スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナカジのおもひで

ナカジのポスティングがいよいよ申請されました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111129-00000022-sanspo-base

大リーグ各球団の入札締め切りは3日朝(日本時間)ということで、近いうちにナカジが入団するであろう
球団名が明らかになります。

去年、ポスティングに関しては岩隈問題がありましたが、ナカジが同じ道をたどる事は無いだろうなと思います。
岩隈の時は、「アスレティックス側に低く評価された」「誠意が無かった」「本当に必要とされていない云々」
の話がありましたが、今回のナカジについては西武球団も「金額の下限は設けない」と、ポスティング容認を
発表した当初より明言していますし、何よりも本人が評価云々以上に早く米国へ行きたい模様。
そもそもこのポスティング制度でMLBとNPB間での移籍が成立しなかったこと自体が去年が初めての事ですから、
ナカジがここで躓く可能性は限りなく低いでしょう。

ということで、いよいよナカジの米国行きがほぼ確実となりました。
よっぽどドジ踏んだり揉めたりせず、大外れの代理人を掴まされたりしない限りは。

あとはメジャーリーガー中島裕之が来シーズン当初からTVで見られるか否かは、ナカジの頑張り次第。
来季の開幕時にMLBの試合に出るには、25人のロースター(日本でいう一軍登録)の枠に入らなければ
ならないわけで、それが達成されなければAAA以下のマイナーリーグに出場と言う事になりますし。。。
ポスティングで移籍出来たからと言って、別に何も保証されるわけではないので頑張ってほしいです。


しかし、甲子園とは無縁の高校からドラフト5位で入団したほぼ無名と言えた生え抜き選手が
西武ライオンズ史上において屈指の人気を誇った名物選手になって、その選手がいよいよ海を渡ることになるんだね。

入団当初より追いかけていた人には、感慨深いものがあるでしょうね。


【これよりナカジのおもひでを勝手につらつら語ります。長いです。色々思いだしてダラダラ書いてます。】


【~2003年】
「ファームに良い選手が複数いる」「数年以内に彼らが必ずやチームを引っ張るだろう」という話は
風の噂で耳にしていました。
その一人が中島裕之であり、他に栗山巧や中村剛也であり・・・。
ナカジが一足先に2003年頃から一軍に出始め、2004年にブレイク。栗やおかわりも2005年を境目に
一軍で徐々に頭角を現す様になってきて、噂はモノの見事に現実になったわけで。

当時のライオンズにおいて絶対的な存在だったカズオが2003年のオフにMLBへの移籍を実現させて、
ぽっかり空いたショートのポジション。
そのカズオの後釜にするといわんばかりに、「意地でも中島を使い続ける」と2003年オフから指揮をとった
伊東監督による英才教育。

この2003年オフの時点でナカジの背番号はあっと驚きの3へ変更。
2003年は40試合程度1軍に出ていて期待値は高かったものの、当時のライオンズファンには
カズオの存在が大きくのしかかっていて「中島裕之」という選手に対して半信半疑な人は多かったと思います。

【2004年】
1軍ではまとまった実績の無い高卒4年目の選手だっただけに、背番号3の中島裕之が7番ショートで
固定された事に対して最初はファンも「荷が重いわ(汗)」と半信半疑で見ていたら、
まあ良い場面で打つわ打つわ。
身体もガッチリしていたし、スイングも豪快でスケールの大きさも感じさせましたね。走塁も積極的。
年齢も21歳とまさに「次世代の若獅子」という形容詞にピッタリだったし、あっという間に女性ファンの心を
掴んで、スタンドからは連日「ナカジぃぃぃ!!!」の黄色い声。

ただ、守備は正直言って・・・アレでした(´∀`;)。一言で言うとガタガタ。
そもそも、高校時代までは投手でしたし内野手にコンバートされたのはプロに入ってからですからね。。。

初のASにも選出され、後半少々息切れしたものの高卒4年目にしてリーグ唯一のフルイニング出場かつ
打率は2割8分台でHR27本と堂々たる数字を残します。並みの若手ではなかったことは事実です。
ポストシーズンもショートで君臨して活躍し、日本シリーズも制覇。このまま階段を駆け上がるかにみえましたっけ。

あの2004年のシーズンまで、ボールがよく飛んだんだよね・・・(汗)。
何でこんなに飛ぶの?ていうくらいに・・・。翌年から飛ばないボールに変わるんですね。
(それでも今の低反発球に比べたらやはり飛ぶ)。翌年の苦悩はこの辺も影響したんですかね。


【2005年】
2005年は、ナカジにとってもチームにとっても完全に辛抱のシーズンでした。
ナカジの7番ショート固定は変わらずでしたけど、前年実績を残したことで期待値も責任も大きくなる反面、
ナカジがいきなり春先から色々躓きました。思う様に残せない成績、前年と変わらぬ不安定な守備、
そこへもってきてGW明けの広島でイレギュラーバウンドの打球を顔面に直撃させ、頬骨骨折と悲惨。
こりゃー結構時間かかるかな・・・と思ったら、半月くらいでフェイスガードをつけたままスタメン復帰と
凄い事になった時は少々驚きましたw。この選手の身体の強さが垣間見れましたね。

ただ、ナカジの打撃の調子自体が上向きにならず守備もやっぱりまだ粗だらけで。
特に守備に関してはこのシーズンのライオンズは「悪い」という水準を通り越して「おぞましい」と
形容出来るレベルで、ファンが守備ミスに関しては物凄く神経質になってたものでした・・・。
とにかく守備走塁に関しては信じられないプレーのオンパレードで滅茶苦茶なシーズンでしたから。。。

そんな中で、打てない守れない状態に陥ったナカジは期待値が高かった分だけファンから槍玉に挙がり、
夏に向けて更に調子を下降させていきまして。

当時を知らない方にとってはびっくりでしょうが、後半戦に入ってナカジ自ら頭を丸めたりもしましたよね。
それでも駄目で、ずっと我慢を続けていた伊東監督もとうとうナカジのスタメン落ちを英断。
その代わりにショートのポジションに入ったのが、当時ルーキーだったヤスでして。
完全にファイヤーフォーメーションと化していた当時のライオンズの内野守備の中で、守備では
一応普通のプレーをしていたヤスが少々ちやほやされるようになりました(勿論ヤスの守備も今の方が明らかに良いと思いますよ)。
ファンからは「ショート片岡でいいからもうナカジは2軍行け」なんて言われてましたっけ。
(あの時はナカジ支持派とヤス支持派に分かれた西武ファンがあっちこっちのBBSで喧嘩しているのもよく見ましたw)

そんな中、個人的に印象に残ってる試合が1つあります。8月の西武Dでのとある試合。
半月ほどスタメンを外され続けたナカジに、再びスタメンのチャンスがまわってきまして。
相手がロッテの久保だったんですが、当時ナカジは久保を得意にしていたんですよね確か。
で、その通りにまず1打席目でいきなりソロHRを打ちます。

イニング中盤に同点のまま試合が進むも、7回表の満塁のピンチでショートに入っていたヤスが
1塁へ大悪送球を犯してしまい4-2とロッテ勝ち越し。守備からチャンスを掴みかけていたはずのヤス、2塁ベース付近でぼーぜん。

その直後のイニング。ナカジがまたまたロッテ久保から豪快に同点2ラン。
それまでの半分鬱入ってたようなナカジの状態からして、こんなの有りえなかったですもん。
ベンチに戻ったナカジにヤス敬礼、みたいなシーンがあったと記憶してます。

あーやっぱりナカジってスターの性質持ってるんだなあ・・・と思ったのを記憶しています。
ここいらから立ち直ったんだよね。逆にヤスがこの辺から下降していってヒールみたいになっちまいましたが。
http://bis.npb.or.jp/2005/games/s2005081801268.html

あら、おかしい。ナカジの想い出なのになんかヤスネタが絡んでるw。
この年のナカジはHRを11本と激減させ、打率も下げてしまい守備でも苦戦し、とにかく苦しんだシーズンでした。


【2006年】
このシーズンからナカジの打順が背番号と同じ3番に。
守備は不安定な面を多々露呈してしまいましたが、打撃は前年とは違って序盤から絶好調でした。
チームも首位争いをしていて、良い感じで進んでいた矢先に7月末の仙台で手に死球を受けて骨折。

この時点で、今季のナカジはペナントレースは恐らく絶望でプレーオフに戻ってこれれば・・・
という見方が多かったんですけど、回復が異様に速くて当初の予定よりも半月以上も早い9月中旬には
1軍に戻ってました。これにはファンもビックリしたものですよね。
チームは最後僅差でシーズン1位を逃しただけに、この死球離脱がなければ・・・というシーズンでした。。。

*今でこそ愛嬌のあるナカジ・・・ですが、この当時は色々と思うところもあったのか結構鬼気迫る表情で
練習していた事も多かった記憶です。。。南郷でもファンは他の選手にはサインや写真を求めて群がるのに、
ナカジは鬼気迫る雰囲気でファンも近づくことが全く出来ないほど・・・でした。


【2007年】
チームとしては思い出したくないシーズンで(裏金問題とか25年ぶりのBクラスとか)、
完全に内部崩壊してるんじゃないのコレ?と言いたくなるほどでしたが、
そんな中でナカジは一番地に足を着けてプレーしていたかな、と思えました。
とは言え、チームがとにかく弱くてバラバラで、ナカジも強引な三振が増えたりとか、
色々辛い感じでしたかね~。しかし、2年連続で3割をなんとかキープし1億円プレイヤーに昇格。


【2008年】
この頃からナカジがチームを引っ張っていく様子が前面に出始めてきた感じです。

HRを打ったりタイムリーを打ったりした時に、雰囲気を盛り上げるべくかなりオーバーアクションで
味方ベンチに満面の笑みでガッツボーズを決めたりとか、結構やってました。
ピンチの時にマウンドへ行く頻度もかなり高くなっていたように記憶してます。

色々壁を乗り越えて、プレーにも少し余裕が出来たのかもしれません。
真剣そのものなのに変わりはなかったものの、鬼気迫る感じは脱して何か余裕が感じられるようになりました。
本当に名実ともにチームを引っ張ってた気がします。成績もこのシーズンが最高でしょう。守備も格段に向上して
ゴールデングラブも初受賞しましたし。五輪にも選ばれて徐々に球界を代表する内野手の座を固めていきました。


一番感動したのは日本シリーズ第7戦。

このシリーズでナカジは色々な部位を痛めてしまい、身体はガタガタ。スイングなんかまともに出来る状態じゃなかったです。
6戦7戦も素人目で見ても「ナカジやばい。本来のスイングから程遠いっていうよりスイング出来てない・・・」というのがハッキリ解るほど。しかし、そんな状態でも最後まで出続けました(故障者多数で代わりになる選手なんていなかった上に、ナカジが絶対的な打線の核でした)。

7戦の8回表はライオンズファンの中では「伝説の8回表」状態になっていますが、あれはベンチとヤスと栗とナカジの強烈な信頼関係がもたらした8回表だったと思っています。
1点ビハインドの8回表に、ヤスが死球でガッツポーズで出塁→ヤスの大博打と思われた盗塁が成功→強烈なプレッシャーをモノともせず栗が送りバントを「完璧」に成功。1点ビハインドで1死3塁。

打席にはスイングがまともに出来ない状態のナカジ。

ここでベンチは3塁ランナーのヤスにギャンブルスタートの指示。
ナカジが初球から渾身の力を振り絞って何とかゴロを転がす。ヤスは一瞬の迷いも見せず猛然とホームへスパート。

ここは本当に感動した。。。勿論ヤスの勇気にも栗の精神力の強さにも感動したんだけど、
ナカジの意地とそのナカジに対する信頼感が無ければ、あの8回表は成立していませんでした。。。
ホント、これがナカジの一番の想い出。

ああ、ごめんねごめんねヤス絡みだわ(ノ∀`)。


【2009年以降】
WBCに出場するも途中で熱出したりして波乱万丈でしたが、WBC優勝で知名度も大幅に上げましたねぇ。

この辺から先はナカジを実体験している方も多いと思いますし、長くなりすぎたので割愛。
ただ、ナカジに対して評価が高まれば高まるほど、期待値もそれ以上に上がっていった気がしますね。
ナカジだから出来て当たり前、出来なきゃナカジの責任、、、という風になっていたように思います。



【2012年以降】
そして伝説へw


今回のMLB移籍に関して思うところは色々ありますが、とにかく想い出の多い選手です。
我は西武ライオンズ時代しか知りませんので、福岡時代はわかりませんが
これだけ老若男女から愛された選手もライオンズの中ではなかなかいませんね。

ちょっとウンチク続くかも。今日は寝ますw。


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

第2回トライアウトの曜日(日曜日× 月曜日○)

先日、第二回トライアウト(QVCマリン)の実施日を12月5日(日)と記載してしまいましたが、
12月5日(月)の誤りでした。

日曜日と月曜日では大分違いますよね・・・。大変失礼いたしました。

なお、第二回トライアウトの一般開放についてはマリーンズHPにて情報公開されています。
http://www.marines.co.jp/news/detail/8368.html

義人にGが興味を持っているという情報はありましたが、それ以外の情報聞こえてこないですね・・・。

果たしてどうなるか。。。

ファン感トークショー(5) 原タク&銀ちゃん&あさむ&サイトゥの画像オンリーな日記

ベスト9が発表されました。
ライオンズからは栗、ナカジ、おかわり、ホセと4名も(°Д°)。
4名の選手、おめでとうございます。ただ、ホセって来季どうなるんかな・・・?

しかし、これでギリギリ3位なわけですから、どこが補強ポイントなのかよくわかりますね。
前述のホセの動向はわからないし、ナカジはいないものとして考える必要がありますが。

それから、選手納会で栗が選手会長に選出されたと。勿論立ち位置的には妥当だと思うんですが、
選手会長が退団するジンクスをどこかで破らないとねぇ。。。選手引き留めについては昨日触れましたが
近々FA取得予定という意味では栗もモロに該当しますし。


ファンフェスネタに戻りませう。

トークショー5回目。最後は原タク、銀ちゃん、あさむ、サイトゥと若手4名。
もっとも原タク、銀ちゃんは若手と言ってはいけないかw。特に原タクは完全に中堅ですな。

DSC_0287.jpg

DSC_0300.jpg

DSC_0304.jpg

DSC_0363.jpg

今回も写真が多いです。つーかそればっかですw。

このグループ、前の二人(栗&おかわり)に比べてトークの反応がイマイチ薄い感じw。

「このオフに何かやりたいことは?」と聞かれても・・・

原タクはゴルフネタで適度に話を膨らませるんですが(さすがにこの中では年長者)、
残りの3名が「特に無いっすー」みたいな感じでw

銀ちゃんが原タクに「お前それじゃ終わっちゃうじゃん(多分会話が)」と突っ込まれて、
「マフラーでも編みます」とかネタを無理やり繋げた感じかw。

おいおい大丈夫かよー(ノД`)、と傍から見ていて心配になりますわーん。

DSC_0322.jpg

DSC_0320.jpg

DSC_0294.jpg

DSC_0375.jpg

DSC_0359.jpg

司会の千代さんが話を引きだすのに結構四苦八苦していた印象ですな。
無理やり「えー微妙な4名ですが・・・」とか無理やり毒づいて原タクが「ちょっと失礼でしょー!」とな。
千代さん曰く「そういう反応を引き出すために無理やり毒づいた」みたいな感じでしたが。

DSC_0408.jpg

ただ、確かにみんな微妙にフツーモードではじけ具合が低い。。。
DSC_0337.jpg


うーん、がんばれ若手。チャラ男ちゃん投下した方が良かったんじゃw。

ただ、後半になると客席からの微妙な質問や原タク&銀ちゃんの突っ込みでそこそこ盛り上がりましたけどねw。


客席からの質問:「えーっと原選手は札幌で銀仁朗選手と一緒に食事に行ったと思うんですけどー、あの時はどちらが払ったんですか!?」

↑プライベートネタ&あまりにストレートな質問よ(;´∀`;)。。。
最近のライオンズファンの女の子ってこういうストレートな方多いね・・・我はヒヤヒヤですw。
選手も思わずこんなストレートな質問に苦笑いですよ。まあ見られてる事はわかってるんだろうけどね。


銀ちゃん「奢ってくれません」
原タク「嘘つけお前ー!!!」

DSC_0495.jpg

DSC_0501.jpg


銀ちゃんは普段は原タクを全く先輩として見ていないのに奢られる時だけ後輩になるそうな。そんな選手ばっかりやんw。
銀ちゃんも原タクの事を「今はツレ」とか言ってたな。
ss-DSC_0436-1.jpg


銀ちゃんはWiiが好きらしい。
どんなゲームやってるのか聞かれて最初は教えなかったのに、原タクから「ドンキーコングだろ!」と反撃され、
その後も千代さんから「ドンキーコングさん」と呼ばれ、銀ちゃんは千代さんにひたすら毒づいてましたw。
DSC_0421.jpg

銀ちゃんがいじられる背景には「日頃の行いが」らしいですが、銀ちゃんの振る舞いが垣間見れますなw。


アサムは甲子園で全く緊張しなかったって言ってたっけ。オオモノだお。
DSC_0412.jpg


サイトゥ-は常にこんなスタイルで会話してましたっけw 脚なげー。
DSC_0488.jpg


いじられた銀ちゃんは後輩いじりに走ります。

銀ちゃん「浅村、こいつKARAのミスター踊れるんですよ!」
あさむ「ちょ!!!も~~~~~!!!」
みたいな↓
DSC_0509.jpg

DSC_0515.jpg


結局踊りませんでしたが。

銀ちゃん「斉藤はAKB踊れます」
サイトゥ「いや、本当に踊れません・・・」

またこのスタイルだしw。
DSC_0516.jpg

この中ではどうしてもサイトゥが一番大人しくなるわあ。
DSC_0430.jpg


こんな感じで最後はノーマルに終わった記憶です。最初から相手のネタの暴露タイムで行けばもっとよろしかったねw。


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

どこまで続くFA流出

ファンフェス日記は一旦お休み。

帆足がやはりFA宣言ですか。
なんとなく言動から予想はしていましたが。

西武球団としては引き止めてはいるようですが、どうしてもという感じが今ひとつ感じられないのは気のせい?
尤も、帆足の気持ちが決まってから引き止めても遅いのですが。

帆足の故郷かつ元女房がいる福岡のチームをはじめ、いくつかのチームが手を上げる感じですか。

こうなると、前述の通りどうしても引き止める感じじゃない西武球団。厳しいかなあー、と思わざるを得ません。


現時点で来年の投手陣の中である程度カウント出来そうなのは・・・

先発:涌井、岸、西口、牧田、一久、雄星
中継ぎ:許、岡本篤
抑え:???

先発だけ見ても、ワクイは手術しなくて本当に平気なのかとか、
牧田の二年目はジンクス無しで乗り切れるかとか、
雄星がどこまで飛躍出来るかとか、
ベテラン2人も年齢が年齢だけに軸として計算するのもなかなか・・・。

新戦力(新外国人や新人)や既存戦力の復活や飛躍が無いとあまりにも厳しい。

毎年毎年言われている既存戦力の底上げがねぇ。。。
西武球団の「保有戦力を面倒見てちゃんと使う」というポリシーは理解出来るけど、
それもそろそろ明確に身を結ばないと補強無しでは厳しいと思いますよ。
特に抑え投手については大石あたりが完全復活しないと、外から獲らないときついわな〜。

だから、「FAは選手の権利だから仕方ない」は理屈では解るけど、球団としてはそれで本当に良いんかいな??
現状を照らし合わせて考えた場合余計に。


一方、よくわからないのが今回の帆足にも見られますが
FA宣言の理由として「チャレンジしたい」という当該選手の言葉。

MLBみたいに、野球のレベルがよりハイレベルな環境に行くならチャレンジもわかるんですが、
同じ国内リーグへの移籍だとよくわからないんですよね。

例えば、ソフトバンクに移籍して優勝目指すことがチャレンジで、西武に残って優勝目指すのはチャレンジではないのか?と。。。

違う環境に身をおくことがチャレンジの一つだとは確かに理解出来ます。
ただ、FAで選手を流出させているのはいつも特定の球団である印象が強いです。
それは何故?何故特定のチームからばかり、そういうチャレンジャーが出るの??国内FA流出が殆ど起きない球団もあるのに?

そもそもライオンズはなんでいつも「球団を出ること=チャレンジ」とか言われるの?
そう思わせてしまう理由は⁇

別に球団が選手に媚びろとは言いませんが、主力選手の流出を防ぐための執着心みたいなものはあるんですかね。
なんか去年といい今年といいあっさり感が。。。


追うものは追わず、また新たに戦力を育ててスターに仕立て上げるようバックアップすれば良い。
それも立派な戦略の一つです。

ただ、いつもそれで通用するかと言えば・・・?マークでは?

毎年同じ事ばかりでは、いい加減ファンも疑問に思うのでは?
(もうすでに疑問視しているファンが多数かと思われ)

今後二年で主力選手のFA取得が相次いで予想されます。
常時一軍の選手で5人程度?

彼らが全員抜けてしてしまいそうになると仮定した場合、
それでも「権利だから仕方ない」「既存戦力を育てれば良い」と言ってられるかな?
それは仕方ないのではなく、明らかに『異常』では?


実際のところはマネーゲームに持ち込まれて、お手上げだったのかもしれません。
それで帆足が心動かされたとしても、球団が諦めたとしても、失望はしません。

ただ、前も書いたけどもっと球団の執着心みたいなものも見たいです。
去年も細川流出させてるのに。
こんな風に思うのは、西武ファンの性かもしれませんw


せっかく獲得したファンに「応援しても結局出ていかれちゃうんだ・・・」と
毎年の様に思わせて良いのかな?
新戦力が出ても、ファンの心の隙間はそのうち埋まらなくなるって。
長年ライオンズに拘って応援している層は慣れているでしょうが、
そこにばっかり頼ってもね。。。


繰り返しますが、ここ四年間で毎年FA流出を引き起こすならば、
それは仕方ないのではなく、『異常』です。

帆足については色々な事情もあったかもしれませんが、
今後四人五人と抜けるならば、もはやそれはマネーゲームに持ち込まれたくない云々の話だけじゃないよね。
今後は戦力に対する執着心をもっと見せていただきたいです。

選手がライオンズに縛りついて欲しいとは言いませんが、アッサリ出て行く選手ばかりだとしたら、やはりファンとしては悲しい。


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。



にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ファン感トークショー(4) 栗&おかわり同期コンビの画像オンリーな日記

ファンフェスの開会式が始まる前に、ヤスのメッセージが場内に流れたとお話しましたが、
その時のメッセージビデオの様子をカメラに収めていたらアップしてほしい、というリクエストを
いただきました・・・が・・・。

メッセージビデオがあったのは木村&雄星コンビのみで、残念ながらヤスは音声だけだったんですよ。
(先にも書いた通り病院での収録だったらしいですから)
場内のLビジョンにはヤスの静止画が映っていましたが、我は敢えてはそれは撮影してません。

リクエストにお答え出来ずに申し訳ないです。。。ヤス無しのファンフェス日記が続きますがご容赦を。。。
代わりには全くなりませんが、去年の様子でもよろしければ。。。
(我が今年の7月まで書いていたブログです。FC2に新規に移ってきたので今はもう更新していません。
しかし、改めて去年の自分の日記を読むと写真の撮り方も編集の仕方も下手だなあ・・・と実感しますわ。今も下手の横好きですが、、、。)
http://plaza.rakuten.co.jp/spartanist7/diary/201011250000/

ただ、ヤスもクマシロと自主トレを行うような算段があるようですし(JOQR斉藤アナのTwitterがソース。
どこでやるかは知りません。)、ヤスも来年に目を向けてますのでファンもそうしましょう。



さて、ファンフェストークショー4回目。今度は3塁側でクリ&おかわりの同期コンビのトークショー。
1塁側から3塁側へ戻るのに大渋滞したため、最初の5分くらいは見れませんでしたが。

この組は写真をかなり撮ったので画像も多し。というか、ボイスレコーダーを忘れたので
今まで同様に画像しか無しですがw。

何と言いますか、この二人終始どこかで爆笑している印象ですw。
同期だから話も進む進む。


DSC_9951.jpg

DSC_9961.jpg

栗が真面目モードで話している傍ら、おかわりに執拗にハチが攻撃w。
DSC_9965.jpg

DSC_9966.jpg

司会「中村選手にばかりハチがたかっていますが・・・」
おかわり「プーさんじゃないって・・・」

場内爆笑モード。

終始砕けた感じで進んでました。この辺、新人や若手だと話が途切れ途切れになりがちなんですが
トークもベテランっていう感じで。

DSC_0017.jpg

DSC_0050.jpg

DSC_0086.jpg

DSC_0099.jpg

DSC_0137.jpg


おかわりが打撃練習中に脇から栗が
「お、今のいいねぇ~」「今の全然ダメやん」みたいにいちいち茶々を入れてくるらしく、
おかわりがウザそうな様子でいましたっけね。


あ、それから二人は同期の高卒入団組ですが、入団会見の為に上京する際に二人一緒に新幹線で来たそうな。
で、栗曰く
「二人が出会って10周年です。。。中村が新幹線から富士山を写メしてから10年!」

場内爆笑。

ホントなんですか?と突っ込まれると

おかわり「いや、富士山なんて日本人だったら撮るでしょ!」と。
↓こうやって撮りました、的なw。
DSC_0143.jpg

DSC_0170.jpg

DSC_0182.jpg

DSC_0186.jpg

DSC_0201.jpg

二人の育児の話になり。

栗曰く
「んー、まあやれることはやるけど、出来ない事は出来ないんでねえ」
「とにかく野球中心ですから!」
DSC_0208.jpg

おかわりが「へー」的なw
DSC_0217.jpg

とにかく野球中心をひたすら連呼していた記憶がありますな>栗。


というか、あそこ音響が悪くていまいち音が聞こえにくかったですねぇ。。。
栗もこんな感じで↓
DSC_0240.jpg

とはいえ、一番トークショーらしいトークショーだったかもw。二人ともげらげら笑ってばっかだったけどねw。
ファンも堪能して和やかに終わったのでした。
DSC_0244.jpg

↓↓んー、誰かに似てる様な。。。気になって夜もねむれましぇん。
DSC_0253.jpg


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ファン感トークショー(3) ワンピースメンバーとナカジ容疑者の画像オンリーな日記【後半】

続きます。

ナカジ容疑者が連行されたことにより、場内騒然&1塁側ステージ前はあちらこちらから
猛ダッシュしてきた大量の漂流民が不法侵入wを続け(←ネタだからって失礼な)、
暫くカオス状態が続く事になりますw。

ナカジ容疑者って罪作りねぇ。


とは言え、ナカジがきてからもあまりワンピースとは関係の無い雑談系がつらつらと続いて行きまふ。
我も今まで同様トークを聞くよりも写真をぱしゃぱしゃ。

DSC_9553.jpg

DSC_9594.jpg

DSC_9633.jpg

DSC_9643.jpg

DSC_9657.jpg

三者三様に別の方向に視点が集中している不思議w↓
DSC_9669.jpg

DSC_9706.jpg

s-DSC_9568.jpg

DSC_9627.jpg


そして、ワンピースメンバーが去年のファンフェスで公約したことを守れなかった罰?として
南郷での選手とファンの食事会とか色々な罰ゲーム?が課されていきます。

DSC_9707.jpg


相変わらずフリーダムなワクイ。
DSC_9717.jpg

DSC_9759.jpg


で、ナカジに対する罰ゲームを帆足選手会長曰く。

帆足「ナカジは・・・乱闘をしないって約束したのに守れなかった!」

ナカジ「途中でやめました~・・・」

帆足「バツとして、ナカジと同じ誕生日の女性とハグ!(←大幅に端折ってますw)」

またもや場内悲鳴ざますw。


↓ナカジとハグの例をお見せw。
DSC_9784.jpg

DSC_9787.jpg


で、ナカジが本当に女性とハグします。

その瞬間はあまりここでは掲載出来ませんが(色々問題あるしw)、
面白かったのがその背後でデンチューの様子w↓

「(°Д°)アライヤダ!!!」↓    
s-DSC_9790-111


「(´∀`;)!ナカジ容疑者ったら!勇気あるわああ」

みたいなw?


途中高山がおもいっきり乱入します。
DSC_9816.jpg


でも、ナカジ容疑者と同じ誕生日の女性、多くない・・・???

まあいいやw。



結局どこがワンピースだったのかよくわかりませんでしたが、なんとなく楽しい雰囲気で終了したのでした。
このトークショー、1時間もやってたw。

DSC_9845.jpg

DSC_9871.jpg


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村




ファン感トークショー(3) ワンピースメンバーとナカジ容疑者の画像オンリーな日記【前半】

昨日に引き続きファンフェスの写真あぷ。

ファンフェスの日は睡眠時間3時間だったんで、今は完全にバタンキュー状態です。
従ってブログ更新進行はちょっと遅いですがご容赦を。。。

3塁側で行われていた新人野手トークショーを半ばで抜け出し、1塁側のワンピーストークショーへGo!

最初は本当にワンピースメンバーオンリーでした。
なんかワンピーストークショーというより他愛のない話が進んでいたような(きおくぶっとび)。

DSC_9508.jpg

DSC_9482.jpg

ワクイ&星秀和。同期な二人なので仲良しです。これ、頭撫でてる様に見えますが、我のカメラの
シャッタースピードが速かったのでそう見えるだけで、思いっきり引っぱたいる瞬間ですw。
DSC_9465.jpg

DSC_9448.jpg

DSC_9447.jpg

DSC_9444.jpg


えー・・・すいません。お写真垂れ流してるだけです(汗)。レポでもなんでもありません。

あ、ワクイは横浜高校時代に先輩の成瀬(現M)に部室に呼び出されたかと思いきや、
いきなりぶんなぐられたとか暴露してましたっけw。

あと○○選手が高校時代に女教師がターゲットだった??

まあ、その辺の詳細は詳しくレポられる方が他にいらっしゃるかと思いますw。


暫くして、選手達がワンピース仕様のコスチュームに着替えてくるので、一時退散するというお話でして、
5分ほどインターバルがありました。

その間は司会の斎藤アナがワンピースネタで無理やりお話を繋ぐ繋ぐw。

5分以上経過して選手達が戻ってきましたが・・・あれ?

高山がコスプレしている以外は全員ユニのまんま。

で、その高山が誰かを抱えて戻ってきた。あれあれ?

DSC_9523.jpg


高山「○○を捕えたぞ~~~!!!」
DSC_9527.jpg

・・・○○って多分ワンピースのキャラだと思うんですが、我はワンピース見てないのでよくわかりませんでしたw。
つか、○○を捕えたっていうよりも思いっきし「容疑者確保」にしか見えないんですが・・・それもかなりの重罪のw。


で、我がほげーっと見ていると、突然周囲から耳をつんざくような悲鳴が。







DSC_9536.jpg


(ノ∀`)アリャー!

連行されたのはナカジ容疑者でした。

この瞬間、スタンドからグラウンドからゾワゾワゾワっという音とともに民族大移動が即座に開始。

長くなるので続きます。


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ファン感トークショー(2) 秋山&熊代&林崎のルーキー3人衆な画像オンリーな日記

ファン感トークショー(2)

1回目に引き続きコレもまた秋山&熊代&林崎のルーキートリオ。


まずこの2名が茶髪化しておりまぷ。おお、順調にチャラ男化に向けて邁進しとる~ヽ(´∀`)ノ
DSC_9213.jpg

彼がすごく朴訥とした人に見えるw。この中では本来一番よくしゃべるらしいですが。
DSC_9304.jpg

今回はむしろこの人の独壇場だったやうな印象しかないのですがw(とは言えトークが記憶から抜け落ちてるw。)
DSC_9272.jpg


聞いた話によると相当なお洒落さんらしいですよ>林崎
DSC_9278.jpg

熊代はナカジから結構いじられているらしく。
ホテルの部屋に入ったら、バスルームの風呂桶にナカジが体育座りして待っていたっていうエピは面白かったですねwww。
DSC_9356.jpg

DSC_9325.jpg

DSC_9374.jpg

DSC_9345.jpg


この間、一塁側ではワンピース会のトークショーが行われていまして。
去年はワンピース会のトークが聞けなかったので、今年は途中から聞きに行こうと思い、
こちらのルーキートリオのトークショーを途中で切りあげ、後半はワンピース会を聞きに行きました。
(1塁側のお友達の席と交代)


なんやらこの後に熊代と林崎でヤス争奪戦が行われていたって聞きましたがw
そこは見たかったなw。


我が一塁側に行った時はまだ本来のワンピース会のメンバーでした。
あんまりワンピースに関係ないトークが繰り広げられていたような気がしたんですが、
我が1塁側に到着して10分くらい経過してからですかね。

お嬢様方々の民族大移動が発生する結果に(ノ∀`)。


続きの画像は会社から帰宅してからアプします。たいみりみっと。

↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ファン感トークショー(1) 牧田&前川&大石のルーキー三人衆編の画像オンリーな日記

ファン感トークショー(1)

牧田&前川&大石のルーキー3人衆画像の一部をお見せします。

前述の通り、ボイスレコーダーを家に忘れるという失態を今年も犯したので
トークの内容がすっからかんになってしまいました。
今年は5回も聞いたのでトークの内容を記憶していることなぞ最初から無理なわけですが、
今年は例年にも増して音響が非常によろしくなく、かなり集中して聞いていないと
頭に入ってこないわけで・・・。

撮影班の我には無理w

まあ、いいや。。。いくないかw。


DSC_9033.jpg

DSC_9054.jpg

DSC_9099.jpg

DSC_9108.jpg

DSC_9139.jpg

DSC_9146.jpg

DSC_9154.jpg


ほんとに画像だけやなw


↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ヤス不在のファンフェス

ファン感(つーかファンフェスと言うべきね)に行ってきました。

帰りは西武線の人身事故と信号機トラブルの影響で、
西武球場前から池袋まで二時間近くかかったよーん、おーい。。。


セレモニーが開始される前に、欠場となってしまった選手達からのメッセージがドーム内に流れました。

一つ目はオーストラリアで頑張る木村文紀&菊池雄星両投手からの、楽しそうなビデオメッセージ。

続いては、病院のベッドで収録したという、音声のみのヤスのメッセージ。。。

なんとなくはわかっていましたし寂しいですが、メスを入れた以上は仕方のないことです。

何人もの選手が涙をのんで戦力外になったり、トレードになったりする中で、
ヤスの場合はファンフェスにいないからと言って別にライオンズから去るわけではないので、
ファンとしては我慢のしどころ。

まあファンフェスに出て来れなかったくらいはファンが我慢すれば済むことですが、
本人の気持ちが萎えてしまわないかが、一番心配なんですけどね。。。

まあ、特定選手ファンをやる以上はこういう事もありうることと覚悟しなきゃならないことなんで、
ヤスファンは悔しさを喜びに変えられるまで待ちましょうね。

今はチームを去る選手達のファンの方が、遥かに寂しい思いをしているはずなんで。

ヤス本人の悔しい心情はTwitterでヤス本人のツイートをご確認をば。

さて、ヤスがいないとわかったら、あちらこちら歩き回ってヤスはどこぞやと
探す必要も無いわけだ。
今日はドーム内の選手トークショーに集中出来るぞと思い直し、
ずっとドーム内にいる事にしました。

写真もたくさんとったな〜。

まあ、それらの様子は帰宅してからといふことで。
トークショーを五種類も聴いたのと、ボイスレコーダーを忘れたので、内容はスッポリ頭から抜けましたがw

しかも、もたもたしていたのもありますが、まだ家に辿り着けていません(´∀`)。




↓トライアルでランキングに参加してみました。もしよろしければポチっとひと押しお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
185位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。