スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々と・・・

ナカジの件(MLB、守備位置)やヤスのキャンプの件に関して裏で色々なご意見や問いかけを
頂いたので(裏ってのも変な表現ですがw)、ここでちょっとまとめさせていただこうかな・・・と。

今日はそんなスタンスで書きますね。

まず、ナカジの件。まとめると

・「ナカジがユーティリティなんて本当に出来るのか=今回ヤンキースとの交渉はお互いに
そこもネックだったんじゃないか。セカンドなんて守れるの?」
・「ナカジはヤスが開幕遅れの場合セカンドもあり?」
・「そもそもナカジってショート以外守れるんですかね???」

的なご意見をいくつか頂きました。

この件は・・・・・正直言うと我レベルが回答するのはおこがましいお話なのです。
専門職の方(ある一定水準以上での経験者の方、目の肥えたスポーツライター、評論家の方々etc)に
ご意見を求めたいレベルのお話になってきます。
ただ、我もショートとセカンドの比較とか色々な記事を目にした事がありますが、評論家や経験者の方々でも
結構意見は割れるみたいですね。
内野ではどこが一番難しくてどこが簡単・・・なんてーのは水かけ論の世界に発展してる事もしばしば。

まあ、それは良いんですが、おこがましいのを承知で我的な見方での意見を書きます。
野球ファンはこれだから(ノ∀`)。


まず、今回のヤンキースとナカジの契約交渉の件ですが。。。

確かにユーティリティを求められたと思いますが、個人的にヤンキースがナカジに求めていたのは
控えセカンドとしての能力よりも、控えショート、控えサード、代走、代打などではなかったかと思います。
ヤンキースのお家事情をパッと見ると、セカンドはバリバリお元気なカノーですから、ここが
バックアップが必要になる可能性は一番低いのではないかと。
一方、ショートジーターとサードのA・ロッドは昨シーズン欠場も多く、ここのバックアップは現実的に
必要だったはずで、特にジーターに関してはレンジファクターという数字的な面での守備評価も正直なところ
高くないのが実情です。(数字だけで測れるとは到底思えませんが)

そういう意味ではセカンドが未経験というそこは、そこまで大きなネックにはならなかったのではないかと
思っています。サードに関しては可能性はありますが。。。


あと、ナカジが今季セカンドを守る可能性があるかどうか・・・ですが。

個人的にはヤス不在時はやはりカーターや原が前提になるのではないかと思います。
特に前者は「その前提での補強」と明言されてますしね。
ヤスが戻ってきた時どうするか云々は主題から少々ズレるのでここではスルーでお願いします。

同じセンターライン上の守備位置ということで、ショートからセカンドへのコンバートはよくあるお話ですが、
すぐに出来るようになるかと言われればそこは少々疑問符でもあります。慣れれば出来る人も多い様ですが、
どこかで経験しているケースも意外に多いのでは?

(ここから先は完全な個人的な素人目線ですので、話半分に聞いてください。深い話は専門の人とお話してくださいませ)

まず、動きが大分違うこと。

特に、二遊間に飛ぶ打球の処理に関しては、打球を処理する際の重心とは全く逆方向へ送球しなければ
なりませんし、特に深い打球や併殺完成時にはその動きを瞬時に求められます。
また、その併殺時は1塁ランナーの動きがギリギリまで見えない状態で処理をすることが求められ、
「ショートとの呼吸を合わせたタイミングでのベースカバー」「即座に重心を転換させて一塁方向へ向き」
「更に1塁ランナーのスライディングを避けると同時にスローイング」これらが瞬時に行われないと
なかなか併殺は完成しないのではないでせうか。

あと、内野ゴロや牽制のカバーリング、バント処理時の動き、特にランナーがいる場合の瞬時の判断、
全てが変わってくるのではないかと思います。サインプレーも多いと思いますし。
ヤスが「セカンドは頭使う、忙しい」みたいに言っていたと思うのでここは本当だと思いますが、
とにかく右に左にチョコマカチョコマカ忙しいポジションではあると思います。


守備範囲の広さが求められる事はショートもセカンドも同じですかね。
ここはショート→セカンドのコンバートにおいてはネックとはならないでしょうか。

(話が少々それますが、個人的には守備範囲に関しては打球に反応する一歩目の速さが重要なような
気がしてます。そういう意味では、応援している選手を持ち上げる形になりますが、ライオンズの内野手では
ヤスが一番速い気はします。ただ、前への打球の反応に関してはヤスもナカジも迷う事もあるようで。。。
よく、「打球に飛び付くプレー」を「気合が入っていて心に響く」と形容されますが、
それが常々当てはまるかと言えば少々違うのではないかと思う事もしばしば。
飛び付かないと処理出来ない=アウトを完成させる可能性を減らしていることでもありますので、
打球への反応が速く、飛び付かないでも処理できる範囲が広い=守備範囲の広い選手、だと思っています。
ただ、飛び付く飛び付かないも瞬時に判断しなければならないはずで、勝負すべき時に全く飛び付けないのは
少々問題はありましょうし、ヤスの10月の離脱もそこはネックになったと本人の弁でしたね。)


要するに、特に肩に不安があるとかそういうことがなければサードの方が即席としては現実的なのかも
しれません。単純にファーストまでの距離が近いという事で、送球面でセカンドにコンバートされる事は
あるようですけれども、もともとセカンドの経験がある選手ならともかく、即席ではかなりキツイ動きに
なりそうな感じではないでしょうか。

もっともサードは二遊間よりも強い打球に反応しなきゃなりませんし、バントで揺さぶられる事も
多々ある上にスローイングの精度も求められるので、簡単だとは到底思わないですけれども。
ただ、運動量はショートよりも減るだろうなあ。そういう意味では体力的にはダントツであると思われる
ナカジがショートだったのは理由もあると思いますよ。

よく、ナカジよりも誰々の方が上手いといわれる事がありますが、瞬間最大風速的にはそうであっても
年間通して守ってみないと判らない面もあり、例え上手くとも体力面で劣る選手はボロボロになれる
ポジションがショートだと思います。セカンドもそれに次ぐのではないかと。

個人的にはナカジが今季可能性があるのはショート、サード、DHの順ではないかと思います。

何れにしても、専門家の意見を尊重してくださいませ。ただ、内野守備論は色々あってどれが本当だか迷えると思いますw。

なんにせよ、ライオンズに言いたいのは「派手なプレーは不要なので堅実に守ってください」。この一点のみw




・「ヤスってキャンプには帯同せずに第二だと思ってましたが・・・キャンプに行くと周囲と比較して焦るのでは?」

こんな問いかけもありました。

個人的には高知に連れて行ってもらった方が良いのではないかと思います。
まず、第二球場はあまりにも寒すぎます。第二に限らず2月前半は関東周辺は一年で一番寒い時期ですが。
その環境では果たしてどうでしょう。。。ウォーキング程度のリハビリなら良いのかもしれないですが、
極寒の中でのトレーニングはかえって怪我の元かもしれません。

それに、1人で残るよりはトレーナーさんの指導(目の届くべき場所、言い換えると無理しない様に監視w)
でメニューを組んでもらってやった方が良いのではないでしょうか。

メンタルケア的な体制がどうなっているのかは気になる所ではありますが・・・。
(←最近のライオンズを見ていると重要なファクターに思えます)


・「高知に行きたいのに希望の日程と金額で「飛行機&ホテルパック」が取れません・・・。」

まず、キャンセル待ちを受け付けている旅行会社もあると思うので、そこにすがってみるのも一つの手です。
ただ、激安パックは枠が少ないはずなので、可能性はさほど高くないかもしれません。
我ならば、旅行会社と相談して数日様子を見てそれでも怪しいようなら少し高くなっても
確実に取れるモノを取ります。あるいは日程ずらす。


・「東京から高知行きたいんですが飛行機苦手なんですけど・・・。」

夜行の高速バスに抵抗が無ければそれもありです。所要時間はおよそ12時間前後かな?
東京を20時前後に出て高知には翌朝8時過ぎに着く予定です(ただし遅延早着とかはあるかもだ)。
自家用車・・・ではさすがにあまり行きたくないでしょうね。

飛行機も高速バスも車もダメな場合、JR(列車)で良いのでは?

☆新幹線と特急列車を乗り継いで行く

東京~(新幹線のぞみ)~岡山<乗り換え>岡山~(JR特急)~高知

岡山から高知方面行きの特急列車(調べてみたら「特急 南風号」というらしい)があるので
上手く乗り継げば6時間くらいで到着します。我には問題の無い所要時間ですがお好みでどうぞ。
ただし、東京で始発付近(6時~6:30発)の新幹線に乗っても高知には12:28着になっちゃいます。
帰りも高知17:13発の特急に乗って高知を出ても、東京駅に着くのは23時台(23:32着、岡山で乗り継ぎ8分で
急げば23:13着)になります。

☆夜行列車と特急列車を乗り継いでいく

東京~(寝台特急)~岡山<乗り換え>岡山~(JR特急)~高知

東京駅22時発の「サンライズ瀬戸・出雲」という夜行の寝台特急がありまして、これが岡山に停まります。
岡山で高知方面行きの特急南風号に乗り換えれば高知には翌朝の9:38に到着出来ます。

帰りは高知を19:34発の特急で岡山まで行き、岡山から「サンライズ瀬戸・出雲」に乗って東京まで
行ってください。
東京駅には翌朝7:08に着きますので、そのまま会社へも行けます(その代わり眠いですw←経験者)。
あ、横浜、熱海も停まりますので神奈川在住の人も便利です。

ただし、陸路で首都圏から高知入りはやはり万人にはとてもお薦め出来ませんw。
高速バスはまだしも、JRの列車はお値段も高くなります。
関西からならまだ良いんでしょうけれども。。。関西~高知なら車でも抵抗なく行ける人も
多いんじゃないですかね。

まあ、、、飛行機苦手な方には申し訳ない結論ですが、飛行機が一番良いですねorz。
我の周辺にも何故か飛行機苦手さんが多く、贔屓選手が南郷行き決定の為に自分もキャンプ見学の為に
飛行機搭乗決定になり、冷や汗かいているひともいます。
我なんかは離着陸や揺れは窓側に陣取って楽しんでしまうクチのでウヒャウヒャ言ってますが。
こんな事言うと苦手な人に殴られそうですなw。



↓ランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
246位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。