スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームが一つにまとまりはじめてきましたよ

試合前の時点で初優勝を目前に控えた楽天のマジックは既に3。

マジック対象チームのロッテ次第のところもありますが、ライオンズが頑張らないとまたしても西武ドームで相手チームの胴上げを見る羽目になってしまいます。
ライオンズ、マリーンズが共に2勝1敗なら所沢での胴上げはありませんが、マリーンズはライオンズファン的には出来れば負けて欲しいのが心情。。。まあ、マリーンズが3つ負けてしまうとライオンズがどんだけ頑張っても所沢での胴上げになってしまいますが、その時はその時で仕方が無い話。

とにかくライオンズとしてはこのカードは最低2勝1敗、出来れば3タテしたいのは立場上言うまでもありません。
先週、勝てる試合を2つ落としていますから今週は踏ん張って劣勢な試合を一つでも二つでも拾わないとなりません。

と言いますか。

楽天が初優勝のプレッシャーすら感じていないのかと思うくらい、M3にいたるまで余りにもあっさりと到達しすぎです。ある意味、2008年のライオンズにやや似ているか。
ただ、優勝目前で全く意識しないはずもありませんので、それを逆手にとりたいところですね。初戦をライオンズが勝てば、少しは硬くなるのではないかなと。



こんな蘊蓄を垂れている我ですが、昨日は球場到着が5回表。十亀が2アウトからランナー二人を出してピンチになっているところ。そこは抑えました。

しっかり腰を落ち着けてみる事が出来たのがその裏からです(来る途中にパ・リーグTVは見ていた)。

則本がどうもかなり好調の様子で、一体優勝のプレッシャーとはなんぞや?と思ってしまうほど則本ペースの試合になっていたように思います。まあ、ルーキーですからかえってそういう「初優勝」的なものは意識しないのかもしれない。

5回裏も鬼崎の打球処理を好フィールディング。

しかし、ヘルマンが粘って何とか四球を取るも、続くヤスがまあ外角のストレートという狙い球だから手を出したのでしょうが、初球で簡単に打ちとられてしまう。
DSC_0023_3934.jpg

ヤスはこの前の打席もヘルマン出塁後に初球アウト。。。いかんよー、ヤスそれはいかんよー。。。

一方、十亀の方も決して負けてはおらずコントロールも5回に少々バタついたくらいであとは安定していて球速もそこそこ出ていたので、試合を十分作ったと言えますな。
DSC_0036_3935.jpg

DSC_0037_3936.jpg

ただ、6回で100球に近づいてきていたので、そろそろ疲れとの戦い。。。
打線は未だ呼応せず。ただ、京セラで勝った2試合も打線は終盤粘り勝ちというところなので、則本も球数は多いタイプで完投はなかなか出来ないピッチャー、終盤どこかで四球出して崩れるとかチャンスはありそうですから、どうにかこうにか踏ん張りたいところですが。。。


7回に先に十亀が失点してしまうorz
マギーが先頭打者でまだ良かったなあなどと考えていましたら、見事に先制アーチを浴びる。。。
もうなあ、、、楽天打線の支柱としてとうとう一年持ってしまいました。マギーがイマイチな時はAJが働き出すので、相手から見ると本当に鬱陶しい助っ人2人だわ。

十亀は続く枡田にもヒット、更には嶋の時にサイン違いが出てパスボールになり、しかも一塁ランナーは一気に三塁へ。。。おそらく十亀でしょうこのサイン違いは。

ここまで踏ん張ってきて可哀想だけど、一つも落とせる試合は無いわけだからそろそろ継投するしかないよー、と思っているところへ追い打ちをかける様に嶋のタイムリー。。。

この追加の1点はふかーく刻まれそうだ。。。取られ方が悪い。

7裏。おかわりがストレートに振り遅れ。まだ則本は落ちてこないか。。。
打順的におかわりが出ないと少々厳しいので、8回に期待しますかねというところ。

8回表は7回からイニングを跨いで高橋。そしてジョーンズのところでワンポイントで大石。この2人で一先ず『楽天胴上げ一直線』の流れを一旦堰き止め。

大石は京セラでの良いイメージをそのまま持って帰ってきてくれた。
DSC_0206_3941.jpg

また、ジョーンズはこの日は4三振でライオンズ的には助かりました。その分マギーがねぇ。


8裏。とりあえず則本をそろそろ引き摺り下ろしてリリーフ勝負に持ち込まないと!
それはそれで厳しいけど、楽天のリリーフ陣はどうにもならないほどではないはずです。

先頭打者の鬼。
この人も調子は下降線が続いていて、打率は.260も切りそうなところまで行ってしまいましたが、、、7球目に高く浮いたフォークを叩いてセンター前へ。決して会心の当たりでないですが、根性ヒット?
DSC_0214_3942.jpg

続くヘルマン。これまた完全なぽてんひっとなわけですが、ボールが浮いてきているんでしょうね。
DSC_0218_3943.jpg

楽天ベンチがどうするかわかりませんが、ヤスで確実に送って後はクリンナップに賭けましょう、というシーン。
ここで代打を出さなくて良いのがヤス復帰の一つのメリット。駒をその分だけ後に残せるのだから。
DSC_0227_3944.jpg


三塁線へバントを転がす。コースは絶妙、強さはやや強めですが、マギーが三塁ベースへついたため誰も捕球出来ないw
DSC_0235_3945.jpg

絶妙なバントが内野安打になり、ノーアウト満塁。ヤスも拍手w
DSC_0242_3946.jpg


こりゃあ流れが向いてきましたよ。会心のヒットは一つも無いのに絶好のチャンス。

投手は交代の気配無し。リリーフよりも則本を信用しているのか、はたまた余裕なのか?

前日お立ち台で期待の栗C、カウント3ー1まで行き、あわや押し出しかの場面ですがやや甘めのストレートに詰まりセカンドゴロ。詰まったのが幸いして一塁のみアウトと形だけは良かったものの、この流れに乗っていけないのはやはり心配な状態。
DSC_0281_3947.jpg

浅村は敬遠かと思いきや、何とも微妙なコースで勝負してくる。
2球目に思わず手が出てカウント的に微妙になったのがアダだったのか、フルカウントからボール球を当てに行く形になりファーストゴロでランナーかえれず。

これは流れがキツイ、、、と思ったところですが、秋山のところで最後にど真ん中の失投がくる。
これを逃さずに同点打。
DSC_0337_3948.jpg

とにかく結果が全てなこの試合。普段はやや恥ずかしそうにやる秋山も自然にパフォーマンスにキレが出るwww
DSC_0354_3949.jpg

同点のホームを踏み、バントしてやったりなかたおかやすゆきさん。
DSC_0365_3950.jpg

こうなりゃ一気におかわりで決めたいところ。
無理におかわりで勝負しませんかねー、、、7番打者が今は代打を含めて微妙な状況だからね、、、と思いましたが、初球にややアウトロー〜真ん中寄りに入ってきたボールをすかさず弾き返す。

ベンチ大盛り上がり。何故かこの人達+数名くらいしかいなかったのですがw
DSC_0380_3951.jpg

DSC_0383_3952.jpg

DSC_0392_3953.jpg

どすこい。これWinWin恥ずかしいからかw?
DSC_0397_3954.jpg

張り手で応酬。
DSC_0402_3955.jpg


我も周囲が楽天ファンだらけの中(一塁側で観戦。胴上げ目前につき、一塁側は普段よりずっと楽天ファン比率が高かった)、我は1人でワーギャー騒いでましたw

しかし、これは星野監督の意向なのかな?交代でもなくひたすら勝負。今後を見据えた?まあ、リリーフよりも則本を信じたのかもですが。


こうなったら負け試合を拾わなきゃ。

最後は当然サファテに託す。先頭打者がマギーなのは注意は必要だけど、ランナー無しなのでこれ幸い。
苦労はするも最後は力で勝ってマギーを抑え、ホッとするも束の間。

枡田にボール3つ先行とリズムに乗れないまま、カウント不利なところから高めを完璧に捉えられてバックスクリーンへorz

周囲の楽天ファン全員蘇生、我は死亡。

逃げ切らなきゃダメなんだよ。。。

このいやーな雰囲気、楽天が息を吹き返しそうなところで、やはり流れですかね。カズオの打球が変なところに飛ぶ。しかし、秋山がギリギリのダイビングキャッチで何とか流れを食い止めました。同点止まりで何とか凌ぐ。


段々チームが一つになってきた。


9回裏は青山。楽天ファンから微妙な空気が。。。ライオンズとしてはこの回にアッサリ決めるのが理想。

先頭打者の銀が悪くはないながらも倒れるものの、鬼が甘いボールを逃さずに打球は左中間へテンテンと転がって行く。周囲が凍る中で1人で『みっつー、みっつーー!!』と騒ぐ我w
DSC_0482_3956.jpg

DSC_0484_3957.jpg

DSC_0488_3958.jpg

懸命に食らいつく姿は素晴らしい。球場のボルテージも最高潮。


あ と は き め る だ け 。

シーズン半ばくらいまでなら『もしかしたらヘルマン四球でヤスにサヨナラの場面で、、、』なんて思ったりするのですが、昨日は何としてもこの流れのままヘルマンに決めて欲しかった。何としても拾わなきゃならんのだよこの試合は。

などと薀蓄が頭を駆け巡る間に、、、
DSC_0501_3959.jpg

打球、三遊間突破してましたw


グラウンドには2つの輪が出来る。輪の中心はそれぞれヘルマンと鬼。

DSC_0515_3960.jpg

ユニの引っ張り連鎖w
DSC_0518_3961.jpg


一塁側でしたのでお立ち台は撮れませんでした。
ハイタッチに来た鬼だけパチリとな。
DSC_0601_3963.jpg


コンディション的にはかなり辛いはずの2人ですが、底力を振り絞って勝ちに導いてくれました。

楽天としてはこれからが産みの苦しみでせうか。
この結果はこの3連戦に大きな流れをもたらす、、、となると良いなあ。
まあ兎に角は今日も勝って楽天の所沢胴上げの可能性をどんどん打ち消していきましょう。
今日ライオンズとマリーンズが勝てば所沢胴上げは無くなります。
尤も、ライオンズ的にはマリーンズには負けて頂きたいですし、営業的にもライオンズ勝ち、マリーンズ負けでM2の状態で木曜日を迎えるのがベストなのでしょうなw


ヤスは打席ではかなり微妙なところがありましたな。
ただ、あのバントヒットで完全に流れ来たなという感じにはなりましたし、堅守を何度か見せてくれて勝ちには貢献出来ていました。
DSC_0187_3938.jpg

DSC_0191_3939.jpg

DSC_0192_3940.jpg


勿論、堅守を魅せたのはヤスだけではありません。
守備のみならず、バントや走塁など一つ一つクリアしてきている様に感じます。
1点差の3連勝はいつ以来なのかわかりませんが、関西でやや不満も残ったとはいえ、綱渡りのところでギリギリのプレーで踏ん張ってます。
これで、CS圏内まで2ゲーム(しかもゲーム差が無しになればライオンズがホークスを上回る)と完全に現実味を帯びてきました。やることやってればチャンスはこの様に巡ってくるので、最後まで足掻いて欲しいですね。

まあ、、、ライオンズに有りがちなパターンですが『もっと早くにこういう雰囲気になれば・・・』は禁句かな。。
。勝ちは良薬ですね。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
277位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。