スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【続き】TBSラジオ プロ野球ネットワーク『Versus』 ヤス&星孝さん対談(後半)

一昨日、TBSラジオの『プロ野球ネットワーク』のコーナーの一つである現役プロ野球選手による対談「Versus」で、ヤスと星孝さんの録音インタビューが放送されました。

昨日、その前半部分の文字起こしをアップしましたので、今日は後半部分をアップします。

・・・と、言っても、実はこの後半部分の方が分量はずっと多くなってしまっていますw

後半は『チームの現状』『プライベートなお話』『それぞれの「バーサス」について』が題材。

昨日も書きましたが、残念なのは、この収録がヤスの離脱前に行われたこと。今のヤスの状態を知りたかったのですが、離脱前のインタビューなのでそういう話には当然触れられていません。


長いので完全に一語一句書き起こしたわけじゃないですがご勘弁をば。

色分け等、編集する時間もありませんでしたので、少し読みにくい点もご了承下さい。



では。

ヤ: ヤスの発言
星: 星孝さんの発言
無印: インタビュアーの発言


<では後半部分スタート。前半部分は昨日の日記を見てください。>

チームなんですが、ちょっと前まで首位にいてちょっと今は苦しんでいるっていう印象があるんですが、

ヤ:はいはいはいはいはい・・・

どんなところに要因があると思いますか?片岡選手は?

ヤ:んーーーーーー・・・・・、ま単純に投打噛み合ってない・・・ですしー、ま若いんでぇ、どうしてもそういう逆境に立ってしまうと、えーーー、跳ね返せない現状、強い気持ちを持ってやってるんですけど、やっぱ経験も少ないですし、そういった時に
立て直す力も今ないので、ここで我々の力が今必要だと思うんですよねー、僕とか栗とか、まあ星君もベンチで盛り上げてもらって
出てる人間が、やっぱりねー、一番ガムシャラにやんなきゃいけないんですけどー、まそれが今ちょっと、出しきれてないですね。

その噛み合わせを良くするために、今片岡選手がこういうことしてみようとか、トライしていることってありますか?

ヤ:んまー、声出すしかないですよね。ま練習中とかも明るくやるように心がけてますけど。ま試合になるとやっぱり、自分も結果出さないといけないんで、ま30歳ですしー、ちと落ち着いた態度も見せないといけないかなと思いながらもー、ま色んな事はやってるつもりですけどー。

はい

ヤ:まあ上手く行かないね

星:まぁ長いシーズンそういう事もありますね

ヤ:そう、ロングシーズンだからねー

星:て、言ってると終わっちゃうんで―

ヤ:(自虐笑い)今何試合だっけ?

星:50何試合終わったところ

ヤ:あとじゃ、90、80くらい?

星:でもまだ半分終わってないんで

ヤ:そうなんだよねー

星:で、上と5ゲーム差ぐらい?

ヤ:結構あるねー

星:5連勝5連敗で追いつくんだもん、だいじょぶだよ

ヤ:うん

ヤ:負け方もー、やっぱり一点差とかで負けたり―、あとに続いてしまう負け方がやっぱり続いているんで

星:そうなんです。サヨナラ負けとかね。

ヤ:んー、そういう接戦を落としちゃうって言うのは、、、やっぱり粘り切れていない証拠ですから、そこでね・・・また粘れば変わってくるんですけどー、まぁそんなん言っても、過ぎた事ですから、ま楽しくやるのが・・・一番の薬かなと思います。

今シーズンまだまだということで、目標にしている数字、多分それぞれ大事にしているところって違うと思うんですが、ありますか?なんかこの部分は・・・

星:(考えたように)数字・・・

はい

星:ま、それは・・・あの・・・

ヤ:星君はあので、50試合で

星:あー・・・

ヤ:うははははは

星:ちょっと・・・あの・・・僕ら―の(笑)

はい

星:ま、坂元含め、3人でー、開幕前にちょっとした数字を設定してみたんだよね

はい

星:で、僕ーはー、えー一昨年ライオンズに来た年が、えー一番一軍試合出場が多かった年なんですけど、それが40試合だったんで、今年は50試合出ようというのを、片岡選手と坂元選手から、はい、お前は50だという数字を
設定していただきました

因みに片岡選手は?

星:片岡選手は?

ヤ:おれーなんだっけ?えーとね・・・1000本?

星:1000試合

ヤ:1000試合?

星:まで、ひゃくー

ヤ:135くらい?もぅ無理だよ

星:まだ大丈夫でしょ。9試合休んだ?

ヤ:結構休んでるよオレ

星:じゃああと全部出る

ヤ:あー・・・

(笑)因みに坂元選手はなんだったんですか?

星:やたろーは25試合とか30試合とか

ヤ:25試合。でー、250試合。

星:そそそ

ヤ:250試合登板・・・になるから、あと25試合くらいだねっていう話でー、

星:あと何試合っていうのは覚えてないよね。目標のゴールしか覚えてないから

ヤ:そそそ

(なんか変な雰囲気が流れて終始インタビュアーさんが細かな笑)

じゃぁそういう話はされるんですね、やっぱりシーズン前に

ヤ:したねぇ

目標設定・・・

ヤ:したねぇ・・・んー・・・

星:まぁ・・・毎年が勝負ですけどー、ね

ヤ:あー・・・

星:達成する、出来るものは達成しようっていう

ヤ:(小声で)ガンバリマス

皆さん達成された、その報告バーサスみたいなのまたやってください

星:報告バーサス・・・あの、やたろーも入れてもらっていいですか?

はい、是非お願いします(何故か半分笑い崩れる)

星:アイツだけ喋りますから大丈夫ですよ

ありがとうございます

<<<ここで区切り。ナレーション>>>

(続いてはお二人のプライベート)

因みに、凄い今更なんですが、そういうご飯とかされる時にお二人はお互いを何と呼んでるんですか?

(3人とも鼻息笑いw)

やたろーさん含めw

ヤ:それはぁ・・・

星:ま、ヤタローはヤタロー?ん?ちがう

ヤ:やっちゃん

星:やっちゃん

あれ・・・?片岡さんもやっちゃんですよね??

ヤ:ヤタロー俺の事なんつってるっけ?

星:ヤス、ヤスヤス

ヤ:ヤスか・・・俺やっちゃんって呼んでる

へー・・・

ヤ:で、ももちゃん

え?

星:一番問題が俺ですwてへへ

えぇ?

ヤ:ももちゃんはちょっと説明出来ないな

ももちゃん?

ヤ:この場では

え、でもそういう様々なストーリーがある?

ヤ:この顔でぇ、顔ちっちゃいじゃん

はい

ヤ:で、この顔なのにー、なんか胸板すげー厚いでしょ?

はい

ヤ:で、もも太いでしょ?

はい

ヤ:だからバランスが悪いからー、気持ち悪いんですよ。でなんか凄い発達しちゃってるねってことでー、

身体が

ヤ:そう

はい

ヤ:で、ももが凄い太いっていうのがコンプレックスなんですけどー

コンプレックスなんですか???

ヤ:星君の・・・

星:バランスが悪いというのがー・・・

自慢どころじゃないんですか???

星:ま、勿論・・・それを求めて鍛えているつもりですけどー、

はい(笑)

星:まぁますますアンバランスになるわけで

ヤ:そそそ、でそのコンプレックスを突くのがー、ヤタローなんですよ。ヤタロー酷いの、だから。

はい

ヤ:で、そういうコンプレックスを見つけてー、「もも太いね」ていうとこからー、「ももちゃん」ってなったの

じゃぁももの部分はその、果物のももでもなく、

ヤ:違う違う違う

太もものももなんですねー

ヤ:はい

星:そそそ

で、ももちゃんなんですね?

星:いつのまにか定着しちゃってね

ヤ:そそそう、いや俺らの中でね

絶対他の方わからないですね

ヤ:わかんないわかんない

星:なんで?て聞かれるたびに、僕の心はちょっと・・・

その説明をしなければいけないんですもんね

星:そそそ

ヤ:で、お互いのズボンをはいてみたりしたのね

星:そそそ

で、どうだったんですか???

ヤ:いやブッカブカっすよ、僕は

あ、じゃあ星選手の方が全然太い・・・んですか?

星:ギリギリはけたね

ヤ:俺のズボンはー、はけたね

星:はけたね

ヤ:でもあんなにゆったりはいてるのをー

星:そんなタイトなデザインじゃないよね

ヤ:ないよね

デザインがちょっとタイトになってしまった?星選手がはくと?

ヤ:そうそうそう

星:定着しちゃったんで大丈夫です。この、ここは。

ここはね。また全国の人に呼ばれるとちょっと・・・

星:見ず知らずの人に「ももちゃーん」て言われたら・・・てなるかもしれないですねぇ

あー、でも聴いて頂いている方には、呼ぶ時は是非ももちゃんは封印していただくように、お願いします(笑)

ヤ:うーん

星:でももし、言ってもらった人は聴いたなっていうことですよね?

ヤ:そうだね

そうですね

ヤ:そうだね

もしかしてその上で封印してくださっている可能性もありますけどね

ヤ:あーなるほどね

星:うん・・・

因みに同級生でご飯行ったら―、やっぱワリカンにしたりするんですか?

ヤ:当番制です

・・・え?今回は誰みたいな?

星:当番制です。

ヤ:そう、ローテーション

星:ローテーション

へー・・・でも決まって・・・?

星:お手頃なところは僕とヤタローが払って、もう手に負えないというところをヤスにー

ヤ:(笑)

担当制があるんですか?

ヤ:そうそうそう・・・

星:お!これちょっと高そう!

お願いします!みたいな?

星:そうそうそう、そんな感じ・・・のはずです

ヤ:でもあんま払ってないです僕。基本なんか、やたろーと

星:ためてるんです

ヤ:ももちゃんがー、払ってくれんだよねー

星:超高級店行くためにためてるんです

あーなるほどねー

星:あ、ここ払えそうだなっていうところを取りあえず潰しておこうと

ヤ:大体そういうとこしか行ってないじゃん(笑)

じゃあもしドーンと

星:凄いところ行こうと思ったらヤタローがちょっとね、調整しに行っちゃって

ヤ:そうそう、ヤタローどっか言っちゃったんだよなぁ・・・

じゃあ次待ってるんですね?片岡選手がどーんと払うところを

ヤ:そうなんですよ。だから今瓶ビール封印してるんです。ヤタローが帰ってくるまでは

あの瓶ビールだけで飲むのは、3人揃わないとダメなんですね?

ヤ:ダメー

二人の時はやっちゃダメなんですか?

ヤ:やめとくかー、みたいな

星:自粛です

えー???それちょっといいですね

ヤ:いいですか?

次3人で瓶ビール頼める時ー、嬉しいですもんねぇ

星:どうする、アイツ飲んでたら?

ヤ:(笑)いや、あいつ飲んでたよ?

星:飲んでた?

一人で違う時に、、、瓶ビール、まさかの?

ヤ:飲んでた飲んでた

星:そうかぁ・・・そこはちゃんと言っとかないとね(笑)

ヤ:ゆっといたよ、ヤタロー見たから

(笑)注意したんですか?

ヤ:うん

ホントに仲良いのが伝わってきますね(笑)

ヤ:いやそうでもないっすよ(アッサリ小声で)

(笑)じゃぁなんか、野球している時とは違うお互いの一面みたいなのっていうのはなんかこう、飲むようになって気付いた事ってありますか?

ヤ:いやでもー、結構まんまですよ。気ぃ遣いだしー、あんま怒んないしー、他人の悪口言わないし―、俺とヤタローは言ってるけどー

星:それメモってます

(笑)

ヤ:性格悪いなお前!

記録して(笑)

星:そういやあんとき、こんな事言ってたよねーみたいな

ヤ:まぁなんせ記憶力がいいわ

キャッチャーの方だから、普段から記憶っていうのは大事にされてますか?

星:いや大事にして覚えるもんじゃないと思うんですけど

ヤ:なんかすげー覚えてんの。この前あそこ行ったよねー、とか

星:自分の好きな事は覚えるんですよね。だから全然勉強覚えないのにー、しょーもない記憶ばっかり残ってるんですよね。あんとき何食ったよねー、とか

ヤ:ぜんっぜん覚えてないのに

じゃあ星選手から見た片岡選手の、意外な一面は?

星:意外な・・・

ヤ:何も無いあんま言うなよ

今ちょっと脅しが入りましたね(笑)

星:・・・ない、、です

ヤ:うわはははははは

何ですか今の(笑)

ヤ:お前余計変なんなるじゃんかよ

無いんですか(笑)?

星:んー・・・・・いや、あんまり無いです

ヤ:無いよ、無いない

星:いや、これはホントに・・・

ヤ:意外なとこは無いですよ(小声)

星:意外・・・んー・・・

なんか浮かんだけど、これはやめとこみたいなのが何個かあったりするんですかね

ヤ:言ってみてじゃぁそれをちょっと・・・

星:いゃ!・・・ぶふふ

(笑)

ヤ:お前あんじゃねーかよ、ナニナニ

星:いやただー、去年まであんま行ってなかったんですよ。で、今年行き出してー・・・意外と・・・「あれ?あんま予定無いのかな?」というのをー、逆に感じた事かなと

あ、なんか忙しそうな・・・

星:今まで、そう先輩だったり後輩だったりー付き合いがあって、あんまり誘いづらいなっていうのはあったんですけどー

ヤ:あー

星:今年に入ってー、いざ一回行って、じゃあ次も次もって行ってたらー、

ヤ:あれ?結構ヒマしてるな?みたいな?

星:そゆこと、そゆこと。ああ、誘っていいんだと

ヤ:あんま外に出るの好きじゃないんで(←ここで一回録音が途切れてしまい、こんな感じの事を言ったなと我が覚えている事を書いてます)

(ここからは先は再び録音成功)

あ、なんかすごくお出かけとかされるイメージがあるんですけど

ヤ:しないしないしない。あのー、着替えるのがもうめんどくさいんで

起きたら起きたままの格好がいいんですか?

ヤ:格好がいいの

一日過ごされることもあるんですか?

ヤ:そうそうそう。全然ある。表に出ないっていう強い気持ちを持って

それも強い気持ちなんですね。でもー、あのー・・・一人暮らしですよね?

ヤ:そうそうそう・・・(小声)なに???

なんかちょっとさみしいなーっていう時は無いんですか?

ヤ:あんま無いですねー

星選手は結婚されていてお子さんもいらっしゃってー、まぁそういう話もされたりしたときにこう・・・

ヤ:したね

星:したねぇ。

ヤ:なんか試合終わってからねー。一時間くらい。

星:うーん、したね。

どんな話されたんですか?

星:あの・・・結婚とは・・・恋愛とは・・・みたいなね。よくわかんないー・・・結末になっちゃったんですけど

ヤ:そそそ(笑)へへへへへ

その結末は気になりますが・・・お勧めしたんですか、結婚は?

(終始ヤスがうーんとかもーみたいな小声の唸りが入る)

星:なんか、試合後ロッカーで話したんですよ。でー、次の日休みだったんだっけ?

ヤ:休み

星:うん、でこのまま帰ってなんかー、どこも行かないって言って。何しよーって言って。
んじゃあ、TSUTAYAとか行ってDVD借りたら?とか・・・それも、なんかメンドクサイとか言い出したんで

ヤ:ああめんどくさいめんどくさい

星:ウチくる?とか言って。そしたらこう、、、「いるでしょー」とか言って。。。ていう話から、こうズルズルズルって・・・

ヤ:いや、こういう女はさー、みたいな

そんな深いところまで行っちゃったんですか?どんな人がいいかっていう

ヤ:行った。行った行った。

星:どういうの好みなの?みたいな

ヤ:うん

どんな方が好みなんですか?

ヤ:僕ですかー?奥ゆかしい人(キッパリ)

奥ゆかしい人?久しぶりに聞きました奥ゆかしい人

星:そして、そのワードが出てくるんですよ。奥ゆかしい人。

ヤ:奥ゆかしい人だよね。2~3歩下がっている人

じゃぁ昔の日本女性っていう

ヤ:(小声で)ソウソウソウ

それちょっと難しいかもしれないですね、今の、現代において

ヤ:そうなんです、だから独りなんですよ僕、未だに

(笑)。じゃあ結婚したいっていう願望はあるんですか?

ヤ:いやーでもまだ、あんまり、あのーイメージ出来ないんですよね。結構独り好きだからー、家帰ってー、誰かがいるっていう・・・のがー、イラっとしそうで(言いにくそうに、(笑))

(笑)でもなんか、風邪ひいたりとかするとちょっと

ヤ:いやだからそういう困った時はぁー、さすがに・・・(小声で)「いや俺結婚しなきゃダメかな」とか思ったり・・・考えますけど―、基本風邪ひいてないじゃないですか

まぁそうですね、一年のうちに殆どないですね

ヤ:はい。だからこう、疲れた時にー、そっちの方も気を遣わなきゃいけないのかなって思うとー、、、あ、止めましょこの話。

深くないですか今の(笑)?

ヤ:マイナスになる。僕のイメージが。

でも単純に、西武の女性ファンの方は、片岡選手が結婚しちゃったら一気にこう、寂しがる方は多いですよね?「いやぁーーー」ていう悲鳴は絶対・・・

ヤ:いやまぁ、独身・・・

星:ヤスだけ?ヤスと?

ヤ:あとは・・・

星:マキー

ヤ:あ、まきやんねー

星:アレも同じ匂いがするね

ヤ:アレもこまいペースだよ

同じ匂いが?

ヤ:んー・・・

結婚・・・遠そうですか?

ヤ:まきやんもしなそうだよねー

(笑)これはもう・・・片岡選手は暫くは結婚しないでいただいて、西武の女性ファンの為に(笑)

星:球団の為だよ(笑)

ヤ:球団の為ねぇ・・・球団、、、お金くれんのかな・・・

(笑)結婚しなかったで賞

星:ちょっと査定の人に、ねぇ・・・独身査定みたいな

そこに組み込んでー、とか言って

ヤ:そそそ


<<<インターバル>>>

(最後のテーマ、自分の敵について)

最後にこの企画「バーサス」ていうタイトルなんですがー

ヤ:出た。バーサス出た。

お二人の中で、ずばり一番の敵と言いますか、戦っているものって、ありますでしょうか?

ヤ:色々あるでしょ

ライバル意識・・・してる人とかでも何でもいいんですけど。片岡選手なんかありますか?

ヤ:僕はこの西武ドーム。これから夏に向けて・・・ヤーバイですから。

暑さが・・・

ヤ:暑さが!それがホントに・・・ホント怖い。

星:凄いね。

やっぱ他の球場とか行くと違うって感じになります?

ヤ:いや、ぜんっぜん違いますよ。ほんっとに、まぁお客さんも大変だろなっていうぐらい

まぁ熱気も含めて温度ってどんどん上がりますもんね、試合始まってから

ヤ:ジッとしてるだけでもね・・・この方なんてもういっつも汗かいてますからね(この人=TBSラジオのディレクターさん)

TBSラジオのねー、ディレクターさんはねー

ヤ:ディレクターさんはねー、名前ねー、誰とは言わないけどー

名刺見てるだけで汗が出てきちゃうんですけどね

ヤ:いや見てるだけじゃなくて来ただけでね、すごいもんね。だからこの間タオルあげたもん。

(笑)やさしいー。汗のために・・・これから暑いので

ヤ:そう。汗っかきだから

じゃあ星選手のバーサスは・・・

ヤ:真面目に言った方がいいですよこれ?

何でもいいです

ヤ:なんでもいいよ?

星:はぁい・・・でもまあ色々ありますよ。

ヤ:色々あるよ、うーん

星:まぁ・・・年齢も年齢なんで健康と

ヤ:うははは!オヤジかっつーの・・・

健康と?

星:もありますしー・・・やっぱあとは、自分自身のー気持ちだったり、ありますよね。まあ、勿論ライバル選手もいますけどもー。

ヤ:(横つっこみ)ダレダレ?

星:(半分うざそうにw)え?

ヤ:誰?銀仁朗?銀仁朗じゃないの?誰?

星:いえいえいえ

ヤ:光山さん?

星:いえいえいえ・・・(笑)。そういう部分も含めて

(笑)

星:まぁただー、そうですね。僕の母にもよく言われるんですけど、まぁ引っ込み思案というか、あのーまあ変に優しところがあるって突っ込まれる・・・まぁこないだもちょっと電話したら言われたんですけど。
「自分が、レギュラーになるつもりでやりなさい」ていつも言われるんですよ。

はい(笑)

ヤ:ふーん・・・なんで笑ってんの?

いやお母さんとそういう話されてすごいなーと思って、素敵じゃないですか

星:いや昔からそうだったらしいんですよ。そのー、別に2番手3番手とかそういうところに甘んじているわけじゃないんですけどー、ま今シーズンもそういう場面多いんですけど、途中から行く事が多いってさっきから言ってますけど、ま、そこでどうアピール
するかっていう、ま自分の存在価値を見出すかっていうところにとても魅力を感じてしまっているので、まぁそこがダメだなって
思ったりもします。

ヤ:んー

星:なので、もっと・・・貪欲にというか

ヤ:んー、行けよー、貪欲に

星:レギュラー獲るくらいで、

ヤ:行けよー

(笑)

星:(笑)やらなきゃ・・・やらなきゃなと思いつつ、あのー、自分の今の立場をどうっていうのを考えてしまうんで、そこらへんの自分自身との戦いが、一番かなと。

今のバーサスと。

星:はい。



じゃあ、最後にファンの皆様にメッセージをお願いします。まず片岡選手から。

ヤ:メッセージですかぁ?

はい

ヤ:まぁまだ結婚はしませんので、、、まぁそこは心配・・・しなくても・・・大丈夫です。

(笑)はい・・・

ヤ:夏はホントこのー、夏に向けて今ちょっと、元気無いですけど、夏と共に熱く行きますんで、元気な姿を見に来てほしいですね。

では、星選手もお願いします。

星:はい。えー、、、まずはね、「ももちゃん」て言いたい人もちょっと我慢しながらー、えーこのラジオを聴いてくれた方は、
ね、その辺はわかってくれてると思いますが、、、まホントに、これから夏に向けて、まこの球場でやってるかどうかはわかんないですけど、毎年ライオンズは夏からぐいぐい上がって行ったりするチームなんで

ヤ:えー?そうなの?

星:そういう・・・

ヤ:あそうー

星:これからなんで、ま僕も1試合でも多く試合出て、シーズン終盤に向けて、勿論優勝に向けて、巻き返しが始まると思うんで、是非応援よろしくお願いします。


<<インタビュー終了>>



ああ、後半は長かった。読みにくい日記になってすみませんでした。

ヤスの目標の1000試合ですが、事実上今季の到達は困難となりました。
ただ、インターバルでコメンテーター?の盛田幸妃さんも仰ってましたが、1000試合は来年でも達成出来るので、今はまず怪我の状態を改善させて早く一軍に戻ってくる事を祈ってます。

星孝さんの、優しいから一歩引いてしまうところがある、っていうのは何となくわかる気はしますなあ。。。見た目的にそう見えてしまうのかもしれないだけで、内面はわかりませんが。。。

野郎にはどーでもいい話ですが、選手の結婚ってファンにとってそんなに大きいかねぇ。。。

たまに、このブログのメールに選手の結婚しそうかどうかについて真剣に聞いてくる人がいるんですが(知りませんよそんなのw、何で野郎の我に聞くのか不明ですw。我にしてみりゃ一番興味無い分野だしw)

我の知っている女性ファンの方々はそうでもなさそうだけど、栗Cが結婚を発表した直後の栗Cトークショーで空席が発生したとかいう話もあったので、、、まあショックなんかね。

我が好きな女性アナが結婚した時は・・・なんか変な感覚だったっけw

まあ、いいや。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



TBSラジオ プロ野球ネットワーク『Versus』 ヤス&星孝さん対談(前半)

昨日、TBSラジオの『プロ野球ネットワーク』のコーナーの一つである現役プロ野球選手による対談「Versus」で、ヤスと星孝さんの録音インタビューが放送されました。

聴かれた方も多かったと思いますが、聴かれなかった方も結構いらっさるかと思い、なるべく文字起こししたいと思います。

ただ、放送が数十分にも渡った為、一度に完了するのは無理無理無理w

けふは、インタビューの前半部分のみアップします。前半は『2人の出会い』『30歳になって野球的に変わった事』が題材。

残念なのは、この収録がヤスの離脱前に行われたこと。今のヤスの状態を知りたかったのですが、離脱前のインタビューなので、そういう話には当然触れられていません。

声のトーンも明るいものでした。

ヤスの見通しについてはまだまだ待つしか無いんだろうなあ。。。

というわけで、まあそんな事を言っても仕方がないですから、書きおこしましたよと。

長いので完全に一語一句書き起こしたわけじゃないですがご勘弁をば。

色分け等、編集する時間もありませんでしたので、少し読みにくい点もご了承下さい。



では。

ヤ: ヤスの発言
星: 星孝さんの発言
無印: インタビュアーの発言

<ではスタート>

なんか同級生でプライベートでも仲が良いとうかがってますが・・・

ヤ:なんで我々を選んだんでしょうね?

星:ね?

ヤ:このおっちゃん二人ー。

なんか二人の愛があるのではないかという・・・その二人の愛を引き出したいと思いまして

ヤ:それはねぇ、、、仲好くやってますけどねぇ

星:特段ねぇ、、、人に話せるもんでもないし。。。

ヤ:そんなー、人に聞いてもらう様なエピソードも無いしねぇ

そのなんか・・・愛ある感じを・・・

ヤ:そろそろシメますか、じゃぁ・・・バーサスということで

星:そうだねぇ

ヤ:そうっすねぇ、僕のバーサスわぁ・・・あー、まだ早いっすか

<中略>

二人は同学年という話になり

ヤ:そうっすねぇ、一応同い年ということで、甲子園も一緒に出てたんだよね?

星:同期入団ですしね

その頃の初めて会った時って覚えてらっしゃいますか?

ヤ:・・・初めて会った時???

星:どこ???

ヤ:ジャイアンツの時あっ・・・

星:会ってる

ヤ:会ってるよね57年会で会ったっけ?

星:・・・会ってる(自信ありげに)。会ってるし―・・・

ヤ:なんだよまともに喋ったのいつかわからない

ヤ:んー・・・

星:岐阜?

ヤ:岐阜??????

星:オープン戦かなんかでやった時

ヤ:ジャイアンツ?

星:うん

ヤ:あなたジャイアンツ???

星:あなた私ジャイアンツ

星選手がまだジャイアンツにいる頃

星:でもその前に57で会ってるかもしれない

ヤ:んー、、、まハッキリ覚えてるのが、星君が、トレードで来た時に・・・あれ、QVCだよね?

星:QVCです

ヤ:に、スーツで来てたんですよ

はい

ヤ:でー、まあ同級生だからっつってー、歓迎したのは覚えてます

同級生が来るって言うのは嬉しいっていう感覚はあるんですか???

ヤ:まあ同級生だからー、ジャイアンツの内海投手いるじゃないですか

はい

ヤ:あいつからも連絡あってー、星君よろしくね、みたいな

へー

ヤ:めっちゃいいやつだから、つって

はい

ヤ:まあフタを開けてみたらそんなイイ奴でもなかったんですけど

星:表向きーだけそうしといて

ヤ:そうそうそう、まだね。でも顔はイイよね

星:よくない

ヤ:顔が

星:ヤスに言われちゃあねぇ・・・枯れちゃうよ

星選手は初めて西武に来た時は、このチームどんな印象でしたか?

星:来たときー、まあ、セ・リーグとパ・リーグで、あのー試。合はそんなにやんなかったですけどー、まぁイースタンで一緒だったので、えーまぁイースタンで見る限りは、ホントに明るくて若いチームだなというのは感じました

二人は食事にも一緒に行かれていると言う話なんですが、いつからそれくらい親密になったんですか???

ヤ:メシー行き出したのは今年だよね?

星:今年

じゃあ結構最近なんですね?

ヤ:最近ですよ。なんかホントにもう一人同級生がいて、坂本やたろーってご存知ですかね?

(笑)はい、勿論です

ヤ:知ってます?

(笑)はい、勿論です

ヤ:あー良かった。あいつがー、まあね、手術して一軍に上がってきて、で星君もいてー、じゃあ同級生で一回メシ行こうかっつってー。
仙台からだっけ、千葉だっけ?

星:千葉が最初かな?

ヤ:千葉の遠征の時に、一回三人で行ったんですよね。で、そっから結構3人で行くようになってー

(何故か笑い)

はい(笑)

ヤ:遠征行くたびね(笑)

星:行くたびね(笑)

ヤ:3人でー、瓶ビール片手にね

星:そうそうそう

はい、ブログで見させていただきました

ヤ:あ見ましたか?

コップが無い状態で・・・

ヤ:コップが無いんです

星:コップ要らないですね

瓶ビールを一人一本で頼むっていうことですよね

ヤ:そうそうそう

そのまま飲むってことですか?

星:そうです

ヤ:コップはきても返してー、

星:いつのまにかね

ヤ:んー

星:そういうスタイルになって

ヤ:そうそうそう

定番にーなったんですね

ヤ:定番ですねー

なんか試合の時とかも色々話されたりするんですか?試合前とか

ヤ:試合前すか?

野球の事とか

星:まあ、基本的にヤスが、スタメンで出る事が多くてー、まぁヤタローと僕は途中から行く事が多かったんで。まあヤスはもう試合に集中していただいて、ま僕とヤタローで・・・なんか・・・愚痴ってました。色々(笑)

どういうことを?

星:まあ、ここでは言えない様な事を。まただね、ヤスには頑張ってほしいねぇという話をしながら、俺らが出番来るころはどんな感じかね、という話をしながら、はい。

そんな話をされているそうですが?

ヤ:知ってますよ

あ、それは知ってるんですね(笑)

ヤ:知ってる知ってる

そこまでツーツーカーカーなんですね?

星:勿論隠すことは無いです

でも星選手の誕生日に、片岡選手が誕生日弾を放ったっていうのが印象的なんですが

ヤ:んー・・・

それを約束通り打ってくれたって仰ってましたが、どんな約束が交わされていたんですか?

星:まぁ、今日誕生日だから、一本打っちゃってよー、みたいな

ヤ:まぁ一本いっちゃうわ、みたいなぁー、まぁ、軽い感じですけどー

はい

星:キッチリね

ヤ:キッチリねぇ、打ったねぇ・・・

すごいですよね?

星;カッコ良かったっすねぇ

実際打った時はどんなお気持ちでした星選手は?

星:うぉ!うぉ打った!みたいな・・・

ヤ:(背後でごにょごにょごにょ、、、よく聞き取れず)←よくある

星:でも試合の中ですごい良い場面で打ったんで、自分の誕生日だってのを忘れながら、ベンチでみんなで喜んでましたけどね、はい

片岡選手は打席に入った時、星選手の為に打つって(だんだん笑い

ヤ:(遮るように)んな事考えるかぁ!



ヤ:んな事考えて打ったらいつでも打てるよ、そんなのー・・・

笑。でも打った時に、あそういえばそんな会話―、てのは思いだされましたよね?

ヤ:そうーですね、ベンチ帰ってハイタッチする時に「ありがとう!」みたいな

はい

ヤ:(声が大きくなる)「あぁー!そうだそうだ!」みたいな

笑。そこで思いだすみたいな?

ヤ:そうそうそう。

夫婦みたいですよね

ヤ、星:爆笑

よくなんかあるじゃないですか?

ヤ:例えおかしくない?

なんか奥さんが帰ってきて胸キュンってするパターンの、

ヤ:ねぇ・・・

なんかこのボールをみたいな

ヤ:そんなねぇ・・・奥さんがいればいいんですけどねぇ



ヤ:エーヘーヘーヘー

星:まあその辺はね、

ヤ:(わざとらしく)へへへー、エヘヘヘー

そこに愛を感じたんですが

星:まぁ・・・

ヤ:大好きですから

大好きですから(笑)。その気持ちがこもった、ホームランだったんですね?

ヤ:そうっすねぇ

はい(笑)


<<<<<ここで一旦区切り。ナレーション>>>>>

ナレーションの間に、ナレーターが「かたおかやすひろ選手」と一瞬読み間違えるw

<<<再開>>>

お二人30歳を迎えて、野球に対する意識って変わったところってありますか?片岡選手は?

ヤ:変わったとこはありますけど、まぁーーー、ま御覧の通り若いチームですから

うーん

ヤ:やっぱ自然と、、、変わっていきますよね。やっぱ下の子が増えると・・・その子達の事も見ながら


うーん

ヤ:でー、ちゃんとしたプレーをしなきゃいけない、、、なんかそういうのをー、見せなきゃいけないっていう自覚とー、まぁ引っ張ってかなきゃいけないっていう気持ちが、自然と・・・芽生えてきましたね。

若手に声をかけたりとかも、そういうのは意識的にされたりしているんですか?


ヤ:そうですねぇ。やっぱミスすると、人間ですから・・・まぁヘコむ事もあるし。そのままねぇ、ズルズル行っちゃう場合もあるんで、えー、そういうのは止めてほしいので、まぁ極力、試合に出ている僕らがカバーをしてあげて、まぁノビノビやらせたいな、という思いはあります。

星選手は、変わった事ってありますか?

星:まぁ同じようなことなんですけど、ただ、僕はヤスと違ってそこまで野球選手としてのキャリアというか、えー、一軍での実績が無いもんで、あまりこう、自分の経験を生かした色々な事を言える立場ではないんですけど。
ただ、それなりに年数はやってきたつもりなんで、まぁ勿論そのー年下の選手に対して、まぁ僕だから出来るアドバイスが必ずあると思って、えーまぁ色んな事を話したり、まぁあとは自分が試合に出たら、途中から行く事が多いんですけど。
まぁなんとか、そのーもし悪い流れだったら断ち切れるように、もし良い流れだったら壊さない様にというのを意識しながら、まぁただね、若いチームなんで、その子達、まぁそんな下じゃないですけどー、ノビノビやれる環境を作りたいなと、まぁ思うようになりましたね。

星選手から見て、片岡選手がそうやって若い選手を引っ張っていこうとしているのを御覧になっているかと思うんですが、どんな印象を持たれてますか?

星:ヤスが内野にいることで締まる部分もありますしー、ピッチャーがちょっと打たれた後、チョチョっとこう、マウンドに行って一声二声かけてるのを見ると、なんかピッチャーの表情も和らいでいるのも見えますし、、、まぁ一言で言うと本当に心強いですよね。

因みに、WinWinてやる、ベンチに向かってやるパフォーマンスは片岡選手が考えられたんですか?

ヤ:考えたっていうかー・・・一番最初にやったのは僕ですけど、それでーなんかエスティとかー、山崎さんが喜んで、でベンチで盛り上がってたんでー、それでみんなヤレヤレみたいな、まぁそれで盛り上がんならいいかなと。

はい

ヤ:ただこうやって名前を募集するとか、そんな大きなものになるとは思わなかったんでー、ほんっとにー・・・

そうですね、名前募集ですからね、すごいですよね

ヤ:そうそうそう

星:名前つけるとちょっとねぇ、かまえちゃうよね

ヤ:そう、なんかー、その会議もして

はい

ヤ:何やってんだろっていう

星:選考会

じゃあ選考にも関わったんですか片岡選手?

ヤ:関わりましたよ(口とんがらせ口調)

これがいいんじゃないかとか

ヤ:そう。

星:結構きたんでしょあれ?

ヤ:結構テレビでもやってたよ・・・でもーなんか、あんまり注目されると、テレちゃうんで

(笑)逆に今WinWinやる時は、テレが入る感じで?

ヤ:そうっすねぇ、まあ42イニングタイムリー出てませんからね

ヤ、星:半自虐的に(笑)

ヤ:やるタイミングが無いって言うね

星:ねぇ

ヤ:最悪な状態・・・

星:普通のヒットでもやっちゃおうか、ていうくらい

ヤ:普通の時やりすぎたね

星:やりすぎたね

ヤ:使いすぎた。

星:安売りしちゃったね。

ヤ:うん

見られる時が楽しみですね

ヤ:まぁ、盛り上がってくれればね、いいですけど

星:やりたくてしょーがなかったけど

ヤ:最初はね

星:いや、あんま打たないじゃないですか

ヤ:あーそっかそっか、試合でないもんね

星:おい

そんな星選手のことを・・・

星:おい!たまに出てこう・・・あれちょっとやってみたいなっていう欲が

はい

ヤ:岸もあれやりたいっつってたもん

星:でしょー?

ヤ:うん。

星:ちょっとやってみたいよあれ。

<前半終了>


後半は『チームの現状』『プライベート話(けっこん感みたいな)』が中心でした。



ヤスと星孝さんは同じチームになった時から結構仲が良かった印象でしたが、食事に一緒に行き始めたのが最近だったというのは意外でした。


それから、若い選手が多いのでとにかく一生懸命やらなきゃならない、というのは今季のプレーを見ていてよくわかります。

今季のヤスに対して不満の声があまり聞かれない理由はそこなんじゃないかな、と思うくらい。

個人的には、144試合は長丁場なので抜くところは抜くのもアリだと思ってますし、抜くところはあっても集中力が爆発すると途轍もないパワーを発揮する様な『ムラ』も、ある意味ではヤスの強みの一つだとは思っています(同時に欠点でもあるかもだけど)。

ただまあ、選手は常に全力を尽くすのが当然という声もあり、そこが難しいところですか。
(これ、現場の首脳陣レベルでも意見が分かれるかもしれない。解説者のコメントを聞いているとなんとなくね)。

あからさまに抜くのは確かに印象良くないですが、常に全力100%じゃ殆どの選手は持たない気もしますので、兎に角主力選手に関しましては1試合でも多く出場出来る事を、それ以外の選手も身体を万全に近づける事を何よりも第一に考えて欲しいです。

とはいえ、ヤスは離脱してしまったけどねorz


【追記】おかわりの復帰は8月中旬以降にズレ込み
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-00000258-sph-base

やっぱりなあ・・・という印象。もう、これだけの大きな故障、手術だったということ。
こればかりは仕方ないです。
最後、優勝争いに残っていてそこで救世主として現れる事を期待するかなあ。

試合に少しでも多く出る大事さと慎重になる大事さ、全力プレーを極力心がける大事さと抜くところは抜く大事さ、バランスを取るのはなかなか難しいな。。。



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


ヤス&星孝さんラジオくるよー&おかわり見通し立たず

いくつかのニュースをば。

まず最初にヤスと星孝さんが今晩のTBSラジオに出演。
このTBSラジオの番組表を見る限りは、ヤス&星孝さんは20:00から?

http://www.tbs.co.jp/radio/todays954/index-j.html


20:00からならば何とか聴けるかな〜。まあ仕事次第なんですが。

趣旨は同学年対談?みたいですが、問題はコレが過去に収録したものなのか、ここ数日に収録したものなのか、あるいは生出演かで内容が変わってきますね。

どうしても気になるのはヤスの現状です。第二球場でファンが様子を見に行ったところで判るのは表面的な事だけだから。。。
まあ、本音をどこまで話してくれるかは微妙ですが、、、。

とりあえず聴ける努力はしますだ。


昨日のファームの試合では出ていないようですがそれはまあそうでしょう。
こんなにすぐに試合に出るくらいならば、何の為に抹消したかわかりませんからね。
尤も、少しでも早く試合に出れるようになる事は願いますけど、離脱したという事はある程度は慎重になりそうです。


話変わりますが、今週号の週ベに永江が登場しているんですが、話の途中に『片岡さん』という言葉が7回も8回も出てきてわろたw



もう一つ。

やはりおかわりはメド立たず。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000038-spnannex-base

おかわりについては、これまでの情報とこの前第二で見た様子とでなんとなくわかってました。
まだ守備練習に参加出来ていない足の状態では、いかに復帰後はDHで良いだろうと言っても、実戦復帰段階ではない事はわかりました。

体重も結構あるので、下半身を故障しやすい&故障してしまうと長引く傾向はあるのかも。我が言えた話じゃないですがorz


オールスター明けの復帰を期待していましたが、実戦に参加出来る段階になっても今季は全く実戦を経験出来ていないので、ファームの試合で少々の期間は調整が必要でしょう。
一軍復帰後もいきなり4番のパフォーマンスを期待するのも酷な気はする。

となると、浅村が暫く4番を打つ想定というのは納得の行くところ。

ただ、浅村の負担も考えないとならない現実。。。

浅村の成績を打順別に調べてみたらこんな感じ。
『プロ野球 ヌルデータ置き場』様より参考)。


1番(打席数50) 打率.233. 出塁率.280. HR2 打点4(得点8)
4番(打席数55) 打率.308 出塁率.345 HR6 打点13
6番(打席数150) 打率.313 出塁率.345 HR3 打点25

浅村の長所でもあり短所でもあるところは、何番でも打撃があまり変わらないところだと思う。
まあ、簡単に言ってしまえばとにかく長所を生かしてフルスイング系統。
逆に言えば、場面を考えて云々というのはまだ苦手でせう。


彼の理想型が1番ショートらしいので、1番に入ると逆にそれを意識するのか、より自由にノビノビと打つ傾向(悪くいえばかなりの淡白さ)が去年も一昨年も出てしまい、今季も数字に表れている感がありますな。
出塁率や足も際立ってはいない。足に関してはもっと出来そうな気もしますが。

本来ならば6番が合っている気がします。

勿論、4番に入ってからも変わらず頑張っています。ホームランも効果的なものが多いし、打点も打席数を考えれば申し分無し。

4番が板についてきた、代役ではなくなってきた、という意見も出てきています。


ただ、今後浅村自体が苦しくなった時、あるいはチーム全体が苦しくなった時に、4番としての責任を彼におっかぶせるのは難しいだろうなあ、、、とは思います。

謂わば、ノビノビ打ってもらってナンボなのです。ノビノビ打てる4番目の打者、くらいで良いかと。

相手がピンチで勝負を避ける様になってきたら本物かもしれない。
ただ、まだそこまでは行ってないというか、求めるのは厳しい。

まあ、浅村に限らず今季は『クリンナップ』という言葉にとらわれない方が良いでしょうね。。。


ただ、何れにせよ打撃でのある程度の結果を求めるなら、守備位置はファーストで固定するしかなくなるとも思います。
考えてみてください。まだ浅村は一年間乗り切った経験もありません。
その中で4番ショートあるいは4番セカンド固定、これは求めるものが多すぎます。

負荷分散出来ないと、良い選手まで潰れてしまう。特に今年のチームから考えると浅村はこの辺を考えてあげないと、、、厳しいだろな。


カーターが見違えるほどにクリンナップに適するならばそれも手ですが、そこはまだ未知数ですからねえ。


あと、個人的には秋山と栗Cの打順をひっくり返しても良いかな、と思う。

栗Cの状態の落ち方がハッキリしています。
今の感じならば、出塁重視に役割を切り替えた方が良いかもしれない。

勿論、秋山も浅村同様にクリンナップの責任を意識させ過ぎないようにしなきゃならんけど、出塁率を集中して稼ぐという意味では栗のがかなり長けています。

まあ、リーグ戦に戻って変わるかもしれないけど。

この場合に気になるのは走塁面ですが、現状走塁で得点を増やす野球は期待よりは出来ていないので、出塁重視でも良い気はします。
栗Cの状態が上がらないままランナーを返す役割に固執する必要は無いかなと。


我慢、固定、育成と、今後を考えると色々なキーワードが出てきますが、今季に関しては何れもなかなか大変だなあという印象ですな。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


カーターはやはりDHか代打か?

4日間のブランクを有効活用しているsevenmaniaです。

仕事はまあ、その時々で片付けますのでこの4日間で云々は関係無いのですが、夜はゆっくり出来ますねwまあ、元々朝型なので朝早めに出勤している事に変わりないんですが。

チームは今日からご出勤ですかね?

幸い、リーグ戦再開後の最初のカードは地元開催だから、金曜日の試合前まで練習はフルに使えます。それだけ基本プレーを見直せる時間があるといふこと。こんな小さな利点でもそれを活かさないとね。

昨日も書きましたが、すぐ直せる部分は修正していただきたくー。最初の3連戦でいきなりサインミスやらやったらヤジっちゃうよ?特に、林崎やカーターなど一軍の場に新たに加わった戦力(カーターはまだ使い方がわかりませんが)は要注意。

こういうサインプレーもそうだし、もっと噛み砕いて考えるとサードコーチのプレイヤーに対する指示やらその他諸々も含め、指示の伝達系統は大丈夫かね?と思えるところが散見されましたゆえね。

それから、もう少し攻撃面で相手にプレッシャーかけられませんかね。
バッターボックスと塁上の双方から相手バッテリーに重圧をかける、何を仕掛けてくるかわからないぞと相手に思わせる。
全体で相手を潰しにかかっている様なそんな野球が見たいですよね。
1人1人が役割を果たしている時は、率が多少低くても何とかなるもんです。2011年の秋に怒涛の追い上げをした時なんか、勢い任せに勝っていただけじゃなく、ここが凄く上手くはまってた。


と思い、試しにふと盗塁数をチラッと調べてみたら、ライオンズの盗塁45はリーグトップ。ちょいと意外でした。
ただ、この試合数で45というのは、スモールベースボールを標榜していたチームとしてはやや寂しい気がするのは我がヤスファンだから?
まあ、別に盗塁だけが相手にプレッシャーをかける術ではありませんが。



カーター加入により、彼の使い方を何処でどう見極めるか?
去年の実績もありますが、足に問題を抱えていた去年とはまた違う傾向が出てくるかもしれません。

カーターが可能な守備位置はファーストとライトも可能?ということになるのかな。

BCリーグの成績を調べてみたら、カーターは確かに試合に出続けているので、足の不安は解消されたと言って良いのかも。

ただし、先発出場は全てDHであるようです。試合途中に守備位置交代でどこかに入った可能性は否定出来ませんが(BCリーグのルール的な面でのDHの扱いが不明)、これを見る限りはいきなり西武一軍でファーストやライトは厳しいだろうなあ。。。

となるとDHをスピリーとカーターで争い、ライトを大崎熊代スピリーで争う?
ファーストカーター、セカンド浅村も可能性は無くはないでしょうが、カーターのBCリーグにおける守備機会の無さと、日曜日の試合でも浅村は一塁であった事から、多分このパターンは止むを得ない時のみな気がします。

とりあえず、左腕相手の時はスピリー、右腕相手の時はカーター、という使い分けもあるかもだ。
スピリーは左腕相手にはかなり低い率になっていますが、データが少ないので何とも言えない。
それに、今までのライオンズベンチの傾向からするに、左右をかなり気にするみたいなのでね。。。
あるいは、少し率の上がってきたスピリーを先発、カーターを代打で様子見するか。

守備は無視できないレベルにライオンズの勝敗を左右しているので、いきなりディフェンス面で大きな博打は出来ない気がします。

また、何度も言いますが代打が極めて薄いので、別にスタメン候補のうち守備不安のある1人〜2人は代打でも構わないと思われ。
使われ方に納得できない選手も出てくるかもですが、仕方ないかと。これでもまだまだ層は薄いのだから。


とりあえず、一軍がお休みなここ数日もファームは試合がありますから、カーターを早めに使うならば今日にでも支配下登録してファーム戦に出れるようにして欲しいですね。今日から西武第二で三連戦、週末は横須賀と相模原で三連戦と、ファームはびっちり組まれていますからね。

野上とカーターが昇格する段階で野手2名は落とされるでしょう。
もしかすると、連戦を考慮して投手を更に一名増やす可能性はありますから、野手から3名落ちる事も。。。
カーターの昇格がいつになるかわかりませんが、現行メンバーのボーダーラインの選手にチャンスがあるならば次のオリックス戦。

彼らによる血肉の争い?

いや、例年のパターンだとファームからチャンスを貰った誰かが必死のアピールをしてもおかしくない時期なんですよね。
そのくらいじゃないと本来は厳しいですし。


ところで、ファームのスケジュールを見ていて気付きましたが、先週はそもそも天気予報も悪く、ファームの試合は三試合続けて流れているんですね。

まさかとは思いますが、金子を昇格させたのはその為?

まさかね。。。


追伸)七月の仙台のお宿に困っているというお問い合わせを複数名の方から聞いてます。

仙台は今も復興支援で何日かまとまってホテルを取る人が結構いるらしく、震災以降はそれ以前と比べると予約が取りにくくなっています。

少し遠いですが、秋保温泉や作並温泉、あるいは多賀城とかなら多少の空きはあるみたいなので、そちらも検討してはいかがでしょう?
作並温泉あたりまでいくと結構遠くはなりますが、良い温泉ですよ。我もKスタに行く前に午前中は日帰り温泉しようかなと検討しています。
ただし、電車の本数は1時間に1本とかですが。秋保温泉のが便は良いかな。

まあ、仙台駅付近〜国分町あたりには沢山ホテルがありまして、キャンセルが出る事も結構あるので諦めないで下さい。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


主力以外の奮起

ここへ来て梅雨らしい天気が発動しています@東京地方。

まあ、試合も無いですしライオンズとしても来週の大宮以外は暫く屋外球場での開催がありません。
選手の皆様としても今週末から始まるハードな日程(というより交流戦が緩い)に切り替わってからが勝負でせうか。
経験値の低い選手はなかなか大変だと思います。

元々、一年間持つ選手は極めて少ないですから、多少の選手の入れ替えは頭に入れて交流戦終盤を戦いたいところだったんですが、それどころか目の前の試合をこなすのに精一杯という感じでした。

投手は出し惜しみしたような試合もあった様に見えますがね。


そんな中、昨日の試合は林崎を連続でスタメン起用、ショートとライトは左右の問題が大きそうですが、それぞれ山崎と熊代を起用します。

なるべく浅村はファーストで固定したいという事ですかね。
それとも、相手が右腕だったら上本一塁、浅村二塁にした?

とにかく、チャンスの少ない選手は何らかの結果を残して交流戦を終えたいところですが、前日の試合で同期の3人がスタメン起用されているのに自分はベンチでジリジリしていたであろう熊代、昨日はお立ち台に立つ活躍をやってのけました。

これだから面白いw

こういうチャンスは逃してしまうとどんどん苦しくなりますからね。

これでライトポジションを争う大崎も黙ってはいられない。
まあ、本来はライトは複数名で争うのが正常だとは思いますが。


山崎も前日の試合でベンチがお通夜状態な時、一緒になってお通夜になっていたのでどうしたものかと思いましたが、最後の打席でストレスを発散するかの様にレフトオーバー。
この前の打席でヒットになるかどうかの当たりも出ていただけに、ここで一本出ていなければ鬱状態で4日過ごさなければならなかったかもしれません。
色々な意味で、永江も簡単には固定させないよということ。

この遊撃争いも『誰々が良い!』というファンの声も度々あがるものの、固定して納得出来る選手が出てこないもどかしさは依然解消されてませんが、抜け駆けするチャンスは今日にも転がっているんですけどね。


まあ、ただ昨日の試合はまず働くべき人(秋山、栗、浅村、ヘルマン)が相応には働いたのがまずは基本にあって、そこに6、7番を打つ選手が適度に続いてくれた事で久々の大量得点になりましたと。

スピリーがここ2試合で出塁率を上げています。
本来の助っ人像とは違い軸としてはあまり期待は出来ないですが、元々長打よりも率タイプなのはわかっていたこと(この辺が統一球の影響でもあるかね)。

6、7番が機能してくると大分印象は変わりますね。まあ6番は大崎はそこそこ頑張ってますが。
2番は1番さえ出塁すれば、二年前の原拓也の様に繋ぎに徹すれば何とかなる部分はあり、8、9番は最悪守備重視でもまあなんとか。。。

つか、銀ちゃんここのところ振りが少し大きくない??


補強しなければ最下位すらありうると書きましたが、それは特定選手に負担が大きくなりすぎるとその負荷がかかる選手にまで飛び火する為です。
秋山栗浅村ヘルマンだけで何とか点を取ろうというのは本来はとてもよろしくない策です。
クリンナップ以降が機能するかしないかは全然違いますね。

それに、点が取れなきゃ先発投手にも大変な負担が行きますからね。

6、7番を打つ選手がどの程度のパフォーマンスを見せるかは大きいよね。

ただ、何れにしても代打がいないことには終盤勝負の試合には勝ち切れないと。その苦しさは解消されぬままですよと。

そこでカーターですよ、とこういう事ですかね。復帰が決まったようで。
http://www.nikkansports.com/m/baseball/news/f-bb-tp0-20130616-1143721_m.html

昨日書きましたが、別にスタメンでなくとも代打でも良いんです。
とにかくここぞで出す代打がいないんだから。

その水準にあるかどうかでしょう。

レベルさえ問題無ければ、ベンチを盛り上げてくれる存在である事は周知の事実ですから、マイナスになる事は無いはず。



実際問題、おかわりもまだ明確な見通しが無いし(昨日の日記で書いた通りで、守備練習に参加できる段階にはまだ無い)、坂田もまだわからないでしょう。土曜日に第二で見た記憶は我は無いです。

ヤスの離脱は時期的にはカーター獲得とは直接関係無いとは思いますが。タイプも違うしね。

そして、外国人枠という点で考えるとウィリアムスもすぐに上がってくるわけではないのだろうなあ。第二でキャッチボールはしていたけれど、投げ込みをしたという話は聞いてないです。

だから、カーターは実質的な外国人枠4番手ということでしょう。


ああいう選手だからどうしても肩入れしたくなるのがファン心理。選手からも好かれているようだし。。

ただ、リーグ戦再開後からオールスター前の22試合は後半戦の戦力見極めの為にも大事な期間です。
首脳陣には、一度まっさらな目でカーターの起用法を判断して欲しいですね。
カーターの使い方によって他の選手の使い方も変わってきます。
代打ならそうでもないですが。

勿論、戦力になる事を願いますよ。戦力が枯渇している事に違いないのですから。



さあ、4日間のインターバルです。
苦しみながらも昨日結果を出せた選手が複数いる中で、その直後に間が空く事が吉と出るか否か。。。

4日間ではやれる事は限定されるでしょうが、ここまで散見されたサインミスや走塁ミス、バントミスなどの最低限のプレーに関する問題点は解消して欲しいですね。
特にサインミスなんてもう、もうもう。。。

あとは主力以外にどれだけ戦力になってくれる選手が出てくるか。
別に固定されるレベルでなくて良いんで。


この週末はヤスが足の痛み再発で抹消されるというどんよりする事が起きましたが、そんな時に4日間のインターバルがあって個人的には良かったです。

復帰は未定と発表されましたが、とにかく足を安静にして復帰までの時間を短くして欲しいです。
去年秋山が足を痛めて二回戦列を離れましたが、一回目は一ヶ月強の離脱、二回目は一ヶ月弱の離脱でしたか。
勿論、症状の度合いと完治までの期間は選手それぞれですから秋山の例では何とも言えませんが、そのくらいで戻れると良いのですが。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


第二球場でヤス金子おかわりを見た後に西武Dへ行きましたが・・・ねぇ・・・

今日は朝から雨天ですな。

第二球場へ行くかな?と思ったけれども、この天気からして第二での練習は多分室内じゃないかなあ。。。

昨日は試合前に第二球場へ行ってきました。まあ、ヤスがどんなもんなのかを見るためですが。

結論から言うと、ヤスはグラウンドではウォーキングだけやって終わりでしたね。

他の選手達がアップメニュー(軽いランやジャンプなどがある)をこなす傍ら、ヤスは自ら×印でトレーナーさんと別メ。グラウンドを数周するウォーキングにとどめていました。
DSC_0013_2732.jpg

まあ、登録抹消されてすぐですし、抹消理由が治療に専念ですから、そもそも休んでいた方が良いのかもなあ、、、とも思いますが。
DSC_0025_2733.jpg

DSC_0065_2734.jpg


見れたのはこれだけです。多分、今日見に行っても1日で大きく変わることは無いでしょうし、そもそも雨天なので今日は見に行きませんが、1週間経過して軽いランが出来るくらいになっているのか変わらないのか・・・ですねぇ。。。
変わらないようだとやはり暫くかかってしまうかもしれませんorz


一方、こちらも別メニューですが多少足は使っているおかわりさん
DSC_0136_2735.jpg

DSC_0155_2736.jpg

室内ではどんなメニューをこなしているのかわかりませんが、少なくとも守備練習とかには参加していません。

復帰後はDHかもしれませんが、例えそうだとしても守備練習が出来るくらいにならないと復帰は少々怖いところがありますね。。。ここまで長引いてしまうほどの大きな故障ですから、今更見切り発車は出来ないだろうなぁ。。。こちらもすぐに救世主として期待するのはやや難しそう。。。


抹消理由のよくわからなかった金子ですが、こちらは通常メニューでした。守備練習はショート位置でゴロ捕球を中心に。ということは、代走の時に足を痛めたとかでは無さそうですね。
DSC_0250_2737.jpg

となると、もう何度も書いてしまう事になりますがなんでヤス抹消のタイミングで同時降格させたのか、それ以前になんで昇格させたのかよくわかりません。

確かに既存メンバーで道が開けなかったので、ファームから若手を呼び寄せて使ってみるのも一つの手でしょう。
でも、手当たり次第的なアゲサゲはやめようよ。。。金子を後半戦の戦力として計算したいなら尚更。。。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


まあ、そんなこんなで昇格したのは「斉藤、林崎、米野」の3選手。
投手の昇格が無かったという事は、基本的に先発投手をリリーフとして使う前提でしょう。
実際十亀がブルペン入りしていますし、雄星はリーグ戦再開初戦で投げると考えるとここでは使えないものの、
十亀とワクイは十分使いどころのある2連戦であるはずです。

で、ヤスの抜けた2番セカンドには昇格直後の林崎がそのまま入ります。まあ、、、繰り返しになりますが既存メンバーでこれまで解決になっていませんので、それもアリかなぁ・・・という面持ちで見ていましたが。

そう言えば、先発投手牧田、1番秋山、2番林崎ですか。2011年ドラフトトリオです。
3人が3人なりに結果を出してファームで調整中の大石、ベンチに燻っている熊代の闘志に火がついてほしいところ。前川君はまずは支配下登録復帰を目指して欲しいところです。


昨日の西武ドーム周辺は予報では曇り~雨でしたが、実際には朝から結構な日差しが照りつけ、曇りはじめたのがお昼前かな?
従って、午前中の熱が結構にこもった状態。その後、午後に天気が崩れかけた事による湿度の高さ、更にはこのカードとしては非常に多い三万人以上の観客が詰めかけた事により、場内は予想以上に蒸し暑い形になりました。

初回から汗だくな牧田ですが、その初回に球数を結構消費してしまいます。


昨日は1塁側で写真を撮るための席を確保していましたのでよく撮れました。まあ、、、ヤスはおらんわけですがorz
DSC_0281_2738.jpg


牧田の場合は球数が増えてキレが無くなると比較的わかりやすく崩れていく傾向があり、これはブルペンは念の為、早い段階から用意が必要な感じですね。

相手の三嶋も立ち上がりは全く地に足がついていない状態。暑さのせいか単に立ち上がりが悪いだけなのか。

秋山は相手が地に足ついていないそんな状況を見逃さず、高めの甘いところにスっと入るストレートを振りぬいた打球はスタンドへ一直線。先頭打者HRでございます。
DSC_0307_2740.jpg

これで三嶋は更にオタオタすることになるんだけれども。

続く林崎。スライダーに反応しストレートに無反応。
4球目アウトローのスライダーを空振りしてしまったことで、最後はそれよりもさらに外のボール球で調理されてしまう。
DSC_0381_2741.jpg

続く栗Cには制球が全く定まらず簡単に四球。
そして浅村にはほぼ真ん中高めのスライダーをまたもやスッと投げ、惜しくもスタンドインはしないもののタイムリー2塁打で追加点。


こ  こ  ま  で  だ  っ  た  。


三嶋の立ち上がりからして、こんなコメントすることになるとは予想しませんでした。
ヘルマンがいまいちブレーキでしたねぇ。。。暑さによるバテなのか、甘いボールに対しても反応が鈍く動きも今一つキレの無い感じ。
結局この初回で4点くらい取りたいところだったのですが、2点止まりだったことはややDeNAに隙を与えてしまったか。

そして続く2回裏は下位打線でチャンスを作るものの、秋山の打球が正面をついたのが痛手。
林崎は少ないチャンスで云々・・・という典型的な苦しさが出ていた感じがしますね。
もうツーアウトなんだから当てに行ってゴロを打っても点にはならないだろうけど、そうなってしまう辛さ。

他の選手の打順をいじらないために2番という打順にそのまま当て込んだは良いけれど、初回といい2回といいその2番打者が結構なキーポイントになってしまった。。。
そして、その直後に牧田が打たれて逆転をされてしまう。

この展開&ここまでの2打席の結果から考えるに、林崎のチャンスはあと一回かなぁ・・・次で結果を出さないと厳しいでしょう。←で、フタを開けてみたらそのあと1回すらチャンスは無かった。毎年1回は1軍に上がってくるのだけれど、起用されても信用を掴めずにすぐにベンチに下げられてしまうパターンが続いてしまっている。。。

逆転されたあとの3回裏、ヘルマン、スピリーと大崎でチャンスを作りますが、2アウトというヒットが出なければ点にならない打順で銀&永江。これは仕方が無い。流れが悪すぎる。
ここで出塁して欲しかったのが栗Cなんだよねぇ。。。相手の三嶋が全然リズムに乗れていない段階だっただけに。

序盤の拙攻が響き、気がつけば三嶋を5イニング持たせてしまいました。
相手先発が非常に苦しんでいるのに「なんで???なんで5回まで持ってるの???」という、最近のライオンズによくありがちな相手に優しい、自チームには悪いパターンが再現。

強いて言えば、三嶋は5回終了時点ですでに107球。
最後もツーアウトからスピリーと大崎でチャンスを作るんですが、銀ちゃんが高めの少し甘いボールを振り切ってレフトフライという。。。
ホームランバッターならわかるんですが、相手が苦しいだけに銀ちゃんがこれをやってしまってはいけない、という打撃だったように思う。まあ、ここで代打を送りにくい(代打のメンツ的にも捕手という守備面でも)辛さは理解出来ますよ。

なんで5回で107球投げてしまった先発が勝利投手なのか。。。


一方の牧田も4回で既に86球。こうなると牧田の場合はボールのキレは落ちる一方でしょうからあっさり交代は理解出来ます。最初から身体が重々しくて、初回で球数を消費してしまった段階で嫌な予感はしました。
展開上、5回まで待てないのだから仕方ない。

んで、ここで出てくるのは十亀・・・ではなく小石でした。
DSC_0538_2745.jpg

別に小石が嫌だというわけではありませんよ。
でも、嫌な形で負けが混んでいる、交流戦最後の2連戦、牧田が計算外の4回KO。
この条件がそろっているのですから、状態の良い投手から登板させるのが筋じゃあないんですかね。。。
今日の試合に温存する様な展開でも無いだろうに。

今のライオンズ打線、この展開では2点差はギリギリですが、相手のDeNAも投手事情は苦しいのだから終盤に勝負をかけるためには相手の流れを止めるのが先でしょうに。


で、打たれた球は完全に130キロそこそこのホームランボールじゃあ。。。
中村に投げるボールじゃあないって。。。
起用は疑問とはいえ、小石にはここで十亀ではなくて自分が起用された事に奮起して欲しかったのだけれどもなぁ。

終盤には増田も登板しますが、これまた不運なヒットもあり自責はつかずともランナーをホームに返してしまう。
DSC_0584_2748.jpg

今のところ平凡な内容でまだわかりませんね。
なんかさ、ピンチでものすごく気持ちの強さを前面に出して攻める投手とかそういう感じならまだ期待持てるんだけど、今の段階ではそれもわからない。

次の登板が生き残りのキーになるでしょうか。


ラッキーセブン、Lビジョンに流れる「吠えろライオンズ」。

DSC_0555_2747.jpg

「僕らはまっている」の歌詞が「僕ら」「はまっている」にしか見えない。
もう我も病的ですなぁ(ノ∀`)

で、申し訳ないのですが実は昨日の我はあまり体調もよくはなく。

この7回裏くらいからはもうあまり集中して見れませんでした。

ただ、相手から死球2つと四球でもらったチャンスに、永江の代打山崎が初球をおあつらえむきのセカンドゴロでゲッツーに倒れた場面は覚えてます。

ここで最後の一足掻きが全く出来ない、この策が全然取れないライオンズのベンチ事情。
気が遠くなる思いでございました。

なんで代打山崎???という声もあるでしょうが、永江ももうちょっと期待の持てる内容なら永江のままだったかもしれない。
守備については活き活きと動いているのですが、あの活き活きさがもう少し打席で見れたらなぁ。。。
DSC_0303_2739.jpg

ヤスと永江が他の選手と比較して守備が上手いなと思う理由の一つに、厳しいゴロでもなかなか後ろにそらさない点があると思うのですよ。昨日もそういう守備面では存分にアピールはしていたと思うのです。ただ、結局それだけではポジションは掴めない・・・。

この代打は意味が無いと言われますが、そういう代打を出されないレベルまでなんとか行ってほしいのですが、本来ならファームで打撃漬けにしなきゃならない時期だよなぁ。。。チーム事情が辛すぎる。
山崎はまあ・・・打開してもらうしかないでしょ。。。


ライオンズベンチはこのころはもうお通夜状態でした。我の体調は更に微妙になり、スタジアムエクスプレスの特急券も買っていたので、今日の試合もありますし申し訳ないのですが8回で退散させていただきました。今季初の途中退出です。


しかし、、、林崎や金子の使い方やアゲサゲの仕方を見ていてもわかりますが、ベンチが完全に浮足立っているというか・・・手詰まりなんですかね。。。

この分だと今日はセカンド浅村かな(遠い目)・・・。



それにしても。

こうして見ると、ヤスが1軍で粘っていた理由もわからなくはありません。
とにかくね、ヤス一人いないだけでも戦術が大きく狭まってしまうのがわかってしまう。

まあ、ヤスが2軍調整となったものは仕方ないのでこれ以上戦力にダメージが出ない様に気をつけて貰う事も肝要ですね。栗Cとか昨日の終盤はお役御免でも良かったと思うよ。
「最後まであきらめない姿勢を!」と言われることもよくありますが、シーズン最後まで諦めない為には細かいところは諦めなければならない事もあるでしょう。。。

大体ね、十亀ワクイを起用しないのに栗Cだけは最後まで出続ける。矛盾してませんかね?
金子、林崎の起用とあわせて考えてみるに・・・ベンチも夏バテでしょうか?いや、初夏バテ?

何に頼れば良いのかわからなくなる試合でしたが、とにかく交流戦最後なのだから
今時点で唯一整っていると言える先発投手陣を惜しみなく使って勝ちに行ってください。
それでも万一ダメならダメで、その時はそれ相応の起用法を考えてほしい。


追記:これホントかなぁ。。。




今のカーターの状態がわからないから何とも言い難いですが・・・。
キャラ的には非常に愛されるモノがありましたが、今欲しいのは戦力なのです。スタメンではなく代打でも全然いいから戦力になる選手が欲しい。それに該当するのかしないのか・・・ですね。



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



ヘコむね、これは・・・

昨日は夜9時にフテ寝してしまったsevenmaniaです。
まあ、疲れていたのも事実ですが。


今更感がありますが、ヤス、金子、野上の3人がまとめて抹消になりました。

なんだか上手くまとまらんので、昨日twitterに書いた事でもそのまま書きますかね。
あ、適当に端折ったり言葉変えたりしてますので、このままtwitter検索してもヒットしない可能性が大w
twitterでは結構なグチモードで連投したり批判したりするので、あまりお見せしたくはないですw


「いきなり抹消。」

「んでもって金子も同時に抹消、意味不明。」

「これから来週後半まで日程がスカスカなのも(抹消理由としては)あるだろうけど、ある程度だましだましやってたから暫くかかってしまう可能性もあるかね。。」

「ヤスはあの空振り三振の時かねぇ。。。で、金子は何の為に上げたのか。。。選手全然いないじゃんもう。どうすんのこれ???」

「内野手で上がるのはオーティズじゃね??まだウィリアムスもいないしね。」

「ファーム内野手の成績見てるとオーティズ以外では梅ちゃんが.268で普通な以外はあまりにも成績が悪過ぎて上がってくるイメージがわきません。。」

「これ先発に更なる負担がかかりそうだな。。。野手は真面目に補強を考えないと、場合によっちゃあ最下位すらありうるよ。。」

「昨オフは手首が使えない分だけ下半身強化に勤しんできたはずなのに、四月下旬にしてその足を痛めてしまったら辛いよなあ。。盗塁云々よりも、1シーズン持たせる身体作りだったと思うけど、今度は足から故障してしまうとは。。。」



昨日時点で素直に思った事を書いた我のtwitter(若干編集)投稿です。まあ、今も考えることは変わらんけど、改めてブログ向け文章にして考える気が起こらない。もともとブログでも文章は滅茶苦茶ですけどさ。思いつきで書いて推敲もする時間も無いまま載せてるので。



とうとう来てしまったか・・・という感じ。
3年連続夏場に離脱。これは本人もチームも辛いわ。。。


症状としてはこういうことらしい。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/15/kiji/K20130615006014160.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

病院に行く予定は無いっていうけど、本当にそれで治るんですかね。。。治るなら良いですけども。

去年は病院に行っても最初は見つからず、あとになって発覚したからなぁ。。。
まあ、捻挫と思われる症状ではよくあることらしいので、別に誰が悪いってわけでもないですが。

当面は治療に専念ということだから、復帰予定は現状では見えないですよね。
恐らく一度落ちてしまうとこういう先の見通しが立たない事になるので、境界線を越えるまで騙しだましやってきたのだろうなとは思います。

ヤス本人の自身への危機感的な問題もあっただろうしチーム事情もあったとは思いますよ。
ヤス本人の判断や首脳陣の判断、トレーナーさんの判断等々、色々あるとは思いますが誰が悪いと簡単に言えるほど単純ではないお話。
まあ、気に入らない対象へ文句や暴言を投げかける人には何を言っても無駄ですので、そういう人の意見ははなからどうでもいい扱いとする。


それにしても、手首が上手く使えない分、去年の秋から只管走り込んで下半身強化をしてきたのに
その下半身が4月下旬時点で上手く使えない状況になってしまうとは辛いわ・・・。
折角右手首の状態も良くなってきたらしいのに、毎年違う部位を故障。。。辛いね。



しかし、現実問題困ったなぁ。。。

いつ戻れる状態になるかっていうのは結構な死活問題ですよね。まだシーズンは85試合も残ってます。

下手すれば最下位かもしれない・・・なんて昨日のtwitterで書いてしまいました。
反発買うかもしれませんが、下手すれば本当に・・・ですよ。。。

ここ最近も色々書いていましたが、打線が不振に陥ってから先発への負担が物凄い状態です。
中継ぎ抑えも多少見切り発車なところがあったので、こういう不安定な時期が来るのは想定内。
まあ、それについては野手も同様でしたが、開幕前の想定と比べてもおかわりの離脱期間がどうにも長くなりそうだし、オーティズスピリーの両外国人は未だ頼りにならない状況。
外野は栗秋はまあ予定通りとして、大崎は何とか頑張ってはいるものの他の選手の突き上げが予想以上に無い。
内野手は更に厳しく、本当に選手がいないような状況です。


この状況で「先発が揃っているからなんとか・・・」と言っても、その先発にシワ寄せがきてしまう恐れすらあります。

とにかく内野は補強が急務じゃないですかね・・・。
確かに、この時期から補強出来る選手が当たりの可能性は高くはありません。
ただ、それで外れならもう仕方ないと諦めるしかないと思います。

別に内野だって控え選手を試していないわけでもありません。試しても控え選手から「コレ」といった明確なアピールポイントが出てこないのです。若手にしたって、ただ我慢して出し続けていれば成長するっていうものでもないはずです。

そうしたらもう・・・補強しかないでしょう。。。


twitterにも書きましたが、ファームの成績を見て愕然としました。
ファーム成績は関係ない、とよく言われますが、それもどちらかというと2軍で良くても1軍では上手く行かないケースや、1軍で実績のある選手に当てはまる事が多い話です。
ファームで結果を残せていない選手が1軍でいきなり・・・なんて上手い話はそこまでは転がっていないよ。。。


本当にピンチだね。


更に数字では見えにくいところですが、守備は更にピンチだと思いますよ。
ヤスが離脱してしまったら何が一番困るかと言えば守備です。開幕前から書いてますが。


先発投手への負担がかかる。
選手交代等の戦術が更に使いにくくなる。
守備不安。


一昨日まででもチームは不振でしたが、ヤスの離脱でこの3点の問題点が相当に重くなりました。この不安を抱えながらリーグ戦に戻る事になります。他球団からは補強情報が色々届くのにライオンズからは一切聞かれないこの状況ですが、もうそうも言っていられないと思いますけどね。



金子はわかりませんね。抹消理由すら明らかにされてこない。

我は「金子昇格は本当にこのタイミングで良かったの???」と昨日書いた事がいきなり現実になるとは思いもしませんでした。しかもヤス抹消であるにも関わらず。

もしかしたら・・・身体的な問題なのかもしれません。

ただ、いずれにしてもファーム成績を調べる限りでは打てない守れないの状態が続いており、見切り発車で昇格させるならそもそもファーム行きを命じた意味が半減してしまうとは思っていました。
ヤスがいずれ身体面での問題が発生する事も考えられたので、その時に1軍へ上手く入れかわれるようにファームで調整して欲しかったのですが。

金子の状態が良くなる前にヤスの足が悪くなってしまい、更に金子も意味不明なアゲサゲ。

何のための昇格だったのでしょうか。。。チームの為にも本人の為にもなっていたのか疑問な昇格・・・。


まあ、こんな事言っててもキリないので、そのうち色々と露わになるのを待つしかないですかね。。。


ヤスに関して言えば、去年や一昨年は絶不調の中で故障しての離脱でしたが、今季は存在感を示していた中での離脱。
同じ登録抹消でも「惜しまれ度」が大分違います。その分だけ過去2年よりはマシだと思おう。それが良い事なのかどうかは不明ですが、、、。チーム内やファンのショックは今回の方が大きいだろうしね。。。



↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



選手に対する『仕方ない』は時に残酷なり

数日前の記事ですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000032-dal-base

ヤクルトの宮本がブログで書いてたけど、若手でも1軍で試合に出る以上は相応のお金を観客からとっているわけで、プロのプレーをしていただかなくては厳しい話です。
若手だから『仕方ない』でいつも済まされてしまう選手はそれ相応の扱いしかされなくても『仕方ない』のだと思う。


期待の選手はとにかく我慢して一軍スタメンで使うべきで、ミスをしても若手だから『仕方ない』のであり咎めてはいけない、、、

これは極端な育成思考で、基本的には無しだよなと思っています。

勿論、若手を我慢するべきじゃないという事ではなく、あくまでも程度の問題だと思うのですよ。


ライオンズの若手というのは使われ方が一定しないという『難しさ』はあると思います。
ただ、ポジションが次々と本職以外の所へ変わるのはやり過ぎだろうとは思えど、基本的にはチーム事情の中で生まれるチャンスを生かしていくモノ。
これは他球団でも多くの場合において同様であって、最初からレールを用意してそこに乗せてあげるような起用は我は反対。
ナカジの後継は云々、というまるで決まりきった様な話を目や耳にする度、我は少々違和感を持っていました。


まあ賛成とか反対とかは別にしても、ライオンズは若手には結構我慢している方で、起用法に多少の疑問はあれども、大抵は選手自らがチャンスを手放しているケースが多いなとは感じます。



浅村が1番ショートを諦めていないというコメントを度々目にします。
それ自体は別に良いと思います。実際に彼が相応しければそうすれば良いと思うし。

ただ、確かに起用法は別にしても送球があの状態では二遊間やサードでは致命的であり、この事実は彼がショートでの少ないチャンスを貰うとかなりの頻度で露わになってしまう。
昨日も問題でしたが、ナゴヤで見た時はもっとヤバかった。

使う監督が悪い、浅村悪くない、という意見は多いでしょう。それもそうかもしれません。
ただ、その時点で今季のショート浅村というモノへの受け取り方はそういう事なのでしょう。責任を持たせる事が出来ない、止むを得ないフォーメーション扱いという。。。

庇う事は時に残酷さもある気はします。
キャンプで振り落とされ、試合で少ないチャンスを貰っては自爆で振り落とされ、仕方ないでは本人が希望するポジションだけに辛い。


とは言え、もう6月です。これも競争の現実なのだから、出来る事からやって欲しい。そう思っています。


勿論、昨日たまたま浅村がそうなった試合だから言っているだけで、浅村だけの話ではないさ。

若手だけでもないさ。

ただ、浅村にはそろそろ『若手』というある意味でネガティブな意味を持つ事もある枠組みを超えて欲しい。そう思う事も事実です。



それにしても、水曜日は感動で涙が出そうになる様な試合だったのに、昨日は情けなくて涙が出そうになる試合でした。

一部を除いて良いところ殆ど無いじゃん。。。

何度も何度も同じミスをする、、、というのもファンの愚痴の定型句になりつつありますが、河田コーチもなんなんでしょうなあ。。。

尤もライオンズのサードコーチは全く良いイメージがありません。
それだけ難しいポジションかもしれないけれど、河田コーチよりも以前から『はい???』と思ってしまう判断も結構あって。。。

誰とは書きませんが、無理に突っ込ませたりいきなりストップかけたりして、ランナーが怪我をしてしまいかねない危険なプレーも、河田コーチよりも前の時代にも複数のコーチにおいてあった気がする。



攻撃陣の粘りの無さも問題。
初回は先頭の秋山はともかく、あとはもらった様なチャンスだったので上手く得点出来ましたが。

片栗がもっと粘っていかないと、チームとしてもキッカケが出来ないよ。。。
そういう立場の選手です。特にヤスは二打席続けて初球アウトでは・・・。粘り無さすぎ。


野上はドツボですか。。。勝てるチャンスはあったはずなんだけど、こりゃあ大量得点で勝ちを無理矢理つけるしか対処方法は無いかも?
少しピンチになるとあまり打てていない人にまで四球を出してしまう。崩れ方が典型的だよね。
QSもクリア出来なくなってくる前に、どこかで野手とガッツリ噛み合って欲しいものですが。


サファテはチームとしても次の登板大事になりますね。彼に任せるしか道はありませんし。


そしてまあ、、、11回の表はもう、ねぇ。
ランナーと打球がやや重なり不運ではありましたが、ライオンズの守備要員と言われる選手達に結構守備ミスが見られるのですよ。。。これと浅村のエラーも重なり失点。

その裏はさほど好調ではない岩瀬相手にアレでしたので、延長戦のフォーメーションを指摘して今度は『なんで金子を使わないの?』という声も挙がってしまう。。。

うーん、、確かに内野手のストックを0にしてまで金子を代走のみで引っ込めるくらいならば、そもそもなんで一軍に呼んだ?という話にはなりそうですな。どう使いたいかがよく見えないから。

この起用法を見ていると、昇格タイミングはここで本当に良かったのか?と疑問符。すごく中途半端感。彼を一軍で使える人に育てる使命が首脳陣にはあるのではないの?


雄星の感動と打線の爆発から一夜明けていきなりまたまた戦力的な手詰まり感。やはり主力の復調待ちしか無いのかなあ。。。
若手の事ばかり書いた気分ですが、主力もイマイチだからね。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



真剣にやってノーノーを惜しくも逃した人と、真剣さが伝わらずに信用を逃した人

いやいや、なんと言ったら良いのか。
DSC_0027_2727.jpg


どんな形容詞を用いても陳腐になりそうな昨日の雄星の投球。

正直言いますと、昨日の試合も途中までは先週と同じ様な空気がありました。
ヤスのスクイズで一点は先制したものの、チャンスで打てないか、打つと今度は走塁ミスは出る。

先発投手は自分1人で乗り切らないと勝てないほど孤独な戦い方。
勿論、好守備もありましたがそれでもナゴヤで上手く逃げられてしまったブラッドリーを昨日もイマイチ打ち崩せない。
丁寧に投げてましたからね。球数も雄星より少ないくらいで、これは西武打線の粘りも無いのが原因か??


雄星は素晴らしかったものの、意外と中日打線がボールを見てきたこともあり、六回の時点ではもう既に100球近かったはずで、そもそも完投まで行けるかどうかを心配しました、少なくとも我は。
このイニング、ミスが出てしまったのが後輩の永江。永江のミスを帳消しにするかのごとく、井端に対しては圧倒的な内容で手を出させないで乗り切る。

このあと、終盤イニングで永江が取り返そうと好プレーもするのだから良い関係になりますな。
(ちなみに、永江のポカミスはまだまだ計算内に入れる必要はあるだろうと。。。)



そういう意味では6裏という良いタイミングで追加点が入りましたよね。


栗や浅村のソロが中日ベンチを萎えさせたキッカケで当然大きいのですが、ランナー置いてヒットが出たという意味ではスピリーのお立ち台は納得出来ます。

確かに久々のタイムリーは8回の永江ですが、ランナーを得点圏に置いてそれを還した、この事が大きかったのだから、スピリーは殊勲打。


尤もアレですか。

その前の6オモテが終わった時に谷繁がベンチに下げられ、キャッチャーが小田に変わりましたが、
これがブラッドリーのリズムを変えてしまった?

元々、前回のナゴヤの西武戦でも五回でアッサリ交代。逃げられた〜、くらいの感じでしたが、球数的にはそのくらいが交代タイミングな投手なのでは?
そのタイミングでキャッチャーが先に代わったのが裏目、、、か?
まあボールは完全に上ずってましたが。

6回表、谷繁が一塁ランナーの時に銀がボールを傍に大きめに逸らしてしまったシーンがあったけれど、その時に谷繁が殆ど反応しなかったんですよね。
あの微妙な弾き方と谷繁の足を考えれば、2塁に向かっていたらアウトに出来た気がするけど、ついこの間に懲罰交代させられた谷繁。

もしやまた???と思ってしまった。

我は一塁側で見ていたんですが、谷繁を交代させてブラッドリーを引っ張る采配に文句つけるドラゴンズファンが多数でした。
まあ、兎に角あの監督はドラゴンズファンに不評みたいだねぇ。。。


そんな事もあり、久々に西武打線が便秘から解放されたような姿を見せました。

8回には永江にプロ入り初のタイムリーが出て、その勢いで秋山ヤスとつるべ打ち。

蚊帳の外にならなくて良かったねぇw
DSC_0286_2728.jpg


中日側はもうノーノー阻止しか頭に無さそうです。


この長い攻撃が雄星のリズムを云々と言われるかもだけど、球数は結構いっていたので、休みになった面もあり。まあ結果論結果論。

マウンドでリラックスするように意識。
DSC_0320_2729.jpg


そして最後。
DSC_0326_2730.jpg

悔いの無いようにか、この日抜群だったストレートでひたすら勝負する道を選びましたか。

結果は完璧に打たれてしまった。まあアンラッキーヒットじゃないから仕方ないでしょう。

バッテリーを除くとヤスぞーが1番ノーノーに拘っていた様子だったw
つか、後からパリーグTV見たけど、このイニングは顔が凍っている野手も多かったw
DSC_0341_2731.jpg


この後はガタガタっときてしまう投手も多いものだけど、しっかり1安打で終わらせたのは素晴らしかった。
結構ギリギリのところで投げていた筈だからねぇ。


一塁側だったので残念ながらお立ち台は撮影していません。

それにしても、悔しさよりも爽快感の残る試合でした。
監督コメントの通り、打線の爆発が大きかった試合で、雄星の孤軍奮闘だけだったらノーノーを逃した悔しさが強調されたかもしれません。
また、ヒロインで悔しさを素直に表現してくれた雄星。あれで我は和みました。またチャンスはあるさー。

この投手がライオンズにきてくれて良かったと再認識出来た試合でした。






てか、飛ぶボール騒動の日に雄星がそれを嘲笑うかの様に相手を完璧に封じ込めたのだから笑ってしまふw

で、打者の方はホームラン3本とか美味しいとこ取り極まれり。

飛ぶボールと言っても統一球以前よりは飛ばないのであれば、問題の焦点はそこにはいかないよ。

『私は知りませんでした』というセリフは加藤良三という文字が刻印されたボールを手に持って言って欲しかったね。それでも言えたら凄いわ。

まあ、結局は傀儡政権みたいなもんですかね。それが暴露されただけの記者会見。

NPBも財源確保に奮闘しなきゃならない事情はあるでしょうが、オールスター3試合制の維持や、日本シリーズのバカみたいな高い入場料設定よりも、よくわからない人の人件費を削減するところから始めた方がファンは納得するよ。

もはや昨日の騒動を喜劇の様な面持ちで見ているファンは多いですが、真面目にやらないとオールスターなんか空席出来るようになるぜ?


雄星がノーノーのがして一番悔しかったのは加藤良三氏かもなあw
試合中の20時に記者会見というところからしてアレですが、雄星がノーノーやっていたら注目を更に逸らすチャンスだったのにねw

NPBと選手会、適度なバランスを持ってお互いがまともな意見交換を出来る仕組み、環境が無いとそのうちに両方崩れますよ、と。

こういう最低機関、いや裁定機関がしっかりしないと、特定のオーナー主導のプロ野球になっちまうぞ?今もそういう側面はあるかもだけど、そんなプロ野球の病状が進行してしまったら見捨てられるのは簡単だぞと。

まあ、兎に角真剣にやって下さいよ。


↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村



試合も無いのに色々起こるね

昨日は遠征直後の疲労回復のため、爆睡してました。久々に8時間とか寝ましたよ。野球シーズンは睡眠は5時間標準な我ですw


しかし、マツダで一番面白かったのが、スライリーが衣服を脱いですっぽんぽんになり、黒子に追われるシーンというのが何とも微妙なところ・・・というかライオンズ見に行ったのにorz
DSC_0418_2714.jpg

DSC_0648_2722.jpg

DSC_0661_2724.jpg


まあ、そんな話はどうでもよいとして。


昨日はラミレスに対してロッテが手を出すだの、それに対する牽制か知りませんが突然DeNAのキヨシがラミレスを後半戦は起用して行く宣言したりとよくわからない状況なのですが。

http://news.infoseek.co.jp/article/20130611hochi043

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130611-00000052-nksports-base


ラミレスがどれだけの戦力になるのか、今季はあまり出ていないのでよくわからないんですが
こういう策って現状を考えると、真っ先にライオンズが動かなきゃいけないことじゃーないのかな?
まあ、うちらの知らない所で動いているのかもしれませんが。

欲しいのは打って守れて走れる人・・・なんて贅沢は言いません。

代打が務まる人、これだけでも十分です。

上本がHRを打ったので云々、という話もあるでしょうが、彼が今後少しずつ復活してくるとしてもどのみち代打は足りませんよ。セの本拠地での試合は終わったので、代打を出す頻度は若干は下がるかもしれませんが、スタメン野手が一人増える分だけ、打撃で結果の出ていない選手を使う頻度は逆に高くなる。
打てるけど守る場所無いからセの球場ではスタメンでは使えませんでした~、なんて選手は今季のライオンズにはいませんでしたからねぇ。。。


アブレイユの支配下登録を検討しているとかいう話も出ていますが・・・いきなり1軍に上がってどれだけのパフォーマンスが出るかはわからんやね。
まあ、既存戦力では不足していることは事実ですから、一か八かという手も面白いかもしれませんけどね。

そんな中、大石と木村がファーム落ちの様です。
まあ、大石は仕方ないでしょう。リリーフとしては最近安定感を欠いていましたし、この前のマツダの投球が完全にダメ押しになりましたね。普通に考えると日程が大きく空くから・・・という考えも成り立ちますが、しっかり調整出来ていないうちに最短で昇格というのはかえって回り道でしょうから、地に足をつけて調整してきて欲しい。

大石の代わりに昇格するのが増田ですか。ここまではちょっと残念な感じになっていましたが、どういう場面で起用するか・・・まあいきなり大石のポジションで使う事は博打すぎるわな。
ワクイも先発に戻るらしいし、明らかにリリーフが足りなくなってきています。
「後ろに信頼出来るリリーフがいない」なんて監督がマツダで吠えてたみたいですが、まあここ4試合は良いとしても来週末からどうするんでしょう?まあ投手のコマを増やすのは間違いないだろうけど。

一方、木村が降格することで誰が上がってくるかな?
こちらは半分お試し枠的な意図があったことは(木村の起用方法を見ても)なんとなくわかるところで、そういう選手が上がってくるのかな?

おそらくリーグ戦が始まる前に、野手は何人か降格になる可能性もあるでしょう(投手の枠を増やすため)。
この4試合はそういった瀬戸際にいる選手の最終テストにもなりうる感。

そんな中で、一か八かのお試し枠を発動するか、無難にファームで結果を残している選手を昇格させるか。。。
金子という声もそろそろ聞こえてきそうですが、ファーム成績を見る限りは打率.222で守備位置はたらいまわしと非常に苦しい状況が続いているようで、首脳陣がどう見ているか、ですね。



とにかく、リリーフと代打が足りないんですよと。
これ、毎年同じことばっかりファンは吠えてますが、全く改善されませんなぁ。。。


****************************************


昨夜は早い時間から爆睡してしまい気付かなかったんですが、今朝起きてみたら飛ばないボールの件で大騒動になっていたでござる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130611-00000054-dal-base

そもそも、飛ばないボールの導入経緯は「統一球」という名が示す通り、国際大会で使用されるボールと統一させる事が大前提の目的だったわけですよね?

それが、今年のWBCの際に選手側から「何か感覚が違う」という声が挙がっていましたが・・・。
結局、似せた所で世界大会の公式球と同一には出来ないため、何のための統一球導入だったのかわからないという事態に。


そして、上記のURLにもありますが「反発係数が規定値下限を下回ることがあった」とな。

ここでつっこみどころなんですが、「何故そんな極端なボールにしたのか」という点と、「下回る事があった」???
ということは、ボールによって反発係数が一定ではなかったということ?言葉尻ですかねこれ?でも、ボールによって試合中に飛び方が変わるとしたらかなり問題じゃね???

尤も、それでなくとも試合中に可変ストライクゾーンになったりしてますが。
また、シーズン前にストライクゾーンを狭めたり広めたりやってるのもね。。。
まあオープン戦開始前に決まる事ならまだマシですが、ストライクゾーンでモロに影響を受けたのは2011年かな?
人間のやる事だから不確実性は仕方ないにしろ、回避出来る部分は回避できるっしょ。

振り返って見ると、NPBで使われているボールって今まで結構極端な事が結構ありまして。。。
あの2000年頃から2004年頃まで使われていたボールも酷かったよねぇ。。。
あの時は逆に「飛ぶボール」でしたが、「あ、外野フライだ・・・」と思ったボールが思いっきりセンターバックスクリーンに入ったりしていました。

正直言うとあれも選手にとっては不幸でしたね。。。確実に野球のレベルを下げていたと思います。
外野フライがHRなんですから。投手のレベルというより野手のレベルを下げた気がしますよ。


飛ぶボールも飛ばないボールも極端すぎると野球のレベルを下げてしまうよね。


まあ、ただし今季に関してはスタンドから見ていても去年とはボールが違うんでね???というのは素人目にも結構わかるモノがあり、今更驚く様な事でも無いのですが。。。
それでも去年より大幅に飛ぶようになった様に見えるわけでもなく、以前の飛ぶボールとは大きく違うとは思いますが。


で、キャンプ紅白戦やオープン戦は在庫処理のために去年までの統一球(と呼ばれるモノ)でプレーしていましたよと。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/06/11/kiji/K20130611005993330.html

はぁ。。。

オープン戦って公式戦の為の準備ですよね?それを違うボール使ってどうすんのかと。

二軍でもまあ、噂は聞いたことはあるけど。。。

財源の苦しさはわかるけど、選手にとって何の為の調整なのかな?

飛ばなすぎるボールも短期的な見方では野手に不幸かもしれないけど、長期的に見れば投手の成長を妨げるので不幸だよな。。。

しかも、選手はそれを知らされないままなんだから、プレーしていて???といふ得体のしれない感覚とも戦うわけですな。

まあ、選手の調子の良し悪しを簡単に統一球のせいにする風潮は好きじゃないけどね。



それにしても、この事を口外しない様にNPBがメーカーに働きかけていたといふのだから、猿でもわかるコンプライアンス違反にどうケリをつけますかね。
混乱させたくなかった、とか言いますがこの発覚の仕方の方が混乱するわ。
大人の事情を読み取ってくれ、で済ませるつもりかもしれないけれども。

まあ、試合には影響無いというか、別に何事も無かった様にシーズンは進んでいくだろうけど。

許せる許せない、じゃなくてしっかり落としどころを見つけてケリをつけないと、また同じ様な事が起こり得るぜぇ?

なんか、この手の混乱は「これ以上深く追求すると本当に大変な事になるのか??」的な嫌な余韻を残す事が多いですね。もう、暗黙の了解込みで見るしかないのは解ってますけどね。。。
とんでもない爆弾を隠し持っていないか我は心配です。




↓ランキングに参加しています。この記事を読んで良かったと思われた方、よろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
199位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。