スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤスは『2,3日中には結論を出したい』か・・・

ここ数日、FA関係のアップデートが無いか気になって朝の目覚めが早いsevenmaniaですw
このタイミングですごく忙しくなってしまった、という現実的な事情もありますが。


日本シリーズの舞台が仙台へ移動するために小休止となった昨日、FAについての報道もちょくちょく出始めてますねぇ。。。

昨日の夜の段階ではワクイの「5分5分」コメントは出ていてもヤスのコメントが全然出ていなかったのですが。。。

今朝のスポーツ紙には『迷っている』『2,3日中には結論を出したい』と出ているようで。。。

『迷っている』
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/02/kiji/K20131102006928170.html

『2,3日中には結論を出したい』
http://www.sanspo.com/baseball/news/20131102/lio13110205030001-n1.html

『マネーゲームはしない』
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20131101-OHT1T00233.htm


残留宣言を期待したけれどもまだ出ず、か。。。
ただ、日本シリーズが終わったら一気に出てくるだろうなあ。。。

サンスポを読む限り、鈴木本部長のコメントで『最終提示と思ってくれて良い』ということから、交渉は何度か重ねた上での話と思ってよさそうですねぇ・・・。うーむ。。。


一方、調査するという話が出ていた中日からはこんな話も。

井端、年俸80%ダウンの提示を受けていた模様。世代交代へ・・・的な。。。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/11/02/kiji/K20131102006930870.html


この話が本当ならば80%ダウンってす~ごいね~・・・。

アライバの世代交代期とヤスのFAが時期的に重なってしまうのは何となく前からわかっていましたが、
ただ中日が新たな二遊間候補としてヤスなり他の誰なりを求めるにしろ、若手台頭まで上手く繋いで欲しいという思惑が強いのではないかと邪推してしまいますが、どうなんでしょうかね。
もっとも、現状は中日が本当にどう思っているかはわからないけれども。


『評価してくれることが一番大事』というのはそれは当然の話だと思うのだけれど、評価ってどこを基軸にするかは難しいよね。

「今までやってきた事に対しての評価はコレ、またその評価を反映して来季年俸はコレ(あるいは複数年契約)」というところまでは「この球団とあの球団でどっちが高いか」みたいな比較はし易いかもしれないけれど、それ以降の事に対してどれだけ期待してくれるか・・・ていうのは見えにくい部分だよなぁ。。。ヤス次第でもあるし。
今回の交渉の場で「ポン」と提示してくれるもので決めるのか、その先の事まで考えて決めるのか・・・。


西武に残留する場合は内野のリーダーとして引っ張っていくだけの素地がある程度出来ているところを、他球団に行ったら1から構築が必要なわけだから、それだけ評価軸は「厳しくなる」のは間違いはないところじゃないかなあ。。。例え同じ評価でも他球団へ移籍する方が評価維持のハードルはきっと高いんじゃねぇ・・・?


ただ、「同じ事をやっても球団としての評価の差異が出る」場合はあるので、そこがネックだったりもするのだけれども。数字に見えにくい部分をどこまで評価してくれるかというのもあるし、単純な球団の財力的なものもあるでしょう。
でも、今回の井端の報道なんかを見ていても、中日自体は西武よりも財力は高い=選手への提示金額も高いかもしれませんが、そういうケースに限って落とす時は一気にくるのでハイリスクハイリターンではあるよなあ。


まあ、評価のみならず選手へのバックアップ体制とかそういうのもあるだろうけれども。




一方で西武ライオンズとしても、この「評価」の部分を軽視したためか主力放流となってしまった暗い歴史はここ数年でもあるわけで。

西武の良いところは「若手が次々出てくるところ」であり、そういう素地は今後も維持していかなきゃならないのは間違いなし。ただ、ホンの少し前まではそれが「若手が次々出てくるんだから、主力は評価が不満なら出て行ったって構わない」という風潮になってしまった感はあった気はするね。
我としても数年前のフロントには正直言ってバカアホ役立たず的な感情を持っていました。

でも、結局「若手だけじゃ力不足」「2位が限度」なのも露呈しているのが現在の西武ライオンズであり、「代わりは他にいるんだよ」的な流れを変えないといつまでたっても変わらない。今回のFA流出が阻止出来ればライオンズとしては今後の流れを変える良いケースになるのではないかなあ・・・と期待しているのもまた事実です。


ワクイに関しては「FAを行使する見込み」とまでニッカン紙面上で出てしまっています。
これが本当かどうかわからないけれども、「宣言自体は権利だから」という事で宣言後も残留交渉のテーブルにつく方針を球団として打ち出したのは大きな前進だと思ってます。
(「宣言は権利だから自由。でも宣言残留は認めない」というのとは全く意味が違います)

こちらはこちらで最終結論まで息の長い交渉になりそうな感じがありますね・・・。


FA宣言の最終的な締め切りは11/13でしょうか。そこまでに宣言しなければ残留。
宣言すれば西武球団も含めて交渉のテーブルに引き続き選手が乗る事になります。


残ってくれる事に対する強い願望は今も変わっていません。
ただ、この3連休は我としても少々悶々として過ごす事になるのかなあ・・・と思っています。
西武球団に残って来年優勝させる方向へどうにか決断してほしいと只管願うばかりです。
何度も言いますが、我はこの件に関してはモノワカリは「悪い」ですから「どこへ行ってもヤスはヤスだ・・・」なんて大人発言は一切封印しますw


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
301位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。