スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けゲームを拾う前に勝ちゲームを落としてどうすんだい・・・?

疲れ果ててブログアップがこんな時間になってしまった。。。



海と山が囲む港町神戸でございます。
DSC_0001_3827.jpg

我のホテルは球場にほどよく近い山の方ですが、部屋からは淡路島がはっきりと見えます。
DSC_0033_3830.jpg

そんなわけで、昨夜は緑が美しいほっともっとフィールド神戸へ足を向けました。
DSC_0038_3831.jpg

我は神戸で2007年以降は負け無しの9連勝中でございます。
昨日も負けるイメージは全くしていなかったのですけどね、試合前は。

京セラも最近は見易くなるように色々と工夫をしているのはわかりますが、やはりほもフィーでもライオンズ戦を数試合はやってほしいなあと思っています。大阪の街も好きなので、神戸京セラの掛け持ち3連戦はテンションが上がります。尤もそういう掛け持ちにシステムなったなった経緯は9年前の球界再編にあり、よろしくはないのですが。


そんなわけで試合前。

なかなか出番が無い田代。。。
DSC_0060_3834.jpg

坂田の状態が上がって来ずやや心配。
DSC_0056_3833.jpg

地元の栗Cは昨日も大応援団つき。
DSC_0051_3832.jpg

ヤスです。神戸は2年ぶりじゃないだろーか。。。去年は確か神戸入りしてその日のうちに抹消が決まってしまったね。
DSC_0080_3835.jpg

やはり選手もこの球場は気持ちが良いのだろうかね。
DSC_0140_3837.jpg

試合前の空気は決して悪くない。むしろ明るい感じがする。
DSC_0192_3840.jpg

DSC_0186_3839.jpg

DSC_0223_3841.jpg

DSC_0242_3842.jpg


そんなわけで試合開始。

初回は1,2番がいきなり無死1,3塁のチャンスメイクに成功。

ヘルマンは昨日もシートノックを一切省略。試合直前にフィールド上でトレーナーさんのマッサージを受けていました。やはり身体のコンディションは良くないようですが、何とかギリギリのところで踏ん張ってる感じですな。
DSC_0324_3843.jpg

ヤスはバントの構えはなく最初からヒッティング。追い込まれてからファールで逃げ、8球目のアウトロー直球を上手くライト線に運ぶヒット。ヘルマンを3塁へ進塁させる。

我のシャッタータイミングがズレた(ノ∀`)。
DSC_0346_3844.jpg

DSC_0347_3845.jpg

ヤスが復帰直前~復帰後2試合くらいはこの打撃が見られず心配しましたが、少しずつ戻ってきているようですな。

続く栗のピッチャーゴロでヘルマンが飛び出して挟まれるも、相手のちょっとしたミスを上手くかいくぶってオールセーフ。

そして、足の異常が軽度で済んで誰もがホッとした浅村は四球。

続く秋山の打球は少々強めのファーストゴロ。
DSC_0416_3847.jpg

完全に3塁ランナー本塁憤死のタイミングなのに、これをイ・デホが弾いてまたしてもオールセーフ。

3打者連続でオリックスサイドの自滅みたいなもので労せず2点を先制。
我が神戸に行くと何故かこういう試合が多いw

尚も無死満塁だったんで、ここで試合を大幅に優勢にしなきゃならないんだけど、おかわりが三振、更に金子はピッチャーゴロダブルプレー。。。

試合を振り返ってみるとここがまずは一つのターニングポイントでしたね。


先発投手は野上。最近状態が良いとまでは言えないので、継投を考えなきゃならないところかな。。。連戦だから1イニングでも長く持ってほしいのですけれどもね。
DSC_0439_3849.jpg

DSC_0461_3850.jpg

初回はともかく、2回に川端、宮崎、伊藤と伏兵に粘られた挙句に1点を取られる。
上位には助けれくれてる打者もいるのに、下位打線にこれだけ粘られてこの結果というのは・・・ちょっと嫌な予感がよぎる。。。


そんな嫌な予感を振り切るかの様な3回。

先頭のヤスがやや真ん中に入ってきたストレートを右に弾き返し、2打席連続のライト前ヒットで出塁。

交流戦の頃はこんな感じのヒットは自然に出ていたんだよな~。
DSC_0548_3865.jpg

DSC_0549_3866.jpg

栗Cは三振に倒れるも、続く浅村の時に1塁ランナーヤスがスタート!

どうやらランエンドヒットですね。浅村がセンターへ弾き返しこれがツーベースになる。(↓こっちを撮っていたw)
DSC_0577_3851.jpg

ファームで調整中の時も不安の残ったベーランですが、
DSC_0586_3852.jpg

DSC_0587_3853.jpg

最後は余裕のホームインでした。

そして、間髪いれずに秋山がどかーん!
DSC_0600_3855.jpg

DSC_0605_3856.jpg

5-1です。これで、嫌な予感とかそういうものが吹き飛ぶと思いましたよ。


思ったんですけどねぇ。。。触れるのここまででいいですかねorz


やはり、昨日の試合で1番やってはいけないことをやってしまったのは野上だと思う。
この時期なので先発投手は多少早くに降板があり得る事も理解は出来るんですが、それにしても中軸以外にも粘られて球数はどんどんかさみ、3回裏には折角点を取ったのにデホに甘く入り2ランで簡単に失点。
4回も伊藤のゲッツーで救われたかと思いきや、駿太のポテンヒットから原に四球(平野が足を痛めたみたいで途中交代。こちらとしては打率の高い平野よりは原の方がまだアウトの可能性は高い筈)。

結果は1点差に追い込まれて降板。

この後がウソップ高橋→大石への継投になるわけだけど、大石を責める前にまずは野上だと思いますよ。。。
現状を考えると、3回3分の2で4失点で降板ではどうにもゲームが作れるチーム状況ではないのです。。。
増田、ワクイで終盤までつなくには残りのイニングが長く、とにかく降板があまりにも早すぎました。

ウソップ高橋はストライクが入らず、ワンポイントで交代。
DSC_0747_3859.jpg

まあ、ルーキーということで夏場にある程度戦力になってくれた部分があっただけでも御の字かな、と思います。
何せ故障からのスタート。


大石は結局・・・
DSC_0769_3860.jpg

大石に関してはもうただただ悲しいだけです。。。どうしてこうなってしまったんだろう。。。
来季に向けてもう早めに調整をお願いしたいです。


この場面、山本にすれば良かったのに、は結果論。
何でこんな状態で1軍に上がってきたのかと言われれば、じゃあ誰なら良かったんですかの無限ループ化で今季は過ごしています。

結局、勝ちパターンの投手とそれ以外の投手の差が大幅に拡大してしまっているんですね。
ここに岡本洋介を投入出来れば良いのでしょうが、そういうわけにもいかず。

流れが完全にオリックスに行ってしまいました。




まあそれでも2点差で何とか踏ん張りますけれども。
3番手山本は1イニングを何とか0に抑える。
DSC_0818_3861.jpg

打線はそれでも何とか食い下がろうとはする。

7回表、鬼とヘルマンが倒れてツーアウトになるも、ヤスがこの日4本目となるヒットがレフト前へ。
DSC_0849_3862.jpg

DSC_0854_3863.jpg

この後、栗Cが四球を選びバッターは浅村。

完全にどん詰まりのサードゴロになる。
DSC_0897_3864.jpg

これをバルディリスが悪送球。2塁ランナーヤスがこれを見てホームイン、2塁へ進んでいた1塁ランナーの栗Cは3塁ストップ(最初の判断がやや遅れた)。

その後、秋山も四球で願っても無いチャンスなのですが。。。


この日は結果が出ていなかったおかわりさん、火を噴くライナーを飛ばすも、汚名返上のバルディリスが横っ跳びダイレクトキャッチ。これが抜けていれば再逆転だったのにorz
DSC_0003-2_3828.jpg


渦中のワクイも7回裏は抑えます。
DSC_0014-2_3829.jpg


8回表もツーアウトから鬼がどうにかこうにかヒットを放ち、ヘルマンが四球でつなぐぎ、この日は絶好調のヤスにつなぐも・・・打球は好調を思われる飛び方をするも、飛び過ぎ延び過ぎのセンターフライ。
というか、5打数5安打という結果はさすがになあ。。。

結局ね、ツーアウトからのチャンスなのでなかなか点にならないのですよ。

ただ、8回に一点納得できないのは、銀に対する代打坂田。
一体どういうメリットがあったのかな、と疑問はぬぐえません。
銀の打撃をベンチが信用していないのだろうけど、坂田を代打に出すのであれば銀ではないだろう、、、と思うわけです(我としてはこの日は全然ダメだった金子に代打と思ってました)。
結局、銀に代打を出すから守備も代えてしまうわけですよ。


そしてこの裏にやってはいけない振り逃げもあり、ワクイが痛恨の2失点をしてしまいゲームは終了orz


序盤は完全に勝ちゲームでした。
日本ハム戦で勝ちゲームを一つ落としただけに、負けゲームを一つ拾わなきゃならないはずなのに
それ以前に勝ちゲームを落としてしまいましたよ。。。これは本当に痛恨の一敗だと思います。


一番の敗因は野上の投球だとは思いますが、結局は先発投手が崩れるとそれをリカバリーする戦い方が全然出来ていないってことでもあるんですよね。開幕からずっとそうではあります。勝敗の行方は先発投手次第という。。。

そういう意味では野上もハードな境遇なのかもしれません。ただ、それでも前回登板が良くなかったので昨日はどうにか切り抜けて欲しかった。。。そんな試合でございました。

ライト金子という起用を見てもハッキリわかる通り、戦力不足がの悩みは解消出来ないままここまで来てしまいましたが、春先からの不安が夏場以降に色々出た結果が、現状CS出場すらピンチという状況になってしまっています。ただ、もう残り14試合で戦力は大きく上がることは無いので、そのライト金子という状況を許してしまっている坂田、それから現状好調になりつつある選手達の奮闘に何とか期待して、一縷の可能性を信じて残り試合を応援したいと思います。



ヤスの4安打は嬉しい、嬉しいんだけど試合の結果がその喜びを大幅に打ち消すレベルだった。。。
DSC_0696_3857.jpg

ただ、守備にしても打席にしても身体のキレがだいぶ戻ってきている感じはするので、今日の試合も期待したいです。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



声のトーンが生き返ったヤスのインタビュー

渡辺監督に関するフロントの『評価しています』発言。

色々とあるでしょうが、我個人的には辞めるべきと思うか否かは書くのを控えます。


ただ、監督変われば何かが劇的に変わる、といふのは少し違う気もするなあ。。。伊東時代、伊原時代も色々不満は挙がってましたしね。

劇的に変わるには球団の根本から変わらないと多分無理な気がしています。つまり、今回の評価を下している人もそうだし、フロントの戦略もそうだと思うし。

埼玉西武ライオンズというチームの今後をどうしていきたいのか、の方が個人的には大きい気がしています。ここは監督人事以前の問題のところね。
ここに明確なビジョンがないと、多分監督を挿げ替えても何らかの阻害要因は発生してくると思いますよ。

勿論、それを差し引いてもどうなんだ?という部分はありますが。

それはともかく、現状『あの黄金時代を返せ!』と言われてしまうのは気の毒な気はするけどね。。これだけ取り巻く環境が変わってしまうとね。



まあ、正直なお話『戦力を考えたらもっと上へ行ってもおかしくないんでない?』と思えるチームもありますよ。
監督も人手不足なのではないかと考えてしまうこともありますな。


あー、だから2010年に優勝しておけばここまでまだ格好がついたのにぃ、、、と今更言ってみる。覆水盆に返らず。




さて、そんな話はシーズン終わってからのこと。

昨日はQRのライオンズエクスプレスでヤスのインタビューがありました。

9/15に一軍復帰をして4試合を消化。今後の戦いについて今の率直な?気持ちを語られています。


これ、気付いた人はすぐ気付いたと思いますが、8月のお盆前に斉藤アナがヤスにインタビューした時と比べて、声のトーンが全然違いました。文字では伝わりにくい部分ですが、話の内容からネガティブな要素が消えていることは読み取れるかと。



以下

赤字 ヤス
黒字 インタビュアーの飯塚アナ

残り20試合を切って、いよいよ逆転でのCS進出を狙うという位置になってますけども。毎日どのような思いで
戦っているのでしょうか?

そうですねーあのー勝つー為に、やるのは当然なんですけど、もう負けられない戦いが続くんで
まあこれからねー、一段と野球が上手くなるわけでもないんで、これからはもうチーム力で勝負だと思うんで
えーチームが一つになるために、えーどうしたらいいのかなと、えー考えて、野球をやっていこうと思ってます。はい。


はい、あのー、復帰して数試合ということで、段々と身体の方も一軍のゲームに慣れてきたな馴染んできたなというところってありますか?

いやーでもやっぱり緊張はしますし、あのーーー一軍のスピードにも、もう一つかなと感じてるので、
まそこは、トレ―ニングやら意識をしっかりもって、えーやって行こうと思ってます。


まあ、勿論こう強行出場というところもあるかとおもうんですけどもー、まあそう言った中でやっぱり
復帰したと言うのは、チームを何とか盛り立てたいという思いも強いですか?


そうですね。やっぱり僕がきて負けーが混むのは嫌なんで、えーなんとか、まあチームを盛り上げていきたいと思います。

こうベンチでも中村選手がホームランを打った後には、戻ってきた中村選手をウィンウィンポーズからのコマネチで出迎えたりとかムードメーカーの役も買って出てますね。

そうっすねぇー・・・

(妙な笑いの空気)

まぁちょっとスルーされてましたね、中村選手に

無視してましたよね?

そうですねどちらかいうとガン無視に近かったですね

そうっすねぇ

はい

コマネチをね

ええ

必死のコマネチだったんですけども

はい、渾身のコマネチ、先輩のコマネチですよね

叱っときますか

あははははは、まあでもそういうやりとりというのもライオンズらしい明るさというところですからね

まぁそうですね楽しくやらないと、ライオンズらしさが出ないと思うんで

はい

はい。率先してやってきます。

はい。あのー片岡選手自身も、打席に入る時の登場曲を

はい

同じB'zの太陽のKomachi Angelに変えましたけども

はい

~~~曲が流れる~~~


これどういう気持ちのアレで変えたというところなんですか?

まB'zの伝説の曲と言われている、コマネチ、あ違うわKomachi

Komachiですね、はい

なので、まこっから伝説作ってやろっかな、みたいな・・・思いのほかみんな乗ってくれなかったんですけど

笑。B'zの、あの曲からB'zは1位をとりはじめて

そうですね。Be Thereという曲を出して、B'zは知れ渡ったんですけど、そのあとに・・・太陽のコマネチ、

Komachiです

あKomachi

はい

が・・・

はい

伝説と

はい

そっから始まってるんで

片岡さんも

はい。というあやかる気持ちでやってるんですけども、イマイチ乗ってないっていうね

そうですか笑?

はい

いやそんなことないと思いますよw

ちょっと世代がアレですかねぇ?若いお客さんも増えたので、知らないんでしょうかねぇ?

までもこれが浸透していけばー、あそういうことかっていうまた

そうっすねぇー

太陽のKomachiAngelも

コマネチ知ってるぐらいですからね

そうですねぇ・・・コマネチの方が知らない世代増えたと思いますけれどもw

まぁ・・・様子見て

そうですね

はい、様子見て、太陽のKomachiAngelで

はいKomachiですよ、Komachi

はい、まぁ復帰して、初安打初打点も生まれましたけれども


~~~その時の実況が流れる~~~

いかがでしたか?手ごたえもあったライトへの当たりだったかと思いますけれども
どのようなバッティングだったですか?

そうっすねまあ次が栗山だったんでー、まぁなんとかね、繋げばまたー大量得点になるんじゃないかなっていう気持ちで、まチョット割り切りながら

はい

打席に入ったんですけど、まぁ結果・・・ライト線切れずにね

ええ

残ってくれたんで・・・まぁー先取点という形でまぁ良い仕事が出来たとは思うんですけどもねそのあとがやっぱり・・・続かなかったんで

はい

はぁい・・・申し訳なかったです。

こうレフトへ大きなファールを打った後に、こう誘い込んだ様にアウトコースのボールをライトへ打ちましたけれども、こう様々な事を考えてのバッティングですか?

・・・んーまあ、あの時は、来た球に対応・・・バットを素直に出せたと思うんで、まぁそのー感触を忘れずに
やっていきたいと思います


こうファンの皆さんの歓声というのも物凄かったんですけども、ああいったところというのは気持としてはいかがだったんですか?

いや勿論嬉しいですしー、まそれを楽しみにー復帰を目指してたんで、はい・・・良かったです。ありがとうございます。

ええ。まぁセカンド塁上での高速ウィンウィン等、色々やってますけれども

あーそうっすね、はい。もうなんかちっと・・・マンネリ化してきたんで、

それで、イートーマキマキみたいな感じのアレンジになったんですか?

んーまあなんか、違うのいっちゃおうかなみたいな

はい

そんな感じです

あれ片岡さん的には糸まきまきは、あれはどういうポーズだったんですか?

いやあれーはまあ、昔からやってんですけど、

あ・・・はい

独断で。

糸はまいてない?

あ全然まいてないです。はい。

高速・・・

そうっすね。

はい、でもまあそうやって色々盛り立てながら

そうっすねぇ

はい。まあいよいよという勝負の時期ですけれども、ファンの皆様もですね
ライオンズのクライマックスシリーズ進出を願ってやまないと思いますので
片岡さんから力強い言葉をもらえればと思うんですが

そうっすねえまあこういう逆境に・・・みんな立ち慣れていると思うんで

はい

あのーこれから必ず、巻き返すと思うので

はい

まぁ期待して

はい

残りの15試合・・・全力で戦いますので、コマネチをお願いします

はい

あ・・・

片岡さん、打席に入ったら

Komachi,Komachi

Komachi Angelを皆でノリ良く

そうですね

はい

やっていただければ、これ幸いですね

これファンの中の方にコマネチやってるひと、いても大丈夫ですかね

いやあんまやんないほうがいいんじゃないですかねー(半分アッサリ棒読み

そうですね

はい。周りの目もあるんで、はい

太陽のKomachi Angelということで

そうっすね。はい。

頑張ってください。

はい。頑張りましょう。



以上。



前述の通り、8月のインタビューと違い、会話に大分活力がありますw
復帰するまでにここまで時間がかかってしまった一番の要因は何なのかは本人にしかわかりませんが、例え痛みはあれども『実戦に復帰出来ない痛み』の方がやはりずっと大きかったのだろうなと思わざるを得ないほど、先月のインタビューとは会話の『覇気』に違いがありました。

残り僅かな試合数ですが、しっかりと前を見据えていますね。そんなヤスを精一杯応援していきませう。まあ、良ければ只管喜び賞賛し、ダメぽな時はボヤいてしまうだろうけどね(ノ∀`)


さーて、これから新幹線で新神戸へ向かいます。ナイターなのに、、、といふツッコミはアリです(ノ∀`)。
遠征で贔屓選手が帯同するのは6月の広島以来だから張り合いがあります。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


『西武が不気味』と上位チームに言わせてみよう(ヤス&牧田お立ち台試合)

二日続けて仕事がやや長引き、またまたヤスのタイムリーに球場到着が間に合わなかった我ですorz

このパターン実はよくありまして。
ヤス自体が第二打席目に強いというデータがあり(打率.340)、守備で何かしらの打球を捌いてリズムを作ったあたりで打つ事が多いのかな。
で、我はその二打席目に間に合わない事が多いのですよorz


まあ、それはともかく昨日は打順を入れ替えてきましたよと。
一軍復帰から15試合が経過しても調子の上がらない坂田をスタメンでは諦め、ライトに金子を投入。
その代わりに秋山を5番に戻して7番に金子を当てはめました。

坂田は先週末に少し復調傾向が見られたのですが、そこからまた元に振り戻す様な形になりどうにも状態が上がりません。本当に怪我さえ無かったらな・・・というところですが、まだ15試合残ってますので何とか復調を願いたいですが。

ただ、だからと言って金子ライトですか。。。
金子は最初からたらい回しですが、特に呆れるのが交流戦途中で二軍に落としてからはファームで遊撃中心に起用され(ただしここでも4ポジションをたらい回し)、一軍に上がってきたら遊撃はほぼやらず、また怪我で一旦二軍に落ち、一軍再昇格の前日の二軍戦で今度はライト先発。で、戻ってきたら二塁限定で遊撃は一切回避。で、今度はライトと。

この時期は使える選手から使わなきゃならないので仕方ない面もあるけれど、それまでがやはり問題。
せいぜい2ポジション程度に絞り、状態が良くない時はベンチスタートとなってもそこ以外では使わない、という割り切りも必要だったんでないかな。金子にとって守備は大きな課題の一つなのに、全く中途半端に終わりそうです。
最初から金子にポジション用意してあげるべき、という事ではありません。

とはいえ、昨日は打撃の結果から金子の起用は成功。ここは熊代が悔しがらなきゃならないとこですよ。
外野なら外野、内野なら内野で決めなきゃいつまで経っても守備面で不安を残したままになりそうです。
まあ内野外野どっちも人が足りないのも悪いのだけど。



まあ、それはそれとしまして。

先発牧田。解説の片平さんは優しいからポジティブ解説ですが、素人目に見てもボールは結構甘いところに行くし、立ち上がりからあんまり良い様には見えなかったな。
まあ、自滅しまくるタイプではないですから、とにかくしっかりとストライクゾーンに投げておけばバッターもそうそうヒットになるもんじゃないよ、的な。

DSC_0737_3809.jpg

序盤から塁上を賑わせてはライナーゲッツーで逃げ切ったり、秋山のレーザービームに救われたり、とにかく調子はイマイチでもそれに引きずられて自滅しなかったことが勝ちに繋がりましたかね。
中盤に守備ミスが2つという不運もありましたが、そこも我慢する。

こういう試合は特に内野守備は重要。ファーストセカンドショートは堅調に守ってた。


一方、攻撃陣はvsウルフ。西武ドームのウルフはそこまで怖い印象は無し。
ただ、前日がああいう試合だっただけに早めに主導権を握りたいのは事実。

三回、金子のヒットを足掛かりに攻撃するも一旦はチャンスが途絶えかける。
しかし、相手のエラーと四球で2死満塁と完全にもらったチャンス。
ツーアウトだからヒットか四球でないと厳しい、相手から貰ったチャンスとはいえここで点が取れないと流れが・・・という難しい場面で、なかなかヒットが出ずに苦しむヤスが二日続けての2点タイムリー。

ヤスはヒットはこれだけでしたが、試合の流れを決めたのもコレ。
続く栗Cもランナーをきっちりかえし、打線的に苦しい日本ハム相手に大きな3点。
あとは前日と同じ轍を踏まないこと。

3回表にミス絡みで1点失うものの、向こうもバント失敗などミスがあり、あとはどうにかこうにか打たせて取る内容で我慢。バックも3回のヘルマンを最後にしっかりと守り流れを相手に渡さない。

DSC_0687_3808.jpg

DSC_0634_3806.jpg


そして、5回に浅村出塁から秋山とおかわりさんタイムリーで理想的な追加点を2点。
この後に金子、銀とあわせて5連打となったのでもう1点欲しかったところですが、走塁等の感覚をキャンプで沢山磨いていただきたく>金子。

ただ、次の6回表にファイターズがライナーバック出来ずに併殺という同じ形になり、ここで勝負あり。。

終盤2イニングは牧田がエンジンフル回転で投げてようやくピシッと抑える(試合後の印象が良くなりますな)。
最後はサファテで締めて快勝。返す返す水曜日の負けが勿体無い3連戦でした。

ヤスはまあまだ本調子ではないでしょう。最後の打線の当たりがヒットになる様ならなあ、、、というところかねー。あと、直球にはまだ負けてますかね。。。

第三打席目、完全な全力疾走ならヒットかもしれなかったけど、まあ今はあれが精一杯でせう。あれでも先月の一塁までのランよりは回復している気がします。

DSC_0674_3807.jpg


まあでも、昨日の試合の流れを決めたのはヤスの先制打。ということでお立ち台へ上がりました。
あとは守備でしっかりと貢献してちょーだい。

昨日は一塁側と三塁側の両方のチケットを持っていたんで、9回は三塁側へ来ましたよ。
DSC_0010_3813.jpg


勝利の整列。おかわりがポーカーフェイスw
DSC_0068_3815.jpg


ではお立ち台。

まきた。
DSC_0095_3816.jpg

DSC_0108_3826.jpg


ヤス。
『いつもの滑り台の片岡じゃない‼』といふ声も聞かれましたが、その『いつもの』とやらは一体何年前の話なんだとツッコミを入れたくなるも、ヤスがお立ち台に立つと何でか違う空気が流れることも否定は出来ないw

我のレンズはお立ち台には近すぎるんよ。。。どアップになってしまう。。。
DSC_0126_3817.jpg

DSC_0201_3821.jpg

仕方ないから縦向きにしてみたりね。
DSC_0174_3819.jpg

時間あるよー以前に関西行かないとおヒマになってしまうので関西行きますよだ。
DSC_0214_3822.jpg

ハイタッチは三塁側に来たです。
一塁フィールドにヤスファンが多いので、その人たち涙目?
DSC_0275_3825.jpg


ソフトバンクがサヨナラ負け、ロッテは試合無しで、両チームとのゲーム差は4.0になりました。

次はこの2チームが直接対決です。
まあ、どちらかの2勝1敗と想定すると、ライオンズはオリックス3連戦で3連勝出来ればどちらかのチームと2ゲーム差になる計算です。
オリックスは表ローテですので、特に金子相手は辛い試合になりそうですが、昨日書いた通りで勝ち試合を一つ落とした以上はここで拾わなきゃなりません。

何とかまだ諦めなくても良いギリギリラインにいますが、早いところ貯金生活に戻さないとノーチャンス。
力を集結して今度こそ勝てる試合を全部取りましょう。

昨日の楽天VSソフトバンクの中継て、解説者がCS出場の3チームはもう決まったも同然的な話のトーンでした。一般的に見れば苦しい数字ですが、ひっくり返す為の条件はまだいくつか残ってますから、上位を慌てさせてみませう。

週末3連戦が終わった時点で『西武が不気味』と言わせてみましょう。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



勝てる試合を落とした以上は勝てない試合を拾うしかないよ

先週まで一軍と二軍を掛け持ちしていてバテバテになっていた我ですが、なんだかヤスが一軍に戻ってきたらきたで精一杯疲れまくっている自分がいます。

結果はイースタンにいた時よりも気になります。。。


昨日は一昨日とは真逆で仕事が予想以上に長引いてしまい、球場到着はヤスのタイムリーに間に合いませんでしたorz


ただ、WinWinやってる時に相手の中継が乱れているのに気付かず、一つでも先の塁へ・・・という姿勢を崩してしまう。

当然ながら怒られたそうな。

勿論、ベンチのムードが暗いから盛り上げる努力をするは良いんだけど、中堅〜そろそろベテランの域に入ろうかという選手があのボーンヘッドはダメ。厳しいチームなら下手すりゃ懲罰交代させられてしまう。二度目は勘弁してくださいなプレーです。


とはいえ、このヤスの復帰後初のヒットで2点を先制というのは、その前のヘルマンが1死2、3塁というチャンスでランナーを返せなかった事を考えれば非常に大きくて、これで試合を支配して波に乗れる、と思ったんですけどね。


その後、中盤〜7回までにイニングに1点でも取れていれば勝利濃厚な流れだったのですが、度々のがした事で気持ちの悪い流れにしてしまう。まあ、相手の北海道日本ハムも打線にそんなに勢いは無かったですし、そういう意味では1点取る為のバント策も間違いとは言い切れないと我は思ってはいますが。


ただ、7回はヘルマンに代打直人を出してまで1点取りたかった場面。
直人を『唯一安心してバントのサインを送れる』と形容するくらいなのに、初球失敗するとエンドランに切り替え。
勿論、相手の動きにもより取るべき策が変わる事は当然ありますが、ヘルマンに代えて直人ならば絶対に送らないといけないくらいの起用だと我は思ってました。
実際、バスターとか右打ちとかになると、直人はそこまで起用なイメージは無いのだよなあ。。。何の為の代打?と。。。

結果的にランナー進んだし、その後の片栗が返せなかったので意味は無いかもしれませんが、なんか納得行かないシーンだった。


そんでもって、8回に追いつかれた理由が相手への絶対に許されない頭部死球とパスボール、9回は焦る事無いタイミングなのに焦ってミスして勝ち越しを許す・・・となると、、、。

まさに痛恨の負け。


作戦面にせよ選手の動きにせよ足元ブレブレの状態で、相手からさほど強くない力で背中をドンと押されて倒れたような試合だったなあ。。。追いかけるチームがやっちゃあダメだよね。

こういう勝てる試合を1つ落とした以上は、どこかで勝てない試合を拾わないと上昇しません。
もう残り僅かな試合数ですので後者を増やさないと厳しい。

さあ、どこで勝てない試合を拾いますか。。。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


既に継ぎ接ぎだけどまだ残る一枚の首の皮

昨日はホントならば試合終盤しか見れない予定だったんですが、諸事情により仕事をドタキャンされw
顔で泣いて心で歓喜とはまさにこの事w

というわけで試合前に着いちゃいました。

ヤスはスタメンだなと確認。とにかくどんな形でも何らか勝利へ貢献を。
DSC_4430_3776.jpg

ヘルマンが試合前のシートノックはおろかベンチにも見当たらず、やや心配。
これで本当にサード守れるんだろうか、と。。。



先発は前日からスライドした岸メン。
スライドの難しさはあるだろうけど、中6日になったことが功を奏すかな?

と思いきや、先頭の西川にいきなりフェンス際スレスレまで運ばれ、陽には高めのストレートを完璧に捉えられてスタンドイン。なんだなんだなんだ???
勢いに乗るためにはこの先制点は防ぎたかっただよ〜(汗)。

裏は先頭のヘルマンが初球アウト。前の試合とあんまり・・・。

ヤスも2球目、3球目の外角のストライクゾーンに反応せず、カウント追い込まれてからアウトローの変化球を打たされてしまう。
DSC_4585_3779.jpg

続く栗Cは左中間を破るツーベース。真ん中でしたけどこの人は良さげですが浅村倒れて無得点。
DSC_4591_3780.jpg

ヘルマンとヤスは日曜日に見た様な感じかなあ。。。

まあ、こうなったらしっかりと守ってもらいませう。
DSC_4630_3783.jpg

DSC_4615_3782.jpg

DSC_4611_3781.jpg

DSC_4634_3784.jpg

3回裏。鬼の打球は打った瞬間はあそこまで伸びるとは思わなかった。
グングンのびてレフトもやや目測が難しかった模様。打球処理に手間取る間に鬼は三塁へ。
DSC_4646_3787.jpg


どんな形でも良いので最低限追いつきたいところでヘルマン。
DSC_4669_3788.jpg

第一打席とそんなに大きくは変わらないものの、前進守備の三遊間をあざ笑う様に抜けるタイムリー。
これはデカイねぇ。ヘルマンも日曜日はイライラを爆発させる様なシーンもありましたが、少しでも気を楽に。
DSC_4680_3789.jpg

続くヤスの時にヘルマン盗塁。
1死2塁でなんとかこのランナーも返したいところですが、フルカウントからフォークボールを打ってショートゴロ。
DSC_4706_3790.jpg

ヘルマンのスタートが少し速い様な形だったのでもしや?

栗C四球で浅村の当たりはぼってぼてのサードゴロ。
DSC_4727_3791.jpg

これが幸い。浅村のヘッスラは微妙なタイミングも判定はセーフ。

さらに、続く坂田の打席でワイルドピッチ。
DSC_4751_3792.jpg

これも弾いたボールが中途半端な勢いでテンテンと転がり、相手が処理を手間どう合間にセカンドから栗Cがホームイン。
DSC_4753_3793.jpg

DSC_4755_3794.jpg

逸らしたボールが勢いよく転がったならばランナーは三塁止まりだったでしょう。勿論、栗Cも必死で走りましたが。

この2人はひたすら盛り上げ役。
DSC_4762_3795.jpg

DSC_4769_3796.jpg

なんかツイてるなあ。ツキをモノにしているのは選手だけどね。この流れは大事にしたい。

おかわりがあまり落ち切らないフォークボールを打ち損じてガックリしているところを励ますヤス。
DSC_4778_3797.jpg


5回裏。

先頭のヘルマンがストレートの四球。これはラッキー。

2番ヤスは最初から送りバント。初球からキッチリと決める。
DSC_4821_3798.jpg

この場面は相手のファイターズが故障者も出ていることで終盤追いかけるのは苦しい状態ですし、岸メンが落ち着いて来た事から考えても1点取って早めに勝ちパターンを確実にしておけば逃げ切れるはず。
勝ちパターンとそうでない場合とでこのチームはあまりにも内容が変わって来ますからね。
後ろの栗も悪くないので妥当な作戦。


栗は期待通りにヒットで繋ぎ、浅村のサード強襲気味の当たりを小谷野が弾いて後ろにそらし、三塁ランナーホームイン。小谷野が懸命に伸ばしたグラブの先を弾いたならばヒット扱いになったかもですが、追いついていたからかエラー扱いになりました。

ただ、元を考えれば相手がストレートの四球からくれたチャンスですから大きな点。
これで大体ゲームの趨勢は決まりましたかね。

7回に岸メンがエラーと四球からピンチを迎えます。
なんだか知らないけど、7番打者の佐藤には投げにくいのか、ストレートの四球。前の打席も追い込んでからアッサリボール連発で四球。うーん???

ヤスが声掛けに来るわけですが、岸メンの動きにあわせて励ましていてなんだかワロタw
DSC_4906_3801.jpg

DSC_4909_3802.jpg


後続を抑えて岸メンは7回で御役御免。
四球を突然出すなどで球数が116と結構投げていたので、初回のソロのみの1安打での交代は勿体ない気もすれど、投球次回を考えても妥当かな。

8回裏はおかわりがジャストミートのライナーホームランで加点。
これで完勝ですな。

おかわりが打った瞬間もヤスのコマネチも通路に人が通ったので撮れなかったorz
DSC_4971_3803.jpg

終盤2イニングは勝ちパターンの人達を使って逃げ切り。サファテがやや気になるところですが。。。
DSC_5020_3804.jpg


まあ何はともあれ快勝です。
ソフトバンクとロッテが共に敗れたので、ゲーム差が4.0/4.5になりました。
引き分け数の優位点は昨日触れた通りで、数字以上に近い事になります。

とにかく、このファイターズとバファローズの6試合が最終挑戦権を得るための関門です。
北海道日本ハムも大引を欠くなど非常に苦しいので、3タテ狙いくらいの気持ちでいって欲しい。
この6試合での借金返済は来週以降の挑戦者シリーズの舞台に上がる為の絶対条件ね。



ヤスについて。
なんだか早いカウントのストライクゾーンのボールをあっさりと見逃すシーンが、昇格直前のファームでも何度か見られた様な記憶があり、やや気になっています。
(追い込まれてボール打たされてるからね)

2番直人も苦しかったけど、この2試合はヤスも苦しい。

ただ、監督のコメントを聞くにヤスは多分使い続けると思われ、
そうであるならばまずは出来る事から貢献して欲しいですな。
守備からリズムを掴む部分もある選手なので、まずは守備から固めて欲しい。
まあ、直人も同様でしたかねこの点は。


個人的な意見ですが、ヤスは打順はともあれ今はセカンドにいてくれれば何とかなる選手という見方になっていると思われます。
上手く通じるかな。。。相手の大引もそうだったような気はするけど。

ヤスも自分の役割は肌で感じているようだから、自分が打てなくとも暗くならずにチームを鼓舞して欲しいです。残り3週間、内野のリーダーシップをとってくださいな。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


3ヶ月か・・・

3連休の3日目は日本列島に台風直撃。
特に関西を中心にいくつかのエリアでの被害が大きいようですが、皆さま大丈夫でしょうか。
亡くなられた方もいらっしゃるということで、想像以上の被害に少々驚いています。

被害の大きかったエリアでは一日も早く日常生活を取り戻せることをお祈りしています。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


こんな日でしたので、西武ドームは中止になっても致し方の無い状況でございました。
まあ、前日が延長11回でしたんで勝ちパターンのリリーフをたんまり使ってしまっていますし、ヤスもいきなり11回フル出場ですから、とりあえずは恵みの雨と解釈しませうね。

ただし、問題は振り替え日程です。

8月まで雨天中止は一度も無かったのに、9月だけで3試合も中止という少々異常な状況。その為、10月第1週はスカスカ日程だったはずが既に6連戦が決定。

で、今回のロッテ戦中止に伴い、両軍のスケジュールが共に「空き」になっているのが9/20と10/8以降なんですね。CSは10/12から1stが始まるので、もう全然余裕が無いわけ。ただ、9/20は西武ドームが翌日にSKE48の握手会が予定されているので、そこは使えるとか使えないとか色いろいろ。。。

となると10/8まで行ってしまうかもしれないですねぇ。。。

今後、屋外球場での雨天中止の可能性を残す試合は「9/21 神戸、10/1 千葉、10/4-5 仙台」と4試合。他に台風が来たらドームでも云々はありますが、そこまで考えるとキリが無い。

うーん、今季はCSギリギリまで日程が組まれるのは避けられそうにありませんね。もっとも一番やばそうなのは楽天で、週末に2試合流したのでもうこれ以上振り替え出来ないくらいの状況。。。
もし10/4-5の西武戦が流れてしまったりしたらどうなるんだろう。。。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ライオンズが台風で休養日となった一方でソフトバンクが逆転勝ち。

これでライオンズとホークスのゲーム差は5.0と非常に厳しい状況。
ただ、2位のマリーンズもホークスとすぐの5.5差。

発想を少し変えれば、大逆転CSに向けてのターゲットが2チームに増えたということ。

つまり、ソフトバンクかロッテのどちらかがズリズリと落ちてくれればそれで良いわけです。ライオンズとしてもそれぞれ直接対決を3試合ずつ残しています。

その前に行われる今日からの日本ハム、オリックスとの6試合。ここで絶対に借金を完済していないとダメ。出来れば5勝1敗くらいでいきたいくらい。日本ハム戦の勝ち越しは最低限、神戸は得意だし、大阪も決して苦手ではないのでビジターだから云々とかは無関係に勝っていただきたいですな。

ホークスとマリーンズ次第でもありますが、9/26までの9試合を7勝2敗ならば直接対決次第でまだ可能性あり、6勝3敗ならギリギリ首の皮半分~1枚、という目算くらいでしょうな。負け越したらジ・エンド。

この状況にプラスの部分があるとしたら、引き分け数。ライオンズが引き分け4に対し、ホークスとマリーンズは共に引き分け2。
5割オーバーの場合、引き分け数が多い方が勝率は上回ります。だから、同じ貯金数ならばライオンズがこの2チームを上回れるのです、今のところはね。

ホークスとマリーンズのどちらかがエンストしてくれる事を期待して、ライオンズのデッドラインは13勝5敗でしょうかね。。。この場合、ホークスが残り試合を借金2、マリーンズが借金3なら追い抜かせる計算。
ホークスがここへきて一気に調子を上げてきているので、ターゲットはむしろマリーンズかもしれません。投手陣が疲れてきていることは間違いなさそうですが、途中復帰の内がここへきて思いっきり戦力になっているのが少々厄介。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ヤスが1軍登録を抹消されたのが6月14日、そして再登録されたのが9月15日。

正直、長かったなあ、、、という印象orz


確かに、1軍登録を抹消された時に「当面は治療に専念する」「期間は未定」という状況でしたから暫く時間はかかるだろうなと覚悟はしていました。

それに、足を痛めたのがGW前半の試合だったので、そこから1カ月半程はごまかしごまかしやっていたという事からも、状況的には最短とかそれに近い期間で戻れるほど容易くはないだろうなと思ってました。


伊原氏が「片岡を戻すのが遅すぎ(戻るのが遅過ぎ?)」「もう7月末にはプレーしていたでしょ」という突っ込みがあったらしいですな。まあ、伊原氏がどこまで見ていたかはよく知らないのでこれが正しい見方なのかどうかはわかりませんが、確かにイースタンで実戦復帰をしたのが7月30日ですから、ここから1カ月半というのは長すぎた気はする。。。
我の目算ではお盆頃には・・・と勝手に思ってましたからね。


けれども、そこでまた後戻りをしてしまったのがいけなかった。
2週間ほど実戦から遠ざかり、再度復帰したのが8/14。

ここからが長かったですね。。。指のアクシデントがあったりはしましたが(多分爪かつきゆびか・・・)、流石に9/3の西武ドームが終わった後に上がってほしかったですねぇ。。。確かに、イースタンは試合数が少なかったり中止になったり色々とありましたけれどもね。


怪我は誰でもするので、それ自体は仕方がない事です。ただ、離脱期間をもう少し短縮出来ないものなのかな、、、とどうしてもいつも考えてしまう。
ヤス以外にも全体的に復帰まで時間がかかる事が多い気はしています。まあ、逆もあるかもしれませんが。


コンディションの管理や故障時の診断の問題も当然あるのかもしれません。

ただ、他にも色々疑問はあります。

・今回のヤスの緊急昇格のタイミング(なぜ14日ではない?)
・そもそもヤスは何故に二軍で16試合も出ているのか。。。
・おかわり昇格時の一軍と二軍首脳陣のコメントが全然違う、、、
・そもそもおかわりについては球団発表として8月後半以降の実戦復帰とされていたのに、突然7月後半に大幅前倒しを敢行しようとするetc

一軍と二軍との連携は取れているのか、最終的に誰がどの様に復帰を判断しているのか、、、疑問が残りました。


「無理をしたらいかん」。
それは事実でしょう。でも、それだけで故障選手の復帰スケジュールを考えている球団は多分無いだろうなとも思います。

無理をしたら選手生命に関わる危険はあるでしょうが、復帰のタイミングを逃し居場所を失って選手生命が縮まるケースもあります。


まあ、所詮ファンにはわからない部分と思います。
今回のヤスやおかわり、坂田の復帰時期が適切なのか、早過ぎたのか遅過ぎたのか。それもわからない。
ただ、故障選手の復帰について来季はトレーナーさんが云々というだけの話ではなく、球団としてしっかり検討して欲しいと思います。戦力にも選手生命にも関わる部分だから。。。


前から感じるんですが、メンタルケア担当っているんかな?



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


ヤスがようやく1軍に復帰、チームは勝利。とにかくホッとした。。。

昨日の朝方はブログを書くために、前日のイースタン戦の写真をチマチマとまとめていて、西武ドームには試合開始ギリギリでいいやーとのんびり構えていたんですよね。一応、各スポーツ紙情報はチェックしてはいたけど、ヤスのヤの字も無かったですし(そりゃヤの字は無いだろうw)。

10時過ぎて何気にTwitterを覗いてみて「あら?」という感じでした。
それからは感傷に浸るでもなく微妙に半信半疑でそろそろと準備をしてあわてて出発、球場前到着直前に本当に昇格した情報を確認しました。

上がるならば3連戦の初戦からだろうと思っていたので完璧油断してましたよ(ノ∀`)。

どうやら昨夜に決まった緊急昇格だったようで、さしずめ土曜日の試合内容を見て1軍が決断したかというところでせうかね。点はとってはいたけど駒不足は明らかだったため。
また、ヤスの方としては声さえ掛かればいつでも1軍に行く心の準備が出来ていてひたすら待っていたのか、あるいは本人としてはまだ不安があるも、そういうのは無関係に1軍がとにかく呼んだのかはわかりませんけどね。。。


ただ、試合前練習の前に登場曲をウルトラソウル(スタンドが盛り上がる)に変更しに行く等したみたいですし、前向きには捉えているはずだと思いましたけどもね。

慌てて出発したものの、試合前シートノックにはなんとか間に合いました。
座席は昨日も1塁側だったので、ベンチの様子は見易かったです。


西武ドーム1軍戦にておよそ3カ月ぶりに確認。この3人をどう上手く使い分けるか。
DSC_0001_3773.jpg

シートノックで守備位置についた途端、突然浅村に向けてWinWinをやりだすw
DSC_0027_3732.jpg

テンションをどうにか高めていこうとしているのは明らかでした。

DSC_0066_3733.jpg

本当なら我としては感傷に浸りたいところですがw、残り19試合でチームもああいう状況ゆえ、なかなかそうも言ってられない。結果が求められてくるのでねぇ。。。
DSC_0097_3774.jpg

おそらく来季はこの二人で争う事になると思います。それで良いのだと思ってます。
DSC_0102_3735.jpg

残念ながら今シーズンは二人とも怪我やら調子の急降下やらで高いレベルでの争いになりませんでしたが、切磋琢磨というシーンはやはり必要なのだろうなと。
贔屓選手が蹴落とされるのが嫌なら応援すべきです。ただそれだけ。
(プレーへの批判は良いと思いますが、最近はライバル選手に対してある事ない事勝手な妄想をネットに平気で垂れ流す人もいてなんだか気分が悪い。そう思いたいだけ、にしか見えませんが)


というわけでヤスは2番セカンドスタメンです。
この響きも3カ月ぶりだな~。長かった。。。

先発は岡本洋介。前回はスライド登板で2日連続で肩を作り、今回はそこから中5日。
この時期だから多少の無理は普通の事ですが、1軍ローテの経験はまだ浅いのでこの辺はどう出るか。
DSC_0547_3749.jpg



いきなり守備機会。普通の守備は問題無い。
DSC_0224_3737.jpg

復帰後の初打席。
DSC_0286_3738.jpg

DSC_0297_3739.jpg

最後はアウトコースの低めのスライダーを打たされてしまった。意外に飛ぶも体勢崩れているのでセンターフライ。
DSC_0302_3740.jpg


岡本洋介はサブローに先制アーチを浴び、鈴木にもツーベースを浴びるも後続の下位打線を落ち着いて料理。
中盤は自分のペースで流れを相手側に送らない様にしていました。
DSC_0212_3736.jpg

この時期だから投手は疲労蓄積で崩れやすいのですが、昨日の岡本は度々ランナーは許して失点もするものの、そこから大崩れまではしませんでした。1軍経験の浅い投手は途端にペースを乱してしまう投手も多いものですが、大分1軍マウンドが慣れてきましたね。ヒットを打たれても落ち着いているので、バックもストレスは感じなかったはず。

1点は取られてしまったものの、4回裏に栗浅坂で作った満塁のチャンスにおかわりさん犠飛。
DSC_0451_3746.jpg

栗Cタッチアップ。必死の形相ですよこの辺も。みんな満身創痍。
DSC_0454_3747.jpg

本来のおかわりなら・・・でしょうが、精一杯の範囲でやってるようにも見えます。
とにかく同点に追いついたのだからまずはヨシ。その次のアキヤマクンで逆転したかったけど、細谷にファールフライをフィールドシートに乗り出してキャッチされorz


しかし、その次のイニングに岡本が1点失います。
ただ、それでもそんなに慌てている様子は無かったですね。ヤスもまあ、普通の声かけで済んでます。
(数年前の某O投手相手にはマウンドで蹴りを入れ、某H投手には思いっきり叱責してガン飛ばしてたからねw)
DSC_0320_3742.jpg

DSC_0550_3750.jpg

井口がブレーキになっていて救われた。


結局岡本洋介は6回途中で降板。次もあるから妥当と言えば妥当かな。リリーフ投手は使えるはずだし。

んが、高橋はこの日はストライク入りません。

で、ワクイが残ってますのでワクイ。イニング跨ぎは間違いありませんがそんな事に跳ね飛ばされない涌井秀章を期待。残り18試合、こういうイニング跨ぎは絶対あるのでね。
DSC_0601_3751.jpg

早いところおいつきたひ。

ロッテも先発好投の古谷が完全に捕まる前に早めの継投に入ります。2番手はカルロス・ロサ。
ロッテの勝ちパターンですが、ボール球を振らなければチャンスはあるはず。

というわけでワンナウトから秋山が四球で出塁→銀がしっかり送る。このパターンは大事ですな、ツーアウトにはなったけど。

ここで、どうやら下降線に入りつつある鬼に代わって代打カーター。ここで代打を出してもなんとか駒がいるというのはヤス復帰のメリットかな。


そのカーター。ファーストを強襲するヒット!やっと代打策が成功。
DSC_0669_3752.jpg

そしてファースト強襲で打球が少しだけテンテンとする間に、秋山が一気に三塁をまわって本塁へ猛突進。

タイミングはやばかったですが、若干返球が一塁寄りに流れたのを見て秋山がここで上手くかいくぐった。
DSC_0672_3753.jpg

DSC_0673_3754.jpg

この同点劇は大きいですねぇ。前日もこちらの隙をついた相手の好走塁で点を取られたりしてダメージを食らってましたのでね。。

打撃では冴えない結果に終わったヤスと鬼の二人ですが、盛り上げ役にまわるw
しかし、おかわりがあまりにも対照的にポーカーフェイス過ぎて草生えるw
DSC_0678_3755.jpg

DSC_0692_3756.jpg

その後、代走永江が盗塁成功。良い流れ。
DSC_0721_3757.jpg

なんだけども・・・後続のヘルマンがどん底です。あれ前日の土曜日もかなりやばかったですが、昨日は更にどん底の底という感じで・・・少々心配ですね。


まぁ正直拙攻なんだけど、犠牲フライに走塁でなんとか精一杯取っているという感じがする。
本来なら満塁ホームランに・・・と言ってはいけない状況。なんか満身創痍に近いかどこか無理して出ている選手が多い感じ。

こちらも勝ちパターンのリリーフに賭けるしかなくなってまいりました。何とか早いうちに1点取って決めたひ。

ランディ→サファテと無失点で乗り切りるも、打線も益田→内と相手のパターンにはまってしまい点が取れず。
結局延長戦に突入。
DSC_0755_3758.jpg


ヤス、イースタンでは最長7イニングだったのに復帰早々いきなり延長戦w

ライオンズはリリーフ勝ちパターンの最後の切り札の増田。ここで決めないと苦しくなる・・・て、牧田がブルペン行きましたよ奥さん!

四球を許すも、次打者を併殺に抑える。ゴロ処理も落ち着いて併殺完成。
DSC_0005_3765.jpg


10回裏の先頭は永江の代打金子。まあここも妥当だと思いますけどね我は。後で色々あるので「永江を代えるから・・・」と言われてますが。


金子の打球はどん詰まりではありましたが、打球は高く跳ねて内野安打。
DSC_0850_3760.jpg

泥臭くてよいじゃーないか!大振りでフェンス際のセンターフライとかよりよほど良いです。

彼も疲れてんだろうな、とは思いますよ。ゴロを飛ばしてもなかなか内野安打も出ない状況でしたし。

ここで、ヘルマンに代打直人。これは意外でもなんでもなくそうすると思いましたよ。コマを残しているようでは勝てない試合になってきましたしね。

直人はしっかり送ってお膳立て成功。
DSC_0861_3761.jpg


さて、決めようよ・・・。

orz

ヤスは結局良い結果は出ませんでした。5打席目、チャンスにまわってくるも初球力の無い打球。うーむ。。。アウトコース低めですが、引っ張ってしまったね。。。
DSC_0867_3762.jpg

栗C四球も浅村が初球で打ちとられ、サヨナラならず。うわー、投手的にもどんどん苦しくなるわ。。。


で、、、11回表。




(Д)°°

ヤスがショートにいる。。。

確かに金子もショートから暫く遠ざかってはいますが、ヤスは今季1回もやってないどころか暫く実戦ではやってないよ・・・(南郷の紅白戦とかならあるけど)?流石にショート金子じゃないの???


て、代わったところに打球がいきなり飛んできます。動きが微妙にぎこちない。。。
DSC_0903_3763.jpg

DSC_0904_3764.jpg


以下省略orz

投げた瞬間、送球が明後日の方向に行きましたorz
バッターランナーに3塁まで行かれなくてホント良かったです。行かれてたらほぼ点を取られてた。

普通の送球ミスだから庇う事は出来ないけど・・・。



ここから抑えた増田に大感謝だな。もう、もうもうもう。。。

11回裏、ここで決めないと12回は本当に牧田になるの???

ワンナウトからおかわりがセンター前へ持っていくヒット。これで十分です。
DSC_0025_3766.jpg

続く秋山の打球を塀内が弾いてエラー。レデズマは前日の大荒れ投球と違い、この日はコントロールもまともで球威もありましたが、結局これが全てか。

続く銀ちゃん、粘って粘って粘り勝ちのライト前。タイムリーになるんじゃないかと思いましたが、田代は3塁ストップ。うーん、行けないか・・・。
DSC_0072_3767.jpg


ここで相手投手は上野にスイッチするも、打者金子なので先ほど同様の内野安打の可能性がある。

で、それを狙ったわけではないでしょうが、やはりここも追い込まれてから前進守備の野手の間を抜けるどろくさ~いヒットですが、だから大振りより全然良いんだって!
DSC_0082_3768.jpg


見事なサヨナラタイムリーでした。インローのストライクゾーンでしたがよく食らいつきました。
DSC_0085_3769.jpg

ヤスと直人は後ろでるんるんらんらん。あ、この二人の絡みって初めてじゃね?
DSC_0091_3770.jpg


お立ち台は1塁側にいたので全く撮れませんでした、すみません。
DSC_0124_3772.jpg

ただ、今月1本しかヒットが出ていなかった金子がこういう泥臭い形でヒーローになったというのは大きいのではないでしょうか。チーム的にも使いやすくなるし、本人も残り18試合で食らいついて行こうという姿勢を持ってくれれば・・・と思います。鬼がずっとそうだったんだよね、今は疲れてしまっているようなんですが。。。


ヤスは昨日の試合は周囲に感謝だろうなあ・・・。
DSC_0113_3771.jpg



とりあえず感じた事。

ヤスが1軍に呼ばれた理由がよくわかりました。

内野手がバテバテですね。特にヘルマンは今季一番状態が悪い感じ。
少し前から走塁を見ていてもだいぶ足の進みが遅く、スイングも全然キレが無い感じで相当辛そうです。
やはりDH・・・なのでしょうかね。。。ただ、その場合はおかわりとの兼ね合いもあり、二人交互に休むという手も考える必要はあるかもしれません。

ヤスが呼ばれた直接の理由として、田辺コーチが直人は満身創痍を挙げていたみたいですが、こちらも疲労の色が隠せないのはかなり前から明らかでした。やっぱり足が全然前に進んでないんだよねぇ、、、。

そして鬼、2カ月半ショートスタメンという守備の負担の大きいところで踏ん張ってきましたが、普段の鬼にくらべるとアッサリとしていた感はあります。代打も止むを得なかったかな、と思えました。

金子はこの試合前までどん底だったと思います。土曜日の試合でもそうでしたしね。。。


勝つは勝ちましたが、選手の状態は決して良くないですなあ。。。

ヤスも全然ダメだったじゃんと言われると昨日は確かに良い結果が全然出なかったので辛いところ。
正直言うと、前日の西武第二の試合はあまりよろしい出来ではなかったんですよね。

ただ、今後どういう役割を与えられるのかわかりませんが、それでも徐々に馴らしていくとは思います。
本来の力を・・・と言われると辛いところでしょうが、そこはおかわりや他の1軍にずっといた選手も含めて同じですから、泥臭くてもなんでも貢献出来るところからしていくしかないよ。経験値は沢山あるのだから、そこに期待したいです。





我らは応援するしか出来ないからね。


それにしても・・・だ。

やっぱり1軍にいて欲しいですな。ヤス個人としての結果は昨日は全然ダメでしたが、ファンとしてはそれでもホッとします。

我としても、1軍と2軍の両方を掛け持ちしながら追いかける様な状態でしたので、少々しんどさも感じていたところでした。少しだけ肩の力が抜けました。とにかくホッとした。

何らか貢献出来ることはあるはずだし、あのまま終わってほしくはなかったのです。だから、2軍にいる間もしつこく書き続けました。忘れられた存在のままで終わってほしくなかったのでね。


ただ、「戻っただけ」ではあまり意味が無いので、あとはもう結果を残して頂くしかないです。残り試合は少ないですが、どんな形でも貢献して欲しいと願ってます。

今はとにかくチームが勝てる可能性を高めなければならないので、どこで使われようとそれがチームの勝利の為なら我は納得出来ます。ここでヤスが使えて良かった、いて良かった、とファンが思えるプレーを期待したいです。



今日の試合は中止!(ノ∀`)アチャー。ヤス復帰してすぐ中止とは残念。




とはいえ、ヤスとしてはいきなり11イニングも出たので、良い休養日にして欲しいです。
あ、もしかして練習するんかなこの台風の中?



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



【ヤス昇格?】 9/14 イースタン・リーグvs 北海道日本ハム@西武第二球場

先ほどから意味深な情報があり、自分の中で落ち着けないでいます。
https://mobile.twitter.com/risukek/status/379046496382881793

https://mobile.twitter.com/risukek/status/379047302767198208

https://mobile.twitter.com/joqrlions/status/379058409728794624

昨日の様子をアップ。

昨日の練習中に雄星の姿がありました。
登板回避になってしまい残念ですが、キャッチボールで肩慣らしはしていました。
DSC_0065_3679.jpg

DSC_0193_3680.jpg


そしてヤスはもう足を使った練習は普通にメニューに取り入れている。
DSC_0215_3681.jpg

もうそろそろ戻ろうよ。
DSC_0562_3690.jpg

DSC_0563_3691.jpg


試合前シートノックに飛びます。
DSC_0637_3693.jpg

DSC_0623_3692.jpg

DSC_0680_3696.jpg

DSC_0669_3695.jpg

DSC_0748_3698.jpg

DSC_0714_3697.jpg

DSC_0645_3694.jpg


両軍のスタメン

北海道日本ハム
6 松本
8 村田
7 石川
D 二岡
3 鵜久森
4 金子誠
9 谷口
2 荒張
5 森本
1 多田野


埼玉西武
4 片岡
7 大崎
3 アブレイユ
9 スピリー
D 上本
8 石川
5 梅田
6 山崎
2 中田
1 中崎


【1回オモテ 北海道日本ハム】
ピッチャー中崎。
DSC_0756_3700.jpg

DSC_0757_3701.jpg

松本 ピッチャーゴロ?見逃した。。
村田 セカンドゴロ
石川 空振り三振
埼玉西武0-0北海道日本ハム

DSC_0748_3698.jpg


【1回ウラ 埼玉西武】
片岡 セカンドゴロゴロ 走りはセカンドゴロにしてはあからさまに緩めでもないけど
DSC_0778_3702.jpg

DSC_0780_3703.jpg

大崎 センターフライ
アブレイユ ピッチャーゴロ
埼玉西武0-0北海道日本ハム


西武第二球場
【2回オモテ 北海道日本ハム】
二岡 ライトフライ
鵜久森 ファーストフライ?また見逃した。。
金子誠 レフト前ヒット
谷口 (中崎暴投。2塁進塁)空振り三振
埼玉西武0-0北海道日本ハム


【2回ウラ 埼玉西武】
スピリー ライトフライ。ライト越えそうで越えず。
上本 右中間へのソロホームラン。埼玉西武1-0日本ハム。
DSC_0845_3708.jpg

ベースまわるときはドヤ顔。
DSC_0848_3709.jpg

しかし、上ぽんベンチに戻り「打っちゃった打っちゃったうひゃうひゃ(゜ω。)うへへ」

石川 セカンドゴロ
梅田 ライト前ヒット
山崎 ピッチャーゴロ。
DSC_0849_3710.jpg

埼玉西武1-0北海道日本ハム


【3回オモテ 北海道日本ハム】
荒張 見逃し三振
森本 ライトフライ
松本 セカンドフライ
埼玉西武1-0北海道日本ハム

DSC_0820_3707.jpg


【3回ウラ 埼玉西武】
中田 レフト前ヒット
片岡 セカンドゴロゲッツー。これは。。。
DSC_0911_3711.jpg

大崎 レフトフライ
埼玉西武1-0北海道日本ハム


【4回オモテ 北海道日本ハム】
村田 セカンドゴロ
DSC_0930_3712.jpg

DSC_0935_3713.jpg

石川 四球
二岡 ショートゴロゲッツー。6-4-3。
埼玉西武1-0北海道日本ハム。



【4回ウラ 埼玉西武】
アブレイユ センターフライ初球ぽp
スピリー レフトフライ
上本 ピッチャーゴロ
埼玉西武1-0北海道日本ハム


【5回オモテ 北海道日本ハム】
鵜久森 レフトへのソロホームラン 1-1
金子誠 ファーストファールフライ
谷口 空振り三振
荒張 ショートフライ

埼玉西武1-1北海道日本ハム

中崎はこの回まで。抑えたけど本当ならもっと出来そう。
DSC_0818_3706.jpg


【5回ウラ 埼玉西武】
サード 森本→うさみ
セカンド 金子誠→森本

石川 四球
梅田 センターフライ
山崎 (石川盗塁失敗)セカンドゴロ
埼玉西武1-1北海道日本ハム


【6回オモテ 北海道日本ハム】
ピッチャー 中崎→相内
DSC_0002_3718.jpg

DSC_0003_3719.jpg

森本 センター前ヒット
松本 ライト前ヒット
村田 送りバント成功 1死2、3塁
石川 前進守備の二遊間を抜けるセンター前二点タイムリー 埼玉西武1-3日本ハム
二岡→代打キタ ショートゴロ チェンジ


【6回ウラ 埼玉西武】
ピッチャー 多田野→トーマス
中田 ピッチャーゴロ
片岡 四球

一本打っとけ〜、と思ったけど
DSC_0029_3721.jpg

走る気配はあまりない
DSC_0057_3722.jpg

大崎 ライトフライ初球ぽp
アブレイユ ライトフライ
埼玉西武1-3北海道日本ハム


【7回オモテ 北海道日本ハム】
セカンド 片岡→水口
ショート 山崎→林崎
レフト 大崎→駒月
鵜久森 セカンドゴロ
うさみ レフトフライ
谷口 四球
荒張 ショートゴロ
埼玉西武1-3北海道日本ハム


【7回ウラ 埼玉西武】
スピリー 四球
スピリー→代走星秀和
上本 見逃し三振
石川 レフトフライ
梅田→代打米野 空振り三振
埼玉西武1-3北海道日本ハム


【8回オモテ 北海道日本ハム】
ライト スピリー→星秀和
サード 梅田→米野
ピッチャー 相内→平野

復帰登板(画像間違ってました、すみません)
DSC_0089_3723.jpg

DSC_0091_3724.jpg



森本 初球をレフトへのソロホームラン 1-4
松本 ライト前ヒット
村田 ファーストゴロ アブレイユジャックルで一塁のみアウト。1死2塁。
石川 (ワイピかパスボールか微妙だけどランナー進塁) 三振
キタ 空振り三振
埼玉西武1-4北海道日本ハム


【8回ウラ 埼玉西武】
林崎 ファーストフライ
中田→代打岳野 ショートゴロ
水口 空振り三振
埼玉西武1-4北海道日本ハム


【9回オモテ 北海道日本ハム】
ピッチャー 平野→岡本篤
キャッチャー 中田→岳野

アングル変わりまして一塁側w
DSC_0132_3725.jpg

DSC_0133_3726.jpg

鵜久森 ファーストゴロ
うさみ セカンドフライ
谷口 ピッチャーゴロ(強襲気味)
埼玉西武1-4北海道日本ハム


【9回ウラ 埼玉西武】
ピッチャー 乾→齋藤勝
駒月 見逃し三振
アブレイユ 四球
アブレイユ→代走 斉藤
星秀和 見逃し三振
上本→代打木村 空振り三振
埼玉西武1-4北海道日本ハム
試合終了

キムが出てこれました。結果は三振だけどスイングの音はハッキリと聞こえて来ました。
DSC_0145_3727.jpg

DSC_0146_3728.jpg


負けてもイースタンは挨拶の為に整列します。
DSC_0153_3729.jpg

次は一軍で勝利の挨拶だぞ!!
DSC_0156_3730.jpg

なぜ正座だw
DSC_0188_3731.jpg


ごめんなさい、自分の中でざわついていてこれくらいしか書けません。。。今はドームに向かってます。。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


寂しい後味

とりあえず、西武第二の結果だけ簡単に。

埼玉西武1-4北海道日本ハム

両軍のスタメン

北海道日本ハム
6 松本
8 村田
7 石川
D 二岡
3 鵜久森
4 金子誠
9 谷口
2 荒張
5 森本
1 多田野


埼玉西武
4 片岡
7 大崎
3 アブレイユ
9 スピリー
D 上本
8 石川
5 梅田
6 山崎
2 中田
1 中崎


ヤスの結果。

第1打席 先頭打者、ショートゴロ。
第2打席 ノーアウト1塁からセカンドゴロゲッツー。
第3打席 ワンナウトランナー無しから四球。

7回から水口に交代しました。

守備機会はセカンドゴロ2つやセカンドフライ、6-4-3のゲッツーなどオーソドックスなものがありました。

今日は打席であまり良いところは見られず。
第1打席のショートゴロでは一塁まで普通の走りですが、第2打席は緩めて走っていたのはやや気がかり(普通に守ってますので今日どうこうの話ではなさそう)。

1点は多田野から上本の右中間へのソロホームラン。チーム全体でヒットは僅かに3本(上本、梅田、中田)とさみしい結果でした。


中崎は5回を投げて鵜久森のHRの1失点に抑えるも、某コーチが「抑えてはいるけどなんかイマイチなんだよな」というのが聞こえてしまったw

二番手の相内が交代直後のイニングでバタつき、2イニングを2失点。鍛錬していただきませうね。

三番手は、暫く別メニューの調整となっていた平野。久々の登板かな?
代わりっぱなの初球をいきなりスタンドに持って行かれ、その後も少しバタバタするも何とか1イニングを1失点。


ヤスの一軍復帰の可能性についてはチームとしても本人としてもどう考えているのか不明ですが、今日の結果では不満かなとは思います。。

ただ、第二球場が終わってから西武ドームに駆けつけて7回表から見ましたが、残念ながら総力戦感はほぼ感じられずじまいでした。

何と言うか無抵抗感。まあ、6回までも野上が踏ん張れなかった等、色々突っ込むどころがあったようですが。

投打共、取る手立てが有効に働かない。そして、弾切れだけ早々に起こしてしまうという印象でした。。

正直、今日観戦した人の殆どが不満でしょう。


この現場があるからこそ、ヤスの件についてはチームとしても本人としてもどう考えているのか、所詮ファンが考えても明確な答えは出ませんが、寂しい後味が一層強く残ってしまった。

イースタンの試合は残り7試合かな???8?どっちかわからなくなったw
一方で、一軍は残り19試合。


色々な意味でどうなっていくのかな。。。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


情報が欲しい

雄星、再び左肩違和感でメド立たず・・・かorz
http://www.daily.co.jp/baseball/2013/09/14/0006336598.shtml

なんかライオンズは故障者が予定通りに行かないケースが多いなあ、、、と思うのは気のせいですかね。後戻りが多い。

ロッテ今江は最短レベルで戻りそう、今カードは来なそうですが↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130914-00000023-spnannex-base


トレーナー体制の責任にするのは簡単な話ですが、ヤスについても散々書いた通りで本人しかわからないようなところでもがいている選手が多いなあ、、、と。

雄星あたりは故障歴もあるので、本人の感覚を信じるしかないでしょう。残念だけど、この記事を見ても最終盤の戦力として大きな計算まではしていなかったと思われ。二軍で投げたからと言って直ぐに一軍戦力として計算出来ないと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130914-00000034-sanspo-base


これを見て思ったけど、ヤスも最終盤の戦力として計算に入っているのかなあ・・・と、ふと疑問符。。。

もう二軍で実戦に出てから大分経過しますが、試合に出ていないならまだしも出ているだけに諦めきれない我がいます。

正直言うとそろそろハッキリした情報をいただきたいところ。。。

登録抹消されてからここまで3ヶ月余り、マスコミや現場からは中途半端な情報しか出て来ず、二軍で試合に出始めてもそれ以外の情報は何の話もあがってこない。。。

二軍とはそういうモノだよ、と言われたらそれまでです。ただ、それで諦めきれるほど諦めは良くはない我w

確かに3年連続離脱という事実は非常に重いです。ただ、それでも交流戦まではあのボロボロだった内野をまとめてきたのも事実だから、情報くらいは展開して欲しいな。。。まあ、交流戦までも色々あったけども。


一軍のCSも最後まで諦めないで欲しいけど、ヤスにも最後まで諦めて欲しくないんだよね。

ただ、今の様に二軍でひたすら出続けるのがベストな方法なのかな、と考えたらわからなくなってしまうとですorz


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
318位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。