スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けゲームを拾う前に勝ちゲームを落としてどうすんだい・・・?

疲れ果ててブログアップがこんな時間になってしまった。。。



海と山が囲む港町神戸でございます。
DSC_0001_3827.jpg

我のホテルは球場にほどよく近い山の方ですが、部屋からは淡路島がはっきりと見えます。
DSC_0033_3830.jpg

そんなわけで、昨夜は緑が美しいほっともっとフィールド神戸へ足を向けました。
DSC_0038_3831.jpg

我は神戸で2007年以降は負け無しの9連勝中でございます。
昨日も負けるイメージは全くしていなかったのですけどね、試合前は。

京セラも最近は見易くなるように色々と工夫をしているのはわかりますが、やはりほもフィーでもライオンズ戦を数試合はやってほしいなあと思っています。大阪の街も好きなので、神戸京セラの掛け持ち3連戦はテンションが上がります。尤もそういう掛け持ちにシステムなったなった経緯は9年前の球界再編にあり、よろしくはないのですが。


そんなわけで試合前。

なかなか出番が無い田代。。。
DSC_0060_3834.jpg

坂田の状態が上がって来ずやや心配。
DSC_0056_3833.jpg

地元の栗Cは昨日も大応援団つき。
DSC_0051_3832.jpg

ヤスです。神戸は2年ぶりじゃないだろーか。。。去年は確か神戸入りしてその日のうちに抹消が決まってしまったね。
DSC_0080_3835.jpg

やはり選手もこの球場は気持ちが良いのだろうかね。
DSC_0140_3837.jpg

試合前の空気は決して悪くない。むしろ明るい感じがする。
DSC_0192_3840.jpg

DSC_0186_3839.jpg

DSC_0223_3841.jpg

DSC_0242_3842.jpg


そんなわけで試合開始。

初回は1,2番がいきなり無死1,3塁のチャンスメイクに成功。

ヘルマンは昨日もシートノックを一切省略。試合直前にフィールド上でトレーナーさんのマッサージを受けていました。やはり身体のコンディションは良くないようですが、何とかギリギリのところで踏ん張ってる感じですな。
DSC_0324_3843.jpg

ヤスはバントの構えはなく最初からヒッティング。追い込まれてからファールで逃げ、8球目のアウトロー直球を上手くライト線に運ぶヒット。ヘルマンを3塁へ進塁させる。

我のシャッタータイミングがズレた(ノ∀`)。
DSC_0346_3844.jpg

DSC_0347_3845.jpg

ヤスが復帰直前~復帰後2試合くらいはこの打撃が見られず心配しましたが、少しずつ戻ってきているようですな。

続く栗のピッチャーゴロでヘルマンが飛び出して挟まれるも、相手のちょっとしたミスを上手くかいくぶってオールセーフ。

そして、足の異常が軽度で済んで誰もがホッとした浅村は四球。

続く秋山の打球は少々強めのファーストゴロ。
DSC_0416_3847.jpg

完全に3塁ランナー本塁憤死のタイミングなのに、これをイ・デホが弾いてまたしてもオールセーフ。

3打者連続でオリックスサイドの自滅みたいなもので労せず2点を先制。
我が神戸に行くと何故かこういう試合が多いw

尚も無死満塁だったんで、ここで試合を大幅に優勢にしなきゃならないんだけど、おかわりが三振、更に金子はピッチャーゴロダブルプレー。。。

試合を振り返ってみるとここがまずは一つのターニングポイントでしたね。


先発投手は野上。最近状態が良いとまでは言えないので、継投を考えなきゃならないところかな。。。連戦だから1イニングでも長く持ってほしいのですけれどもね。
DSC_0439_3849.jpg

DSC_0461_3850.jpg

初回はともかく、2回に川端、宮崎、伊藤と伏兵に粘られた挙句に1点を取られる。
上位には助けれくれてる打者もいるのに、下位打線にこれだけ粘られてこの結果というのは・・・ちょっと嫌な予感がよぎる。。。


そんな嫌な予感を振り切るかの様な3回。

先頭のヤスがやや真ん中に入ってきたストレートを右に弾き返し、2打席連続のライト前ヒットで出塁。

交流戦の頃はこんな感じのヒットは自然に出ていたんだよな~。
DSC_0548_3865.jpg

DSC_0549_3866.jpg

栗Cは三振に倒れるも、続く浅村の時に1塁ランナーヤスがスタート!

どうやらランエンドヒットですね。浅村がセンターへ弾き返しこれがツーベースになる。(↓こっちを撮っていたw)
DSC_0577_3851.jpg

ファームで調整中の時も不安の残ったベーランですが、
DSC_0586_3852.jpg

DSC_0587_3853.jpg

最後は余裕のホームインでした。

そして、間髪いれずに秋山がどかーん!
DSC_0600_3855.jpg

DSC_0605_3856.jpg

5-1です。これで、嫌な予感とかそういうものが吹き飛ぶと思いましたよ。


思ったんですけどねぇ。。。触れるのここまででいいですかねorz


やはり、昨日の試合で1番やってはいけないことをやってしまったのは野上だと思う。
この時期なので先発投手は多少早くに降板があり得る事も理解は出来るんですが、それにしても中軸以外にも粘られて球数はどんどんかさみ、3回裏には折角点を取ったのにデホに甘く入り2ランで簡単に失点。
4回も伊藤のゲッツーで救われたかと思いきや、駿太のポテンヒットから原に四球(平野が足を痛めたみたいで途中交代。こちらとしては打率の高い平野よりは原の方がまだアウトの可能性は高い筈)。

結果は1点差に追い込まれて降板。

この後がウソップ高橋→大石への継投になるわけだけど、大石を責める前にまずは野上だと思いますよ。。。
現状を考えると、3回3分の2で4失点で降板ではどうにもゲームが作れるチーム状況ではないのです。。。
増田、ワクイで終盤までつなくには残りのイニングが長く、とにかく降板があまりにも早すぎました。

ウソップ高橋はストライクが入らず、ワンポイントで交代。
DSC_0747_3859.jpg

まあ、ルーキーということで夏場にある程度戦力になってくれた部分があっただけでも御の字かな、と思います。
何せ故障からのスタート。


大石は結局・・・
DSC_0769_3860.jpg

大石に関してはもうただただ悲しいだけです。。。どうしてこうなってしまったんだろう。。。
来季に向けてもう早めに調整をお願いしたいです。


この場面、山本にすれば良かったのに、は結果論。
何でこんな状態で1軍に上がってきたのかと言われれば、じゃあ誰なら良かったんですかの無限ループ化で今季は過ごしています。

結局、勝ちパターンの投手とそれ以外の投手の差が大幅に拡大してしまっているんですね。
ここに岡本洋介を投入出来れば良いのでしょうが、そういうわけにもいかず。

流れが完全にオリックスに行ってしまいました。




まあそれでも2点差で何とか踏ん張りますけれども。
3番手山本は1イニングを何とか0に抑える。
DSC_0818_3861.jpg

打線はそれでも何とか食い下がろうとはする。

7回表、鬼とヘルマンが倒れてツーアウトになるも、ヤスがこの日4本目となるヒットがレフト前へ。
DSC_0849_3862.jpg

DSC_0854_3863.jpg

この後、栗Cが四球を選びバッターは浅村。

完全にどん詰まりのサードゴロになる。
DSC_0897_3864.jpg

これをバルディリスが悪送球。2塁ランナーヤスがこれを見てホームイン、2塁へ進んでいた1塁ランナーの栗Cは3塁ストップ(最初の判断がやや遅れた)。

その後、秋山も四球で願っても無いチャンスなのですが。。。


この日は結果が出ていなかったおかわりさん、火を噴くライナーを飛ばすも、汚名返上のバルディリスが横っ跳びダイレクトキャッチ。これが抜けていれば再逆転だったのにorz
DSC_0003-2_3828.jpg


渦中のワクイも7回裏は抑えます。
DSC_0014-2_3829.jpg


8回表もツーアウトから鬼がどうにかこうにかヒットを放ち、ヘルマンが四球でつなぐぎ、この日は絶好調のヤスにつなぐも・・・打球は好調を思われる飛び方をするも、飛び過ぎ延び過ぎのセンターフライ。
というか、5打数5安打という結果はさすがになあ。。。

結局ね、ツーアウトからのチャンスなのでなかなか点にならないのですよ。

ただ、8回に一点納得できないのは、銀に対する代打坂田。
一体どういうメリットがあったのかな、と疑問はぬぐえません。
銀の打撃をベンチが信用していないのだろうけど、坂田を代打に出すのであれば銀ではないだろう、、、と思うわけです(我としてはこの日は全然ダメだった金子に代打と思ってました)。
結局、銀に代打を出すから守備も代えてしまうわけですよ。


そしてこの裏にやってはいけない振り逃げもあり、ワクイが痛恨の2失点をしてしまいゲームは終了orz


序盤は完全に勝ちゲームでした。
日本ハム戦で勝ちゲームを一つ落としただけに、負けゲームを一つ拾わなきゃならないはずなのに
それ以前に勝ちゲームを落としてしまいましたよ。。。これは本当に痛恨の一敗だと思います。


一番の敗因は野上の投球だとは思いますが、結局は先発投手が崩れるとそれをリカバリーする戦い方が全然出来ていないってことでもあるんですよね。開幕からずっとそうではあります。勝敗の行方は先発投手次第という。。。

そういう意味では野上もハードな境遇なのかもしれません。ただ、それでも前回登板が良くなかったので昨日はどうにか切り抜けて欲しかった。。。そんな試合でございました。

ライト金子という起用を見てもハッキリわかる通り、戦力不足がの悩みは解消出来ないままここまで来てしまいましたが、春先からの不安が夏場以降に色々出た結果が、現状CS出場すらピンチという状況になってしまっています。ただ、もう残り14試合で戦力は大きく上がることは無いので、そのライト金子という状況を許してしまっている坂田、それから現状好調になりつつある選手達の奮闘に何とか期待して、一縷の可能性を信じて残り試合を応援したいと思います。



ヤスの4安打は嬉しい、嬉しいんだけど試合の結果がその喜びを大幅に打ち消すレベルだった。。。
DSC_0696_3857.jpg

ただ、守備にしても打席にしても身体のキレがだいぶ戻ってきている感じはするので、今日の試合も期待したいです。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
262位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。