スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容はよくわからんけど

☆シコースキー、高めに集まり5連打を浴びる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130227-00000067-nksports-base

とまあ、タイトルだけ見るとなんだか鬱になりそうな記事ですが、よくよく中身を見てみると
2回までは抑えていて、3回に直球が真ん中高めに集まりだして連打、とな。
監督いわく「緩急が使えないと先発は厳しい」とな。

んー、まあ・・・でもこれだけ見るとそんなに暗くなる必要があるのかな、と言った感じです。
元々、ブライアンは高めの直球勝負でしょう。短いイニングを直球主体で全力投球、こんな感じで
日本では実績を挙げてきた投手のはず。

そりゃまあスタイルを変更出来てニューブライアンwみたいに生まれ変わって打者をかわしに
かわしまくって手玉に取る~、とか出来れば良いのだろうけど、2010年の時点で真逆でしたから
そりゃ難しいだろうなあ、と思います。

監督も本気で先発で使うつもりがどこまであったか怪しいものですが、個人的には
ブライアンには中継ぎかセットアッパーで1イニング(あるいは1イニング以下でも良いからピンチで)を
全力投球でバシっと抑えてくれればそれで十分。
勿論、年齢的な問題もあるので1年間持つかどうかもわからないけれども、ライオンズのブルペンも
消耗しやすい台所事情ですから、苦しい時に救世主になってくれればそれで良いと思ってます。

だから、昨日もきっと直球主体だったんだろうしそれで2イニング抑えてるなら良いんじゃないかな、と思ってみる。


そのあとを継いだ十亀は「問題外」だったそうですが、相変わらず良い時と悪い時の差がはっきりしすぎなのかなー。サイン見落としとか、状態が悪くてマイワールドに入ってしまったかね。。。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/28/kiji/K20130228005287310.html

スタンドから見ていてもわかりやすいくらいなので、良い時は良いのだけれども
悪い時は自滅で一気にまとまって失点してしまう。期待の投手であることに変わりはないのだけれども
現状は「どこで起用する」というのを決めづらいでしょうね。。。
ただ、良い時は抑えてくれるし、悪い時はハッキリと「悪い」ので、首脳陣としてはスッパリ代えやすいとは思います。
これが、石井一久とかだとミスをきっかけに、更に昔いた帆足とかだと突如豹変したりするので、
ブルペンが間に合わない。それに比べればまだわかりやすいのも悪くはない・・・のか???


ついこの間までキャンプでやってきた事が、キャンプ直後にこういう形でマイナスに表れてしまうことで
首脳陣がガックリくる気持ちは理解しないといけない(何言ってるのかよくわからんw)。


今日の練習試合で宮崎をとうとう発ちますか。
各球団、かなり故障者が出てきています。何卒、怪我だけは注意して乗り切ってほしいです。
東出が今季絶望か?と報じられていますが、今の段階で今季絶望とか言われても本人は言うまでも無く
ファンも本当に絶望的な気持ちにさせられそう・・・。


**************************************

ナカジも初日が出たようでなにより。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130227/mlb13022709460008-n1.htm

カウントで追い込まれると自然と上手く軌道修正が出来るのは、ナカジの一つの魅力だと思います。
A'sでは2番が濃厚のようですが、そうなるとそういう役割がライオンズ時代よりも求められると
思いますので、そういうヒットが出ると安心材料の一つになります。

今季、スモールベースボール路線に走るならばライオンズの打者もそういう柔軟性は
持ち合わせてほしいし、作戦としても「ただ振りきれ」だけじゃしんどいなあ・・・と思います。
ただ打ち取られるまで思いっきり振るだけ、もある面での魅力はありますが、それだけでは
許されない場面も多々あるかと。打順や場面、求められている役割にもよりますが。

徹底して相手を崩しにいくべきところは徹底して欲しいんですよね。
ここ最近、それがあまり感じられないシーズンが多かったから。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

調整遅れってわけでもないと思うんだけど

昨日のブログでもリンクを貼りましたが、ヤスのオープン戦出場は3月以降ということで(この″以降”という言葉が微妙)、色々な反応がありますなー。

個人的な感想を言わせてもらうと、去年9月に「右手三角靱帯複合体損傷修復手術」という
複雑な名称の手術をした時、来季の開幕に間に合うかどうかわからないな・・・という覚悟は一度はしました。
専門家ではないのでわかりませんが、元々それほど簡単に完治するものではなく、それ相応の時間をかけて
治療しなければならないのが一般的なのだろう、というのだけはわかりました。

ただ、スポーツ選手というある意味で一般人とは身体の作りも違う、また立場も違うので
当てはまらない事は多々あるだろう、とは思いましたが。

その後、秋季練習で右手を使わないまま練習、自主トレから右手を使って練習という順調な過程を経て
春季キャンプは南郷入り→開幕へ真剣に照準を・・・という流れ。順調だったのは本当なのだろうとは思います。


「また無理をしたから今になって・・・」という批判は少々違う、当てはまらないと感じます。

確かに結果を出さなければ厳しい立場、今まで2年間怪我で失敗しているので、懐疑的に見られるのも
仕方が無い面はあるでしょう。
ただ、キャンプの時からある程度慎重に調整していたのは事実だし、実戦出場に慎重になっているのも
別に今になって急に方針転換で判明した事でもありませんし。

ある程度は予定通りなのだろうとは思っていますよ。ただ、ここからどう上向いて行くのかが心配だけどね。
無理をしたからまた調整遅れ、というのは少々違うと思うな。

ただ、ヤスの場合はオープン戦後半になっても今のままだと確かに辛いかもしれない。
西武ドームのオープン戦が始まる3月中旬頃にどうなっているか、ここが分岐点でしょう。
特に3/16の巨人戦、17の阪神戦、この辺で普通にスタメンに名を連ねているかどうか・・・じゃないですか?
ここでちょうど開幕2週間前ですな。


こう言ってしまうと元も子も無いのだけれど、今の時期のオープン戦や練習試合というのは
結構アテにならない側面が多々あります。
むしろ、特に実績に乏しい若手を中心に生き残りメンバーと脱落者を判断する為の第一段階のハードルに
過ぎない事が多いです。
若手は実績面でまだまだ信頼が無い分、ここでアピールをしないとなかなか次の段階に進めないから必死です。

逆に主力の場合は今の結果がレギュラーシーズンに影響を云々、という発想は元々無いでしょう。
何せ主力はお互いにまだまだ調整段階です。今の結果とシーズンの結果は別物だと、普通なら考えるものです。
最初から若手と主力ではオープン戦の意義は異なり、同一線上での比較は出来ないものです。
だから、この時期は若手を中心に起用するのでしょう。実際、今日の練習試合も若手を使うと渡辺監督は言っているみたいだし。

無論、故障者が無理する段階でも無いというのが普通。栗もこの前のオープン戦では早々に引っ込みましたが、
あの程度の調整で特に問題無いからだろうしね。

むしろ主力のとって大事なのは、本当に仕上げの段階に入ってくるオープン戦終盤戦でしょう。
それが毎年のパターン。西武ドームは毎年オープン戦後半日程に組まれますが、ちょうど良い時期に
組まれているとも言えるのです。

逆に言えば、西武ドームで結果の出ない選手は心配ですねぇ。。。
去年で言えば、ワクイ(公式戦に入ってからシーズン前半戦苦しんだ)、原拓也(終始苦しんだ)あたりかな。。。
オープン戦序盤元気でも後半戦になってダメになる若手、控え選手はかなり厳しくなるでしょう。

現状のオープン戦はある意味で若手控えのサバイバル。
故障者は中盤~終盤までにしっかり間に合わせて頂戴、という感じで見ています。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


リニューアル?第二球場

先週の土曜日、チケット先行発売で西武ドームへ行った時に、あわせて第二球場へもフラっと散歩に行きました。

B班の選手達も戻ってきているという話だったので、今までとは違うリニューアル第二球場で
練習はこれまでとはどんな風に違って見えるのか・・・というのを確かめたかったのです。


グラウンド側。こんな風になりました。
DSC_0203_2074.jpg

確かにラバーフェンスです。二軍の球場とはいえ、今まではそこらへんの草野球グラウンドの様な
完全にガタのきたフェンスだったので、それに比べたら大幅改善です。

これで選手もフェンス際のプレーを恐れなく出来るでしょう。いやま、今までも一生懸命フェンス際で
プレーしてましたけどもね。

ピンボケしてるけど、キニシナイでくださいw
DSC_0117_2071.jpg

そして、ライトと内野手の練習は今までよりも見易くなったと思います。打撃練習も今までよりは近い(ただし角度がよろしくないので見易いとまでは言い難い)。まあ、観戦エリア的な問題なんだけども。
DSC_0076_2070.jpg

DSC_0033_2069.jpg

一方で、センターやレフトまでは遠くなったし、フェンス際でダッシュをする投手陣達の練習が
今までよりは見づらくなった、という点はあるでしょうね。このフェンス際ダッシュが好きな人は
結構多かったようにも思いますが。
DSC_0198_2072.jpg

そして、外野エリアは全てこんな風にラバーフェンスで囲まれていますので、選手の出入りがわからない状態になりました。今までは練習を見ながら「誰々が来た」「誰々が帰った」というのが、若獅子寮側の出入り口から
選手が行き来するのが見えたりしてわかり易かったのですが、今後はそれも難しいと思います。
DSC_0200_2073.jpg

練習の観戦エリアはここのみ。アンツーカーの更に少し外野寄り~ポール際付近よりも内野寄り手前という感じ。
今までよりも実質的な観戦エリアは狭いかなと思います。
DSC_0204_2075.jpg

座席は今まで通り、駅やバス停によくあるようなベンチを並べただけです。
ただ、ベンチをこの練習見学エリアに集結したらしく、着席人数は増えると思います。
着席人数が増えるということは、1列目で見る人達は全員座るので、2列目からも見易くなるという事。
その点は改善点かもしれない。

因みに、観戦エリアを設ける云々のお話は、このベンチをズラリと集結させて並べた以外は
特にめぼしい改修は無いと思います。実際に試合になってみないとわからないけど。
(試合の時はこの練習エリア以外に、今まで通り1塁ベンチ脇~バックネット裏~3塁側の方も開放すると思われます)

今までの練習見学エリアだったライト側エリアはこんな感じでラバーフェンスに完全に遮られ、
ここから見ることは出来ません。グラウンドが見えない為、安全上を考慮してのことだと思いますが、
頭上には防球ネットが張られています。
DSC_0205_2076.jpg

更に、ライト側のスコアボード下付近&室内練習場隣接のエリア(簡単に言えば選手が出入りする側)は
完全にファンの出入りは禁止になっていました。


このライト側裏で若手選手がよく出入りしていたため、ファンは練習を見ながら出入りする若手選手達へ
サインをおねだり・・・などというシーンがよく見られました。しかし、今後はそれもしづらいという事になりますね。
それどころか、先にも述べた通りで誰が来て誰が帰ったかが見えにくいと思うので、
今までみたいに「お目当て選手が帰ったので自分も帰るべ」というのがしにくい状態。


まー、選手の安全の為の改修ですからこれは仕方ありませんが、慣れるのに暫く時間はかかるかもしれませんな。

というか、、、今年は第二球場通いも程々にしたいですorz
ヤスが下で調整するから・・・てのは嫌だよ。たまに若い選手達の練習を見に来るっていう事にしたいです。

まあ、日曜日の時点でこういう状況らしいので、心配ではあるのだけれども。。。


Twitterの報知野球取材班さんより。





こんな情報も。オープン戦出場は三月以降。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130226-00000050-spnannex-base

まあ、今は無理する段階じゃないので良いんですが、やっぱり葛藤だろうなぁ・・・。
ドクターと相談しながらやっているという話だから、無理をしているわけでもないとは思いますが。

そんなヤスですが、星孝さんブログによると星孝&武山と昨日は映画3本ぶっ通しで見たらしい。
映画館で映画3本ぶっ通しって首も眼も頭も疲れそう。。。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




決して悪い試合じゃないけど、特別絶賛するほどでもないような・・・

オープン戦2日目。

昨日と違い、投手がそこそこしっかりと投げたのと、ディフェンスが昨日ほどには
ひどくない(両軍相手のミスに突け込まないともいえる)でロースコア試合。

雄星も我が南郷で紅白戦を見たときとそこまで大きな印象の違いはなかった感。
ボールは威力あるように見えるんだけど、バランス乱すと一気にコントロールが微妙に。
結構自分だけの世界に入ってしまいがちなので、公式戦に入って自滅モードに入りかけたときに
どうなるかな、うまく修正が出来るかな、というところでせうか。
今日もまあ、失点シーンは微妙でしたね。確かに永江のカバーリングも微妙だったけれども。

ウィリアムス、サファテはまずまず順調でしょう。岡本洋はオープン戦終盤まで常に戦い。

打線は昨日が相手の守備の脆さで10点も得点しましたが、この時期は本来こんなもんでせう。
主力にとってはまだまだ調整試合(それにしては、ヘルマンを筆頭にそれ相応に結果を出している)。
今目立たなきゃいけないのは昨日も書きましたが若手や当落線上の選手ですから。

最後の石川のように少ないチャンスをモノにするのも大事なことで。

一方、永江は途中交代になったけれどもどうだろうか・・・。
この時期ですから、内容は確かに良くないと思うけれどもさっさと落とすようなことは
まずないはずですし、チャンスはまだまだあるはずです。
大事なのは良い波に乗ってアピールしているときではなくて、苦しい時なんだよね。
壁にぶち当たることなく急カーブを描いて上昇するなど、そんなに素直に行くわけはないのだから。

キャンプ評価の高い金子。
紅白戦とこの2試合を見た限り、今の段階では少々使い方に悩む選手かもなあ・・・と感じています。
まだまだこの程度の試合で判断する話ではないですが、打席を見ていると良くも悪くも
繋ぎの打者という内容じゃなかったです。しっかり振りこんできたので快音も出たのだろうと思います。
ただ、送るところでしっかり送らない、相手を守備で潰すところで潰せない、これはまずいよね。
キャンプでも少々・・・気にはなっていました(我が見た範囲ですが)。
打撃が売りの選手なら良いけれど、そのラインを狙うにはハードルは高く
現状ではしっかりやることをやらないと何とも中途半端な立ち位置になってしまう恐れ。

浅村はまあ、なんとなく「あー、浅村だな・・・」という感じ。順調といえば順調か。
守備ミスもフライアウトもまー多少は仕方ないでしょう。それでもやっぱり永江金子よりは
抜きんでていると感じる。

この時期なので、外野手は石川や木村をもっと見たかったなという感じはしました。
木村なんか最後までA班に帯同させたのだから、思い切って使えば良いのに。


FOXの中継をパ・リーグTVで昨日今日と見ましたが、確かに悪い試合では決してなかったけれども
どうも解説者が少々褒めすぎ、持ちあげすぎの様な感じがあります。
そこまでライオンズに対する見方が変わるほど意外な試合だったか?と。。。
確かに、足は存分に使っていたけれど、この時期そんなのは普通だし、
エンドランだってこの場面ならそのくらい去年もやってるわい、と思うようなことまで褒めていたような。。。
後ろの投手が安定していから見方が変わったといっても、去年の後半もまあまあ安定していたのだけどね。
夏までがツカイツリーからバンジージャンプするような感じになっていただけでw

まあ、若○氏は個人的に微妙、、、というかホークス以外をそもそもあんまり見てない気もするのでどうでもいいけど、、、。


ヤスは結局ベンチに入っただけだったねぇ。。。ベンチでまったりしているところだけ映った。
この時期だから無理をしないのか、何かの理由で回避しているのか・・・気になる。
今回のOP戦、我は一瞬行こうかと思って止めたんですけど、2週間後の長良川小牧は
行くことを真面目に検討しています。その頃には状態が上がっているとよいのだけれどもね。

永江や金子のことを昨日からいろいろ書きましたが、ヤスについてはまだまだ書けないね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


いよいよはじまりましたね

けふは3月、4月のチケットを買いに西武ドームへ。

開幕カードの発売だけあって、普段よりは買いに来た人が多かったですね。
我も抽選ではそこまで後ろの方ではなかったんですが、窓口に到達した時には
三塁側のチケットは微妙なところしか空いてなかったので、
ひたすら一塁側を買いました。

もっとも、12時に球団HPにアクセスして座席表から空き状況を確認してみたら
我好みの座席がたーくさん残っていたという・・・orz

まあ、人気カードのベンチサイドやA指定はそれまでに売り切れることもあるので
ある意味で賭けだけど、わざわざ買いに行かなくても良かったやん・・・と思ってしまう。



今はオープン戦をパ・リーグTVで見ています。

解説されているとおり、気持ちよいくらい振り切ってる選手が多いですね。
初回の3人見た時点で、良くも悪くも(ノ∀`)アチャー、打順無関係じゃんみんな・・・と
思いましたが、心配になるほどやばそうな選手は特にはいなかったかなと思います。

仕上がりは確かに上々なのでしょうね、これは。
上位打線がそれなりに打って点になっていますしね。浅村の今日の内容は少々微妙な気がしますが。。。
足攻にしても、今の時期はある意味でやりたいことを積極的にやれる局面です。
特に若手を色々動かしてみるのは良いことで、経験豊富なレギュラー陣ならばともかく、
若手は今出来ないことをシーズン中にやれと言っても相当難しいし、
今から形にしていかないと間に合わないからね~。ここ2年は足が使えていませんでしたから。

そういう意味では今日の試合は目的は達しているのでせう。それが、今日の試合で積極的に動かした走塁なのだろうね。


んでも、やっぱり粗いところは粗いなぁ、、、とも感じてしまうのは
我が訓練されすぎなのでしょうかねorz

どこのチームも決め手はないですし、ディフェンスが何とかなれば
ある程度戦えるはずだ、というのはその通りかなぁ、とは思います。
そのディフェンスだよねぇ、、、確実に相手をしとめるところは仕留めないと。
レフトすこし左の打球で松中に2塁までいかれたのも半分舐められていると思うので、
ああいうのも今から抑止力を発揮しないといけないんだけどもね。


一軍当落線上の選手達がもっともっと強烈アピールをガンガンにしに行ってほしいですね。
本来この時期は当落線上の選手達が主役のはずですが、この時期にしては
彼らがちょいとばかりおとなしい、まだまだ目立って欲しい試合に感じました。
勿論、みんな頑張ってはいるし身体張って打球を追いかけてるのもわかりますので、後は結果でしょうか。
たとえば、去年の夏場に永江が突如合流して、最初から守備でガンガンアピールしたような
そこまでのインパクトはまだまだ足りないかな~とは思います。


二遊間争いについて触れるならば・・・ヤスはこれベンチ入りしてないんでは?
姿が見当たらないし、ベンチ内のボードが見えたときに名前が無かったような気がします。
オーティズもいない。
明日はどうなのだろう?2日続けて不在だとちと心配ですが。
(今日、リニューアル第二に行きましたが、二人とも姿はありませんでしたし、そもそもヤスは昨日南郷で
練習していたようなので、帯同はしているはず)

浅村はまあ、ある程度は調整してくるだろうから今からどうこうは良いとして
永江が今のところ少々苦しんでいる感じがします。
打球が思うようにバットに当たっていない気がしますね。。。
ランナー1塁に熊代という場面で打席に立ちましたが、熊代がスタートして永江が微妙な空振り→
熊代余裕でアウト。
これはエンドランだったのではないかと思いましたが、どうなんでしょう?


内野手はあまり特筆することがありませんでしたが、最後に金子がヒットを一本打ったのは意地かな。
正直、それまで目立ったところが無かったから。

全体的に見て、今日出ていた主力はまあまあ順調な選手が多く、
当落線上の選手はまだまだアピールして欲しいなと感じました。

明日はどうなるかな。ヤス出てくると良いな!


それにしてもホークスがぐだぐだすぎました。オープン戦で3時間半は無いだろう。
ライオンズもかなりグダグダなところもありましたが、今日のライオンズのヒットの半分近くは
ホークスの守備の拙さが原因じゃなかろうか。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


ヤスインタビュー(2/21 ライオンズエキスプレス)

昨日は文化放送ライオンズエキスプレスでヤスインタビューがありましたので、
その様子を書き起こしました(記録用)。

とりあえずはその様子をまずはお伝え。


以下

青字:ヤス
黒字:アナウンサー


実質的に今日キャンプのね、練習最終日ということになりましたが
えー、このキャンプは振り返ってみてどのようなキャンプだったでしょうか?

そうですね、もっとーやりたいこともあったんですけど、まあ身体の状態も万全ではないので
セーブしながらやってたので、まあ物足りない感じはあります。


あー、じゃあもうちょっとこう、期間が長ければ良いかなというところでしょうか?

まぁもうちょい、状態が良くなればっていう感じですね、はい

まぁそのあたりがね、一番ファンとしては気になるところなんですけれども、手首とそれから肩という
所だと思うんですけれども、どんな感じでしょうね今のところ?

まぁ・・・簡単に言えばまだ痛みがあると

あー・・・

えー、痛い動きもあるし、出来る動きもあるっていう中でー、まぁ段々、ちょっとずつクリアは出来てるんですけど、まぁまだ・・・全力では、出来ていない状態ですね。

うーん、まずバッティングから伺いましょう。まぁ今日はね、フリーバッティング拝見しましたけれども
まぁ非常にこうセンター方向と言いますか、まぁ非常に気持ちよさそうに打球が飛んでいるように、まぁ見えたんですが

そうですねまだ・・・その辺の練習量も足りていないので、しっかりとした形は出来ていないんですけれども、まぁ今年に限っては、低い打球を打とうと意識をしているので、あんまり大きいのは狙わずに、外野の間を抜ける様な・・・打球が多くなればいいなあとは思ってます。

その低い打球をというのは、どのあたりの考えからスタートしたんでしょうか?

飛ばないボールになってから、あのーーーまぁ無理に飛ばそうとか、外野手前で失速したり、ていうのを見ててー、ちょっと力んでいた部分もあったし、まぁ手首の状態も、まぁもしかしたら痛みも取れない状態かもしれないっていうのもあるんで、、、まぁそういうのも考えると無理に振るよりは、まぁ外野の前に落ちたりとか、間を抜ける様なライナーを打てればまぁヒットも増えるかなと思って

うんうん

はい

そのあたりはこう、身体の状態と相談をしながら、こうシーズンをやっていく事になりそうですかね?

そうですねもうちょっとあったかくなれば、また変わってくるかもしれませんけど、まぁ今は・・・今の身体にあわせてやってます、はい。

それでは今度は守備の方伺いますが、ショートなのかセカンドなのかというあたりは、、、まぁこれは勿論ね、
選手本人が決める事ではないのかもしれないですけれども、まぁご本人としてはどうお考えですか?

そうですね、どっちかまだハッキリしていないと思いますけれども、まぁどっちも・・・出来る準備はするつもりですし、まぁショートをやりたい気持ちも・・・あります。

うん

まぁでもこう長いシーズン・・・ショートの方が身体を使うんで、ま体力的にも、まぁ病み上がりの僕としてはまぁちょっと不安もあります。

うーん・・・守備における、今のところ身体の状態と相談しながらってって言う部分、まあバッティングの方もそうだし守備の方もあると思いますけれども、守備の方に関してはいかがですか?

(ちょっと考えて)まぁ球際ですね。球際のまぁ、飛びこんだりっていう・・・まぁ左肩の手術もありましたから。でまた右の手首の・・・手術もあって、ダイビングが出来ないんですよ。

うーん・・・

まぁ帰塁でもそうなんですけどー、まぁその辺が出来ないんでー、、、まぁそこがクリア出来ればまた・・・一つステップアップかなと思ってますけど。

うーん・・・そのあたりもすこーしこう気温が上がってくればなー、というところなんでしょうかねぇ。

そうっすねぇ・・・えーまぁオープン戦、これから寒いところ行ったりしますんで、、、なんとも言えませんけど。

んー・・・

まぁ開幕にはなんとか、100%に近い形で挑みたいですね。

はい。

はい。

てことはまだまだ、何と言いますかこう、もどかしい様なところがありますかね

そうですねまだストレスありますねー、はい。

そういうのどうなんでしょうかこう、なんかこう発散する方法とか、もう我慢するだけなのかその辺はいかがですか?

んー・・・いやまあ結構今まで我慢してたんでー、まぁ今年は極力ストレスをためないように、あんまり・・・家にも引きこもっていたので、その辺はちょっと・・・表に出るようにしてるんで

ああ、そうですか

はい

ちょっとこう外へ出て気分転換をしてみると

そうっすね、はい

まぁキャンプが明日打ち上げを迎えて、それからこうオープン戦に入っていってシーズンということになりますけれども、えーこれから片岡選手は、こうどの様にこう調整していってこう、まぁ体調もそうですし怪我の状態もそうですし精神状態もそうだと思うんですけれども、こう盛り上げていこうと考えていらっしゃいますか?

まぁ去年の7月から試合に出てないので

うーん

まぁその試合勘というのをまず取り戻さないと、えー・・・発揮出来ないと思うので極力、打席に立ったり、、、試合に出たり、、、まぁ短いイニングでも、そういうのを重ねていきたいなと思っています。

んー、やっぱり片岡さんのね、こうーーー切り込み隊長というのをファンはもうみんな、戻ってくるというのを
期待していると思うんですけれども

まぁ僕の仕事はそういうー、まぁ機動力なり、まぁディフェンスでも安定したところを見せないと、チームを引っ張っていく立場としてはマズイと思うので、でーまぁ昨年の3,4番が現状いないので、、、まぁそういった点でも、1点を取りに行く野球になると思うんで、より盗塁なり、まぁ細かい野球が必要になってくると思うんで、まぁそこに貢献出来ればいいかなと思ってます。

うん、まぁ1点を取る野球、1番バッター塁に出るか出ないか、大きいですよねぇ。

まぁ・・・一番というのは、まあ出塁するのは当然なんですけれども、まぁやっぱりチームに勢いを・・・つけるポジションでもあると思うので、えー・・・まぁそう言った部分を見せれれば・・・良いかなと思ってます。

それから大きなこととしてね、登録名も変えました。

はい。

はい、そのあたりは?

まぁ別に、何かを変えようっていうつもりで変えたわけじゃないんですけど、まぁたまたまそういった機会があったんで、えーまぁ元々変えた名前っていうのがあったんで、別に変える事に抵抗はなかったんですよ。それでーまぁ、、、変えたんですけれども・・・そんな感じです。

はい。でもそういったホントにこう、新しい片岡選手がね、また今シーズンから見られるのかなという風にファンは期待してます。

・・・そうっすねぇ、、、まぁ今年はホントにやらないといけないと思ってるんで、まぁ2年間、野球が出来なかったもんですから、まぁ今年はとりあえず試合に出て、あのー野球出来る喜びを、とりあえず感じたいなと、思います。



今シーズンの目標として色紙に「全試合出場」と書いたそうです。


まだ痛みがあって守備で飛びこめない、帰塁が出来ない。
これは我が見に行っていた時も同様でした。紅白戦でモロにそういうシーンがあったから。
その点は10日前とまだ変わってはいないのでしょう。

今怪我してしまったら意味が無いので無理をする時期ではないです。
ただ、それをどこで断ちきるか、だよなぁ。。。オープン戦の間に断ち切れるかどうか、
こればっかりはヤスとトレーナーさん、担当医の人しかわからないだろうけれども、とにかく今はまだ慎重路線。

オープン戦がいよいよ明日から始まり、それからまだ1カ月もあるのでその間に少しでも症状が
軽減すればそれで良いとも考えられますが、一方で痛みと付き合っていくしかないかという覚悟も
ありそうなので、どこで本気モードに切り替えるか・・・。

野球人生を賭けてまで挑む、ということであれば、ファンも覚悟を決めるしかないと思いますよ。

確かに、現実をあまりにも無視してあまりにもポジティブな事しか言わないのもどうかとは思いますが、
戦う宣言をしている以上はファンが「ダメだろう」と言うのもどうかとは思いますのでね。


応援すると決めているファンが今更ブレても仕方が無いです。



*************************************

ナカジも元気そうですね。こちらもいよいよオープン戦間近になってまいりましたね。
彼の場合は最初からガンガン行かないとならない辛さはあるでしょうが、積極的に頑張ってほしい。

なんか写真を見るとおよそMLBとは思えない質素なロッカールームに見えますが、これでもライオンズのよりは良さそうだな・・・。
http://oakland.athletics.mlb.com/photos/gallery.jsp?content_id=41543322&c_id=oak

てか、ライオンズの施設は70年代後半の設計ですのでそろそろ設備も色々ガタがきているはず(客席もそうですし)だから、その辺も何とか投資を・・・と思いますがどうなんでしょうか。


その設備投資の一環として改修工事が行われた第二球場、ラバーフェンス化が終了したようで、
B班も帰京ということで今日から練習見学出来るみたいです。

http://www.seibulions.jp/news/detail/7321.html

外野エリアはラバーフェンス2メートルということで、そこからの見学はやはり無理。
練習見学エリアはライトポール際から1塁側のアンツーカーのあたりにかけてになりそうですね。
今までとは違った角度になりますが、内外野の練習は見易くなるんじゃないでしょうか。

ただ、問題は観戦エリアが狭くなっている様な気がしないでもない・・・。

明日、チケットFC先行に向かうので、その時に練習を見てこようかなと思います。
オープン戦も見たいので、少しだけの見学になりそうですけれどもね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


WBCメンバー決定。まあ仕方ないのでは?

☆WBCメンバー28名決定
http://www.sponichi.co.jp/baseball/japan/wbc/2013/member/japan-members.html

ということで。

ライオンズの3名は生き残りました。メンバー構成から考えて妥当でしょうね。
ワクイは抑えもあるかもわからんね・・・。とはいえ、チームの役割とは違う役割を与えたくない、とは与田コーチの弁。前回のWBCではヤスのサードとか普通にあったわけですがw

大島、聖澤という足技を使える2人が落選。大島は身体的事情から仕方のないところでしょう。

聖澤の落選。盗塁フェチ的なファンならば何故?というところでしょうね。
正直なところ、聖澤との比較ラインにのっかったのは本多と角中あたりだろうか・・・。

ただ、メンバー構成的に内野手7名、外野手5名というのは妥当な線ではないでしょうか。
内野手落として外野を2人残して6人&6人では内野が苦しくなるのは明白ですから。
特に、内野手の方は経験値とチームの牽引役を期待して、リーダータイプを選んでます。
もっとも、カズオの場合は、複数ポジション守れそうという方が大きいかもしれない。

まあ、内野手はお年を召している方が多いし(汗)。

おそらく内野手6人ではまわらない可能性が外野よりも高いでしょう。内野から1人、外野から2人落とす。これは仕方が無いと思います。

そうなると聖澤か角中か・・・という話になり、これは一筋縄ではいかないよ。
結果としては足は百戦錬磨の本多に賭けたのでしょう。練習試合で全体的に打てなさ過ぎて
打撃重視になった可能性も否めませんが・・・。
昨日の紅白戦では聖澤打ったみたいだけれども、まあそれだけで決まるものではないだろうし
誰かは落選してしまうわけで仕方が無いと思います。

村田が戦略的な面で外れた、これも村田であるべきとは言わないけれど、誰が外れても不思議はないです。
もっとも聖澤が外れて大島が外れて本多まで外れるはずはありませんが。

全体的に見て、ムネリンタイプがいないというのは少々不安もありますね。
誰か徹底的に裏方に徹しつつもずんずん前に出ていける選手がいれば良いのだけれどもね。
前回大会でヤス、亀井、内川などを引っ張る裏方のリーダーだったよね、むねりんは。
ある程度自分を犠牲にしてでもチームの盛り上げ役に徹する、おかしいと思えば指摘出来る、若手や初参加組がオドオドしていれば引っ張りあげる、出場すれば繋ぎに徹せられる、
そんなメンバーがもしかしたら不在かもしれない。
勿論、ベテラン組が工夫するだろうけど、裏方ではないだろうからなあ。


しかし、今回は元々MLB組が不参加という時点で苦しいのですが、それにも増して故障者が多すぎますねぇ。

始まる前からこんなことを言うのは失礼かもしれないんだけど、かなり厳しい戦いになるとは思いますし、結果が上手く出せない事もあるとは思います。
2連覇したのだから3連覇・・・とは言いますが、日本戦となると眼の色を変えるチームもあるし、ふとした運もあるし、そう簡単には問屋が卸さないだろうとも思う。

終わってみれば勝てて良かったね、という事になれば良いですが、例えば予想よりも早い段階で負けたりした場合に、前回の北京五輪の様なネガティブな加熱の仕方にはならないでほしいなあ。

ある意味で一発勝負ですし、「てきとーでいいやこんな大会」みたいな感じで望む国とは違い、気合を入れて望む以上はシーズンを多少犠牲にして望むわけで、半分博打みたいな大会ですから、、、。

日本代表というと責任がある、という事になりそうですし、プロですから多少の批判は仕方ないでしょうが、敗因となった選手がシーズンにトラウマを抱えるほど誹謗中傷しちゃいかんよ、と思うわけで。

選手としては目立てばその後のシーズンに向けても注目を浴びてバラ色になりそう、負けたら負けたで一発勝負の結果だからしゃーない、くらいで良いと思いますし、妙に2連覇という十字架を背負う必要はないと思ってます。

WBCで優勝しなきゃ全く評価されない、ではだーれも出たがらなくなりますよ。リスクだけの大会にしちゃったら、いよいよ某国の様に最初からリスク回避みたいなつまらない戦いになってしまい、マズイなと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


今週の週べはヤス特集ぶち抜き5ページ

今週の週ベはヤス特集でした。カラーで5ページもあります。

内容についてはまだ触れません。ただ、画像ぶち抜き。おぜうさまも大喜び。
とは言え、メインは画像じゃなくて結構シリアスなコラムなので、プロ野球◯i的なテンションが苦手な女性にも、勿論男性ファンにもお勧め出来ます。
むしろ画像だけで楽しむのは勿体無い。

というわけで売り切れ前に手配しませう。

ちょっと考えてしまうな。。。
今は一軍に合流しているからまだ良いけど、二軍で悔しさを抱えながら調整中の選手をどこまでクローズアップして良いのか、、、とか。

去年の夏もそういう事を全く考えなかったわけではないですが、前進していると信じたかったんだよね。


因みに、明日のライオンズエキスプレスはヤスです。予定通りならばねー。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


とにかく願うのみですが

昨日球団公式にアップされたキャンプインタビューはヤス。
http://www.youtube.com/user/lions

手首がまだ痛いというのはキャンプに入る前から言っていたことで、覚悟の上での
南郷への参加だっただろうなあ。
とはいえ、痛みが軽減していかないとまた本人が迷路に入り込んでしまいそうですが。

まだ怖さがあるというのも我が見に行った紅白戦では感じました。
出塁して離塁しても、サファテからの牽制球に対して手から戻らず足から戻る。
守備でももう少しで追いつけそうだけれでも、最後思いっきり突っ込みきれなかったのも確かにあったかな・・・。

ただ、これは2/10-11の時点でのお話で、これからオープン戦に入ってシーズン開幕に向けて
佳境に入る段階にどこまでそれが「解消」されるかが一つのキー。

ここの調整が開幕までに上手くクリア出来るかどうかでほぼ決まるだろうなぁ。。。


一方で打撃の調整も去年の秋キャンプでは出来ていない分、これからの追い込みがモノを言いそうですな。
昨日時点で紅白戦や練習試合を複数こなす中、まだ安打が出ていないのはヤスと永江。
ヤスの場合は打数が6と少ない(他に1四球)ので別にどうこういう話ではないですが、
先週の時点ではまだまだ調整段階という感じはしました。

本人達もわかっていてか、2/11の紅白戦終了後は真剣に打撃力強化に励んでいました。
この時、浅村はサブグラウンドで守備力強化メニューをこなしていたはずです。
それぞれに課題を持って取り組んでいることは事実です。

我はメインにいたので、この二人。
DSC_0469_2062.jpg

DSC_0499_2064.jpg

DSC_0504_2065.jpg

DSC_0512_2066.jpg

DSC_0540_2068.jpg



練習風景を見る限り、声もよく出しているし元気は多々あるのですが、
若手特有のガツガツした感じとは少々違うなと思いました。

ある意味でベテラン(年齢的には本当は違うのだけれども)的な役割を認識していて
チームへ刺激を投入する役割と、一方で身体と相談しながら調整していかなければならない
もどかしさとが重なりあって、昨日のインタビューはああいう雰囲気になったのかな・・・
とは思いますね。とはいえ、いつもあんな感じでもあるけれどもさw

インタビューを聞いてるとまだまだ遠慮感があるように見えるので、以前の様に少々ギラギラしたものが
みなぎる様な雰囲気が戻ってきて欲しいなと感じています。
特に塁上ではそれが顕著でしたからね、それが相手にプレッシャー与えてたし。

色々と葛藤を抱えていそうですが、とはいえ開幕に戦っている以上は
我の様な外野のファンごときは開幕までに調整が上手く行くよう願うのみです。
葛藤はヤスのみならず皆あるだろうけどね。


*ところで、キャンプ地の宮崎が今年は結構悪天候で、今日も雨予報とかで本来は練習日だった今日を
急遽休みに変更し、休養日だった明日を練習日に振り替えとか。

メニューがうまく消化出来ていないとするとそちらも心配ですよね。この時期にやることは
多いと思うのだけれども。

それにしても、今日練習を見に行く予定だった人はどうするのでしょう?
仕方ないと言えば仕方ないけど、なんだか気の毒。。。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




久々の実戦(2/10 南郷)

週末からネットワークん調子が悪く、写真も上手くアップロード出来ない状態ですが
隙間を見てこれだけ投稿w正直、アップロードはこれが限界なので大した画像は無いです。。。

2/10の南郷での紅白戦の時の画像です。ヤスが半年ぶりの実戦。

試合前。

DSC_0922_2056.jpg

DSC_0903_2053.jpg

DSC_0925_2057.jpg

DSC_0998_2060.jpg

DSC_0919_2055.jpg

DSC_0930_2058.jpg

DSC_0992_2059.jpg

ヤスの久々の第一打席はサードゴロ。
DSC_0022_2047.jpg

第二打席は四球で塁に出ました。
DSC_0123_2051.jpg

とはいえ、この日は盗塁するという気はあまり無かったと思います。
DSC_0142_2052.jpg

守備。飛びこめば追いつけたでしょうがアウトにするには難しかったかという打球。結局グラブの先をすりぬけていきました。まあ復帰初戦ですからまだまだ本調子ではなかったなという感。
DSC_0091_2050.jpg

野上と雄星。特に雄星は力のある球を投げていました。ただ、野上は味方の守備から足を引っ張られ
雄星はコントロールが今一つ。
DSC_0036_2048.jpg

DSC_0051_2049.jpg


この日、ヤスがまともにプレー出来たのは第1打席でのスイング1回くらい。第二打席は一回もスイングせずに
四球でしたし、守備もまともに打球が飛んできませんでした。

昨日の練習試合でも打球は飛んでこなかったそうですね、、、。
確かに無理をする段階でもないのでしょうが、それでも調整ですから
試合に出ているときはもう少し打球が飛んできて欲しいものではありますな。

南郷キャンプももうまもなく最終フェーズに入りますが、何とか無事には乗り切れそうかな。
次の注目は週末のサンマリンでのOP戦に出る状態かどうか、ですね。フルでは出ないだろうけど
前半5イニングくらいは出てほしいなあ。
今日の日本代表戦はよくわからない試合なのでなんともw


あ、OP戦はパ・リーグTVで放映するそうですので、契約しますかね。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村


プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
318位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。