あのーーー、球際が

はい

あのー、いつもだったら捕れるところがー、捕れないんですね。

はぁ、はい。グラブをはめてる方ですね、左腕は。

そうですね、だからこう、いつもだったらこう、もうひと伸びするんですけどー、伸びが無いので、あのー一緒に肩がこう付いてきちゃうんですね

はぁはぁはぁ

だからいまー、投内連携とかやってますけどー

はい

あのー、いつもの感覚じゃないんでー、ホント捕れないんですよ。下にグローブが着かないので。

はぁ・・・

いつもだったらついてくんですけど

はい

その感覚がホントに戻らないっていうのが

はぁー・・・

ちょっと・・・危機感を感じますね。

12月末の、契約更改の時に、術後3カ月経った1月のー中旬くらいに、痛みが取れていれば手術は成功だと

んー

ドクターから言われたと

んー

片岡選手おっしゃってましたが

んー・・・

となると、、、でもこれは今野球が出来ている以上は

んー。。。

成功なんですね、手術はね?

まぁそうですねぇ・・・ぇー・・・

まあ痛いっていうのがちょっとどうしても気になるんですけども。

んーー・・・まあ、バッティングとかは、普通に出来てますしー

(驚いた感じで)あっ!そうですか!

はい。走るのもー問題なく

問題なく

ただこう守備だけですね。

あーそうですか

はい。

ま、元はと言えば、肩をやってしまうのは守備の時が多いわけ・・・

そうですねぇ、はい。

ですよねー・・・今までも。そうですかぁ。。。

だからまあ、我慢するしかないですよね。

そうですね。

はい。

まあただ、あのー、走れている打てているというのは、非常に、我々ライオンスを
こよなく愛する者としては、ひとまず安心かなという感じは、いたします。
すいません能天気な事を申しあげまして。

んー、そうですねぇ(←ホント能天気だよという感じで皮肉っぽく)。

(・∀・)うはははははは

僕はもう、守れないとしょーがないと思ってますから。

なるほど、なるほど。

打つ人はー、あれねぇ、色々バックアップいますけど

んー

守備は、あのー抜けちゃいけないと思ってるんで

そうですねー

そこは出来ないとー、まずいですね。

まずいですか

まずいです・・・まあ全て出来ないと、僕はダメなので。

はい。完璧主義?

ん、まあ、完璧主義というか、全部を求められるんで

うん

はい。まあやっぱり、求められることはやりたいんで

はい。

まあー・・・もう少し、、、待っててください。

わかりました。

はい。

改めて、今シーズンの目標を、掲げていただけますでしょうか?

んー・・・まあやっぱり、野球を、楽しむことが

はい

一番だと思いますし、、、(一言ずつ確かめるように)嫌でやってた野球が、今は、、、無くてはならない、、モノになってるんで、ま自分の出来ることを全力で、やって。
まあいつになるかわかりませんけど、まあ一軍の舞台に立てた時は、ホントに、楽しく、思いっきり、やりたいと


はい

あのー、心の底から思ってるんで。。。ま、それにーねぇ、勝利とか、ついてくれれば

はい

尚更うれしいですし

うん

まあホントに優勝争いとか、勿論優勝目指してやりますけど

はい

そういうー舞台に、立てるのを、えーイメージしながら

はい

やっていきたいと思います。



@@@@@@@@@ 以上でインタビューは終了です @@@@@@@@@@


思うところは先ほど書きました。

信念と不安が入り混じっている感はあります。

先ほど書いていますが、あともうちょっとの所で完全回復までの溝がなかなか埋まらない事で
ヤス本人にやるせなさやもどかしさもあるように思われる一方で、選手としての信念も感じます。
(途中、空白が多いですがそれでもしっかりとした口調で話しはしていました。
まあ、こういう内容なので明るい口調ではないですが。)

冷静な立ち位置からチームの側面や求められる役割も見えてきているのではないかと
期待もしています。

今までに無い違った姿も見せてくれるかもしれません。

これだけ経験値のある選手ですから、強い選手であるはずです。
ファンとしても粘り強く待ち、復活した時にはしっかり応援したいと思います。
強い選手として1軍のグラウンドに戻ってくる事を期待しています。このまま黙っている選手でもないと
思っていますので。


やはり、プレイヤーとしては試合に出てナンボなのだろうと思うので、最低限実戦に戻るまでは
ヤスに関してはこんな感じの記事が続くかな。よろしければお付き合いくださいませ。


↓もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1367位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
196位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。