スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来ることをしっかりやった結果の3連勝

やはりこれが流れですか。

6連敗のあとに3連勝。岸メンもゲームを作ったと思いますが、何よりも打線が初回の5点で
盛りたてました。
しかも、5点で終わらずに3回に追加点を入れているのがまた非常に良い流れをもたらしていますね。

昨日の引き続きになってしまうのですが、やはり原タクが良いスパイスになっていると思いますよ。
勿論、その周辺のクリ、ナカジ、おかわりと仕事をしているからこそ原タクの繋ぎが生きるのですが、
こういう時にしっかりした「繋ぎ」をする選手は非常に貴重ですね。
繋ぎをするべき人が好調のクリンナップと一緒になって狙ったりすると、流れが一気に止まったりする
可能性がありますが、もう完全にチャンスメイクに徹していますからね。

原タクが岸メンと共に今季初のお立ち台へ上がりましたが、当然でしょう。

それにしても、元々連敗中もおかわりは悪くなかっただけに、1,2番が出塁して3番ナカジが
復調してきたのはやはり大きいですね。


とは言え、この3連勝を振り返るとオリックス投手陣がイマイチだった事もありました。
勿論、そういう相手に対してしっかり攻めきる事が出来ているから、こういうスコアに
なるのだと思いますが(連敗中はそれすらなかったのでね)、
今日の唐川相手にどういう野球をするか、注目ですね。


こうなると、ヤスが復帰しても原タクが調子が良ければ起用どうするの・・・?という話は
当然出てくるでしょうね。。。
現場の競争は大変だし、ヤスファンとしてもやきもきする人も多いかと思いますけど、
この競争はこれで良いのではないかなと思っています。

一番困るのは、ヤスが絶不調なのに原タクや他の選手も結局全然仕事が出来ずに終わり、
「やっぱり他にいないからどん底でもヤスに頼るしかないんだよね」→ヤス不調のままズルズル行く、
というパターン。これだとあまり意味が無いわけで。

今の原タクの奮起をヤスが見て、ヤス自身が自分のアドバンテージを生かすために更に必死になって
取り返しにくる姿を見せてくれれば、これ以上に良い事は無いと思うのです。

何度も言いますが、ヤスの代わりが勤まる選手はいません。
ただし、それはヤス自身が自分のアドバンテージを生かしたプレーをしている場合のお話であって、
それが無ければ他の選手でも良いじゃん、となってしまいます。

ヤスに限らず不振に陥っている他の選手にも言えることだと思いますが、
彼らが頑張ってないとか必死にやってないというわけでは決してないと思うのです。
我だって南郷にも行ってますから、それだけでも彼らが必死にやってきていたことはわかっていますし、
こちらが見えない部分でも死に物狂いで練習しているのだろうとは思います。

でも、やはりプロ野球ですから、見ている側に何かが伝わるプレーを見せてくれる、
というのもやはり大事なファクターだと思うのです。
そういう意味では、あのどん底6連敗のどっちらけの野球を見ていたファンとしては
繋ぎの野球で点を取るというのが非常に望まれていたわけで
そこの面に拘って必死になっている原タクからは、やはり伝わるものが多々あると思います。
ヤスにしても、故障の原因となったプレーは必死のプレーの結果ですから、
魅了するプレーも見せてくれてはいます。ただ、やはり期待する何かが足りない・・・主に打席において。


ヤスに期待されるのは、やはり出塁して相手の投手を塁上でひっかきまわすこと、
守備で堅実なプレーをして投手を盛りたてる事だと思います。
好調の時はヒットも量産してくれるでしょうけれど、好調でない時は決してヒットでなくても良いのです。。。
打てないからせめて1塁へ全力疾走して相手を少しでも撹乱してやろう、でも良いと思うのです。

ヤスは本来それが出来る選手だとファンも思っています。
まあ、年間ずっとキープするというのは内野手&足に負担をかける選手としては
非常に大変なことだと思います。でも、集中した時のヤスに敵う選手はそうはいません。
だからこそ、「今季のヤスは一体どうしたの???」とファンは言うのです。。。

彼が復帰後にどう出てくるか、非常に楽しみです。
焦りとか色々な感情はあるかもしれませんが、本来負けん気の強いプレーを見せるヤスの事ですから
それで終わるはずも無いと思っています。虎視眈々とエネルギーをためて出てきてほしいですね。

以前高木浩之さんが現役の頃
「自分の調子に振り回されて、『今自分は不調だからダメ』ではなく、
不振の中でもやれるべきことを見つけてしっかりチームに貢献すること」と他の選手にアドバイスした、
という話があった様に思います。
(←我の記憶違いで無ければ浩之さんがG.G.にアドバイスしたのだったと思います)

これをどこまで実戦出来るかが、ヤスもチームも今後の浮上のキーになるのだろうなと思っています。


ブログランキングに参加してみました。よろしければワンクリックお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
324位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。