スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外野手って補強しなくて大丈夫なん?

ホークスへFA移籍した帆足の人的補償として、プロテクトリストが年明け早々にも西武球団に
到着するということで、それはまあそれで予定通りなんですが、、、。

松中がプロテクトリストから外れる???

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111229-00000005-spnannex-base

いやま、プロテクトリストから外れる云々はひとまず置いておいて、本来誰がプロテクトされるかなんて情報は
外部には流れないはず。なんで情報が漏れる???そもそもどこの情報よっていう・・・。

どの道、ホークス側はまだリストを固めていないでしょうが。


松中ねぇ・・・。

多分「西武は獲らないだろう」と思ってソフトバンクサイドが外してくる可能性も高いと思うんですけども。
2億円という年俸とのバランスと38歳という年齢、足の状態を考えると、普通に考えると少々辛いっちゃ辛いですわな。


ライオンズの現状ですが、一旦整理してみませう。
☆=他球団から移籍、新外国人 ◎=新人

-投手 33名
岸、岩尾、西口、江草、大石、石井一、菊池、涌井、平野、野上、岡本篤、星野、藤原、岡本洋、長田、牧田、坂本、松永、山本、木村、藤田、中崎、武隈、松下、田中、宮田、前川、◎十亀、◎小石、☆桟原、☆マイケル、☆ゴンザレス、☆ウィリアムス

なんやかんやで抜けた人達:シコースキー、ミンチェ、グラマン、帆足、岩崎、朱、山崎、小野寺(シーズン途中にトレード)

-捕手 8名(ただし駒月が外野手登録へ移行???)
星(孝)、炭谷、米野、岳野、上本、荒川、◎駒月、☆武山

なんやかんやで抜けた人達:野田

-内野手 13名(ナカジは移籍の前提)
林崎、美沢、原、片岡、平尾、阿部、浅村、鬼崎、中村、梅田、◎永江、☆カーター、☆ヘルマン

なんやかんやで抜けた人達:フェルナンデス、中島(あくまで予定)、石井義、黒瀬(シーズン途中トレード)、後藤(トレード)

-外野手 12名
大崎、栗山、佐藤、坂田、星(秀)、高山、大島、石川、秋山、熊代、斉藤、◎田代

なんやかんやで抜けた人達:マルハーン、G.G.佐藤、

-育性枠 2名
中田、藤澤(共に捕手)


現在の支配下登録選手合計66名、育性枠2名。因みに、支配下登録出来る選手は最大70名。

残り選手枠は4名ですが、シーズン中のアクシデント(主力選手の怪我により、緊急で助っ人選手を補強しなければならないetc)に備えて選手枠は若干空けておいたままシーズンインするのが大抵の場合の戦略。
おそらくフルに使う事はないだろうから、補充するとしてあと2名程度でしょうか。
そのうちの1名をホークスからの人的補償で埋めようとしているのが現状ですね。


各ポジション見ると、正直言ってどこも「選手足りないよ・・・」というのが本音かなあorz。


☆投手
毎年の事ですが、先発は適度に揃うんですが、そこから先(主に中継ぎ抑え)が
若手の底上げ期待or新人や外国人頼みの戦略になってしまってるんですよね。

問題点というか未知数なのは・・・

・涌井、岸が二桁勝てる様に復活するか。
・牧田の2年目。
・西口さん、一久の年齢的な闘い。
・菊池の成長。
・外国人の2名は全く未知数。
・マイケルは特定の捕手をつけないと厳しいというそこがどう出るか。
・大石の復活。
・平野、木村、野上と言った常に期待トリオのリストに挙がる選手達が中継ぎで使えるか。

外国人orマイケルのいずれかが抑えとして機能しない場合、非常に辛い事になりますね。
やはり上記以外の若手や、復活する選手等々が出てきて欲しい所。


☆捕手
もうここは即戦力は簡単には見つかりませんからひたすら我慢するしかないポジションになっています。
ここの即戦力を補強出来る球団などごくわずか。だから何故ああも簡単に細川を流出させたのかとアレほど・・・。
まあ、ここは大きく弄り様が無いので、当面は今年同様に銀ちゃんと星捕手の併用に上本が絡む形に
なるのではないでしょうか。あとは誰かの成長期待になると。


☆内野手
抜ける人&故障者と残された選手とのバランスを考えると、一見ここが一番シビアですか。
ただ、内野手って1塁と3塁あたりがある程度打撃で計算出来、あとは全体的に守れてバントや足技等の計算が
出来れば取りあえずはなんとかなるポジションでもあります。
特に二遊間は野手の中では捕手の次に守備のウェイトが大きいポジション。抜ける選手達の大きさに
心が折れそうになりますが何とかなるっちゃー何とかなる。
どの道、ナカジの抜ける穴をナカジで補強するのは無理。

確かに、不確定要素が多いのも事実ですが。

・ヤスの状態。チームも本人も焦らず我慢出来るか。復帰時に良い方のヤスが出るか良くない方のヤスが出るか。
・浅村がスタメンショートとして、1年間体力と『欲』をコントロール出来るか。
・原タクがどれだけの期間調子を維持出来るか。自分を生かす仕事に徹底出来るか。前後の選手や自分の打順が変わっても同様に仕事が出来るか。
・助っ人(1塁orDH候補のカーター)が最低でもホセレベルに機能するかどうか。
・ヘルマン=足のあるユーティリティがどこまで本当か。
・平尾、阿部の2名がバックアップとして今季より計算出来るようになるか。

計算出来るのは確かにおかわりだけですが、上記の不安定要素のうち、3つ~4つくらいが良い方向に
出てくれれば何とかなるでしょう。ここに控えorファームの選手の殴り込みが出てくればそれも良し。


☆外野手
ここは一見競争激化なポジションに見え、ファンも比較的楽観的に見ている人が多い場所ですが、
我個人としてはかなり危険性、バクチ性の高いポジションだと思います。

計算出来るのは・・・栗だけ。成長株も多いので楽しみなポジションでもありますが、
計算出来るかどうかは怪しい選手が多いポジションでもあります。
現状の外野手2番手は恐らく秋山。ただ、良くも悪くも彼が一番未知数な気がする・・・。

・期待値の高い秋山が年間をにらんだ時にどれだけ調子を維持出来るか。今季の好調期は1ヶ月程度に集中していて、その後疲れがあからさまに出てきたところを来季どうクリアするか。
・熊代のスイッチ挑戦がどう出るか。
・坂田が今季は少々伸び悩んだ感じ。来季はどう反撃出来るか。
・大崎がどれだけ機能するか(ベンチの使い方も含め)。
・中堅勢の反攻。2010年の高山の穴が埋まった様で実は埋まっておらず、今季は結構大きく響いた。
(シーズン終盤はホセ筆頭に打線全体が調子を大幅に上げたので良かったですが、あんなのが年間続く計算は無理。。)


結局、現状では計算までは出来ないんですよね、このポジション。そういう意味では内野より計算出来ない。
年間トータルでシビアな場面を乗り越えた実績が栗以外の選手には無い状況。
競争は確かに激しいのですが、それも「期待値」による側面が相当に大きくなってしまってます。

ライオンズファン的には秋山、熊代への期待値が大きくなるのは当然ですが(我もそうですし)、
今年散々言っていたのが「本来いるべき中堅があまりにも1軍にいないんですけど・・・」てこと。
特に外野に関してはそれが顕著で、来季は高山あたりの復調は必要だと思います。。。。
個人的に・・・トモアキの落ち込みがかなり・・・非常に気になる・・・。



こう考えるとまあ・・・個人的には外野手の補強が無いのが気にはなっています。
新人の田代の評判が非常に良いとは聞きますが、新人選手を計算に入れるのはやはり間違ってると思うのです。
今季の牧田みたいなのは良い意味で大きな誤算、秋山だって終盤は良い働きをしてくれましたが、
来季もきっと新人が助けてくれるってーのを編成や首脳陣が考えるのは正直言うとお気楽モード過ぎるお話。
(ファンが期待値込みで言ってる分には良いと思うのですが)

それから、代打の層が非常に薄い事。これは故障者や不振者が多数出てしまった事に起因すること。
チームを引っ張るキャプテンシーのある中堅orベテランがいない。これは以前からの問題点でナカジ流出でより顕著になりそう。


ここいらがライオンズの現状ですか。


じゃあ、ホークスからの人的補償どうしましょって考えると。。。

ホークス側も投手と若手中心に28名プロテクトするって公言していますから、
プロテクトから外れる可能性が残るのは・・・

1.完全に一軍から炙れてしまい干され気味の中堅以上の選手
2.故障持ちorここ数年苦しんでいる中堅投手
3.若手プロテクトのためにはじき出される中堅以上の選手
4.2軍でも泣かず飛ばずでギリギリ踏みとどまっている人

こんなところでしょうか。
獲る可能性があるとすれば、4は論外としても1も正直言って金銭での補償を捨ててまで獲るほどかと
言われると・・・なわけで、2か3(3ならば外野手)のいずれかな気がします。


捕手はまあ多分無いですわな。勿論欲しいのは山々ですが、細川が外れるのはありえない。山崎も無い。
ライオンズサイドからしても、銀ちゃんや星捕手と張り合えるか怪しい選手をここで獲っても仕方ない。
そうなるともう人的補償で捕手を期待してもしゃーない。

内野手は???ホークスの内野ってレギュラーと控えの差が大きいチームの一つだと思います。
それに、川崎ムネリンも抜ける。そう考えると若手&有望選手は完全プロテクト。ここも無いと思いますよ。

となると、有り得るのはDH(代打要員)、外野手、投手。こんなところでしょう・・・。


ここで、さっきも言った通りライオンズサイドも外野手に未知数要素が高く、代打の層も薄く、
ベテランも少ないとなると・・・松中っていう選択肢もあり得るのかもしれません。
一応外野手登録とはいえ・・・ファーストかDHでも使えるし。

ただ、人的補償を選ばなければライオンズ側に推定4,400万円ほどの補償金額が支払われます。
(帆足の今季推定年俸11,000万×0.4)
4,400万を捨てて年俸2億の松中を獲る事によるバランスを考えると・・・個人的には可能性は低いかな、
と思えますよ。大体、松中が外野ならばレフトでしょうけれどもそこは栗がいるし、ファーストで1年働いて
くれれば良いだろうけれども・・・一応そこはカーターを補強してるし、やはり年齢と年俸、出場試合数のバランスから考えると、うーん。。。

結局、投手と外野手中心に良さそうな人探しをし、いなければ金銭という去年の路線に落ち着く様な気がします。
個人的には、「お?おお??」という投手がプロテクト外れてたらその人を、次に外野手で面白そうな選手が
外れてたらその人を、ダメなら金銭で良いです。

来季も未知数な事が多いシーズンになりそうですね。その分、夢がひろがりまくりんぐではありますが。


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
187位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。