スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既に継ぎ接ぎだけどまだ残る一枚の首の皮

昨日はホントならば試合終盤しか見れない予定だったんですが、諸事情により仕事をドタキャンされw
顔で泣いて心で歓喜とはまさにこの事w

というわけで試合前に着いちゃいました。

ヤスはスタメンだなと確認。とにかくどんな形でも何らか勝利へ貢献を。
DSC_4430_3776.jpg

ヘルマンが試合前のシートノックはおろかベンチにも見当たらず、やや心配。
これで本当にサード守れるんだろうか、と。。。



先発は前日からスライドした岸メン。
スライドの難しさはあるだろうけど、中6日になったことが功を奏すかな?

と思いきや、先頭の西川にいきなりフェンス際スレスレまで運ばれ、陽には高めのストレートを完璧に捉えられてスタンドイン。なんだなんだなんだ???
勢いに乗るためにはこの先制点は防ぎたかっただよ〜(汗)。

裏は先頭のヘルマンが初球アウト。前の試合とあんまり・・・。

ヤスも2球目、3球目の外角のストライクゾーンに反応せず、カウント追い込まれてからアウトローの変化球を打たされてしまう。
DSC_4585_3779.jpg

続く栗Cは左中間を破るツーベース。真ん中でしたけどこの人は良さげですが浅村倒れて無得点。
DSC_4591_3780.jpg

ヘルマンとヤスは日曜日に見た様な感じかなあ。。。

まあ、こうなったらしっかりと守ってもらいませう。
DSC_4630_3783.jpg

DSC_4615_3782.jpg

DSC_4611_3781.jpg

DSC_4634_3784.jpg

3回裏。鬼の打球は打った瞬間はあそこまで伸びるとは思わなかった。
グングンのびてレフトもやや目測が難しかった模様。打球処理に手間取る間に鬼は三塁へ。
DSC_4646_3787.jpg


どんな形でも良いので最低限追いつきたいところでヘルマン。
DSC_4669_3788.jpg

第一打席とそんなに大きくは変わらないものの、前進守備の三遊間をあざ笑う様に抜けるタイムリー。
これはデカイねぇ。ヘルマンも日曜日はイライラを爆発させる様なシーンもありましたが、少しでも気を楽に。
DSC_4680_3789.jpg

続くヤスの時にヘルマン盗塁。
1死2塁でなんとかこのランナーも返したいところですが、フルカウントからフォークボールを打ってショートゴロ。
DSC_4706_3790.jpg

ヘルマンのスタートが少し速い様な形だったのでもしや?

栗C四球で浅村の当たりはぼってぼてのサードゴロ。
DSC_4727_3791.jpg

これが幸い。浅村のヘッスラは微妙なタイミングも判定はセーフ。

さらに、続く坂田の打席でワイルドピッチ。
DSC_4751_3792.jpg

これも弾いたボールが中途半端な勢いでテンテンと転がり、相手が処理を手間どう合間にセカンドから栗Cがホームイン。
DSC_4753_3793.jpg

DSC_4755_3794.jpg

逸らしたボールが勢いよく転がったならばランナーは三塁止まりだったでしょう。勿論、栗Cも必死で走りましたが。

この2人はひたすら盛り上げ役。
DSC_4762_3795.jpg

DSC_4769_3796.jpg

なんかツイてるなあ。ツキをモノにしているのは選手だけどね。この流れは大事にしたい。

おかわりがあまり落ち切らないフォークボールを打ち損じてガックリしているところを励ますヤス。
DSC_4778_3797.jpg


5回裏。

先頭のヘルマンがストレートの四球。これはラッキー。

2番ヤスは最初から送りバント。初球からキッチリと決める。
DSC_4821_3798.jpg

この場面は相手のファイターズが故障者も出ていることで終盤追いかけるのは苦しい状態ですし、岸メンが落ち着いて来た事から考えても1点取って早めに勝ちパターンを確実にしておけば逃げ切れるはず。
勝ちパターンとそうでない場合とでこのチームはあまりにも内容が変わって来ますからね。
後ろの栗も悪くないので妥当な作戦。


栗は期待通りにヒットで繋ぎ、浅村のサード強襲気味の当たりを小谷野が弾いて後ろにそらし、三塁ランナーホームイン。小谷野が懸命に伸ばしたグラブの先を弾いたならばヒット扱いになったかもですが、追いついていたからかエラー扱いになりました。

ただ、元を考えれば相手がストレートの四球からくれたチャンスですから大きな点。
これで大体ゲームの趨勢は決まりましたかね。

7回に岸メンがエラーと四球からピンチを迎えます。
なんだか知らないけど、7番打者の佐藤には投げにくいのか、ストレートの四球。前の打席も追い込んでからアッサリボール連発で四球。うーん???

ヤスが声掛けに来るわけですが、岸メンの動きにあわせて励ましていてなんだかワロタw
DSC_4906_3801.jpg

DSC_4909_3802.jpg


後続を抑えて岸メンは7回で御役御免。
四球を突然出すなどで球数が116と結構投げていたので、初回のソロのみの1安打での交代は勿体ない気もすれど、投球次回を考えても妥当かな。

8回裏はおかわりがジャストミートのライナーホームランで加点。
これで完勝ですな。

おかわりが打った瞬間もヤスのコマネチも通路に人が通ったので撮れなかったorz
DSC_4971_3803.jpg

終盤2イニングは勝ちパターンの人達を使って逃げ切り。サファテがやや気になるところですが。。。
DSC_5020_3804.jpg


まあ何はともあれ快勝です。
ソフトバンクとロッテが共に敗れたので、ゲーム差が4.0/4.5になりました。
引き分け数の優位点は昨日触れた通りで、数字以上に近い事になります。

とにかく、このファイターズとバファローズの6試合が最終挑戦権を得るための関門です。
北海道日本ハムも大引を欠くなど非常に苦しいので、3タテ狙いくらいの気持ちでいって欲しい。
この6試合での借金返済は来週以降の挑戦者シリーズの舞台に上がる為の絶対条件ね。



ヤスについて。
なんだか早いカウントのストライクゾーンのボールをあっさりと見逃すシーンが、昇格直前のファームでも何度か見られた様な記憶があり、やや気になっています。
(追い込まれてボール打たされてるからね)

2番直人も苦しかったけど、この2試合はヤスも苦しい。

ただ、監督のコメントを聞くにヤスは多分使い続けると思われ、
そうであるならばまずは出来る事から貢献して欲しいですな。
守備からリズムを掴む部分もある選手なので、まずは守備から固めて欲しい。
まあ、直人も同様でしたかねこの点は。


個人的な意見ですが、ヤスは打順はともあれ今はセカンドにいてくれれば何とかなる選手という見方になっていると思われます。
上手く通じるかな。。。相手の大引もそうだったような気はするけど。

ヤスも自分の役割は肌で感じているようだから、自分が打てなくとも暗くならずにチームを鼓舞して欲しいです。残り3週間、内野のリーダーシップをとってくださいな。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
224位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。