スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しかった1点

気が付いたら貯金が4つ。

ここ10試合は7勝1敗2分ですか。どうりで一気に来ているはずです。
その前の10試合が5勝4敗1分なので、感覚的にはやはり絶好調感があるはず。
他の5チームが一進一退を繰り返している中だから余計でしょうな。

ここ4試合ほど打線が非常に活発です。4試合で31得点。
特に上位打線の「栗、秋山、ナカジ、ヘルマン」あたりのそろい踏み度合いがかなりのもの。

4試合の4人の成績。

栗:19打数10安打3打点
秋山:16打数8安打6打点
ナカジ:16打数6安打6打点
ヘルマン:16打数6安打6打点

これだけ活発ならおかわりがダメでも点にはなるは。
ナカジのバントで勢いがついた面も勿論ありますが、ここまで当たっていると基本的に策は
あまり考えなくても、絞り球を間違えるとか場面無関係に振りまわすとか無ければ点にはなりそう。
昨日もそうでしたが、投手が暫く我慢出来ていればほぼ勝てる状態です。

特に昨日なんかは流れがライオンズサイドから離れず、相手が少し隙を見せたらドカンドカーンってなかんじ。
カーターの勝ち越しタイムリーも普通ならば一番やってはいけない初球ポップフライに過ぎない。
それが(相手の守備位置の問題もあるとはいえ)タイムリーヒットになり、秋山の3ランに繋がっていくと。

流れが完全にライオンズなのです。


ただ、ここまで上位打線が揃い踏みする状態も半月続けば多分万々歳なのだと思う。
今は放っておいても我慢していればある程度点になるけれども、実際には誰かが徐々に調子を落としていくもの。

そんな中で、8回裏に見せた「おかわり2塁打→ヘルマン初球を右打ちでサクサクっとチャンスを拡大→浅村意表を突いたスクイズでダメ押し」。

この点が一番大きいかなと感じました。個人的にはこれが一番うれしかったかな。

こういう好調な時だから、攻撃パターンを増やしておくことも重要だと思います。
特にスクイズを決めた浅村は、今月は好調モードで復調してきてはいるものの、
走攻守に少々粗いところが見られるだけに、こういう選手がキッチリ決めてくるとまた得点パターンは増えるのですね。


まあ、昨日なんかは最高の形、ナイスゲームでしょう。

ただ、少々気になるのが投手陣のヘバリも考えなければならない「兆し」も見え隠れ・・・かな。
長田が勝ちパターンのセットアッパーとして頑張っていますが、球威に少しずつ陰りが見え始めた時が
少々マズイかな、、、と。
ウィリアムスは昨日は休息だったようですね。良いことだと思いますが、やっぱりこのあたりの投手陣が
「年間通して活躍する絶対的な存在」とまではまだ言えないだけに、これから少々苦しいところ。

岡本篤あたりは最近登板が少ないですが、中継の誰かがへばった時に、その役割を引き継ぐ形にしたいところですね。

最近批判を浴びがちなおかわりさんも同じです。
土井コーチいわく、今は「最悪の状態」ということですが、先にも述べた通りで上位の他の4人がシーズン終盤まで
今の状態というのは考えにくい話。その時におかわりが爆発出来るようになればそれが最高の形。

「やっぱり栗山秋山ナカジヘルマンは流石だな~」というのは良いんだけれど、今からそれを最終形と
考えてしまうのはやや危険な話。
今のうちに「パターン」をいくつも想定して、最後にもつれにもつれるであろうシーズン終盤に備えて欲しいと
感じています。
それは投手陣に関しても同じ。


最近はベンチワークも少し柔軟になりつつあるので、その点は以前よりも心配ないかな、というか
それが上手く勝ちに繋がっている気がします。


それにしても、ロッテ→楽天→オリックスとここまで戦ってきた相手を見ていると、いまいち決め手が
無い様な状態ですね。混戦状態になっている理由がよくわかるような感じ。
多分、順位を気にするのは残り15試合くらいになってからでも良い様な気がします。
今は1位でも3位でも大差は無く、「日本ハム負けて西武が勝てば2位!」となっても
実際の状況はほぼ変わりませんので、ライオンズとしては一つでも貯金が作れるかどうかが
最大の関心ごとになるかと。まあ、順位変動も観客的に盛り上がる要素の一つではありますが。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
スポンサーサイト

ヤスはまだ調整中。原は抹消。どうなるのだろう・・・。

今日も第二に様子を見に行きました。
来週は福岡遠征確定なので、暫くは第二に行けませんし。

とは言え、昨日から大きく変わったわけでもなく・・・orz

まあ、今日はファームの試合が上尾で開催だったので、野手のほとんどはいませんでした。
第二にいたのは・・・そう、故障離脱組みのヤスと平尾ちゃんだけorz

というわけでまともな練習はほとんど見れなかったに等しいんですけどね。こういう日は練習自体軽めだし。


で、ヤスですが。。。

軽いアップをした後にキャッチボールに出てこなかったのは唯一ヤスだけだったかな。
その後、チャリに乗ってどうやらロードワークに出たようでした。
結局、先週はやっていたキャッチボールを今週はやっていない&打撃練習もやっていないと
手をなるべく使わないようにしている感がありありですね。

結局、捻挫というのは痛みや違和感が完全に消えるまでには結構時間がかかるものだし、
大丈夫と思ってもまた痛みだすこともあるだろうし・・・。スポーツ選手だから完全に
動かさないわけにはいかないしね。

もうちょっと時間が必要なのかな、という印象です。
情報がなかなか出てこないのも、全治の予測がつきにくいのでせうね。
まあ、全治まで待つのかどうかもわからないけれども。
左肩をかばうことによって全体のバランスが崩れているということもあるだろうし。。。


今の状況での判断はちょっと難しいな。。。


1軍では原が抹消ですか。単純に先発枚数が少ないので、ゴンザレスとの入れ替えで落ちたと考えるのが
妥当かなと思います。
原自体も少し頭を冷やしたほうが良いかと。そういう意味では仕方がないかな。今季は命綱だったはずの
「つなぎ」も出来ていなかったのでやはり仕方ない。

ただ、セカンドの候補が相当がんばってるとは思うけれども正直なところ経験不足の永江と
打撃低迷中の鬼さんだけってのは微妙な気がするんですが。。。
永江を鍛えるのはわかるんだけど、1軍でずっと出せというのはちょっと違うだろう、という気がするのです。
彼は2軍で結果を出しまくってその時を待って上がってきたわけじゃないのです。
こういう若くて粋が良くて、物怖じもしないプロ向きの選手に1軍のレベルを体感させてあげるのは
大事なことですが、当面固定するというのとはまるで意味が異なるかと。

まあ、鬼さんというチョイスはありますが、正直2軍の成績見ると・・・。



今週はどうなるんだろ。。。ヤスが間近という気配があれば良いのだけれどもなぁ。。。
試合に出てない、ベンチ入りしてない、打撃練習してない、だからなぁ。。。
ここ1週間くらいですべてクリア出来ればそれはベストだけれども。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

ヤスはちょっとまだかかるかなあ

今日は第二に行ってきましたよ。

んー・・・ヤスの状況は正直言って。。。

先週土曜日に見たときとあまり変わっていないかもしれない。。。


右手首のテーピングは外れていたんです。

ただ。

軽い内野守備ノックは美沢と一緒に受けていたんですが。

それからが、、、ねぇ。。。

野手は打撃練習の時間だったんですが、ヤスは外野エリアに行ってボール拾い。

先週末の時点で打撃練習はまだ出来ていないんじゃないかなと思っていましたが、
今週末に入ってもまだその気配がありません。

その後はイースタンの試合があったんですが、ヤスはベンチ入りもせず、姿も現さない状況でしたので
(まあ、試合前に打撃練習をやっていない時点でそりゃそうだわな)
ちょっとまだ実戦に戻るところまでは到達していないような感じかな。。。

後半戦初っ端に間に合うかどうかは先週の時点で懐疑的だったんですが、
さすがに福岡には間に合うかな?と思っていたんですけどね・・・
今の時点で打撃練習をしていないということは、

来週末も怪しいかなぁ。

もちろん、実際どうなのかはわからないのですが。


ボールが投げられないとかそういうことはないんですが、
いかんせんヘビーには動かしていない感じで、
少々厄介な捻挫なのかもしれませんな。まあ、捻挫って本来そういうものではあるのですが。

ただ、そうだとしたらテーピングもせずに右手を使って良いのかどうか
やや疑問ではあるんですが。



今週末は仙台に行くつもりでしたが、取りやめて第二に行きました。
理由は、ヤス情報がまったく入ってこないのと、これから先の遠征予定が多いので
ここで少し節約しようと思ったため(今日のチケットは無駄になりましたがorz)

ただ、復帰に向けて前進してくれていれば仙台行きキャンセルで第二でもよかったんだけど、
ちょっと微妙だわぁ・・・・・・。


来週末の福岡はもうヤスの状況にかかわらず、チームを応援しに行きます。
その次の遠征が、神戸~京セラの予定(夏休みとりますので)。

関西遠征には間に合っていてほしいですけどね。

明日は居残りだろうかね。


因みに、平尾ちゃんもちょっときつい状況なのか、やはりベンチ入りはせずの状態が続いているようですね。

まあ、こればかりは焦っても仕方ないでしょうけれども。


QRやNack5と言った専属メディアから何か情報入りませんかね。
まあ、当初に報じられているよりも復帰まで長く要するケースが多いので、微妙ではあるんだけれどもね。

明日から打撃練習に復帰できれば、そりゃめでたしですが。どうだろうね。


写真はアップは控えます。
笑顔は絶やさずやってましたが、応援ブログ的にやはりプレーしているところを中心に載せたく。。。
(もちろん練習はしていたんですけれどもね)


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

良いスタート

後半戦は良いスタート。

牧田の立ち上がりが結構悲惨だったようですが(序盤見てない)、我が見た時は
いつも通り我慢のピッチングという感じでした。

ただ、ここ最近はずっとそんな感じの投球であまり長いイニングは持たなくなってきているのは
やや気がかりポイント。今は中継ぎ抑えで形が出来ているから良いのだけれども・・・。
最近、牧田=孤軍奮闘というイメージはあまりないです。それは良いことではあるのですけれどもね。
どちらかいうと、打線が結構助けてくれている感じがありますな。


一方のグライシンガー。

状態は牧田よりはむしろ良いようにも思えましたが、やっぱりわかりやすいねこの人。

あんだけイラついてたら相手に隙を見せまくってるようなもんですわ。
味方ベンチからしてみればハッキリ言って「最悪」でしょう。
そこを突いて上手く得点したのが大きな勝因。


秋山自体の状態は様子見かな、とは思いますが、確かにあの場面でよく打ったと思います。
秋山の出したあの「結果」が、次のナカジのタイムリーも生み出したかと。
0点と3点では大違いでしたので、展開的に秋山お立ち台というのは理解出来た話。

グライシンガーは内野安打でイライラ、ジックリ四球選ばれてイライラ。
こんな中でチャンスを逃すとグライを立ちなおらせてしまった可能性が高かったと思うので、
あそこの秋山の打席が試合のポイントではありました。
(追加点を取ったイニングもナカジをアッサリ塁に出して挙動不審になり、あっさりボーク。
ここで酷くイライラ。本当わかりやすい)


秋山は2番とはいえ現状はああいうスタイルになるかな。
細かいプレー云々よりも、結局今は「思いっきり振り切る」打者という分類に入るでしょうね。
ある意味、従来の2番向きとは言えないけれども、「繋ぎの2番」がいませんので
「攻撃的2番」として入る形になるということでしょう。浅村2番でも結局微妙だからなぁ・・・。
そして、昨日は上手く勝ちに繋がりました。


ただ、いくら攻撃的2番とはいえ、初回の攻撃は秋山単体というかチームとしても反省材料というか納得はいきませんが・・・。

グライシンガーみたいなイライラ投手に対してあの攻撃はねぇ・・・。
結果、その次のイニングの攻撃にも影響してしまった感。
あれは作戦面の問題点もありますよ。秋山に縛りをつけずに打たせたかったのだろうけれども、
ジックリプレッシャーをかけていかなきゃならない場面ね。負けていたら大きな敗因の一つになったでせう。


プロ1軍初スタメンの永江。

オドオドした感じがなかったのは良かったと思いますよ。
見た通り、ルーキーが後ずさりして試合に出ているという感じは無く、
若々しさを前面に出したキビキビした動きが良かったですね。
他の選手じゃこうはいかないもんw。

ただ、打撃に関してはまあ多くを望んでも仕方がないでせう。
ファームでも非常に三振の多い打者ですから(209打席で64三振はファーム最多)、
その辺の課題はまだまだ残っているしそれを解った上での起用だろうから。
最初の打席でランナーを進めるべくバットに当てられただけでもとりあえず成果としては良かったのではないかな?

1軍と2軍のレベル差は結構大きいと思われ、1軍のレベルを早々に実感するというのも時として大事な事。
今日は永江、原、鬼崎の誰を起用するのかわからないし、おそらく首脳陣も永江をいきなり昨日のポジションで
固定させることは無いと思いますが、浅村の育成過程でそうだった様に少しずつモチベーションを与えてあげて
それにどう応えるかをテストする起用法になるんじゃないかな。

昨日の永江無安打で他の先輩方が安心しきってしまうようではお先が知れてしまうので
彼らが次なるチャンスでどういう結果を出すかも注目ではあるね。



気がつけば上位チームと随分と接近してきているようですな。
まあ、元々戦力差の小ささを考えればこうなるのは妥当な線でしょう。
去年の3位争い同様、144試合時点でたまたま○位だった、という結果になる可能性も
十分あるですよ。

課題の多さは相変わらずではありますけれどもね。
とりあえず勝ちパターンの中継ぎは長田一人では足りないので、他に誰が安定して固定してくれるか。
ウィリアムスがちょくちょく良いボールがきていますね。落ち着くかどうか、なんだけれども。

まあ、昨日を見てもナカジとヘルマンという中軸付近の選手が当たっていて点が取れてますから、
打線がこういう状態のうちに中継ぎをあともう一人整備したいところです。


それにしても、ヤスはどうなっているのだろうか。。。
AS明けに万全にして出場するために抹消・・・という名目だったのだから
情報くらいは流してほしいわ・・・。

全く情報が無いというのは非常に気になります。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

結局、どの選手も不変じゃないからな・・・

イチローのヤンキース移籍にはビックリしたけれども(トレード期限ギリギリですな)。

やはり、なんでもかんでも不変ではないということ。

ファンとしては、自分のチームの好きな選手がそのチームで選手生活を終えてくれれば
それが一番良いのは間違いない話。ただし、そんな選手はホンの一握り。
また、あくまでも「生涯このチームで全うを・・・」というのはファンの気持ちの部分であり、
選手本人にとっては必ずしもそれが「ベスト」とは限らないというのがファンとしては少々辛い話。

功労者であれども、チーム事情で晩年は他チームにはじき出される形になる選手は多いものですが、
それでも相手から求められて出ていくことになるのであればまだ幸せな方。

応援している選手がチームからはじき出されてしまい、更に他のどこからもお声が掛からず
その選手を応援出来なるor応援しづらくなって寂しい思いをしている知り合いを結構何人も見ています。


何にせよ、居場所がある選手はまだまだチャンスがあるわけだし。


まあ、突然のトレードや移籍話が舞い込む可能性が将来的にはどの選手にもあるというのはファンとしては
辛い話ではありますが、地に足をつけて応援していこうと思っています。


時を同じくしてカブレラの退団話も舞い込むというのはなんだかなぁ・・・。

他の選手になかなか真似の出来ないプレーが出来る貴重な選手だったなと思っています。
(良くも悪くも、だけどもw)
いろいろすったもんだありましたが、ライオンズの助っ人の中ではトップクラスに好きな選手でした。
こちらは・・・次の居場所を日本国内に見つけるのはなかなか難しいかもしれないなあ。
どうしても年俸がね。。。


そう考えると、イチローの移籍先がヤンクスというのは納得のいく話。
ヤンクスにとっても悪いお話ではないでしょう。日本のマーケット期待出来るし。


むねりん(´ω`)カワイソス・・・。

でも、尊敬している先輩や上司の後を追ってその人の元へ行ったけれども、
その人がまたすぐに去ってしまう・・・なんていうシチュエーションは一般社会でもよくあったりするわね。

彼もダダっ子ではないだろうから、まあなんとかね。。。



後半戦開始。

一時期最下位を爆走していながら借金1まで戻した事は確かに明るい材料。
ただし、課題はまだまだ山積み!

前半戦と後半戦で状態の良い選手が同じとは限らないので、首脳陣には敏感になってほしいなとは思っていますよ。
ファンとしては少し状態の良い選手がいると「もうこの選手はスタメンor1軍固定で決まり!」とか
逆に状態の悪い選手がいると「もうこの選手はダメ」と安易に判断しがちですが、首脳陣が同じじゃ困りますのでね。。。


一つ言わせてもらうと、星孝典はもう少し使っておいた方が良いと思う。
銀ちゃんと星捕手を比較して後者が上とか春先にはよく言われたりしていましたが、
我はそんなことを言いたいのではありません。
むしろ最近は銀ちゃんが力づくで捕手のポジションを死守している感があります。

ただ単純に、夏場に銀ちゃん一人(時々上本があるけれど)に頼って乗り切れるかと言われれば
捕手はそういうポジションではないだろうし、疲労に苦しむ確率が一番高いと思われます。
そうなったときにいきなり試合勘が鈍る可能性のある星捕手に頼るというのも辛いだろうと、
単純にそれだけのお話。

伊東勤でも、一人で乗り切れたわけじゃなかったからねぇ・・・。

捕手には辛い季節が始まります。。。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

永江スタメン

永江が明日の後半戦初戦でスタメン出場の可能性がかなりありそうな雰囲気。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/07/24/kiji/K20120724003743250.html

背景にはまずヤスが明日間に合いそうにないということがあるようで。
まあ、それは土曜日にまだ別メっぽかった(打撃が無しかな)のを見ればなんとなくわかりました。

ここで出てくる名前が永江になる。

好意的に捉えれば良い新人を獲ったねということになるし、
意地の悪い見方をすれば先輩方が情けない。

ただ、そういう選択肢もAS前の試合を見る限りは仕方ないかなとも思えます。
今季の内野手の競争は明らかに地盤沈下。ヤスにしても不満な成績だし、浅村もようやく最近落ち着いてきたかなくらい。原や鬼崎も大いに不満な内容。
二軍を見れば、次世代の内野手候補のはずの選手が永江以下の成績(永江が凄く高いというより、他の選手が低いのが実態)。

このまま内野手の層の活性化が停滞していて良いはずもなく。

まあ、ある意味妥当とも言えるかもしれません。>永江というチョイス。


とは言え、いきなり永江を一軍スタメン定着とまでは考えていないでしょう。
どんな若者でも、超極一部の選手を除いて、斜め45度の登り坂を障害なく登れるわけじゃない。


永江をキャンプから春先に見た時に感じたのは、ミスは結構するんですが、
そんな時に下を向くことが無いということ。
ミスして戻ってくるのに、先輩選手に変に謙ったり、気にして小さくなったりせず、
自分から鼓舞するようなそんなイメージ。

あ、プロ向きなんだろうな、、、とは思いました。

実際、二軍では鬼の様に重ねていた守備ミスが六月以降はパッタリ消えたそうで。

強い選手ではありそうですね。

良く言えば度胸満点、悪く言えばまだ壁にぶつかっていない怖いもの知らず。


スタメンで出ても結果は出ないかもしれないし、ミスをするかもしれない。
逆に持ち前の強さでそこそこ形にして結果を出すかもしれない。

前者なら早い内に怖さを知れて良かったね、だし
後者ならば自信をつけ、更なる課題を見つけて持ち帰るでしょう。

まあ、今回「結果を残したor残さなかった」で永江の扱いが劇的に変わるわけではなさそうで(度肝を抜かれるプレーをすれば別)、
どんな形であれ最終的にファームにもう一度戻って鍛え直される選手だと思いますが、
現状は非常に試しやすい状況なので起用を楽しみにしています。

ただ、彼の本職はセカンドじゃないんですが、どーすんだろ?



ここまで先輩方を差し置いて出る若者を先輩方が力づくで排除するのか、
あるいは先輩方がそのまま腐っていくかは分かれ道かね~。。。

逆に言えば、内野手の先輩方にこれだけ刺激を与えられる選手はいないでせう。

悔しければ高卒ルーキーごとき実力で押さえつけなさい、永江にチャンスを渡したのは他でもなく原や鬼崎をはじめとする周囲の内野手なのだからという、ただそれだけの話ですな。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

昨日ヤスを見てきた@第二

昨日は9,10月のチケットのFC先行発売だったので、西武Dに行ってきました。

それに乗じて、3か月ぶりに第二球場へ足を運んでみました。
全てはヤスの回復状況を確認するため。


水曜日に行ったお知り合いいわく、キャッチボールも出来ていなかったという情報は入手していましたので、
そこからどれだけ回復しているかと・・・。

この日は午前中はドーム内で1軍、午後は第二球場で二軍というスケジュールだった様子。
したがってヤスの球場入りも昼前だったかな。

練習前にウォーキング。これで終わるようだと回復してないという事に・・・。
DSC_0072_1376.jpg

お昼過ぎに全員グラウンドに出てこようとしたのですが、雨が強くなったのでUターンして室内へ変更。
室内でアップを行っていたようですが、外からはよく見えません。

そのうち、雨が止んで晴れ間も出てきたので、再び選手がグラウンドへ登場。

全体でキャッチボール。ヤスは昨日はここにも参加して、阿部ちゃんとのコンビで
2塁ベース後方のアンツーカーのあたりからセンターフェンス直前までの距離でキャッチボール。
DSC_0211_1380.jpg

DSC_0310_1381.jpg

DSC_0311_1382.jpg


ということで、水曜日の時点に比べると右手は明らかに使えるようにはなっているようです。


その後は外野手に交じって守備練習。内野グラウンドが使えない状況だったからここに参加したのか、
自重しているのかはよくわからず。まあ、内野手でここに参加していたのはヤスだけでしたが。

DSC_0399_1383.jpg

DSC_0400_1384.jpg

御覧の通り、軽いテーピング。
DSC_0440_1385.jpg

DSC_0518_1386.jpg



打撃は全て室内だったんですが、多分まだやっていなかったかもしれない。

最後にダッシュ練習を弥太郎と一緒にやってまた室内に入って行きました。
DSC_0680_1389.jpg

DSC_0768_1390.jpg


まあ、正直いうとこれだけだと「そこそこ遠投は出来る=右手を完全に固定して様子見している状況ではない」
ということ以上に回復状況はよくわからなかったです。元々走る方はさほど問題無いわけだし。

ただ、去年の様な長期離脱は無いかな、とは思いますけどね。
打撃練習をそれなりに再開した時が復帰への目安でしょうか。ファームの試合にも一応出るかもだし。

これらから考えるに、7/25の後半戦初戦に復帰するかどうかは怪しいかもしれないけれど、
怪我をやってしまってから10日ちょっとで右手を動かしている時点で、復帰はそんなには遠くないかもしれませんね。問題が出なければですが。

来週末のKスタ、ホテルは予約してあるんですけど、そこに間に合うかどうか~・・・。



余談ですが、4月3日のロッテ戦(ホーム開幕戦が中止)の振り替え日程がまだ発表されていません。
今のところホーム最終戦は10月2日となっていますが、そのあとになる可能性が高いですな。。。
9月3日がちょうどロッテ戦の予備日ですが、そこに入れると13連戦になります。
それは回避するんじゃないかな~・・・と個人的には思っていますよ。
もしそこに入れるならばもう発表されていると思うしね。

去年もホームの振り替え日程が最終的にドラマを引き起こしましたが、また今年もそういう事が起こりうる展開に
なるのでせうかねぇ。。。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ


WBCは海外組とアマチュアの混成?ナカジは出れないだろうな・・・

WBCは選手会はボイコットの様相ですか・・・。

ニュースを詳しく見る時間が無かったので不参加表明したことしか知りませんが、
選手会の存在ばかりが見えてNPBの存在がよく見えないんですよね~。
選手会とNPBとは足並みが揃っていないということかな。

まあ、大会の利益の大部分がアメリカに~、みたいな話は以前からしていましたが、
それだけじゃなくてNPBのWBC参加選手への考慮みたいなものが、
まだまだ不十分なのかね・・・という邪推もしてしまうこの足並みの揃わなさ。
この辺、実際どうなのかはわからないけど。


三年前の大会は日本では相当盛り上がった様に思われ、
「世界大会の価値が云々」の様なキャンペーンを我武者羅にする必要も無い程度には注目を浴びたかと思います。日本では。

しかし、肝心のホスト国である米国が相変わらず盛り下げている大会。

まあ、NPBでも我関せずな球団もあったりしましたが・・・。


野球のワールドワイドな浸透を標榜したホスト国が、国の威信を賭けて戦っているのか否かは、現場の選手が1番わかるかな。。。

ま、日の丸を背負って戦った彼らからしてみれば、米国の金儲けの材料にされていると感じても仕方ないかもね。
(この大会のみならず、MLBからしてみれば、日本人選手を日本という商業マーケット拡大のコマとして見ている節はアリでしょう)
加えて、大会はシーズンに影響が出そうな時期。
なぜそんな条件でやる気の低いアメリカばかりを潤わせなきゃならないのかと選手側が疑問視する材料は確かに揃っている、、。

結局、日米共にまだまだ制度の整備が不十分、言うなればこれらの野球主要国がコレでは
野球の国際化にはまだまだ程遠いということか。。。


まあ、選手単体で見ればこの大会で知名度や人気や株を一気に上げた選手もいるわけで、
選手からして見れば必ずしも悪い話ばかりでも無い気はしますが。

ヤスやナカジなんかは前年の日本シリーズと併せて、その代表格かとw


しかしまあ、これで良いんでしょうかねぇ。。。
NPBはNPB所属の選手を出すべく、アメリカに対してもう少し表立って交渉を頑張るべく存在ではないの?
選手会が「WBC機構に問い掛けているのにから返事が無いー」と嘆いているのが不思議な感じ。なぜそれを選手会がやってるのか・・・。。。


しかしこうなると、現実どうなるんでせう?

・NPB所属の選手が出なくとも、海外選手やアマチュアは出れる→つまり、そういう選手構成で出場?

・MLBから出れる選手も限られそう。
例えば、ナカジがメデタクMLBに移籍出来たとして、一年目にロースターに残れるかどうかの大事な春キャンプ&オープン戦の時期に、WBCに参加できるとは到底思えない。
青木みたいな選手も競争に晒され難しそう。二年目の来季は本人も必死だろうし球団も許可しなさそう。

イチローみたいな選手は大丈夫じゃないデスカ?必然的に川崎ムネリンもか?

・となると、やっぱり選手構成上厳しい気が。それに、いきなりMLBとアマチュア混成と言う、ある意味レベル差が大きなチーム構成で参加出来るの???

・というか、選手会を離脱すればNPBの選手も出場可能?現実誰かがやるとは思わないけど。

・この場合、日本のスポンサーはつくの???日本からのスポンサーが期待出来ない場合、大会自体運営可能?
米国が盛り上がればそんな心配も少なくなるでしょうが・・・ねえ。

・今回もし出場辞退になる場合、次なるWBCや新たなる国際大会がある場合、簡単に参加出来るの?
日本野球の孤立化はマズイわ・・・。妥協点は全くなし?


・だからNPBって結局何してるの?この大会は貴重な財源じゃないの?選手会が矢面で頑張っている構造はよくわからん。


出場ボイコットの選手会や、出場に否定的な日米の球団(主に米国)ばかり責めても仕方なく。

世界野球をリードすべく米国の本気さが今より改善して、同じくアジア野球を牽引すべく日本がもう少し米国に対してマシな交渉を引き出せないと、
悲しいかなお金の問題で揉めるところから抜け出せないだろうなあ。
野球の国際化という大きな題目にまだまだ現実感が見えないのが、1番の問題なんだろうね。
まあ、ファンは第一回大会から密かにお金の匂いは感じ取っていたことですが。

選手会はお疲れ様な感じですが、不幸な議論はまだまだ続くのかね。。。

よーわからんまま書いてしまったので、検討違いだったらすみません。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

ほっともっとの芝荒れはやはり

神戸~札幌から戻って少々忙しく、体力的にバタンキューだったのでブログぷち放置状態。すみませんorz
まあでも、この時期はあっちこっちの球場にせっせと通うファンもAS休みってことでよろしいのではないでせうかw

ほっともっとフィールド神戸、芝枯れ問題はAKB握手会が原因。
http://www.asahi.com/sports/update/0719/OSK201207190059.html

ほっともっとフィールド神戸。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A0%B4


7月15日撮影のほっともっとフィールドの芝の一部↓
DSC_0247_1372.jpg

DSC_0254_1373.jpg

DSC_0255_1374.jpg


これねぇ・・・難しい問題だと思うんですけども。

まず、最初に断っておきますがAKBが悪いわけじゃないですから、AKB叩きをしたいのではないですよ。

この球場の所有者は神戸市、管理者はオリックス野球クラブ、イベントの運営は運営会社・・・ということで
正直言うとどこの責任でこうなったのか、オリックス野球クラブとイベント運営会社の双方の管理不行き届きか、
その辺の「ウラ事情」はよくわかりません。

ただ、2万人来場のイベントでステージやら何やらを設営していたとはいえ、たった1日のイベントで天然芝が
ここまで傷むとは少々ビックリ・・・。
ある意味、あの美しい天然芝を維持してきたオリックス野球クラブに敬意を表したいほど。


とはいえ、7月14日~15日の西武戦は正直いうと気持ちの悪い芝でした。
あの荒れた芝でプレーに支障が出たかどうかは不明。というより、「ソレ」が原因でエラーやミスが
出たと明言できるプレーは無かったように思われ。バウンドが変わったりした打球もあった記憶はありますが。




球場は野球をやるためのもの。

その神聖な場所がアイドルイベントに荒らされるなんて・・・。

そもそも西武ドームだって何さ、かつては清原や石毛や辻が黄金時代を築き上げた神聖な場所なのに
今はその敷居を大幅に下げて試合後は「ファンの遊び場」だし、オフは連日AKBの握手会会場とは嘆かわしい限り。



こういう意見も多いと思いますし、野球や野球場を愛する野球ファンの偽りざる心境かもしれません。

ただ、我らが野球を見て楽しめていることと、球場の運営を引き離して考えることは難しい。
現実問題、「野球をやるための神聖な場所」だけでは、やっていけない球場が大半でしょう。
西武ドームの場合はグループ会社保有、管理による「自前」という強みはあるかもしれないけれど、
神戸に至ってはおそらく使用料は神戸市に払っているだろうし、オリックス戦主催試合は年間15試合がよいところになっていますし・・・。
裏事情はわからないけれども、野球だけで運営を維持しろというのは無理だよな、きっと。。。


事の発端は球団合併だろうと言われればそれまでですが、それを今更言っても仕方が無いし。。。


幸い、オリックス野球クラブがすぐに芝を張り替えるみたいですし(そんなに簡単に出来るものなのだらうか)、
8月の西武戦では綺麗な芝が見られるのかな?とも思えます。
オリックス球団が暫く放置するようなら、いよいよ神戸も危ういか・・・と思ったものですが、それは無いようで。

まあ、今後はコレを教訓にして・・・なんて簡単に言えますが、実際にファンが出来ることと言えば
この球場での開催を維持するために、この球場(というかこの球団か)に足を運んでお金を落とすしか
ないんじゃないかな。

今回も足を運んで感じたのですが、(前からそうだよと言われればその通りですが)どんどん地方球場化している
感じが否めなかった・・・。
京セラは見易くするための工夫を結構しているのに、神戸では今以上は望めそうにない様な感じ。
まあ、元が京セラは最悪、神戸は最高という違いがあるのである意味仕方のないことですが。

せめて今くらいの試合数は残って欲しいなあ。


にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2337位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
318位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。