スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力及ばず

一通りやけ食いが終了した、今夜の我の札幌の夜w

何食ったかよく覚えとらんです。


まあでも、、、認めなきゃ。


北海道日本ハムのマジック2。

残り試合数:埼玉西武7(ホーム4 ビジ3) 北海道日本ハム4(ホーム2 ビジ2)

日本ハムが1勝2敗1分以上の成績を残した場合、我が埼玉軍はどんなに頑張っても届きません。
日本ハムが1勝3敗の時、ライオンズが7勝0敗で逆転可能。この場合引き分けもNG。
日本ハムが1分3敗の時、ライオンズが6勝1分で逆転可能。
日本ハムが4つ全敗の時、ライオンズが6勝1敗で逆転可能。


ライオンズは物理的な数字上はまだ優勝可能性を残しています。どれだけの確率か、そんなのは知りません。

でも、それは現実的かと言われると残念ながらそうではないです。
少なくとも、この状況からひっくりかえされたチームを我は知りません。
M4ならまだ、プレッシャーのかけようはあったんだよ。。。
なんで今日あんなにあっさり負けちゃうんだろ。。。

もしこれでひっくりかえったら日本ハムはとんでもない逆噴射です。
ひっくり返るとしてもかなり偶発性の高い現象が出た場合でしょうね。
日本ハムの選手がまとめて故障してしまうとか実力を超えた負の魔力がひたすら働くとか、
同時にライオンズはとてつもない神が降臨するとか。


結局のところ力が及ばなかった。単純にそういう事だと思う。

日本ハムも色々な「隙」はあったんですよ。今日の試合だってそう。
だけれども、ライオンズがそれ以上に隙を見せちゃった。

この札幌2連戦で主導権を一気に握りに行ける。そう願っていたファンが大半だったと思う。
連敗するなんてことはましてや考えることは無かったと思う。

結果は、2試合とも完敗でした。


「勝ちに行く姿勢が見えない・・・」なんてよく言われるような言われない様な。。。

いや、そんなことは無かったと思う。少なくとも、今日球場で見た我はそうは思わなかった。
少なくとも、9月後半は必死で粘ったり何とか生きようとしたりする姿勢も見えてた。今日だってそうだ。

両軍共、先週末の3連戦と今回の2連戦がどれほど大事か、痛いほどわかっていた上でのプレーだったと思うよ。
特に今回の2連戦は「殆どここに賭けていた」と思う。

それだけに、勝利のご褒美はとてつもなく大きいし、敗北の代償は取り返しのつかないレベルにのしかかってる。

少なくとも、天下分け目の戦いっていうのはそういうレベルのものだと思う。負けても次があると
言えるほど、そんなに甘いものじゃないと思う。


怒られるのを覚悟でいうと、この勝負の分かれ目の2つを連敗したことで、我がライオンズの優勝可能性は
ほぼ消えかけていると言っても過言ではないでしょう、、、。これはもう、首の皮一枚とか半分とか
そんなレベルは通り越してます。
1つ負けたらもう危険ライン、2つ負けたらほぼ死。そんなことはやる前からわかっていたことで、
最悪の目が出てしまったのだから仕方が無い。

これは力が及ばなかったということ。もし力が及んでいるのであれば、今日の試合は勝てたはずだよ。
でも、それが出来なかった。


2010年は勝てる展開、勝たなければいけない展開だったから「なぜ???」と我も怒り失望しました。
でも、今回は力が及ばなかっただけ。優勝目前まで行って失速したのでもないし、だから素直に受け入れるしかない。



でも、まだレギュラーシーズンは終わってません。
だって、まだCS出場すら確定していないんですよ。

レギュラーシーズン優勝という大きな魚は逃してしまうともう取り戻せないもので、
未練が無いとしたらウソになります。大ウソになります。
でも、CSという制度がある以上、そこに向かって少しでも良い結果を出すのもチームの務めだし、
それを応援したくなるのもファンの性。

今ある状況の中で最善を目指す。これは最後まで継続してください。確かに、現場としては
思ってもみなかった結果だと思うので、辛いとは思いますが。。。

気持ちを切り替えて戦うしかないんだからね。


今夜のライオンズファンは色々だろうなぁ。
まだ諦めないひと、諦めたくない人、もう無理だと判断して諦める人、無理だと判断する人に怒る人、
もう既に次の事を考えている人、チームに対して怒る人、泣く人、悲しんでいる人、失意のあまり声にならない人、
愚痴だらけの人、突き抜けた人、突き抜けすぎてラリってるひと・・・。

今夜はどんな反応でも許されるのではないですかね(他人に迷惑かけないというのは当然のこと)。
それだけ大きな大きな戦いだったと思うよ。

少なくとも、こんな大事な戦いを終えた後にまだ「ファンならこうあるべき」というべき論を他人に
押し付けるのは個人的には好きじゃないな。

少なくとも我は、この連戦に賭けてました。それでコテンパンに敗れたのだから、素直に悲しい。ただそれだけ。
でも、まだ順位は決まってませんから、応援しますよ。
明日は朝便で新千歳空港を飛び立ち、羽田から西武ドームに向かいます。14時開始なんだから余裕。
台風の進路と速度だけが心配です。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
スポンサーサイト

今こそ120%「出し切れ!」

辛い試合が終わりました。

辛い・・・と言いますか。
あそこまで完敗だとどうしようもないよね。この初戦は素直に負け。力負けです。
去年まではローテの谷間のような扱いだった投手が、この大舞台で全く物怖じせずに
投げ切るのだから、本当にお見事でした。もはや言い訳しても仕方ありません。


ここまで完敗では試合の内容は云々振り返っても仕方が無いなと思います。

さあ、状況的にはいよいよ追い込まれました。
北海道日本ハムにM4。明日我が埼玉西武が勝利したとしても、北海道日本ハムがそれ以降の4試合に
全て勝つor3勝1分で優勝が決まってしまいます。その場合は我が埼玉軍がどんなに勝利しても届きません。

ちなみに、このマジックは現状では引き分けでも減ります(状況は刻一刻変わるから常にそうではありません)。
我が埼玉西武としては勝ちしか許されないのです。

特に、明日です。明日負けたらさすがにそれは終戦宣言です。


現状ではまさしく「首の皮1枚」でしょう。ここで首の皮1枚だと思うよ。

今後はこの首の皮が破れそうになると何枚も何枚も補修する作業がはじまります。
実際、勝つならばそんな試合が続くでしょう。去年の10月がそうであったようにね。


これからの希望。「日ハムだって苦しいんだから負けますよ」

こんな考えじゃダメ。この状況はもはやそれでは打破出来ない。

日ハムは負けますよ、じゃなくて「ライオンズがプレッシャーをかけて日ハムを負けさせる」んですよ。


まず、明日勝つのは当たり前。ここ大前提。ただ勝つんじゃなくて、出来るだけ相手を疲弊させること。
何人も投手を使わせること。相手打線のリズムを狂わせること。
こっちも疲れる?んなもん「あがき」なんだから当たり前。

日曜日は福岡での試合を控える北海道日本ハムが少しでも嫌がることをすること。
これだけで負ける確率は上がるかもしれない。

そして、日ハムは日曜日の試合を終えると水曜日まで試合は無い。
そこまではライオンズは絶対に負けてはダメ。引き分けも許さない。

今日の時点でM4が点灯した北海道日本ハムが、水曜日の試合を迎えた時点で何の進展もしていなかったら
チームとしてはどう思う?

↑この感覚は埼玉西武のファンならばご存じでしょう・。・(ノД`)。・。


とにかく、「負けを期待する」んじゃない、「負けさせる」のですよ。


一つだけ言えば、今日の試合もダメでももっと相手にプレッシャーかける姿勢見せなきゃ!下を向いてる場合じゃない。

これだけ精いっぱいやってもダメならば・・・その時は仕方が無い。それはあくまでも結果です。
昨日も書いたけど、勝負事は勝たなきゃダメなのは100も承知。
でも、今季の様な飛車角落ちでここまで精いっぱい戦ってきて、その結果ならば
それはもう我は受け入れる準備は出来ています。



今年のスローガンってなんだっけ?

「出しきれ」

でしょ?

明日負けたら終わりだよ。

だから、明日こそ「出しきれ」だよ。

「120%出し切ってみーよ」


その結果ならば、我は受け入れます。

その集大成を目の当たりにするために、明日は札幌に行きます。これから札幌に飛ぶ準備をしますよ。



因みに、我は「CSがあるからそこで勝てばよい」「リーグ優勝したってそんなのCSで負けたら意味無い、日本シリーズに出るチームの方が良い」

なんて考え方は我は嫌いですね。大っきらいですね。(一言いっとくとCS制度には賛成です)

CSがあろうがなかろうが、この長い長いレギュラーシーズンの優勝はこのレギュラーシーズンの成績で決めてるんだ。
だから、負けたらそれはあくまでも負けなんだよ。
「CSで勝てば・・・日本シリーズで勝てば」、てのは一度負けが確定したチームが
「敗者復活戦でルールに則り、精いっぱいの結果を出す」考え方に過ぎない。その結果、日本一がついてくるというもの。
このレギュラーシーズンの優勝はCSでどんだけ勝とうが日本シリーズで勝とうが取り返せないものなんです。

だから、CSのことなんか忘れちまいなさい。負けたら終わり、のつもりで出し切れ!結果なんかそれからだよ。

さ、札幌へ行く準備して寝る!


P,S:栗Cの熱いインタビュー、何とか彼に報いることが出来れば良いな。

P,S2:昨日の記事ですが、ヤスのニュース。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/27/kiji/K20120927004200040.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

走るトレーニングは大丈夫そうですね。来季、少しでも挽回出来るように色々な人と二人三脚で頑張ってほしい。
ヤスはもう来季への戦いは始まってるのだけれど、これは本当に強く祈る。それしかできないけどね。


P.S3:けふのこのブログのアクセス数が極端に増えていたので、もしや2ちゃんにでも晒されたかと
思いきや、ヤフーのニュースサイトにこのブログ記事のURLが晒されてた。しかも日ハム側の記事に
リンクする形でw もう試合終わっちゃったからリンク消えましたけどね。
どういう基準で個人ブログを選定(という名のニュースサイトへのURL晒し)してるんだろうか。。。
因みに、今年の初めにナカジのポスティングネタ書いた時もヤフーニュースサイトに晒されてたw


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

最早ポイントは2つ勝てるかどうかだけ。

水曜日は痛い痛い負け試合になってしまいましたが、
昨日は展開不利な状況から粘り勝ち。

イライラするほどに淡白な攻撃を展開していましたが、
美馬がノーヒットノーランをあのイニングまで継続していたことが、逆にライオンズにとって有利に働いた感じですね。

ノーヒットノーランの均衡が破れた直後によく見られる投球内容でございました。
浅村が打ってから秋山ヘルマンとよく繋いだよね。

浅村は、、、思わず苦笑いしてしまう程に初球に拘るなw
本来ならタイプ的にはヘルマン6番と打順が逆なんでしょうが、
もう動かしたくないんでせうね。ヘルマンも考え込んでしまいそうだから。

楽天側の攻撃にも問題はあったとはいえ、一久があそこまで足を引っ張られても我慢して抑えた、その後の中継ぎもイニング跨ぎながら我慢した。
よく勝ったなと思いますよ、ホント。逆に言えば、この粘りが現段階でも優勝争いに留まれている1つの要因。

それにしても、北海道日本ハムもやはり強いね。
対戦相手の相性があったとはいえ、カード初戦で痛い引き分けで少しズルズルいくかと思いきや、結局は限りなく3タテに近い結果。

まあ、お互い直接対決を前に順位下のチームにホームで負け越しなど許されないし、
そこで踏みとどまれるから優勝争いをしているのだし。


これで、もう優勝争いは北海道日本ハムと埼玉西武の2つに絞られたと言って良いでせう。
福岡ソフトバンクは北海道日本ハムにはほぼ追いつけないと思う(可能性0ではないけど、ほぼ無理だろう。日ハムが逆噴射しても我が埼玉軍が勝てば無理だし)。
逆に、2位3位はまだひっくり返る可能性も少ないながらもまだハッキリと残っているorz



わが埼玉西武としては、札幌2連戦は連勝以外は考えられない。

もし連勝すれば埼玉西武にM6点灯。
1つ負けた時点で北海道日本ハムにM4。
連敗したら北海道日本ハムにM2。

まあ、マジックはあまり意識して欲しくはないが、今回の結果で戦況はこれだけ変わるということです。

つまり、1つ負けたら自力優勝の可能性が無くなるので、もう北海道日本ハムの逆噴射待ちになる。このパターンになると、それ以降はライオンズは引き分けも許されない様な戦い方になる。

連敗はほぼ死を意味すると言ってよし。


逆に、、、北海道日本ハムを追い抜くポイントは1つありますな。
日程的には有利な日ハムですが、今週6連戦の最後に嫌がらせの様にヤフーが1つ入ってます。
つまり、明日の首位決戦を終えると、札幌→福岡というキツイ移動があるのですね。
しかも、鷹は攝津の可能性が大。これが、日ハムが連敗した後だとかなりボディブローの様に効くはず。

一方の我が埼玉軍も移動はキツイですが、ホームで得意のオリックス戦。

だから、札幌で埼玉軍が連勝すると日曜日終了時点で埼玉軍がM4となる可能性はかなりある。

まあ、10月の日ハムは多分負けないだろうから、そこから先が大変ではあるけれど、かなり有利にはなる。
ソフトバンクをアテになんかしたくない?んな事言ってる場合じゃネーヨ。


だから、この札幌はホントに埼玉軍が連勝するか、北海道軍が1つ勝つか、が分かれ目です。

これぞまさに天下分け目の天王山。
本当の意味での天王山がいよいよ来たなという感じです。


お互い、今日が勝負でしょう。
埼玉軍の今置かれている立場としては、二年前の九月のあの忌まわしいヤフー三連戦の時の福岡ソフトバンクと立場はそっくり(厳密にはあの時の鷹よりはやや有利です)。

矛先は異なるけれど、その時の悔しさを北海道日本ハムに当てつけ出来るかどうかだねw
あの時のメンバーがかなりいないのが悲しいけどもorz


お互い、主力を流出や怪我で失って戦力が明らかに不足している中、よくやってます。
中途半端な試合はして欲しくないけど、精一杯戦った上での結果ならばそれはもう仕方が無いという段階まで来ました。

個人的には「あとはもう気持ち」とか、負けた時に「気持ちが足りないから負ける」とか「頑張ったから仕方ない」とか
かなりの部分を精神性に訴える考え方はプロ野球においてはあまり好きではないんですが、、、
ここまでくるともうとにかくまずは精一杯やることだよね。
その上で勝った方は単純に強かった、負けた方は単純に力不足だった。精一杯やった結果ならば、残る結論は単にコレだけ。恨みっこ無しの勝負。

本来ならここまで来たら絶対に勝たなきゃダメ。
ただ、今季の様に飛車角を失った状態の戦いなら、勝った方を素直に称賛し、負けた方を素直に労うつもりです。

我は今日はどうしても仕事を休めませんが、明日は札幌に行きます。どんな気持ちで行く事になるやら。。。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

想定外

昨日球場に到着したらマウンドに小石がいた件・・・。

えー・・・昨日負けるの・・・?
想定してないよそれは・・・最初の2つ負けたら始まらないってばorz

昨日のゲームは牧田に粘ってもらい、極力中継ぎを使わないでワクイに繋ぐというのが理想的なパターンでした。
勿論最高は完投勝利だったけども。
3回被安打6は想定外。まあ、疲れが出る頃だから状態が悪ければ不思議ではない結果ですが。。。
だけれども、こうなると次は中3日でのオリ戦が濃厚でしょう?中3日で回復出来るかどうか、
今度はそちらが心配ではあります。

中継陣はよく踏ん張りました。繋いで繋いで極力相手に失点を許さなかった。
ただ、7回表の失点が痛かった。。。カズオの盗塁の際に銀の送球ミスも勿論痛いけれど、
結局カバーリングもイマイチだったよね。
その次のホーム送球によるFcはまあ仕方ないと思います(カズオが迷ってスタートしていなかったので
「なぜホームに投げた!?」とも一概には言いきれない)。

打線はまあ、おかわりに一発と7回裏にすぐに確実に1点返すなど粘りも見せたのだけれども。
また初物に翻弄されたという結果になりました。

初物や対戦経験の浅い投手相手は難しいというのは理解出来るんですが、
楽天戦はこの傾向が強すぎませんかね。
そしたら今日の美馬だって決して対戦回数は多いわけではないし・・・。

あのベンチ前で組まれる円陣、最近頻度が高くなってきている気がしますが、
本当にどれだけ効果が出ているのか疑問に感じますよ。。。


多くの人が4回裏(秋山出塁→ナカジ進塁打打てずの場面)を攻撃のターニングポイントに挙げると思いますが・・・。

我が一番カクっときたのは8回表の1,2番。あの場面であの淡泊さは・・・致命的。
勿論、あまり深く考えすぎてかえって悪い結果になるよりは、とにかく思い切ってプレーすることを
彼らに求めるというのが、チームとしての考えなのは理解出来る。

だけれども、それで終わって本当に良いのか。。。
彼らは状態の良い時、相性の良い相手には本当に気持ちよく打つ。見ていてホレボレするくらいに。
実際、浅村は慣れないポジションで休む事も許されないまま復調してきたし、
秋山なんか打率は3割目前、本当によく頑張ってくれてます。
けれど、せっかく1,2番としてこんな経験をしているのに、思いっきりプレーするだけに終わるならば
それはただの1番目と2番目の打者に過ぎないよ。。。

申し訳ないが、彼らは「これは仕方ない」と言いきれないイージーミスも多い。
やはり、とにかく思い切りよく、だけではなく少しは・・・とどうしても思ってしまう。

厳密に言うと今のライオンズに生粋の1,2番と言える打者はいないと思っています。
片栗or栗片にしても同様で、1、2番としての欠点に対しては利点で目をつぶっていた形だったと。。。
もっとも栗の2番は完成系に近いものがあったとは思いますけれどもね。
二年前のヤスは貢献度はかなり高かったけれども、出塁率という課題は残したままここ二年間の故障渦に吸い込まれてしまった。

そもそも、パ全体を見渡しても完成された1,2番という選手は殆どいないよね。
(個人的には元阪神の赤星は生粋の1番打者だったと思う)。

この打順は正直言うと身体能力や技術だけで補える打順ではないだけに、本当に育成も難しいと思う。
多くのチームにとって長年の課題でしょう。

だから、今の浅秋コンビの「粗」は仕方ない面はあるのだけれどもね。。。



終わってみれば2-3と惜敗。
こんなこと言うと怒られますが、チームとしてはボロ負けの方がかえって良かったのかもわからない。

楽天は14安打も打ちながら3点しか取れずに試合展開を接戦にし、こちらの勝ちパターンの中継ぎを
ふんだんに使わせた挙句、そのまま逃げ切ってしまった。
これってどんな嫌がらせよorz

ただ、中継ぎに明るい光が見えてきたのは良いことだとは思う。
1週間前くらいまではもう中継ぎがボロボロ状態に陥るかもな・・・とさえ思えたから
そこを思えばまだ昨日の「内容」は良かったのだろうなと。

十亀以外の中継ぎを想定外に使ってしまったため、今後の選手起用にやや影響を及ぼす可能性はあると思います。
それでも、連投はウィリアムスのみにとどまっているのが不幸中の幸い。
まあ、一久には前回の罪滅ぼしで今日、牧田には日曜日のゲームで最低限試合を作ってもらうしかないでしょうね。
打線にもう少し粘りがあれば・・・。


北の大地では北海道日本ハムが順当勝ち。あちらも戦力的には苦しいけれども、、、まあ、そこまで期待してはいけない。
パは全体的に主力の故障などによる戦力不足に喘いでいるので、他の球団に北海道日本ハムをメタメタに
叩いてもらうのを期待するよりも、埼玉西武が地道に勝ち星を重ねる以外は仕方ないでしょう。

現段階での実質のゲーム差は数字上は2.0。実質は2.5差ですね。引き分け数がこのままいく場合、ゲーム差0では北海道日本ハムが上の順位になるから。
札幌での直接対決が終わった段階でゲーム差0に出来れば北海道日本ハムも厄介な投手と当たる試合が多そうなので、
面白くなるのだけれどもね。


まあ、現場には反省点は真摯に反省していただくとして、前を向いてもらいませう。
あとはもう気持ちだけ、なんてコメントは聞きたくないぞ。あと10試合もあるのだからね。


P,S 試合前の情報によると、右ひじから右手首までギブスで固定された状態のヤスが昨日球場入りし、チームにあいさつしたそうです。
戻れることならば日本シリーズ前に戻りたい・・・とコメントしたそうですが。。。

彼の真意はどうだろう。。。第二で黙々と調整しつづけていた姿を見た者としては気持ちはわかるけれども。。。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

勝たなきゃ始まらない試合を勝った

昨日の勝ちは確かに非常に大きかった。
追いつかれる寸前まで行き、そこでギリギリ踏み止まっての勝利だから。
雄星はプレッシャーにも負けずよく飛ばして試合を作りました。4勝しかしていないのがおかしいくらい。

正直に言うと、十亀とコールされた時は「???」でした。
この10連戦を見越してあまりウィリアムスを使いたくないのか、
それとも単なる左右の組み合わせのせいか、、、
あるいはウィリアムスが状態が良くないと判断されたのか。

昨日の我は六回裏に球場に到着したのでハッキリは言えないけど、
七回の雄星はかなりフルパワーで投げていた気もしました。
多分、味方が先制した後だから全力で抑えに行ったのでせう。

状況によってはここで交代だと思うけど、10連戦という事実と七回裏に更に一点追加したことで、
もう1イニング頑張って欲しかったんでしょう。

ただ、先頭の銀次に対する投球の時点でもう怪しかったよね。
代えるならここかなと思ったんですが。。。


結果論と言われればそれまでですが、この継投は試合を苦しくしてしまいました。
何か意図があったのかなあ。。。

打線はおかわりに少しだけ復調傾向が見えてきましたかね。打球は上がらないけど仕方なし。
逆にナカジの下半身はやはりかなり厳しい状態みたいで、、、
過度な期待は酷かもしれない。

相変わらず攻撃面では相手に手玉を取られがちな状況でしたが、
苦しい状況を打破したのがオーティズというのがいかにも「らしい」形。

経験値の浅い選手や生真面目な選手はどうしても力が入ってしまいそうな展開に、彼の様な存在は大きい。

まあ、とにかくまずは一勝。

今後の展開的に昨日今日は勝たないと始まらないでしょう。
木曜日はおそらく中4日で一久?
金土は相手ホームで大きな大きな天王山、日曜日は先発がいないので中継ぎ総動員で行きそうで、
来週四試合は一久含め全員中5日ですが、連戦後半は打線が投手を助け、中継ぎがどこまで踏ん張れるかがキーになりそう。

こう考えると10連戦というのが非常に鬱陶しいのだけれど、
少なくともこの楽天戦の最初2つは落としている場合ではない。

今日も牧田に終盤まで踏ん張ってもらい、ダイレクトにワクイに繋ぐくらいでお願いしたいです。
まあ、この連戦はワクイも心配だよねー。やはり勝てる試合はしっかり取り、その一方で諦める試合も必要かもしれない。
10連戦全部を無理矢理取りに行く戦法は難しいから。連戦じゃなきゃまだ良かったのだけれど。


日本ハムも武田勝で勝ちきれないというのは結構大変な状況でしょうな。勝ちゲームを勝ちに行って勝てなかったのだから。

昨日の引き分け、ライオンズとしては勝ってしまわれるよりは引き分けの方が良かったのは間違いのないところ。ただ、追い込まれながら負けなかったね。。。

この引き分けが「日ハムが勝たないで良かった」のか「日ハムが引き分けで踏ん張ったのが痛い」のかは今はまだわからない。
よく上位チームの引き分けは勝ちに等しいなんて言われるけど、
現在の三時間半ルールのために引き分けが結構出やすい状況では、あながちそうも言い切れません。この引き分けがもたらす影響は、色んなパターンが考えられます。

まだ早いけど、残り数試合になったらその色々なパターンで勝率をシミュレーションする作業が
主にファンやスポーツ紙などの間で始まることと思います。
数字上のマジックや仕組み、ルールを理解していないと優勝ラインを誤解してしまいそうなほど、接戦になる可能性はありますね。
(事実去年のCS争いがそうでした。最終戦一個手前のマリンで引き分けたことで終戦と勘違いした人も多かった)


この争いは10月まで続くと思いますが、取り敢えずゲーム差や細かい勝率は三連戦終わった後(直接対決直前)に考えませう。
とにかく、このホーム三連戦は当然勝ちこさなきゃ始まらないということです。
連戦最後がKスタだから、この三試合でなるべく貯金したいよ。三試合目の戦い方が難しいかな。展開的には打線爆発が一番簡単ですが。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

週末に向けて台風きてますけど・・・

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

あじゃじゃじゃじゃじゃじゃ(´Д`)。
週末はまた東海~北日本にかけて(下手すれば近畿も)台風接近の可能性が大ですよおねえさま。
前回の福岡の時よりもやばめっぽいですねぇ。

完全に北海道日本ハムvs埼玉西武戦に影響を及ぼす日付になりそうでんなー。

このままの進路で行くと、28日の朝に首都圏に接近しそうですが、ライオンズとしては前日までは
ホームでナイターで楽天戦ですから、28日は札幌へ当日移動しかできないでしょう。
これだと羽田から飛べない恐れがかなりありますが、どうなるんでしょうかねぇ。。。

まあ、北海道にははあまり台風は上陸しないようですので、札幌サイドでは台風の直接の影響は
もしかしたら本州よりは少ないのかもしれません(=29日は大丈夫?)。ただ、全く無いわけでは
ないようですが。

しかし、ここで中止になったりするとどうなっちゃうのかな?日程も結構ギリギリでしょ?
確かに10連戦ではなくなりますが。。。



昨日の試合を見ていても、楽天vsソフトバンクの様にCSに関係するチームは一筋縄ではいきません。
今週も各地結構荒れそうですなぁ。
まあ、埼玉西武といたしましては先に優位に立ってマジックなんかつくとそこから意識をしだすので
(いつも優勝目前で急ブレーキがかかる。まあ北海道日本ハムもそうですが)、
少し後ろから追いかけてムカイカゼのプレッシャーを軽減し、144試合目の時点で

「(°Д°)アライヤダ!!!たまたま144試合目で首位になっちゃったー、ごめんねファイターズ、エヘヘウェヘヘヘ」

くらいの感じがよろしいのではないでせうか。なかなかそう上手くもいくまいがw


まあ、埼玉西武のようにこれだけ流れがあっちにいったりこっちにいったりやってると
ライバル(主に北海道日本ハム)としても流れが読みにくく迷惑だろうなぁ・・・と思ったりもしますw

ただ、いずれにしましても戦力はお互いギリギリでやってます。特に埼玉西武としては経験値の少ないメンバー多数。
防げるミスで流れが一変することがよくあるので、そこだけは防ぎたいですね。

楽天と5つかぁ・・・これは4つは取らないとあとは北海道日本ハムのミス待ちになるだろうなぁ。
残り12試合、9つは取りましょう。それでダメならもう仕方が無いよ。
12試合のうち、11試合とか12試合取りに行く戦術はさすがにキツイと思う。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

そこにある流れをモノにするのが下手~なチームorz

2勝1敗は最低限のライン。そこはクリア。



・・・確かにそうです。そうですが・・・。


率直に言って昨日の試合は痛い。
ホームで勝てる試合を落としてしまったというのはこの時期とっても痛いのですよ。。。

なんだか初回から変な空気はありました。
この3連戦、陽の扱いに困ったことは事実。昨日もいきなり先頭打者で打たれてしまったわけですが、
1死2塁からナカジが考えられない「躓き」でエラーに。。。

あれはどうしたのか。。。

ただ、この時点で4番中田、6番小谷野が機能していなかったので救われましたけれどもね。
まあ、ここを無失点で乗り切れたのはラッキーです。


その裏。相手の中村勝もやっぱりこういう試合の登板経験は殆ど無いのでしょう。
立ち上がりから滅茶苦茶独り相撲。おかわりのタイムリーでキレイに先制点。

が、そこから押せないんだよなぁ。。。

この攻撃が結局は「不安定な中村勝を逃がす」という結果になってしまいます。

岸メンは2回以降立ち直りを見せ、中村勝は不運もありつつ依然不安定。
後者は5回を投げて110球という、この球数だけを見てもいかに苦しい投球かが解ろうというものですが。


5回にオーティズが貴重な貴重なタイムリーで1点追加。
もはやアップアップに近かったので、ここで押し切りたかったんですけれどもね。

終始「今にも崩れそう」な気配を見せつつ、ライオンズ打線が打てないんだよなぁ。


この回を境に流れが一変。

まずは6回表の岸メン。

なんでじゃー。

先頭の糸井に対してそれまでの投球が一変し、完全に力が入っているのがわかるような投球。
何もそこまで力まなくたって・・・。どしたの?何のスイッチが入ってしまったのか???

ああなるとなかなかコントロールは難しいなぁ。糸井にライト線へ打たれ、しかもその打球を
大崎の処理が完全にボーンヘッド。中継に入った浅村、ナカジもあたふた、ヘルマンのカバーも
あたふたで無死3塁。

このvs糸井に表れた岸メンを中心とするチームの乱れがゲームのターニングポイントでした。

中田に対しては1点は仕方ない・・・のつもりでいれば良かったのだろうけれども。。。
まだまだ力が入ったままでカウント不利にし、最後はど真ん中へ失投。


中田、機能してなかったのに。。。あれでは打たれる。


6裏。ハムが投手交代。はい、よくあるパターンですがライオンズサイドから見ると所謂「中村勝を逃がした」形に。。。

しかし、ここで登板したモルケン、力はあってもコントロールは酷いw

これだけ酷いとじっくりボールを見て攻めていけばチャンスは必然的にくるはず・・・なんだけども。。。
サイトゥーが繋ぐことが出来ない。その前2打席で自分のいやらしさを相手に伝えたはずなのに、
もうちょっといやらしいことをして欲しかったなぁ。。。


終盤は正直振り返るのメンドクセ。

バッテリーが陽をいとも簡単に出塁させるからああなってしまうのです。。。
歯車が狂いだす。

ウィリアムスも昨日はそんなに悪かったようには思えなかったのだけれども。
糸井に関しては安全にしか行けず四球。
中田には変化球狙われ。。。

最後には長田のイニング跨ぎが仇になり、これまた松永が糸井に仕留められてジ・エンド。
イニング跨ぎの危なさは解ってるはず。
それでも跨がせるならばこんな中途半端な継投は避けていただきたかった。。。
左右の組み合わせだけなのか、この継投の根拠は。

対する日ハム側は、昨日までの鬱憤を晴らすかの様に終盤は完璧なリリーフ。
石井は土曜日も嫌な投球をしていましたが、前日ボロボロだった増井が何だか生き返ってた。。。
ボールに力ありましたね。勿論球速も。どんな変化かはわかりませんが。

最後は武田久にプレッシャーを与える余地も作れず、終わってみれば完敗になってしまいました。


結局、岸メンの中5日はあんまりよくないのかもなあ。。。
正直、踏ん張りきれている印象はあまり無いかなあ。

あとは打線ですな。
不安定なんだけれども対戦経験の少ない投手を掴みきれないのは、
ライオンズの悪いところです。
前日までの勢いに乗って勝つならば、もっと序盤からの得点がやはり必要だったと思う。

5回までに110球投げさせながら2点止まりは、逃がしてしまったのと同義。

残り試合を勢いだけで勝ち切るのは難しいと書いたけれど、
それ以前にどうも自分達に来ている流れをしっかり手繰り寄せるのが上手くないらしい。。。

この辺、残り試合の課題だねぇ。戦力で負けている様には見えない(相手も相当苦しい)のだけれども。


ま、数字上のゲーム差は1.5、事実上のゲーム差は2.0。
残りの直接対決が2試合なので最低限は残ったわけだから、まずはこれ以上離されない様に楽天戦のことを考えませう。初戦と3戦目がキー。
3戦目は一久か・・・?中継ぎの誰かを3イニング使うことになるような展開は、絶対に避けたい。

ナカジは大丈夫かねぇ。。。守備を見ると心配になりますわ。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

流れに博打が乗っかった様なすごい試合

いやー、なんか昨日の試合の終盤、西武ドームが2008年9月23日みたいな雰囲気になってましたな。
(なんんことやら解らない方は検索してみませう)

特に鬼崎から先のボルテージが。ありゃ嫌でも選手はその「雰囲気」にのるでしょう。

試合内容もいよいよ首位決戦らしくなってきましたが、こういう時に強さを発揮できる浅村、ナカジ。
まさしくイイネ状態。
特に浅村の集中力はなんだかすごいなと感じます。まあ、ライオンズにおいてはこういうタイプの選手は
少なからず存在していますが、あんな試合では良い方向に出ますよね。


全体を見ると、まず一久は残念ながら論外として、次のイニングに2死から銀ちゃんがしっかりと
ランナーを返した。これは結構大きかったかなと思います。
ウルフが波に乗る前にすぐに点を返した。

次のイニングも浅村秋山コンビが憶すことなくしっかり打ってナカジに繋ぎ、そのナカジがしっかり
結果を出すという最高の流れ。
んが、続くおかわりの打球で秋山がとんでもないボーンヘッドをorz。
なんであれだけ見易い打球、無死という状況であんな無茶をするのか・・・。
まだ2年目とかは一切関係のないレベルのミスだと思われ。

これを改善しないと彼は本当に打撃&肩だけ選手になってしまうよ。それはダメだよ・・・。
打撃は本当に自信を持って打ってるだけに勿体ない選手だ・・・。



ここで一度試合の流れが膠着してしまいます。

それでも、十亀を引き継いだ岡本篤が少しずつ、すこーしずつ流れをライオンズ側に引き寄せていきます。
ただ、3イニング目に突入は少々ビックリした。まあ、結局一久が1イニングも持たなかったことが
大きく影響してはいるのだが。。。


流れが膠着しながらも僅かながらに動いているかな???と思いつつも両軍点が入らない中、
ここで点が取れないと届かないかもしれないなぁ・・・というまさにその場面。

浅村が物凄い集中力で貴重な貴重な1点を取り返しました。これもツーアウトから。

彼がお立ち台というのもよくわかるお話。この1点がファイターズベンチに大きく圧し掛かったことかと。


続く8回も先頭打者のナカジがマケジと素晴らしい集中力を見せて出塁。
これで流れは完璧ライオンズ。

称賛されまくりだったのが昨日の鬼崎のスリーバント。
確かにあの場面でスリーバントは物凄く勇気のいることだと思う。サインを出す方も敢行する方も。
しかも、実戦の少ない選手だけに余計でしょう。あそこで成功するか失敗するかで彼への信頼度は大きく振れ動くし。

ただ、その前の2球はバスター。当然、ファイターズ内野陣が猛然と突っ込んできた事が理由でしょうが、
今季打率.000の鬼崎にそういう策を取るのもかなりの博打。
(この場面、当てに行くなら本来なら原とかだろうなぁ・・・ただ結局彼の状態がねぇ。。。)

2球続けてダメでスリーバントのサインも博打ですが、でもスリーバントだろうなとは思いました。

とにかく本当によく決めた。打撃はNGかもしれませんが、バントと守備のスペシャリストになるべく機能して欲しいと思います。


ヘルマンはあそこで勝負してもらえれば結果を出す選手でしょう。
我は勝負しないで7番熊代,8番銀と続く打順で勝負かなと思いましたけれどもね。
何故ならば、ライオンズは外野手を使いきっていて代打がいない。右投手の増井に対して
熊代はまだまだ不安定な左打席で打つだろうから。。。

ただ、ここでまたまた博打。ライオンズベンチは熊代に代えてカーター選択。
これら一連の流れでは、両軍ベンチの采配について良い悪いの判断は確かに難しい。

そして、金子の併殺を焦ったプレー。あれも単なる凡ミスというよりは判断としてはギリギリだったでしょう。
普通にバックホームされていれば勝ち越しは無かった可能性は高かったけれども、
増井の状態が悪く、あそこで併殺を狙いたい気持ちは理解出来ます。

ただ、前進守備だからショートもセカンドも動きがちょっと難しいんだよねえ。。。

あの決勝点は流れだろうな、うん。


ライオンズベンチはこの間、ウィリアムスを全く用意させていなかったですね(いや、我が気付かないだけでしたのかもしれない)。
7回松永、8回長田というのはビハインドだったからという説明はつくのですが、9回に向けてのブルペンは
ワクイのみ準備していました。

まあ、確かに8回終わった時点で残り時間的に少々微妙だったので、あそこで勝ち越してなくても
結果的に9回はワクイだったのかもしれない。
ただ、8回の最初から準備はワクイだけというのがこれまた博打的。

結果としてはこれは大きくて、今日はウィリアムスを十分に使えるでしょう。


なんだか、良い流れに監督の博打采配が上手く乗っかって劇的な勝利に結びついた感じがしますね。
うーん、これは3タテしなきゃならない流れですよ。


今日の岸メン、中5日というのがやや気にはなるのですが、7回くらいまでなんとか踏ん張ってほしい。
あとはウィリアムスとワクイで何とかなるはず。
逆に、岡本篤や十亀は今日は使いにくいでしょう。特に岡本は無理め。
明日休みだから、選手達にはもうひと踏ん張りして3タテして頂きたいです。



それにしても・・・だ。

4連敗→3連勝→4連敗→3連勝・・・と。

ちょっとしたことで流れが一気に変わっている気もする。
ライオンズにその傾向が顕著ですが、ファイターズ側も若干その気が。。。

残り13試合が結構長いなぁ・・・と感じでしまいます。
これから先、どれだけの「山」があるのだろうかね。
今日はともかく、来週の10連戦を最初から「流れ」で押し通すのは厳しいだろうと思います。

やっぱり、流れの中でもやることをキッチリとやるという精神は大事にしていただきたいなぁ。
今季のパは3位のソフトバンクも含めて、まだどこが優勝するかはわからないでしょう。
貯金10付近でこれだけもつれるということは、どこも脆さがあるのですね。
それだけに、勢いだけでは決まりそうにはないかな。
やっぱり去年の9月に猛烈に追い上げた時のように、勢いを大事にしつつも個人個人で
やるべきことをやれるかどうか、でしょうかね。

*もしかすると、残り5試合くらいの時点で勢いに乗ったチームが144試合目にたまたま1位でした、
という結論はあるかもしれないw


まあ、とにかく9月末の札幌は1勝1敗でも良いという形にしたいため、
今日はなんとしても取っておきたい試合です。
2勝1敗だと痛い、というくらい大事な試合になりそうです。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

さすがの集中力

あの場での浅村の集中力、お見事でした。
この3連戦が終わった時に、あの一打がこの三連戦の流れを決めてしまったかもしれない、と
言えるようになっているかもね。

そのくらい、あの一打があったか無かったかで違ったと思う。

物怖じしない性格がやっぱりこういう痺れる試合では活きるよね。
試合後のヒロインで「3タテ」という言葉が出たけれども、彼の特徴をよく考えてみると
まあそういう言葉が出てくるのもわかる。前回はフラグになってしまったがw

勿論、あの流れを潰さなかった秋山、最後に結実させたナカジの打撃もお見事。
しかし、おかわりくんよ・・・orz


試合中は結構色々なミスも出てしまい、7回まではたったの2安打。負けてもおかしくない試合だったと思う。
ただ、苦しみながらも投手陣がなんとか踏ん張りきったことで、今日以降への試合へなんとか流れが繋がった。



日本ハムもライオンズと似たような悩みは抱えているようで。。。

吉川は少々引っ張りすぎたということでしょう。
浅村には最後全部変化球でした。球威も握力も落ちていた感じでしたね。
その後の秋山、ナカジにはもうつるべ打ちに近い状態。特にナカジのは完全に失投。
ここ、完全に継投遅れ。

ただ、そうなったのも結局ファイターズのブルペンにも不安があることの表れかな。。。
増井も宮西もそうとう疲れているようだし。。。
結局、今回の優勝争いはホークスも含めて決め手というほどの決め手が無いんだよね。

まあ、糸井が無双状態なのは怖いですが(汗
特にオリックス戦からちょっと手がつけられない状態で、出塁率は.737とか。ひーコワイヨコワイヨ(ノ∀`)。




さて、昨日も申し上げた通りで、1つ勝っただけじゃまだダメ。
今日につなげないと昨日の試合の価値は半減してしまう。

今日は先発一久です。前にも言いましたが、特に序盤で防げるミスを絶対にしないこと。
彼の時は厳禁です。
「投手と野手は助け合いなんだから、野手のちょっとしたミスくらいで・・・」
という意見もあるでしょうが、そんなことを言っても現実なのだから仕方ありません。

一久の時は、上手くおだてて波に乗せることが本当に肝要。
逆に、波に乗っちゃえば終盤近くまではスイスイ投げてくれますよ。
守備重視の起用をお願いしたいです・・・とはいえ、度¥どの選手も一長一短で
結局どのオーダーが守備重視かいまいち解りかねる面もありますな・・・ここいら欠点か。

対するウルフもライオンズ打線が苦手にする投手ではありませんが、8月半ばからはずっと好投が
続いているようで、手ごわい相手になるかもしれません。
立ち上がりから適度に荒れる可能性もあるので、絶対に明らかなボール球は振らない等、
なんとか序盤からプレッシャーをかけていきたいところですな。

先発をいかに早くに引きずり下ろすかが勝負のあやになりそうです。
そこには守備力も絡む、当然ながら。


まだ数字上は不利ですが、今日勝てばいよいよ面白くなります。
今回のホーム3試合を3タテして来週以降の立場を少しでもよくしておきたいところ。
この3連戦後に休みが1日あるので、来週の10連戦期間中よりは今回の方が多少無理も効く。
特に、水曜日の牧田、昨日の野上が踏ん張ってくれたので、今日明日は中継ぎフル稼働で構わないと思う。

来週の札幌の試合を前に、少しでも優位な立場に立っておきたいところです。。。
ライオンズが勝つためには10月まで我慢が続くのは間違いないですが。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ




プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
286位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。