スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局のところ・・・

あーもうだから3連勝の後に2連敗したら意味が無くなるって言ったのに・・・。

木曜日からの悪い流れをそのままに昨日は完敗でしたね。
バッテリーがあれでは厳しいってのは当然その通り。直球が使えていない(使わない?)ので
苦しさ度合いが更に増していたような感じでしたか。
5回表にしても、せっかく本塁憤死でピンチ脱出のチャンスがありながら、その直後にいとも簡単に
失点するという、完全に負けパターンの内容。

野手は野手でよくわからないプレーがありましたっけ。

まずは初回のクリの走塁。
1死2塁で打者ナカジ。ナカジの打球は2塁ランナークリの目の前に飛んでくるサードゴロ。
これでクリは飛んで火に入る夏の虫の如く三塁手の元へ突っ込んでタッチアウト→そのままサードから
ファーストへ転送されて併殺。


考えても考えてもよくわかりません・・・。

もしやここでサインプレー?
1死2塁ナカジでエンドラン?ゴロゴー??あんまり意味無いですよねそれって。。。

それともクリのアウトカウントミス?だとしたら、自分が出塁して原タクのバントで進塁しているのに
これでツーアウトだと思うそれって・・・。

やはり・・・打球判断ミスかな。。。だとしたら、サードが目の前で捕球した段階でクリは少しは
抵抗しなければならないはずだけど。走った勢いが止まらなくなった?


やっぱり考えても考えてもわかりません。。。
この様な意味不明なプレーから結果的に寺原が波に乗ってしまったのは残念でした。


あと、頑張ってるからあまり言いたくは無いのですが、7回表1死1,3塁での原タクのプレーも。。。
あのシチュエーション、あの体勢で突如リスキーな併殺狙いは無いでしょうよと。。。
やった瞬間1点を失う確率が一気に高まるのに。。。
結果として試合に影響の無い1点となりましたし、その後も原タクは体を張って頑張ってはいたのですが、
あの7回の攻防は裏の攻撃と合わせてスタンドのため息を誘いました。


代打も誰とは言いませんが、何の為に出ているのか考えてほしい。
全く何にも繋がらない内容を見せられても・・・。


最終的な結論として、昨日は主力から若手まで殆ど良い場面が無い試合だったと言ってもよいでしょう。
厳密に言えばいくつか良いプレーもあったことはありましたが(秋山のバックホームや原タクの好プレーなど)
それを生かせてないからねぇ。。。


結局3連勝の勢いを全く生かせず、また貯金を吐き出してしまいましたね。
これで土日はほぼ連勝しなくてはならなくなりました。
3位集団まで4.5ゲーム差と決して遠い距離では無いのに、こんな試合内容ではいけません。

昨日も書きましたが、今季の選手層の薄さが如実に表れた試合だったと思います。
今のスタメンは、各選手の調子を考えると打ち勝つには苦しいと言えるスタメンでしょう。
1,2番である程度なんとかしないと点は入らない感があります(木曜日までのロッテと同じ)。
若手もかなり使っていますが、本当なら彼らには結果を気にせず自由に打ってほしい所だと思うのです。
でも、それも許されない状況になっています。
それは、木曜日の7回裏1死満塁での浅村、昨日の6回裏2死満塁の坂田のシーンにあらわれています。

しつこい様ですが「育てながら勝つ」を実践するには、チームの置かれた位置も状況も悪すぎるのです。
しかし、だからと言って他に代わる選手もあまりいない・・・という苦しい事情です。
結局、浅村にしても坂田にしても「自由に打って欲しいけど、それでももっと考えて打ってほしい」という
ファンからすれば当然こういう見方になるわけですが、その事に対する彼らの責任の比重が増してしまうのは
チーム状態の悪さゆえ、選手層の薄さゆえとも言えます。
捕手についても同じで、最近銀がやたらと批判されていますが、そもそも捕手が一人で一年間を乗り切ろうと
いうのが大抵の場合において無理なのです。
今月のチームの不調を銀一人におしつけるのは暴論にもほどがあります。

まあ、昨日はそれ以前のところで既にダメダメだったので仕方が無いですが。

ここから誰かが故障したりしたら、特に野手や捕手はどうなるんだろうと想像もしたくもないですね・・・。
結局のところ昨日と同じ結論になりますが、2軍から中堅選手の誰かが早く上がってくることを願っています。
スポンサーサイト

課題が凝縮されたような試合だったかな・・・

この4連戦で勝ち越すのは勿論のこと、色々な勝ちパターンが出来ると良いなと思って見ていたんですが。

色々なバリエーションが出てきましたね。特に3戦目は足をようやく使ってワンナウト3塁という形を
極力多く作り、犠飛で得点するという非常に大きな勝ち方が出来ました。
(相手ミスに乗じる形にもなりましたが、全力疾走や足で揺さぶる攻撃が引き出したと言っても良いかと)

ただ、それだけに昨日の敗戦は勿体ないですね・・・。
勿論、毎試合完璧に出来るわけじゃないしいつも犠飛が打てるわけじゃないんでしょうけれども
一日で打線が元に戻ってしまったのは少々ね・・・。
4連戦4連勝なんていうことは大抵難しいでしょうけれども、その難しい事をやろうと思ったら
もっと貪欲に点がとれないと相手だって黙ってはいないでしょう。
先に3勝したので「この4連戦は3勝1敗で良いや~」と現場が思ったわけでは当然ないでしょうけれども、
勝てる試合はどんどんとって行かないと、あれだけ連敗を重ねたチームは上にあがっていけない。

そういう意味では勝たなきゃいけない試合でした。先発が9回ツーアウトまで0点に抑えているのだからね。


今日のオリックス戦は何としても勝ちたいところですね。。。
3連勝の後に連敗では、せっかくの3連勝も意味が薄れます。まあオリックス3連戦は2勝が絶対の最低ラインですね。
相手が好投手寺原ですから、水曜日の試合の様に貪欲に点をとっていけるかどうか・・・。



あと、これは個人的な意見なんですが・・・。

昨日の試合の8回裏。1死満塁で浅村と言う場面がありましたが、正直言うと代打を出すならば
この場面で出して欲しかったというのが本音です。

浅村の可能性と次打者の銀ちゃんとを秤にかけた結果として、浅村に期待したってのはあったとは
思うんですが。。。でも、ワンナウトとツーアウトでは代打も出来ることが違うしね。。
正直なところ、今の浅村の状態は良くないと思っています。だから、あのように膠着した試合では
思いきった勝負をかけてほしかったです。

まー、浅村を大きく育てたいというベンチの意図も理解は出来るんですが、ライオンズが好む「育てながら勝つ」
というのを実践するには、今は置かれている順位とポジションが悪すぎると思うのですよ。
この後半戦、最低限でもまずは3位に上がろうとするならば、ひたすら勝ちに徹しないと厳しいと思うのです。

ただ、ベンチに控えている代打のラインナップを見ると、現時点では層の薄さが露呈されているとも言え
この辺りの「弱点」解消にも活路を見出さないと厳しいんだよなあという感じもします。
今のスタメンも結構「ギリギリ」のメンバーで、代わりの選手が少ないという苦しい台所事情ですからね。。。
平尾の状態も落ちてきてはいますし・・・。


今後勝っていくには、スタメンの選手達の貪欲さは勿論のこと、ベンチにも時には非情になってほしいし
また選手層に厚みを持たせる為に実績のある2軍選手達(ヤスのみにあらず)の奮起を期待したいです。
G.G.とか高山とか阿部とか義人とかそろそろ何とかなりませんかこの方たち?

色々と収穫もあったものの、課題も沢山見えた様な4連戦でしたね。

あえて言わせていただくと

昨日は久々の快勝。

特に、昨日の話題としては、ナカジにキャプテンを任せ、
そのナカジが最後にケリをつけるという、この上ない形で勝利し、
ファンも久々に美酒に酔った試合でした。
実際我も足取り軽く球場を後にしました。

あれだけ形が『ハマれば』、さあ反攻だと普通ならばなるもの。

こんな状況でこんな事を言うのは空気が読めない典型だと言うのは理解しています。
でも・・・


あとひとつ、いや、あと二つは得点パターンが欲しいなあ、と。


そんなことをふとかんがえてしまうのが、ネガティブ我の悪いところです。


昨日の試合、ナカジのあの決勝弾が出るまでにチームは7安打。
しかし、その内の六本はクリと坂田によるものという集中ぶり。

おかわりがタイミングあってませんでしたから、
決めるとすればナカジの一発しかないような感じでしたか。そこで打ったナカジが見事でした。
前日にナカジがキーになるだろうと予測してその通りになって良かったです。


ただ、一言いわせてもらうと、ナカジとクリというのは彼等が普通の状態ならば、
元々ある程度は計算できる得点パターンです。

浮上するには彼等に頼りきりではおそらくダメで、あともう二つくらいの得点パターンが欲しいんです。


ライオンズはかなり苦しいポジションに置かれています。
確かにまだ残り70試合もあり、上位浮上を諦める段階ではないです。
上位チームも多少は落ちてくると思います。

ただ、問題は上に5チームいるという事実。

全チームが一気にまとめて落ちてくることはあり得ないのです。
どこかが連敗すれば、その分どこかが勝ちを拾います。

つまり、ライオンズが浮上するには、これから勝ちまくるしかないんです。

昨日の様な勢いをつける様な勝ちも大きいです。
でも、ソレとあわせて確固たる得点バリエーションが欲しい。。。

やはり、五番以下の選手や二軍に沈んでいる中堅選手の奮起に期待します。
クリやナカジ、若手選手の足を使った攻撃にももう少し期待したいです。
あと、送る場面はしっかり送る。選手もベンチも時たま『ブレている』と感じることがあります(送りバントが欲しいのにセーフティ気味とか)。

このホーム7連戦で、どれだけの得点パターンが生まれ、どれだけの選手が生き返るか注目したいです。
取り敢えずロッテとの四連戦は何とか三勝はしたいですね。
その為には今日が非常に重要。


やはりヤスにも復活はしてもらいたいわけで・・・。
足を使う攻撃は彼に頼り過ぎていたのかもしれません。

ただ、怪我なので仕方の無いことですが、早く回復すると良いなあというのもファン心理。
昨日の新聞報道では、八月上旬一軍復帰を目指して、
早ければ今週二軍戦に出場とありました。
ただ、お知り合い情報によると、今日の二軍戦が行われたロッテ浦和球場には
帯同しなかった模様。

まあ、一日を焦るよりも長い目で見るのがベターなのは
言うまでも無いので、ひたすら待ちましょう。。。

もう少しかかりそうですね・・・

土曜日は9,10月の試合のチケットFC先行発売でした。
AKBファンの方々のお戯れを見つつ買いに行きましたよっと。


・・・彼らAKBグッズを買う為に、明け方から長蛇の列でした。すんごいね。
グッズ買う為に何時間も長蛇の列って・・・。

まあ、それは置いておいて、チケットを買いに来る人の数が段々減ってきている気はしました。
寂しいですがこれも現実か。
CS導入の大きな目的の一つに「消化試合を減らす」というのがあるわけですが
ライオンズとしてはそれをどう生かすかなんですけどね。
CS出場はまだまだ十分可能性があるわけで、緊張感のある試合を見せてくれれば良いんですが。
AS前の試合は傍目に見てもちょっとな・・・ていう・・・。ああいう試合を続けてしまってはダメですが
さあどうなるでしょうか。



その後は第二で練習見学をしました。

午前中は1軍、午後は2軍練習っていう感じですか。
午前中に練習していた選手が後半戦1軍スタートかな、と思いきや
その午前中の1軍練習に参加していた林崎が早速2軍に降格したので何とも言えませんね。

ただ、午後の2軍練習に参加していた選手は2軍スタートだろうなあ・・・。



まあ、ヤスもそっちだったわけでorz。
ヤス本人から久々のツィートがありましたが、あの言葉通りでしょうね。

練習を見る限り、体全体は普通に動かせる様子で、グラウンドでは
キャッチボール→守備練習→打撃→守備練習とこなしていました。ただし、やっぱり少々軽めですか。
激しい肩の使用は避けていた感じかな。
(室内で何の練習をしていたかはわかりません)

スローイングが全然出来ないってことはなさそうです。
DSC_6649.jpg

DSC_6643.jpg

DSC_7001.jpg

DSC_7009.jpg

DSC_7020.jpg


先にも書いたとおり、激しいスローイングはせず、慎重にリハビリしている感じですかね。

我は夕方まで他の選手の練習も含めて見ていましたが、ヤスは練習後に両肩を固定した状態で
出てきましたから、まだそういう段階なのだと思います。


これが去年の大詰めの時の様に、「あと数試合踏ん張れば優勝」みたいな場面だったら
無理もするかもしれませんが(去年のあの時はモロに足をやったのでそれすら無理だったわけで)、
まだ残り71試合を残す今季の場合、肩を故障した状態でそれを乗り切ろうとするのは
リスクがデカすぎるのでしょう。

まあ、ファンとしては待つ以外は仕方が無いです。


それにしても、今日からの後半戦はどうなりますか・・・。
最近では2005年、2007年、2009年と奇数年は忍耐のシーズンになってしまっていますが
今年はこれらのシーズンと比較しても根が深そうで心配です・・・。
上記の3シーズンは酷い負け方を随分しましたが、今季の場合はそれ以前に
「勝つ気配が全然感じられない」っていうそこがもうね・・・。

まずは3位を捕まえることを目標にやらなきゃならないんで、今日からのロッテ戦は後半戦の
運気を占う4連戦だと思うのですけど、主力選手達がどこまで気力を充実させて出てくるかなあ・・・。
良くも悪くもナカジがキーになる気はしますが。。。


ブログランキングなるものに参加してみました。よろしければワンクリックお願いします!

第二球場なう。


暑い...。

西武第二球場なう。

ヤスは緩めのキャッチボールに守備練習。
これもまだ激しくはない感じ。

リハビリはリハビリでしょうけど、バット持って出てきたので
ある程度は練習をこなしている様ですね。

一軍練習は午前中、二軍練習が今だから、多分後半戦すぐに復帰はしないでしょうね。。。

色々確認するように練習してます。

多くのライオンズファンの方々と似た様な感想になりますが・・・

借金15・・・なんて今更わかりきったことを書いてもしゃーないのですが。

北海道から帰ってきてドッと疲れましたw。
後半の「観光(正真正銘の)」で癒されたはずなんですが、野球がアレだったんで
その分後半の観光で少しでも楽しもうとあれこれ無理をしたみたいでw。
旅費、高かったんですよう。夏の北海道行きはベラボーに値段が上がりますからね。

というわけで、福岡の試合内容はケータイで追っていただけなのであまり把握できていないんですが、
まー札幌と似た様な内容なんですかね。
先発投手の出来というか粘りが今一つだというのもありますけど、点が取れていないというのは
この9連敗中はずーっと一貫しています。
そんなこんなで負け方も比較的似た様なパターン。漏れなく先発に負けがついていますし、逆転なんて
全然・・・。

同一カード3タテってのはシーズン戦っていれば何度かあると思いますが、
それでも3タテは容易じゃないはずなんですよ。
それが3カードも連続で続くという時点でかなり異常な事態ですが・・・。


札幌で見ていて思ったけれども、やっぱり集中力が今一つ無いですねぇ。。。
サイン見落としっぽいプレーとか、カバーリングが出来ていないとか。。。
相手も結構ミスが多くて点をくれようとしていたと思うんですが、それを返却しちゃってたし。。。

しかもそれが主力&出場試合数の多い若手に多く見られた傾向。

主力&出場試合数の多い若手にこの傾向がみられるのは、疲労もあるでしょうけれども
チームが一体となって向かうであろう目標を見失っている様にも見えましたね。
少なくとも「チーム一丸」なんて言葉を使える試合内容じゃなかった。

そしてタイミングがよろしくない事に、オールスターか・・・。
今年は休みが全くないオールスター、、、特に銀はヘロヘロだと思うのですが。

こんな状況ですから、ナカジ、おかわり、銀の3名は休む間もなく後半戦スタートです。

こんな状況だからこそ一度ガラリとメンバーを変えるのもアリだと思うけどなあ。
正直、特に札幌の試合を見ている時に感じたんですが、現場がどこに向かっているのか
よくわからなかったんですよ。ハッキリ言うと、希望が見えないというか・・・。
一瞬だけでも、スタメンオール若手で組んでみるのも面白いかも・・・とはいえ、
そんなメンバーもあまりいないんだけどorz。


うーん、まずいねぇ。。。
西武ドームではまだ大量に試合が残っているのに、澱んだ空気で試合やってほしくないんですが
ファンとして出来る事も限られてるしなあ・・・。
勿論、現場が苦しい時に鼓舞するってのもファンの役目なのかもしれないけれども、
選手の躍動するプレーを見てファンも躍動するっていう連鎖反応は無視出来ない点でもあるからなあ。

こんなこと言っちゃいけないのかもしれないけれども、勝ち負け以前にせめて集中力&緊張感のあるプレーが
多々見れれば、ファンも楽しめるんだけどな。



次回は北海道旅行の写真でも公開しませうかw。
ここ2日間は疲れが溜まっていて9時寝の5時起き、いけませんねw
写真をまとめる暇もないですわ、これじゃ。

北海道から戻りました~



昨日の夜遅くに、北海道から戻りました。
いやいや、癒されましたわ...。

----

ケータイからだと十分にのせられないのでまた別途に~。
十勝連山を目前に見上げる露天風呂も凄く良かった。。。


ライオンズは重傷
ヤスもまだ厳しい状況のようですが、仕方がありません。。。

どれがメインディッシュかね。







----

今朝9時前に新千歳空港に到着。空港内でダラダラ過ごして、朝から上手いもん食べて過ごしてましたw

さあ、これから本日のメインディッシュ・・・のはず。
ここ二年間で札幌ドーム観戦成績二勝八敗一分けの我が、またしても札幌ドームに応援にきましたorz


正直、言いたくもなる・・・。

勝ってもらいたいのは山々なのです。
しかし、それ以前にやはり「プロ野球」の試合が見たいのです。。。
丸っきりやられっぱなしじゃー見どころが無いじゃないですか。


千葉で去年から通算10連敗ですか。それも驚きなんですが、千葉で3回連続3タテを食らったとな。
かと言ってじゃあ西武ドームでロッテに勝てているかと言えばそうではない。
去年の9月の天王山は勢いでロッテを圧倒しましたが、普段はこのロッテ戦は内容が悪すぎますね。
3タテを同じ相手に何度も何度も食らうというのは、正直言ってありえないことと思います・・・。
相手がライオンズより遥かにお強い位置にいるならわかりますが・・・。


こんなライオンズを前にしたファンの反応は様々。

今年は特にそうだと思うのですが、ファンがファンとしてあるべき姿を模索して
やれ「常にポジティブに応援すべきだ」「いや叱咤激励、批判も必要だ」という議論が特にここ数年
かわされる事もある様に感じていますが。


以下は、完全に我の個人的な意見です。
賛成も反対もあることを覚悟で書きます。


確かに現場は必死にやってるのはやっているのだと思いますよ。
選手に投げやりな言葉を投げつけたり、妙な宣言をしたりする(今年はもう球場行かないとかね)のも
ファンとしてはどうかとも思います。我としても多分そういう方とは理解はしえない。。。

でもね、現実は千葉で10連敗。いとも簡単に同じ相手に3タテを食らう。
これでは疑問を呈したり文句の一つも言いたくなったりするのも、正直なファン心理です。
選手も首脳陣も人間ですから、正直言ってファンからガーガー煩い事を言われたら良い気分はしないでしょう。
しかし、残念ながらファンも同じ人間なのです。。。いつまでも同じことを繰り返されても
心の底から暖かい声援「だけ」を送れるほど、多くのファンは精神的に完成していないのです。だって、人間だものorz。
←「それならもう球場行くのやめれば、応援するのやめれば?」という論理に走るのは正直短絡的過ぎます。
そんな事言ってたらどのチームもそのうちファンが殆どいなくなるでしょう。


この辺は、結構微妙なバランスで成り立っている部分だと思っていて、多くのファンはガス抜きがどこかで
必要なんですね。

「こんな時こそファンは精一杯応援すべき」

・・・ていうのも当然ながら事実なんですが、正直これだけでは成り立たないとも思うのです。。。

だって考えてみてもくださいな。

NPBなんてそもそもが「ド素人が図々しくも監督になった様な気分であれこれと歓喜しまくったり
ダメ出ししたり」しながら、発展してきた様なものだと思うのです。勿論、プロ選手の高度な技術を
堪能すると言う、健全な目的ありきではありますが。

ファンも試合に対する正直な感想を全く言えなかったならば、NPBはここまで発展しなかったでしょうね。

ただし、ファンの側としてもアレコレ煩く言いつつもやっぱり応援する気持ちだけは捨てない様に、
何とか気持ちをキープしたいなと、我も含めた多くのファンは思ってるんじゃないかな・・・と。
チーム愛も無い様な投げやりな言葉は中傷でしかないからね。
この辺の微妙さ加減で、言葉をオブラートに包んで暗に批判したり、それでも応援する気持ちを
奮い立たせてしまうのも日本人の奥ゆかしさですし。。。w



まあ、何が言いたいのかっていうと(笑)。

今のままじゃ、ファンからはやっぱり文句の一つも出ますよ、でも多くのファンは応援やめられませんよ、
だからやっぱりもうちょっと何とか頑張ってください、てなことですかねw

ま、勝って当たり前ってことは決してないと言う事、6年に一度優勝していればとりあえずはは平均的なんだと
認識すれば現状を受け入れるのも多少はラクになるかもしれません。良いことなのかどうかは別にしてw


以上、ウンチク終了。


こんなこと書いてたら今日の札幌の試合もアレですか。。。まあ、正直ポジティブな感想は難しい試合ですな。
試合前半であれだけ点を奪われては難しいです。
それに、マリンの試合を見ていても思ったけれども、徐々にじょじょーにまた繋ぐ野球が
出来なくなってるんでね・・・。

30代の選手達の奮起にもう少し期待したいです。

さて、管理人のワタクシメは明日から北海道に上陸します。
2試合見て、その後は北海道のまんなか付近を2日ほど旅行します。
野球が楽しい旅になるのか、観光が楽しい旅になるのか、両方が楽しい旅になるのか、あるいは(以下自主規制)、、、
全てはライオンズと天気次第ですわ。ワクワクブルブル。



ブログランキングなるものに参加してみました。よろしければワンクリックお願いします!

ああ、無常・・・。

ああ、9回2死からあわやうえもっちゃんの逆転グランドスラムかと思わせた打球も虚しく、
フェンス際でライトのグラブにすっぽりおさまってしまいました。
↓そのあわやの図。

千葉マリン‐うえもっちゃん

ちょうどその時の風はレフトからホーム方向でしたでしょうか。
もう少しフォロー風があればスタンドインだったでしょうが、アゲインストに
近い風でしたかね。
無風だったらどうだったかな?フェンス直撃は行ったでしょうか。

とは言え、マリン&統一球という条件ですから、やはりライナーでない限りは
パワーヒッターじゃないと難しいでしょうね。
この辺もマリンで戦う上でカギになるのかもしれません。。。何せマリンで9連敗のダダスベリ状態orz。

昨日は両チーム共にグダグダ感がありました。
とはいえ、いきなり5失点は重すぎましたかね。最後あわやというところまで行けたので
チームのどん底は脱しているのでしょうけれど、やはり勝たないと勢いがなかなか・・・。

上位打線と下位打線とでクッキリ明暗が分かれるケースが多いですね。
下位打線も最後に四球で繋いだり浅村のソロが出たりとしてはいますが、
どうも好調の上位打線と分断している感じはありました。

とはいえ、上位と下位を繋ぐのが平尾ちゃんしかいなく、その平尾ちゃんが機能しないと
他に候補が皆無&打線が分断するというのも少々辛い所ですけどね。。。

んー、それでも千葉マリンで3回連続の3タテは絶対に避けなければなりませんぜ。


ブログランキングなるものに参加してみました。よろしければワンクリックお願いします!
プロフィール
旧ブログ(西武ライオンズ ニューミスター7 片岡易之選手応援ブログ)より引っ越してきました。よろしくお願いいたします!

sevenmania

Author:sevenmania
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
262位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。