スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりナカジには今回のチャンスを生かしてMLBに行って欲しい・・・

青木、ブルワーズと契約前に入団テストですか。。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111221-00000011-spnannex-base

http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20111217&content_id=26192232&c_id=mlb

あらまあ大変・・・。
ブルワーズの本音はどこにあるのか100%はわかりませんが、落札しておきながら入団テストですか、うーん。。。

テストの内容を見て契約内容を決める、更に結果によっては契約はご破算みたいなストーリーになってますが、
青木の胸中やいかに???
どの道、自分の力で存在感を示さなきゃならないのは確かですし、プラス思考で望めれば良いのですけどね。
(青木自身、MLBに行くのが夢なのではなくてそこで活躍するのが夢と言ってますから)

ブルワーズの内部事情的には、ナ・リーグMVPのブラウン(左翼手)がドーピング検査で陽性反応が出て
50試合の出場停止の可能性があるという状況。ブラウンは異議申し立てをしているようなのですが、
これもいつ結論が確定するのか、どう転がるかもわからない状況。
←それゆえに、ブルワーズ的にはこのブラウンの結末は青木の契約には関係ないと言っているようですけれども。


本音はどうなのかわかりませんが、日本に担当スカウトを置いていなくてプレーをまともに見ていないチームが
落札ですか・・・フーン。。。なんか変な流れね。

まあ、いずれにしても、、、
自分の力をアピールするチャンスが与えられるという意味では、ある意味真っ当ではあるのかもしれません。


しかし、シビアだねぇ。。。

契約合意さえすればSpring Trainingには参加出来そうだけれどもバックアップと明言されるナカジと、
契約に至るか怪しい雲行きだけれども、力を証明すればそれ相応の起用をしてもらえるチャンスのある青木。
どっちが幸せなんだろうか。

前者はMLBには確実に行けるけれども先発の可能性が最初は低い、後者は良くも悪くも色んな可能性あり。

後者の方がチャンスがあるだけ良さそうにも見えますが、そもそも見ていないチームがなんで落札したのかと、
そこの姿勢が気になりますなあ。
←結局、ブラウンのドーピング疑惑が発覚して慌てて入札したのではないかと思わざるを得ず。。。
で、ブラウンが出場停止になったとしても、戻ってきた時に青木の居場所は???
外野手の主力が右打者ばかりだからバランスが取れて云々の見方はあるようですが。


シビアだねぇ。。。日本のセ・パ両リーグを代表する野手に対する評価がこれってのは。

ダルビッシュへの巨額落札の一方で、これがNPB野手に対する評価の現状なのかもしれません。
何度も言われてきた定型句ではあるけれども(ダルは25歳という若さも武器ですが)。

まあ、我はポスティングフィー250万ドルというのが不当に低いとは思わないですけれども。
MLBで実績の無い選手と「独占交渉権」を得る為に、5000万ドルで入札する方がどっちかいうと異常な感じもするしね。。。


まあ、どうしてもナカジに話が戻るんですが。

もう1年NPBに残って来年好きなチームとFA交渉、という話が外野から繰り返し言われますけれども、
現状を見るにつけ、もう1年NPBで結果を残すことがMLB挑戦に向けてどれだけ前進出来るのだろうか
という点は未知数、というか疑わしささえ感じるのでございます。
結局、MLBで結果を残さない限りは日本人野手への評価は限界があるのではないかと、、、思ってしまう。


これ、乱暴過ぎてあまり言いたくないんですが。。。

来年FAだとして、最初からスタメン扱いで迎え入れてくれるチームが見つかる保証は無いんですよと。。。
NPBで首位打者3度の選手が入団テストをさせられる現実を見るとね(青木は確かに今年は打率下げたけど)。。。
日本人野手についてはこれが現状と言わざるを得ず、最早米国で力を実証する以外に、MLBに夢を見る選手が
前進する方法があるのだろうか。。。

勿論、結論はナカジに委ねられているのは理解しています。我の言葉も所詮は外野の勝手な言葉に過ぎません。

ただ、、、1年遅らせる事のメリットとデメリットの双方を考えてみると
「行くべきじゃない」「行く価値が無い」「なんて行くんだ?」なんて言えないわ我は。

ヤンキースじゃ飼い殺しにされるとかも言われますが・・・。
だからこそ「最初の契約は軽めで入団する」のが良いのじゃないかなと、考え方を変えればそう思うんですよね。
今でこそナカジへの評価が低いって言われてますが、一方で巨額契約は最初はセンセーショナルでも
縛りが生まれ易くなり、必ずしも良いとは思えませんよ。
結果が出てもそれは(日本においてよりも更に高い確率で)高い金払ったんだから当たり前という評価になるだろうし、結果出なけりゃそれこそ飼い殺しの可能性が高まるし。


どんな起用になるかわかりませんが、ナカジが少しでも日本人野手の価値を好転させてくれる事を祈ってますよ、我は。MLBへ行きたいなら、行って力を証明して来てほしいと思ってます。
とりあえずSpring Training頑張ってちょーだいと言いたいです(←もうナカジがMLBへ行くと決めつけているw)



↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実力があれば

最初からスタメンじゃなくても実力があれば、認められるだろうし、
最初はスタメンの条件でも、怪我をしたり、実力がなければ結局出られないだろうし。

監督が言っていたように「逆境で燃える」ヒトだから、
本人もより上位のところで挑戦したいと行くのですから、
ヤンキースの強力内野陣に挑戦して、夢を追ってほしいですね。



コメント

はじめまして、野球好きのブログを始めた初心者です

ポスティングは再考の予知があると思いますね。

去年の岩隈は、岩隈側に?マークが出ましたが、
今年のポスティングはかつてないシビアさですね

中島に関しては、年俸に関わらず複数年ならFAを待つべきだと思います。ポスティング料で少ないながらも投資したので、あまり単年オファーは考えられませんが…
もしくはトレードで他球団にいったほうがいい。
つまり、ヤンキースでは中島は活きません

No title

tamboさま

そうですね。メジャーの時点で何れにせよ出場が約束されるような
ことはなかなか無いでしょうから、個人的には挑戦してきて欲しいと
感じています。
まあ、もうすぐ結論は出るでしょう。

No title

けんさま

ご訪問ありがとうございます。

そうですねー、ポスティングは最高の余地は今後もあるかと思います。
ただ、僕なりにも考えてみましたが、どうしてもどこかに不利益やリスクが
残ってしまうのも事実かなと感じています。
まあこれはFAでも同じですけどね。結局海外FAは日本側に見返りは
ありませんから、日本からの選手流出云々の話が加速しそうです。

まあナカジにとって何が良いのかは現時点では誰にもわからないことで
個人的にはだからこそまずは挑戦して欲しいとは思いますが、
果たしてどうなりますかね。
仰るとおり単年契約が良いのかもしれません。
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2536位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
343位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。