スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマだらけのソフトバンク2連戦を乗り越えた

昨日は写真撮りながら声を張り上げるという変な観戦スタイルだったんですが、お陰様でノドが変です(ノ∀`)。

昨夜の日記に書いた通り、帰りの西武池袋線で人身事故で足止めを食らい、帰宅出来たのが1:10am。
そもそも昨日は球場で夕飯食べるのも忘れたくらい試合に見入っていたので、帰宅してからすぐに食事、そこから仙台と札幌へ行く準備をして、今日は午前中は仕事ですが早めに出社したいので・・・などとやっていたら寝る時間殆どありませんでした。新幹線で寝過ごして盛岡まで行かないように注意しなきゃです。


しかし、昨日のライオンズは5安打ですか。ソフトバンクは10安打だから、それを考えるとよく勝ったなあ・・・と思いますよ。集中力、気迫の差だけで勝った様なものかもしれないね。

昨日の日記でも少し触れましたが、これでライオンズは10試合連続で2点差以内の試合をしていて、その間8勝2敗で踏ん張ってます。個々の選手のコンディションやプレーの調子は必ずしも良くないかもしれないけれど、チーム全体の状態は今シーズン1番のピークの状態にあると言って良いと思います。


昨日の先発投手は増田。
おそらくは最初からリリーフのつもりで登板したのではないかと思います。
リリーフを沢山使う試合になりそうですし、相手は最近調子が悪いとはいえ苦手の攝津だから、1番難しい試合になるだろうなあというのが大方の予測でしたでせうね。
DSC_0089_4056.jpg

ライオンズとしては、調子の上がらない攝津から早い段階で得点してマイナスな条件はさっさと一蹴したいところ。

先制点は2回裏に銀が失敗と思えたスクイズを敢行するも、その打球処理を攝津がミスって点になったもの。
どうも身体が思う様に動かないのか、どんな場面でもマウンドでは冷静、何事にも動じずに相手を飲み込む本来の攝津の姿はそこにはありませんでした。やっぱり状態悪いんだなあ・・・。

だから、まとまった点を取りたかったのだけど。。。
その2回裏のツーアウト満塁から、ヤスは狙い球バッチリという感じで初球を叩く。
DSC_0069_4055.jpg

のだけど、打球が正面すぎてライトライナー。

狙い通りだったんだろうけど、相手が相手だけにこの不運な打球により我の背中に冷や汗が流れる(汗

その後、リリーフのつもりで投げていたはずの増田が先頭打者の細川にヒットを許し、ピンチをむかえて降板。

早めの降板は予定通りだったろうけど、イニングが早過ぎた為に、一軍から暫く遠ざかっていた川崎や岡本篤をこの大事な場面でぶっつけで登板させることになる。

結果、裏目に出て1-3と逆転される。
完全に蘇生したソフトバンクファンに、何とかこのくらいで許してくれと固唾を飲んで願うしかないライオンズファン。何とか被害甚大にはならずに済んだものの、この展開は悩ましい。。。


そんなライオンズに再び風を吹き起こしたのが坂田。
ツーアウトからおかわりを警戒して敬遠したソフトバンク側を嘲笑う様に、坂田が左中間を破るタイムリーツーベース。
DSC_0212_4057.jpg

これがライオンズに再び勇気をもたらしました。

何故永江はくましを羽交い締めにするかw
DSC_0221_4058.jpg

ヤスがキックw
DSC_0248_4059.jpg



更に、早めに勝ち越して攝津を立ち直らせない様にしたい4回裏。ツーアウトからヤスが低めのシンカーを狙い打ちし、打球はぐんぐん伸びてそのまま左中間の深いところへスタンドイン。
DSC_0312_4060.jpg

さすが、修羅場の経験者は集中力が凄い。
DSC_0324_4061.jpg

DSC_0349_4062.jpg


が、そう簡単には行かないのがこのカード。

野上が先頭打者の長谷川に死球を許すと、ツーアウトまで踏ん張るものの結局柳田に同点タイムリーツーベースを浴びる。

両軍、なかなか流れを掴めないらしい。


そんなフラフラな試合展開になりましたが、それを引き締めたのが昨日に続きまたしてもウソップ高橋。。

ソフトバンクファンがひえええええ、と嘆く程に力強い球をズバッと投げ込み、完璧なリリーフ成功。ソフトバンクに流れてもおかしくなかった試合の流れをがっつりキープ。
DSC_0471_4063.jpg

流れを無駄にはしたくないライオンズ。7回裏に先頭のヤスが粘って四球を取る。しかし、そこからがランナーを進められず寂しい攻め。

浅村秋山がイマイチなんだよなあ。。。特に秋山。。。


8回はサファテ。先頭の柳田を出してしまい、ヒヤヒヤさせられる。それでも得点圏にランナーを進められてから変化球を混じえてなんとかピンチを抜け出す。


もう、お互いが必死の攻防です。
ただ、ライオンズは最初から継投予定でしたが、ソフトバンクはどうだったか・・・?


ライオンズとしては一点でもリードしてワクイに繋ぎたい。

そんな流れを解ってか、おかわりが『狙っていた』とハッキリ公言した打球は、気付いた時には左中間最深部に飛び込んでました。
DSC_0656_4064.jpg

DSC_0657_4065.jpg

みんな待っていた。
DSC_0682_4066.jpg

DSC_0685_4067.jpg


気がついたら我の声がめちゃくちゃ潰れてましたw
そうそう何本も量産できるはずのない状態で、ここぞであの打球が出てきた・・・さすがの貫禄としか言えない。





勝 て る


9回表、ワクイがプルペンから登場すると、スタンドが今季ダントツと言えるほどの大歓声に包まれます。何かね、揺れたね、、、空気が。
ヤフオクドームにも札幌ドームにも負けないホームグラウンドの空間でした。

ここへ来てのワクイの復調は非常に大きいのですが、それに加えて昨日はスタンドが激しく後押ししていました。
最後の長谷川なんて、スタンドが完全に飲み込んでましたよ。
DSC_0769_4068.jpg


トラウマだらけのソフトバンク2連戦、一つ負けたら終戦濃厚の崖っぷちで二つ激勝。
DSC_0786_4069.jpg


正直、選手はフラフラになりそうなところを気力でなんとか保っているのでしょう。リリーフもワクイ、サファテ、高橋はここ10日間で7試合に登板。先発投手も間隔を詰めて尚且つリリーフ待機もあるし、多くの野手だって痛みを圧しての出場だと思う。


ただ、あともう少し、本当にあともう少し。ここまで踏ん張ってきて掴んだチャンスを絶対に手離さないで欲しい。

今日明日の仙台でもう一踏ん張りして、笑顔で札幌に行きましょう。



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
224位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。