スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局のところ、ナカジはMLBで結果を残すしかないってことでしょう?

ナカジ、動きがありませんね。米国サイトでニュースを漁っても、ここ1週間は本当にナカジ関係の記事が無い。
まあ米国はつい最近までクリスマスホリデーでしたから仕方なしかな。


☆元ライオンズでレッドソックスで巡回コーチを経験したデニ―友利氏のいんたぶー。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/text/201112270003-spnavi.html

デニーってそういえば来年から横浜の投手コーチなんだ。
腕が縮こまって四球死球を連発していたり、球種に拘って直球が生かせていない中継ぎ投手には良いかもぬ。
当時のライオンズはああいう再生は結構上手かったのです。まあ今も投手コーチのお陰なのか数名生き返ってる気がしますが。

それは別として。

MLBから見る日本人選手の評価において投手と野手で格差が生まれる理由。
デニー氏も指摘していますが、やはりこれまでの日本人選手の「MLBでの実績」が大きくモノを言っている事は事実の様で。。。

青木が「極東地区スカウトがおらず、彼のプレーを生で全く見ていないので契約前に入団テスト」ってのは
気の毒だと思いますが、例えスカウトが見たところで結局彼らの日本人野手への「バイアス」が解けない限りは
高い評価にブレーキがかかるのも事実。


ちょうど良いタイミングで

「管理人さんは何故そんなにナカジにMLBへ行ってほしいのか???来年で良いじゃないか」

と聞かれたりしています。返信のしようがない状況なので、ここで答えます。


これは前にも書いた通り、結局NPBで来年3割3分打って首位打者をとったところで、きっとMLB側からの評価は
大して上がらないと思うからです。

結局、NPBでの成績→MLBでの成績へ変換できるコンバーターが当然あるわけでもなく
またその選手の身体の強さ、精神面の強さ(日本より遥かにタイトな日程で移動距離も長い162試合ですから
強さは大事)、環境適応能力、日本人選手のこんなところまで見抜くほどのモノサシは
MLB側もなかなか的確には持ち合わせていないと思うんですよね。

我らなら常々ナカジの強さを見て知っているので「ナカジならきっと出来る!」て言えるんですが、
まあ我らも素人だしファンの贔屓目も入りますし、それを言ってもきっとしょーがないんです。

MLB側からすれば、日本って結構面倒なんだろうなと思いますよ。
今やアメリカ&カナダ国内の選手だけで構成するなんてありえないMLBですから当然国外の選手を常々
追い求めているはずですが、
日本と比較するとMLBでの実績もあり体格の良い選手が多い中南米の選手の方が計算しやすいし、
ましてやNPBで高待遇に慣らされている選手よりも、支出や待遇もまず最初は適当な水準で済むであろう
中南米あたりから発掘した方が、本来は手っ取り早いんだろうと思いますよ。
まあ、MLBの多くのチームは極東担当を置いているかと思いますが、そうは言っても日本は物理的にも
文化的にも距離が遠く、今までの実績から計算出来るのは投手だけという実情。
極東担当の多くは投手目的な気がします。ヤンキースは松井の成功事例があるだけ、日本人野手への見方は
まだ良い方かも?

川崎むねりんがイチローラブでマリナーズを逆指名しましたが、提示されたのはマイナー契約。
(先に本人自らが「低いオファーでもOK」と言ってしまったのは契約交渉上どうなのかとは思いますがw)
まあ、川崎むねりんの2011の成績がイマイチだったというのはあるでしょうが、
下位常連と化しているマリナーズでもそんなもんです。

現状、日本人野手がMLBへ挑戦するにおいて、良い状況とは言い辛い感じですよね。


ナカジが来年のFAをにらんでNPBで1年待てば30歳です。
ナカジが去年、あそこまで必死にポスティングを訴えたのと年齢は無関係ではないのでは?


ヤンキースでなくてもっと内野手不足のところならばナカジにチャンスが・・・ていうのは確かに
あるかもしれない。でも我は今はヤンキースで良かったと思いますよ。

これも何度も言ってるけれども、最初にそこそこ良い待遇で迎えられてスタメン前提で突入しても
その分だけ非常に高いハードルを用意され、言い訳は許されず、周囲が「頑張ってるのは解ってるからくじけないで!」
なんて言ってくれるわけでもない。結果が出なければ西岡や井川の様に苦境に立たされ、あいつは失敗だ~失敗だ~と
「NPB選手を高く評価できない理由」としていつまでも失敗例の引き合いに出されるという。。。


別にスタメン前提でなくても良いじゃない。
ナカジの良さはスタメンでだけ生きるモノじゃあないんだよ。

前にも書きましたが、ナカジは能力の引き出しの多い選手なんですよ。
その気になればアグレッシブな盗塁も出来るんです。いつだったか突然やったバントも上手かった(WBCだっけ?)。
役割を与えられれば、出塁も繋ぎも出来るし(3番という打順が無ければね)、集中力や瞬発力にも優れる選手。
守備はまあ確かにMLBの地肩の強い選手には負けるかもしれませんが、ゲッツーの取り方を知らないとか
んなこたあない。


だから、いきなりスタメンを与えられると同時にガチガチにハードルを組み立てられ
「これだけ高待遇で迎えてスタメン起用するんだから、お前の役割はコレとコレとコレ。最低限コレを越えられない限りはお前はダメね」
とバッサリ言われるより、バックアップとして入ることでナカジの能力の「パーツ」を生かせるチャンスはあるんですよ。

考え方の転換ですがw。

ヤンキースがナカジを見て「戦力として」そういう使い方をしようとしているわけでしょ?
青木のブルワーズと違って、実際ナカジを見てなくてそう判断しているわけじゃあないでしょう。
実際、ヤンキースの内野手が一年持たない人が多いんだから、真剣にバックアップを求めていると思いますよ。
何でヤンキースのバックアップを低く見る?

いくらNPBではスター選手でも、それを理由にMLBでもいきなりスター選手扱いされてしかるべきとか
そんなのがまかり通るわけが無いんだから、それならばMLBが提示するオファー内容に拘って
NPBに舞い戻るよりも、我はナカジにMLBで力をアピールするチャンスを掴んで欲しいって一貫して思ってます。
(あくまでもMLB挑戦に拘るならば、ですが。MLBは視野にいれずNPB一筋を行くいうのも尊重されるべき選択だと思います。)

MLBで評価されるには、MLBで結果を残さないと難しい。それならばMLBに行かないと難しい。

まあ、ナカジの目標はあくまでも「MLBでの挑戦」なのだろうから、だからこそ最初に高年俸や複数年契約、
好待遇でガチガチ縛られるよりは色々な可能性を残した方が良さそうと思うわけです。
将来的にヤンキースのナカジがスタメン定着すればそれがベストですが。

「来年もナカジをNPBで見たい」というその気持ち自体は立派に尊重されるべきだと思います。
ただ、我は素直にこう思うのでナカジにヤンキースへ行ってほしいと主張してきたということです。


まあ、ここ数日は米国のクリスマス休暇やらあって動きが無い様ですが、
どっちにしろ年明けには決まりますよ。90%以上の確率だと思います。
大丈夫、松坂大輔だって入団会見に至ったのは交渉期限前日とか前々日とかだったわけですから。


*よくポスティングはMLB優位の不平等貿易だって言われますが、MLB側にはMLB側のリスクもあったりします。
青木の入団前テストは確かに気の毒なんですが、現状の制度だとMLB側に「落札責任」だけ求めるのは
少々勝手が違う様に思います。
まあ、今後の日本人選手の結果如何では本当にこの制度が廃れるかもしれませんが。。。



↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

突然失礼します。
ファンフェスで宣言してお別れ会して行かないって言えるかな?補欠でも行くと思いますよ。
他の西武ブログの方に書いてありますが、イチロー松井含め日本の打率より4分程さがるようです。あちらのなかじは0.250程でしょう。
西武も内野手補強してますし、あれほどの高年俸選手は・・・
きっと主さん希望通り海外に行くようになるでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ヤンキースの控えはステータスとしてはむしろ高いと思いますね、給料は高くないですが…
まったく出場機会が無いなら別ですが、そこそこありそうなんでヤンキース入団は全然悪い選択とは思いません
2、3年控えで経験つんで3、4年目FAで別のチームでスタメンという道もあります。
ただし結果を出さなければならないですが…
結局メジャーでの成績次第でこの時の選択の正否が色々論評されることになるんでしょうね。

なかじは

長友みたいになってくれると思いますよ!笑 期待しましょう。

No title

通りすがり西武ファン さま

ご訪問ありがとうございます。
仰る通り、やはりバックアップでも行くと思います。
打率についてはまあ平均すればそのくらいになる.040程度落ちるというのは
何となくわかる気もしますが、個人差や使われ方等にも左右はされると
思われるので、良くも悪くも予想がつきにくいかなと思っています。

まあ、今回については幸か不幸かポスティング落札額がそこまで
大きくないので、西武球団もどういう結果になれども
昨オフの楽天球団(監督やMLB帰りの選手で補強費使いまくり)ほどは
慌てないとは思いますね。

No title

中島がんばれ さま

仰る通り、そこそこ出番がありそうな気がするんですよねぇ。。。
もっとも、最初のスプリングキャンプでしっかりアピールして
開幕のロースター25人に残る事が大前提ですが。

そうなれば、まあナカジなりに結果は出すと思います。
万一ヤンキース側がナカジとは別の選手を使うとどこかで決断しても
飼い殺しにする様な理由もあまり無いと思うので、
NPBで待つよりも良いと思います。やはりMLBへの挑戦は今回がベストだと思います。

No title

ぱん さま

そうですね、最初から結構期待しています。
変に「形」に拘らなければ役割はあると思ってます。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
286位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。